仮想通貨に関わっていくうちに「ノード」と呼ばれる言葉を見ることがあります。

本記事では仮想通貨用語のノードについて解説し、派生語である「マスターノード」「スーパーノード」なども紹介します。これを読み、ノードの定義を理解していただければ幸いです。

仮想通貨のノードとは

ノードは仮想通貨ネットワークにつながっている通信機器すべてを意味します。すなわち仮想通貨取引所にアクセスするパソコンやスマホもノードの一部です。元々ノードには「構造体を構成する要素」という意味があります。

仮想通貨の売買に使うスマホやパソコン、システムエラーや不正がないかブロックチェーンなどを監視するシステムなど、仮想通貨にアクセスするあらゆるものがノードという構成要素です。

ノードには様々な役割がある

ノードはものによって様々な役割を与えられています。まずは仮想通貨取引所やウォレットにアクセスするためのパソコンやスマホです。

仮想通貨はインターネット上にしか存在しないのでこれらは必須です。ほかにも仮想通貨内の取引履歴を意味する「ブロックチェーン」にトラブルがないか常時チェックするフルノード、取引承認や存在証明のためにデータ計算処理をすることで本物の仮想通貨を「採掘」して報酬をもらう「マイニング」を行うためのノード、仮想通貨を保管・管理するウォレットノードなどがあります。

editTIPS
ノード
仮想通貨のネットワークに参加している個々のコンピューターのこと。nodeは日本語で「接点」の意味がある。

仮想通貨のマスターノードとは

マスターノードとは仮想通貨ネットワークにつながるノードのなかでも 特に重要視されているものを意味します。

一般的に特定の仮想通貨を一定以上保有しているとマスターノードに認定されます。ただし、仮想通貨なら何にでもマスターノードがあるわけではないので注意しましょう。以下の2種類の仮想通貨を例に解説します。

ダッシュ

ダッシュではマスターノードの持ち主がマイニングに相当する 取引承認作業を行います。

マスターノードに認められるためにはダッシュを1000枚以上保持していて、24時間365日ノードをフル稼働させ、専用のネットワークを提供することが条件です。

ネム

ネムでは上級ノードは「スーパーノード」と呼ばれています。スーパーノードを持っているとパソコンの電源を切っていても「ハーベスト」と呼ばれる仮想通貨取引承認のためのデータ計算処理ができます。

ただし、スーパーノードに認定されるには300万XEM以上持っていなければならないなど条件が厳しいです。

editTIPS
マスターノード
一定数以上の特定のコインを保有している人が、仮想通貨の取引を手助けすることで、株式配当のように仮想通貨の報酬が貰える仕組みのこと。

まとめ

仮想通貨のノードとは、 仮想通貨および関連サイトにアクセスする要素全般を意味します。取引所をチェックするためのパソコンやスマホ、マイニングのための機械、仮想通貨を保管・管理するためのウォレットなどもノードと呼ばれます。

仮想通貨によっては「マスターノード」や「スーパーノード」といった上級レベルが設けられています。ハードの高い条件つきなのがほとんどですが、上級ノードに認められると、マイニングに相当する作業がはかどりやすくなり、高い報酬をもらえます。

まとめ
  • ノードとは仮想通貨にアクセスする構成要素全般を指す
  • 取引所を開くパソコンやスマホ、仮想通貨の管理用のウォレットなどもノードの一部
  • 仮想通貨によっては、上級レベルのノードを入手できることもある
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!