本記事では「仮想通貨のウォレット」について解説します。
仮想通貨を安全に保管するなら、仮想通貨のウォレットについて知るのが大切です

仮想通貨のウォレットには様々な種類があるので、それぞれの特徴を押さえ、目的に合わせて適切なウォレットを利用しましょう。

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨はデジタルデータですが、現実のお金と同様にウォレットで管理します。 取引所や販売所で仮想通貨を購入したら、各個人に割り振られているウォレットで仮想通貨を管理する仕組みです

仮想通貨のウォレットには様々な種類があり、それぞれ目的に合わせて使用すれば、より安全に仮想通貨を保管できます。特性上取引所で保管するのは危険で、取引所がハッキングされたら仮想通貨を盗まれるので注意しましょう。

しかし、仮想通貨ウォレットの特徴を知り、目的に合わせて利用すればハッキング被害から仮想通貨を守れます。

editTIPS
ウォレット
仮想通貨の管理のために必要な財布のようなもの。オンラインのホットウォレットとオフラインのコールドウォレットの2つに分けられる。

仮想通貨ウォレットの仕組み

仮想通貨ウォレットは仮想通貨を保管しているようですが、実際は仮想通貨自体を保管していません。仮想通貨ウォレットで管理しているのは「公開鍵・秘密鍵・ウォレットアドレス」の3つで、ウォレット生成時に秘密鍵が発行されます。

次に公開鍵が発行され、最後にウォレットアドレスが割り振られて完成です。 秘密鍵は銀行口座でいう暗証番号のため、絶対に第三者に知られてはいけません

万が一秘密鍵を知られると、仮想通貨が盗まれてしまいます。秘密鍵を聞き出そうとする詐欺も流行っているので、絶対に教えないようにしましょう。

公開鍵身分証明書のような物
秘密鍵銀行口座の暗証番号のような物
ウォレットアドレス銀行口座番号のような物

ちなみに取引所では、秘密鍵が取引所で一括管理されています。そのため取引所がハッキング被害にあうと、顧客の仮想通貨が盗まれます。以上の点から、「取引所に仮想通貨を保管しておくのは危険」といわれているのが現状です。

仮想通貨ウォレットの種類

仮想通貨ウォレットは大きく2つに分けて、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」があります。ホットウォレットは常時ネットに接続されており、コールドウォレットは常時ネットに接続されていません。

簡単に特徴を解説すると、 ホットウォレットはハッキングのリスクが高く、すぐに仮想通貨を移動させられます

コールドウォレットはハッキングのリスクが低く、仮想通貨の移動に時間が必要です。それぞれにメリット・デメリットがあり、目的に分けて使い分けられています。

取引所では流通分の仮想通貨をホットウォレットで保管し、コールドウォレットに対応している顧客の仮想通貨を、コールドウォレットで保管するのが一般的です。

そのため仮想通貨の引き出しに時間はかかりますが、より安全に保管されています。ホットウォレットやコールドウォレットにも様々な種類があり、パソコンだけでなくスマホからも仮想通貨を管理できます。

仮想通貨ウォレットの種類は、以下の表通りです。それぞれのウォレットにメリット・デメリットがあるので、上手く使い分けてより安全に仮想通貨を保管しましょう。

ウォレット名種類
ウェブウォレットホットウォレット
デスクトップウォレットホットウォレット
モバイルウォレットホットウォレット
ペーパーウォレットコールドウォレット
ハードウェアウォレットコールドウォレット

ウェブウォレットのメリット・デメリット

仮想通貨ウォレットには「ウェブウォレット」という、ホットウォレットがあります。

ウェブウォレットは名前通りウェブ上で管理するウォレットで、サイト管理者のサーバー上で仮想通貨を管理する仕組みです。取引所のウォレットも、ウェブウォレットにあたります。

メリット

常時ネットに繋がっているため、インターネットに接続できる環境があれば、いつでも仮想通貨を管理できます。そしてパソコンだけでなくスマホなどからも利用できるため、管理しやすいです。

また、 ウェブウォレットはIDとパスワードだけで簡単にアカウント管理でき、セキュリティに関する対策は主にサイト管理者がしてくれます

デメリット

常時ネットに繋がっているので、ハッキング被害にあいやすいです。さらに、サイト管理者が突然サイトを閉鎖するリスクもあります。

サイト管理者がハッキリしている取引所は、管理者がわからない取引所・ウォレットサービスより比較的安全です。しかし、サイト管理者がハッキリしない取引所・ウォレットサービスは危険なので、なるべく利用しないようにしましょう。

editTIPS
ウェブウォレット
サイト上で仮想通貨資産を管理する方法。サイト上で資産を管理する性質上、一度サイトに登録しなくてはならないという点が他のウォレットなどと異なる。

デスクトップウォレットのメリット・デメリット

デスクトップウォレットはツールやソフトを使って、パソコン上で仮想通貨を保管するウォレットです。

メリット

デスクトップウォレットは仮想通貨の発行元が、正式にウォレットをリリースしている場合が多いです。

運営元がハッキリしているので、安心して利用できます。また中にはマイニングに対応しているウォレットもあり、仮想通貨を一定数以上保管していると、マイニングに参加できる場合があります。

デメリット

自分の使用しているパソコン上で利用するため、パソコンがウイルスに感染したり故障するリスクが高いです。

秘密鍵をしっかり保管していれば、ウイルスの感染や故障への対策になります。第三者に知られないように、パソコン以外でも確認できる状態にしておきましょう。

また、デスクトップウォレットは対応通貨の種類が少ないです。そのため通貨ごとにソフト・ツールなどをインストールする必要があります。

editTIPS
デスクトップウォレット
パソコンにインストールして使えるウォレット。インターネット上やスマートフォン上ではなくパソコンの中に仮想通貨を保管するため、ハッキングされにくく落としにくく安全性が高いのが特徴。

モバイルウォレットのメリット・デメリット

モバイルウォレットは名前の通り、スマホで仮想通貨を管理できるウォレットです。

メリット

スマホから管理できるので、携帯性に優れています。家・外出先など場所を選ばずに利用できるため、使いやすさが抜群です。またモバイルウォレットの種類によっては、仮想通貨決済に対応しているウォレットアプリもあります。

デメリット

デスクトップウォレットと同様に、端末のウイルス感染やハッキングされるリスクがあります。端末のセキュリティは自分自身で管理する必要があるので、ウイルス対策ソフトをインストールするなどしてリスクを軽減させましょう。

またスマホが故障するとウォレットアプリを開けなくなります。秘密鍵を別の手段で確認できるようにしておくのがオススメです。

editTIPS
モバイルウォレット
スマホで仮想通貨を管理できるウォレット。持ち運びに便利で、お店の決済などに利用できることが特徴。

ペーパーウォレットのメリットデメリット

ペーパーウォレットは紙にアドレスや秘密鍵などを印刷し、保管する物理ウォレットです。

メリット

常時ネットに繋がっていないオフラインウォレットのため、ハッキングリスクがありません。また印刷するだけなので、ウォレット作成のコストが割安です。

デメリット

ペーパーウォレットは文字通り紙のウォレットです。そのため湿気や直射日光に弱く、劣化して文字を確認できなくなるリスクがあります。

また、盗難リスクも高いので、ペーパーウォレットを保管するときは金庫などでの保管がオススメです。銀行では貸金庫もあるので、保有資産が多い方は利用してみましょう。

editTIPS
ペーパーウォレット
仮想通貨を紙で管理するウォレットのこと。物理的に仮想通貨を保存しているため、ハッキングの危険性はほとんどないことが特徴

ハードウェアウォレットのメリットデメリット

ハードウェアウォレットは、USBなどに秘密鍵を保管するタイプの物理ウォレットです。Amazonや取引所で取り扱われているので、気軽に購入できます。

メリット

通貨の移動時以外ネットに接続する必要がないため安全性が高く、常時オフラインで秘密鍵を保管できる仕組みです。そしてペーパーウォレットのように、秘密鍵を手打ちする必要がありません。ペーパーウォレットより比較的利用しやすいです。

また、対応している通貨の種類が多いので、デスクトップウォレットのように複数所持する必要もありません。

デメリット

ハードウェアウォレットは物理ウォレットのため、破損により使用できなくなるリスクがあります。また本体の価格が高いです。

ペーパーウォレットやデスクトップウォレットに比べて便利な反面、コストが高くつきます。

editTIPS
ハードウェアウォレット
自身が保有する仮想通貨を取引所から切り離した オフライン下で管理するコールドウォレットのこと。

仮想通貨のオススメウォレット

仮想通貨ウォレットには、様々な運営会社からリリースされたウォレットがあります。より安全に利用するなら、リリース元が大手のウォレットを利用しましょう。

metamask

対応通貨イーサリアム・イーサトークン
日本語対応
スマホアプリ

metamaskはイーサリアムやイーサトークンの保管に対応したウォレットです。デスクトップウォレットやモバイルウォレットがあるので、パソコンだけでなくスマホからも仮想通貨を管理できます。

また、metamaskはGoogle Chromeの拡張機能にもあり、フィッシングサイトにアクセスすると警告を表示してくれるため便利です。ペーパーウォレットを作成したり、オフラインでの送金作業もできます。

metamaskホームページはこちら

 

copay

対応通貨ビットコイン・BCH (BCC)
日本語対応
スマホアプリ

copayはデスクトップ・モバイルウォレットの2種類に対応しています。保管対応通貨はビットコインとBCHです。

日本語に対応しているため、スムーズに仮想通貨の保管ができます。またマルチシグネチャにも対応しているので、セキュリティが強固です。マルチシグネチャは複数人の同意がないと仮想通貨を引き出せないので、秘密鍵が1つバレても仮想通貨は流出しません。

copay ホームページはこちら

 

ledger nano s

対応通貨ビットコイン・主要アルトコインなど約1200種類
日本語対応
スマホアプリX

ledger nano sはハードウェアウォレットで、他のハードウェアウォレットより比較的人気のあるウォレットです。対応通貨が約1200種類と豊富で、日本語にも対応しています。本体はUSBタイプで、小型のため持ち運びやすいです。

LedgerNanoS ホームページはこちら

 

まとめ

仮想通貨ウォレットには様々な種類があるので、特徴を踏まえて自分にあったウォレットを利用しましょう。

仮想通貨ウォレットはそれぞれにメリット・デメリットがあります。メリットを活かしつつ、デメリットへの対策を行って利用するのがオススメです。特に秘密鍵はどのタイプでも、絶対にバレないよう注意しましょう

秘密鍵は第三者に伝える必要がありません。現在では、仮想通貨ウォレットの秘密鍵を聞き出そうとする詐欺も流行っています。絶対に聞かれても教えないようにしてください。秘密鍵がバレると、保管している仮想通貨が全て盗まれます。

セキュリティ対策を万全にして、ウォレットで仮想通貨を安全に保管しましょう。

まとめ
  • 仮想通貨ウォレットは秘密鍵を保管している
  • コールドウォレットならより安全に仮想通貨を保管できる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!