本記事では、仮想通貨FXを始めてみたいけど、内容が不安だったり、レバレッジ取引の内容が知りたかったりする人向けに、仮想通貨FX (レバレッジ取引) の内容を解説しています。

仮想通貨FXについて一通り理解をしたい方やこれから始めたいという方はぜひご一読ください。

仮想通貨FX (レバレッジ取引) とは

FXとは「外貨為替証拠金取引」のことで、外貨で取引する投資手法です。

FXの特徴は「レバレッジ取引」が行えると言う点で、取引所に保有する資金を「証拠金」として預け、その額以上の取引ができます。

仮想通貨FX (レバレッジ取引) は保有する自己資金を取引所に預け、その資金に対しての倍率をかけて取引を行います。

この時の倍率のことを「レバレッジ」と呼びます。仮に投資額が10万円だとして、レバレッジ10倍の倍率をかければ、100万円の取引が行えるというわけです。

editTIPS
レバレッジ
実際の手持ち資金よりも大きな金額を動かせる仕組みのこと。レバレッジが高いほどより大きな金額を動かすことができる分、ハイリスクハイリターンになる。

仮想通貨FX (レバレッジ取引) のメリット

仮想通貨FX (レバレッジ取引) のメリットを以下で詳しく解説していきます。

少額から始められる

先にも述べたように仮想通貨FX (レバレッジ取引) は、レバレッジが使えます。

ですので、たとえ自己資産が少額の場合でも、うまく取引を行うと利益を獲得できるため、少額からでも始めることができます。

最低限の投資額で利益の獲得をできる点がメリットになります。

「レバレッジ」があるので所有している額より大きな取引ができる

「レバレッジ」を使うことで、 自己資産よりも大きな金額で取引ができます

レバレッジは仮想通貨FXの1番の特徴と言っても良いでしょう。

仮に今保有して投資できる資産が少なかったとしても、大きな倍率で取引が行えるため、大きな利益を狙った取引が可能です。

売り (ショート) から始めることができる

仮想通貨FX (レバレッジ取引) の基本は「安い時に買って、高い時に売る」です。

たとえば価格が10万円の時に仮想通貨を売却し、9万円になった時に買い戻すことにより、利益額1万円を獲得できます。

これが現物取引の場合は逆に「安い時に買って、高い時に売る」ことしかできません。仮想通貨FXは以下の2パターンに対応しており、 どんな市場でも利益が狙えます

仮想通貨FXで利益を出す2つのパターン

・売却してから買い戻す
・購入してから売却する

editTIPS
ショート
FXで使われている用語で、仮想通貨を空売りすること。

24時間365日トレード可能

仮想通貨FXは基本的に24時間365日、いつでも好きな場所で好きな時間にトレードを行えます。

これに対し、株などの現物投資や為替などの場合は土日祝は取引できないことが多いです。

この時間に捉われなく取引がでいる点も、仮想通貨FXの大きな特徴です。

仮想通貨FXのメリット
  • 少額から始められる
  • 「レバレッジ」があるので所有している額より大きな取引ができる
  • 売り(ショート)から始めることができる
  • 24時間365日トレードが可能

仮想通貨FX (レバレッジ取引) のデメリット

では仮想通貨FXにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。こちらもそれぞれ解説していきます。

レバレッジで損失が大きくなる可能性がある

レバレッジを使えると言うことが裏を返すと「レバレッジの分だけ損失も大きくなる可能性がある」ということです。

レバレッジを効かせると、その分少額で利益を狙えたり、大きなリターンが期待できたりしますが、損失も同様に増えるリスクも秘めています。

ハイリスク・ハイリターンな取引ということは理解しておきましょう。

追証システムがある取引所がある

ここでいう「追証」とは「追加証拠金」のこと。これは証拠金以上に損失が発生した場合に、追加で証拠金を請求されるシステムです。

仮想通貨FXは元本が保証されていません。ですので、資本以上の損失があるかもしれないというリスクも念頭に入れておく必要があります。

仮想通貨FXは、利用する取引所によってはこの「追証システム」があるので注意しておきましょう。

editTIPS
追証
信用取引に置いて、定められた証拠金率を維持するために追加で証拠金が必要となる状況。

ロスカットシステムによる強制終了がある

「ロスカットシステム」とは、あらかじめ指定された証拠金の含み損が、維持率を下回った際に、強制的に終了するシステムのことです。

ロスカットシステムは取引所により、水準が異なります。そのため一定の基準を超えた際に発生するロスカットの場合、ユーザー側で防ぐことはできません。

現物取引にはロスカットシステムはありません。FX特有のシステムになります。これにより初心者が大きく損失を生み出す原因にもなりますので、よく理解しておきましょう。

editTIPS
ロスカット
あらかじめ指定された証拠金の含み損が、維持率を下回った際に、強制的に終了するシステム
仮想通貨FXのデメリット
  • レバレッジで損失が大きくなる可能性がある
  • 追証システムのある取引所がある
  • ロスカットシステムによる強制終了がある

仮想通貨FX (レバレッジ取引) を始めるにあたって〜事前準備〜

では仮想通貨FXを始めるにあたって、どんな事前準備が必要かをご紹介いたします。

資金の準備

まずは資金の準備です。仮想通貨FXの大きなメリットのひとつが「少額でも始められる」ということでした。この金額は1,000円です。

しかし実際には、取引所によっては最低入札額が決められている場合もあります。またある程度まとまった証拠金がないと、ロスカットがすぐに入る場合もあります。

そのため、事前に5,000円〜10,000円くらいを準備しておくと良いでしょう。

必要な知識を身につける

仮想通貨FXに関わらず、 投資を行う際には最低限の知識が必要になります

本を読んだりネットで調べたり、人に聞いたりして最低限の知識を身につけてから取引を行うようにしましょう。

FXでは専門用語もたくさん登場します。トレード方法も種類がたくさんあります。また、インターネット上には成功体験も多く掲載されていますが、実際には失敗する人も多いのが事実です。

どちらかの情報に偏らないように、成功者、失敗者のどちらの情報も網羅的に調べておくようにしましょう。

仮想通貨FX (レバレッジ取引) にかかる税金

仮想通貨FX (レバレッジ取引) で利益が出た場合、税金が発生します。正確には 年間20万円以上の利益があると確定申告を行う必要があります

税金の区分は「雑所得」です。ちなみに「所得税」と「住民税」の両方を支払う義務があります。

住民税は一律で10%と定められていますが、所得税は累進課税方式で儲けに応じて、課税率が上がっていく仕組みになっています。

ここで注意が必要なのは、仮想通貨FXの利益は「総合課税区分」ということです。先物取引や株式、国内FX (外国為替) の場合は、分離課税が認められますが。

仮想通貨FXは総合課税の「雑所得」ですので損益通算や、損失の先送りができないので注意しましょう

仮想通貨FX (レバレッジ取引) の取引所を選ぶときのポイント

では仮想通貨FX (レバレッジ取引) の取引所を選ぶときのポイントをご紹介します。

ポイント1.運営元が信頼できるか

仮想通貨取引所ではハッキングや不正事例が金融庁から報告されているケースも珍しくありません。

大切な自分の資産を守るためにも、運営元が信頼できるかはとても重要です。できるだけ信頼性の高い運営元を選択しましょう。

ポイント2.ロスカットポイント

「ロスカットポイント」とは、含み損がどの程度の水準を超えたらロスカットが発生するかを表したもの。

この含み損の水準が高い場合は早めにロスカットが入ることになります。その場合、狙ったトレードができないことも。

逆にこの水準が低ければ、ロスカットが入るタイミングが遅れ、大きな損失を抱える場合もあるため、どちらにせよ一長一短があります。

ポイント3.通貨ペア数

仮想通貨取引所によつて取り扱っている通貨ペア数も異なります。

こちらも非常に重要なポイントとなりますので、 より多くの銘柄でトレードが行える取引所を選びましょう

ポイント4.スプレッドの大きさ

「スプレッド」とは売値と買値の差のことです。

このスプレッドが小さいほど、一般的には取引を有利に進めることができると言われています。ですので取引所を選ぶ際はスプレッドの大きさも大事なポイントです。

editTIPS
スプレッド
買値と売値の差額のこと。取引所を利用する際の手数料として徴収されるために、投資家にとってはスプレッドが狭いほうが有利になる。

人気取引所の仮想通貨FX (レバレッジ取引) をさまざまな角度から比較

こちらでは人気取引所の仮想通貨FX (レバレッジ取引) をさまざまな角度から比較します。

スプレッド

取引所スプレッド
GMOコイン0.19%
DMM Bitcoin0.25%
BITPoint0.04%

取引手数料

取引所取引手数料ポジション手数料
GMOコイン無料0.04%
DMM Bitcoin無料0.04%
BITPoint0.04%無料0.035

追証の有無

取引所追証の有無
GMOコインなし
DMM Bitcoinなし
BITPointあり

ロスカット率

取引所証拠金維持率
GMOコイン75%
DMM Bitcoin80%
BITPoint100%

レバレッジ倍率

取引所レバレッジ倍率
GMOコイン最大10倍
DMM Bitcoin最大5倍
BITPoint最大25倍

仮想通貨FX (レバレッジ取引) に関するQ&A

取引はいつできるの?

A.基本的に取引所がメンテナンスを行っている時間をのぞいて24時間365日いつでも取引できます。

仮想通貨FXと為替FXの違いは?

A.大きく取り扱い商品の違いと値動きの違い、取引時間の違い、換金時間の違いがあります。

仮想通貨FXと現物取引の違いは?

A.取引の性質の違い、証拠金の有無の違い、売買の仕方の違い、リスクの違いがあります。

まとめ

仮想通貨FXについて解説してきました。いかがでしたでしょうか。

仮想通貨FXの最大の魅力は何と言ってもレバレッジ取引ができること。これにより、少額の資産でも大きく稼ぐことが可能です

24時間365日取引が可能ですので、忙しい人でも安心して取引ができます。この機会にあなたもぜひ仮想通貨FXを始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ
  • 仮想通貨FX (レバレッジ取引) が理解できる
  • 仮想通貨FX (レバレッジ取引) のメリット・デメリットがわかる
  • 仮想通貨FX (レバレッジ取引) を始めるにあたっての事前準備がかわる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!