「仮想通貨の口座をとりあえず作ってみたけど1つでいいのかな?」 と考えてはいませんか?口座は無料で作成できるので、2種類以上持つことがおすすめです。

この記事では2種類以上の口座を持つ5つのメリットと2つのデメリットについて説明します。実際に持った際の注意点についてもくわしくご紹介します。

2つ以上口座を持つか悩んでいる人や、メリットを知りたい人はぜび読んでみてください。

仮想通貨取引所の口座を複数持つことのメリット

仮想通貨取引所の口座を複数持つと5つのメリットがあります。それぞれ詳しく紹介していきます。

仮想通貨取引所の口座を複数持つことの5つのメリット
  • サーバーダウンやハッキング等のリスクヘッジになる
  • 取引所特有の機能を利用できる
  • すぐに買える仮想通貨の種類が増える
  • ハードフォーク時に有利な取引ができる
  • アービトラージができる

サーバーダウンやハッキング等のリスクヘッジになる

1つの取引所に依存しないので、サーバーダウンしたときに別の取引所で取引を続けることができます。

またハッキングされても分散して仮想通貨を管理しているため、全財産を失うリスクを回避できます。仮想通貨取引所は日頃からハッキングの危機にさらされています。

もしマウントゴックス事件のように、サーバーをハッキングされて保持していた財産が帰ってこなかったらと考えると恐ろしいですね。

取引所特有の機能を利用できる

取引所特有の機能が利用可能です。たとえばコインチェックなら直感的に触りやすいスマホ用のアプリが準備されています

24時間365日取引が可能な仮想通貨では使いやすいアプリは嬉しいですよね。またビットバンクではチャート分析が豊富です。

このように取引所特有の機能を利用できます。

すぐに買える仮想通貨の種類が増える

取引所ごとに取り扱っている仮想通貨の種類は同じではありません。

例えばモナコインはbitbankやCoincheckでの取引はありますが、GMOコインでは取り扱いがありません。

このように今までの取引所では取り扱いがなかった種類を扱っている可能性があります。

ビットコインに変換してから海外取引所を経由して購入は面倒ですよね。

複数の取引所を利用すると、すぐに購入できる銘柄も増えます

ハードフォーク時に有利な取引ができる

仮想通貨はハードフォークと言うブロックチェーンの仕様変更によって、新たな通貨が誕生することがあります

ビットコインキャッシュやビットコインゴールド、イーサリアムクラシックなどはハードフォークによって誕生した通貨。

これらの新通貨が取引される日時は取引所によって違います。

複数の取引所で口座を持っていれば、最も早く購入できる取引所を選ぶことができます。

アービトラージができる

アービトラージとは取引所間に生じた一時的な価格差を利用して利益を得ようとする取引のことです。

同じ仮想通貨を扱っていても値段が違う性質を利用し、安く売られている仮想通貨を買い、高く売られている仮想通貨を得ることで利益が上がります。

仮想通貨取引所の口座を複数持つことのデメリット

口座を2つ以上持つデメリットは「税金の計算」 と 「パスワード管理」が面倒の2点です。

税金の計算が面倒

仮想通貨の取引で発生した利益には税金が課せられます

確定申告の際は複数の取引所で得た利益を合算して申告する必要があります。

そのため一つの取引所のみで取引していた時と違い損益計算の手間が発生します。

パスワード管理が面倒

口座を1つ増やすごとにパスワードも1つ増えるため、管理が面倒になります。

面倒だからといって同じパスワードを使い回すと、1つの取引所でハッキングされた時に全ての取引者の資産を狙われる可能性があります。

パソコン自体へのハッキングの危険性を考えて、手書きの手帳での管理もおすすめです。

仮想通貨取引所の口座を複数持つ時の注意点

仮想通貨取引所の口座を複数持つ場合、以下の3つの点に注意してください。それぞれくわしく説明します。

仮想通貨取引所の口座を複数持つ時の注意点
  • パスワードは使いまわさない
  • 2段階認証を必ず設定する
  • メールアドレスは普段使いのものと分ける

パスワードは使いまわさない

口座ごとに別々のパスワードを設定しましょう。複数持つメリットの1つに、ハッキングへのリスクヘッジがあります

しかし同じパスワードを使ってしまうと、1つの取引所のハッキングから自分の保有するすべての口座のパスワードが判明してしまうおそれが。面倒でも、違うパスワードを設定してください。

二段階認証を必ず設定する

二段階認証とはサイトにログインする際にIDやパスワードを2回入れる。

または携帯電話に送付されたショートコードを入力させるなど2回の認証させる仕組みです。

CoincheckやbitFlyerでは二段階認証をしているユーザーに限り、ハッキング被害時の保証を確約しています。ハッキング対策にも効果があるため、必ず設定してください。

メールアドレスは普段使いのものと分ける

取引のメールが大量に届くので、普段使いとは分けておくことをおすすめします

普段使いのメールアドレスは不特定多数の人に知られており、どこからハッキングやウィルスを受け取るか分かりません。

徹底できる方は取引所ごとに違うアドレスを設定するのもおすすめです。一つの取引所がハッキングされても他の取引所に紐づくメールアドレスの流出を防ぎます。

まとめ

仮想通貨口座を複数持つと、税金やパスワードの管理が多少面倒になります。 ですが1つの取引所に依存せずに取引をできるようになるため、より稼ぐチャンスが広がります

突然3つ、4つと持つのは負担も大きく、使いこなせないかもしれません。まずは2つ目の口座を作成してみるのもおすすめです。

まとめ
  • リスクの分散管理ができる
  • 取引所特有の機能を利用できる
  • 儲けるチャンスが口座の数だけ増える
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!