取引所に預けた仮想通貨や現金などを盗まれないためには二段階認証の設定が大切です。

本記事では、これから仮想通貨に参入したい方やまだ二段階認証を設定していない方などのために、二段階認証の意味ややり方を解説します。これを参考に二段階認証を設定しましょう。

仮想通貨の二段階認証とは

二段階認証とは、仮想通貨や口座のアカウントなどのパスワード、取引の暗証番号などを破られても、大切な領域に犯罪者を立ち入らせないための専用コードです

これまでも仮想通貨取引所がハッキングされ、仮想通貨が盗まれたり個人情報が漏洩したりする被害がニュースになっています。

大切なものを守るためには厳重なセキュリティが大切なので、二段階認証の設定を推奨する取引所も多いです。

仮想通貨の二段階認証方法

仮想通貨取引所などで二段階認証を設定する方法は主に3つです。

SMS

携帯電話番号を入力し、ショートメールサービス (SMS) で送ってもらった認証コードを入力する形式です

この形式を採用している取引所は、事前に携帯電話番号認証を設けている場合があります。

この場合も電話番号を登録し、SMSで送ってもらった認証コードを入力して設定するという手順が通例です。

email

メールアドレスから送ってもらった認証コードを入力し設定完了する形式です。

メールアドレスはパソコンのものが大抵なので、SMS形式のようにわざわざスマホを取りに行くのを面倒と感じることもありません

手軽に二段階認証できますが、メールアドレス自体をハッキングされてしまうと、送られた認証コードも不正利用されてしまいます。そうなるとせっかくの厳重なセキュリティも簡単に破られてしまいます。

以上の事態を避けるため、認証後はコードを伴ったメールは破棄することをおすすめします。

iOS/Androidアプリ

スマートフォンの二段階認証アプリをiOSまたはAndroidからダウンロード、インストールする形式です

外部のアプリの助けを借りれば、強固なセキュリティに便乗できます。

このことからアプリ形式の二段階認証を使っている取引所も多いです。

アプリインストール後はQRコード読み取りなどの必要な作業から認証コードを入手し、アカウントに入力すれば認証完了です。

仮想通貨の二段階認証アプリを紹介

二段階認証アプリには複数の種類があります。ここでは代表例を3つ紹介します。

Google Authenticator

Googleが配信している二段階認証アプリです。 多くの取引所がセキュリティ強化のためにこれを使っています

まずはiOS、AndroidのいずれかからGoogle Authenticatorをダウンロード、インストールしましょう。

ちなみにAndroidでは「Google認証システム」という名前です。

提示されたQRコードを読み取ると認証コードが記録されます。これをアカウントに直接入力することで認証完了です。

時間内に入力されない場合はコードが新しく更新され、そちらを入力することになります。

一度のログインごとにアプリを開き二段階認証コードを入力する必要がありますが、「このデバイスを信用する」という項目にチェックを入れて入力を省略できるサイトもあります。

iOS版はこちら
Android版はこちら

Authy

App StoreやGoogle Playからダウンロードできる二段階認証アプリのひとつです。 日本語未対応ですが、バックアップ機能はあるなど、クオリティは高いです

仮想通貨取引所だけでなく、Yahoo!、Facebook、Twitterでも利用できるほど高い権威を持っています。オフラインでも二段階認証を行えるなどセキュリティが徹底されているのも特徴です。

インストール後は電話番号、メールアドレス両方を登録してからSMSなどでコードをもらい、入力からサービス追加、QRコードをスキャンして各種設定に入ることになります。

やや手順が多いですが機能は充実しているので、認証後は安心して使えるでしょう。

iOS版はこちら
Android版はこちら

IIJ SmartKey

iOS8.1以降のiPhone、Android4.0以降に対応した二段階認証アプリです。 こちらは日本語にも対応しており、Amazon、Facebook、Google、Slackなど多くのサービスで利用可能です。

カメラからQRコードをスキャンし、6桁の数字を入力するだけで認証が完了します。ほかにもオプションでTouch IDや終了時のロックなどを設定できます。

バックアップ機能も簡単に使えるので手軽に利用しやすいです。

iOS版はこちら
Android版はこちら

まとめ

仮想通貨に参入する場合、二段階認証は義務ではありませんがセキュリティの観点から必要と考えられています

また、認証時に使ったコードは必ずメモしておきましょう。忘れてしまうと機種変更時の再設定などができなくなってしまうので注意してください。

セキュリティをしっかり整えてから、仮想通貨の取引をはじめることが大切です。

まとめ
  • 二段階認証はセキュリティの観点から済ませておくべきである
  • スマートフォンのSMSやアプリのダウンロードからもらったコードを入力すれば認証完了
  • Google Authenticatorなどが二段階認証アプリとして有名
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!