ビットコインの創設者とされるサトシ・ナカモト氏ですが、その正体は未だ不明であり、ネットを中心に諸説が飛び交っています。

サトシ・ナカモト氏が誰か知りたい人のために、これまでにわかっていることやビットコインとの関わりなどをまとめます。

サトシ・ナカモトとは

サトシ・ナカモト氏とは、ビットコインの創設やブロックチェーン技術の発明をしたとされる人物で、「中本哲史」とも書かれます。しかしその正体は全くわかっていません。

ちなみにビットコインの最小単位である1BTCの1億分の1は、ナカモト氏の名前に由来して「Satoshi」と呼ばれています。

ビットコイン誕生の瞬間

2008年11月にナカモト氏はブロックチェーン技術の解説やビットコインと称された仮想通貨の提唱をまとめた論文を公開しました

論文は『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System (ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム) 』というタイトルでmetzdowd.comに掲載され、9ページの長さです。

2009年にナカモト氏はビットコインのソフトウェアを発表しました。以後、彼のプロジェクトには数人の技術者が協力し、現在のビットコインを開発したとされています。

最初の1ブロックはナカモト氏本人がマイニングし報酬を受け取ったという説もあります。マイニングとは仮想通貨の取引承認や存在の正当性を認めるために必要なデータ計算処理をパソコンなどの機械で行い、成功したら報酬がもらえるシステムです。

今では当たり前のマイニングも、ナカモト氏が作り上げたのでしょうか。

editTIPS
マイニング
仮想通貨のトランザクションの承認に必要とされる、確認や記録のための計算作業を行うこと。マイニングを行った人には、報酬が支払われる。

サトシ・ナカモトの正体について

サトシ・ナカモト氏の人物像について多くの情報が飛び交っていますが、確固たるものは見つかっていません。顔出しもしておらず一切の人物像が見えない状況が続いています。

「実は日本人ではない」「一人ではなく技術者の集団である」などの情報もありますが、どれも決定的な証拠がありません。

これまでサトシ・ナカモト氏を名乗ったり、本人と会ったことがあると証言したりする人物も数多く登場しましたが、確固たる根拠がなく、未だに真相は判明していません。

しかし、ビットコイン開発に協力した人物が実際にインタビューを受けるケースもあることから、実在している可能性は高いと考えられます。

まとめ

サトシ・ナカモト氏はブロックチェーンや仮想通貨を提唱する論文を書いた人ですが、その正体は現在に至るまで明らかになっていません

インターネット上を中心に、ナカモト氏に関する諸説も飛び交っていますが、確固たる証拠がなく、どれも推測止まりになっています。世界的な仮想通貨を開発したにもかかわらず一切正体がわからないというミステリアスな状況に、今も多くの人が関心を寄せています。

ナカモト氏の正体が明らかになるときは訪れるのでしょうか。

まとめ
  • サトシ・ナカモト氏はビットコインおよびブロックチェーンを提唱・開発した人物とされる
  • 2008年11月の仮想通貨の概念を提唱する論文の著者であることが明らかになっている
  • 一切の正体不明で、現在まで諸説が飛び交いながら確固たる情報がない
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!