【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数160万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

この記事のポイント
  • BINANCEの取り扱い通貨数は160種類以上
  • ユーザーの投票により人気の仮想通貨が上場する
  • BINANCEの手数料は安いため草コイン取引におすすめ

BINANCEの取り扱い通貨や上場コインの投票システム、他取引所と比べたときのBINANCEについて解説します。

取り扱い通貨にはどのようなものがあるのか、草コイン取引にBINANCEを利用するメリットをよく理解し、今後の取引所選びに役立ててみましょう。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の草コイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) 取り扱い通貨は160種類以上

BINANCEの取り扱い通貨数は160種類以上におよびます。ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨はもちろん、多くのアルトコインの売買ができます。ここではBINANCEで取り扱われている人気仮想通貨の特徴を簡単にご紹介します。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)

全ての仮想通貨はBTCから始まりました。そのため最も多くの取引所で取り扱われており、いち早く実用化もされています。今ではビットコインを利用したお買い物やデビットカード決済ができるお店やサービスがあります。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今後や2020年の見通し』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH)

ETHはビットコインの次に有名な仮想通貨です。イーサリアムはブロックチェーン技術に加えてスマートコントラクトという機能がそなわっていることが最大の特徴です。

リップル (Ripple/XRP)

XRPは日本人に人気の仮想通貨です。現在の国際送金の仕組みは日数がかかる上に手数料コストが高いことで問題視されています。この課題を解決するために開発された仮想通貨および一連のプロジェクトがリップルです。

▶ 『リップル (Ripple/XRP) の今後』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC)

LTCはビットコインの課題を改善し開発された仮想通貨です。ライトコインは決済用通貨として作られたため、ビットコインよりもスピーディかつ低コストの取引を可能にしています。

ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)

BCHはビットコインから派生した仮想通貨です。ビットコインのスケーラビリティ問題に対する考え方の違いから分裂が行われました。現在ではビットコインキャッシュABC (BCHABC) に名称が変更されています。

▶ 『ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH) の今後』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)

ETCはThe DAO事件を機にイーサリアムから分裂した仮想通貨です。基本的にはイーサリアムと同様の機能がそなわっていますが、発行上限を決めるなどこまかい部分でイーサリアムと違いがあります。

ステラ (Stellar/XLM)

XLMはリップルの技術をもとに開発された仮想通貨です。しかしリップルとは異なり、個人間の国をまたぐ送金を利用目的としています。

イオス (EOS)

イオスは企業間取引でひろく利用されることを目的とした仮想通貨です。その最大の特徴はスピーディな取引であり、毎秒5万件以上のトランザクションの処理が可能といわれています。

ネオ (NEO)

NEOは分散型アプリケーションの開発が行えるプラットフォーム型仮想通貨です。イーサリアムと同様にスマートコントラクトが使えるため、中国版イーサリアムともよばれています。

カルダノ (Cardano/ADA)

ADAはオンラインカジノプラットフォーム 「Cardano」 で利用されることを目的とした仮想通貨です。イーサリアム開発に携わった天才数学者チャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっていることで知られています。

BINANCE (バイナンス) では投票で仮想通貨が新規上場する

BINANCEでは 「Community Coin of the Month」 とよばれる上場投票イベントが毎月開催されます。BINANCEユーザーの投票結果において、上位をしめる人気の仮想通貨が同取引所に上場するというイベントです。

一般的にコインの取り扱い取引所が増えれば、流動性は高まり通貨価値があがります。特に規模の大きな取引所であればあるほど注目を集めるものです。世界最大の取引所であるBINANCEへの上場はコインの価格が大きく上昇する要因となるため、今後もBINANCEが注目を集めると考えられます。

草コインの取引はBINANCE (バイナンス) がおすすめ

BINANCEは草コインの取引にオススメの取引所です。取引手数料が安く、銘柄が豊富にあります。

取引手数料が安い

多くの海外取引所の取引手数料は通常0.2~0.25%程度です。一方でBINANCEの取引手数料は0.1%であり、さらにBNBを手数料の支払いに利用すると追加で割引されます。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の手数料』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

銘柄の豊富さ

BINANCEの取り扱い通貨は160種類以上です。そのため有名でなく時価総額の低いコインが数多くあります。

今後大きく飛躍する可能性のある通貨をいち早く見つけることができるのもBINANCEの大きなメリットといえるでしょう。

▶ 『BINANCEの草コイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) 取り扱い通貨のまとめ

BINANCEの取り扱い通貨数は160種類以上で、他の国内外の取引所とくらべてもケタ違いに多いことがわかります。そのため国内では見つけることのできなかった有望なコインを探しあてることができるかもしれません。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow


執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!