【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

この記事のポイント
  • BINANCEは世界的最も取引量の多い取引所
  • BINANCEは手数料が安い
  • BINANCEは取り扱い通貨が非常に豊富

海外取引所では、国内の取引所に比べて非常に多くの仮想通貨を取り扱っています。

海外取引所は多くありますが、どちらの取引所がいちばん使いやすいのかわからない場合、 まず仮想通貨の取引高が世界トップクラスのBINANCEに登録すると良いでしょう。

この記事ではBINANCEの使い方や登録方法を画像付きで詳しく解説します。

BINANCE (バイナンス) の基本情報

世界最大級の知名度を誇る王者の風格!最先端の暗号資産 (仮想通貨) 取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 独自コインのBNBが人気!
基本情報
取引所/販売所取引所or販売所
取引仮想通貨数153種類
日本語対応2018年1月終了
スマートフォン対応
最大レバレッジFX取引なし
取引方法FX/先物取引/信用取引/現物取引
セキュリティログインパズル認証/2段階認証
サポート英語によるサポートあり
法人口座

BINANCEは世界最大級の仮想通貨取引所で、150種類以上の通貨を取引することができます。海外の取引所の中でも、セキュリティの高さや安心感は日本の取引所以上とも評価されています。

2017年にできたばかりの比較的新しい取引所ですが、 日本でも初心者から上級者まで、ほとんどの仮想通貨トレーダーがアカウントを持っているほど、人気の取引所となっています

BINANCE (バイナンス) のおすすめポイント

BINANCEは2017年7月に香港で設立した取引所です。わずか半年で通貨取引高が1位の取引所になり、登録ユーザーは790万人を突破しました。上場する通貨を利用者の投票によって決める独自の仕組みを持っています。

手数料は「0.1%」です。これでもかなり安いのですが、BINANCEのトークン (BNB) を利用すると、手数料を「0.05%」に下げることができます。

また、草コインの取り扱いが豊富です。現時点で928銘柄あるので、bitFlyerが7銘柄のことを考えるとその数は圧倒的です。

BINANCE (バイナンス) の口コミ・評判

BINANCEは世界的に大きな取引所で取り扱い通貨の種類、セキュリティの強さからも人気の高い取引所と言えます。日本語対応が完全ではないとは言え、ユーザーインターフェースのわかりやすさからも高い人気を得ています。

良い評判・口コミ

BINANCEでは、3月7日にハッキング騒動が起こりすべてのコインの出金が停止されました。しかし出金再開までのスピードが速かったため、神対応だと評判になりました。

こちらの方がBINANCEに問い合わせをしたところ、早朝にも関わらず、直ちに返事がきたようです。

悪い評判・口コミ

こちらの方はBINANCEに登録したものの、英語が苦手なため利用を止めてしまったようです。やはり英語が苦手な方にとっては敷居が高いのかもしれません。

こちらの方は、ログイン時に出てくるパズルに苦戦しているようです。パズルはロボットが操作していないかチェックするために行われますが、苦手な人はとことん苦手なようです。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) の特徴

BINANCE (バイナンス) の取り扱いコインが豊富

BINANCEは、現時点で928銘柄の仮想通貨を取り扱っています。これからもBINANCEは増やしていく方針です。

928銘柄もBINANCEにあるので、日本の取引所では買えないコインがたくさんあります。1円未満のコインもたくさんあるので、これから化けるコインも眠っているはずです。かなり幅広く銘柄を取り揃えていますので、国内取引所の取り扱い通貨数に不満がある方も、満足できるのではないでしょうか。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の取扱通貨』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

人気投票でBINANCE (バイナンス) に上場するユニークな取り組み

BINANCEでは毎月1回、上場させる仮想通貨を人気投票で決定する「Community Coin of the Month」というイベントが開催されています。

仮想通貨の上場とは、取引所で通貨の売買を可能にすることを意味します。BINANCEへ上場すると、出来高の増加や価格の上昇が期待されるので、多くの仮想通貨がBINANCEへの上場を目標にされています。

これは、BINANCE側の都合だけでなく、 利用者から人気のある仮想通貨を上場させることのできるこのイベント「Community Coin of the Month」は、利用者数の増加に繋がり、仮想通貨売買が活発になります。

人気投票 (Community Coin of the Month) の特徴として、次のようなものがあります。

  • 月に1回実施(毎月投票期間が設定されている)
  • 投票はBINANCEの利用者で、BNBコインを持っていなければならない
  • 複数の仮想通貨へ投票が可能で、ただし、1回の投票につき0.1BNBが必要
  • 上場後に取引するときの、出来高や価格が上昇しやすい

▶ 『BINANCE (バイナンス) の投票』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

セキュリティが高く、運営側の評価も高い

BINANCEは、過去に何度か、フィシングサイトなどからの顧客のログイン情報が漏れだし、不正出金が起こるなど、外部からの不正アクセスやハッキング等を受けてきましたが、その度に BINANCE独自の危機管理システムが作動し、被害を最小限に食い止めてきたため、評価が高いです。

またこのようにトラブルが発生し緊急でメンテナンスが必要になった場合も、メンテナンスがなぜ行われていて、現在どのような状況なのかが発信されるため、これも運営の評価が高くなっている理由の一つです。

最近の日本の取引所では、突然予告もなくメンテナンスの時間が変更されたり、突然メンテナンスが終了したり、運営の不透明性が高まってきており、このようなことを踏まえると、 BINANCEはユーザーから評価されて当然であるとも言えます

中国の仮想通貨規制の影響を受けない

BINANCEの本社は香港にあります。近年中国政府による、仮想通貨産業への国内での規制強化が非常に顕著になってきていますが、BINANCEの本社がある香港は特殊で、中国国内と比べ、受ける政治的効力は非常に低くなっています。

そのためこれまでに行われてきた規制政策もほとんど影響を受けませんでした。またBINANCEはマルタへの本社移転を完了しており、これからさらにマルタ周辺での、ブロックチェーン産業の発展に拍車がかかると見られています。

手数料が安い

BINANCEの取引手数料は0.1%です。他の海外取引所が0.2%前後(Bittrexが0.25%、Poloniexが0.15%~0.25%)であるのに対して、とても安く設定されています。

BINANCEの独自トークンであるBINANCEコイン (BNB) で手数料を支払うことで、手数料がさらに半額の0.05%になります。半年で世界最大の取引所になったのも、この激安の手数料が大きく影響しているのではないでしょうか。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の手数料』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコインのフォークコインが付与される

BINANCEは、ビットコインのフォークコインにすべて対応すると公式Twitterで声明を出しています。

フォークコインとは仮想通貨が分裂することによって誕生する、新しい通貨のことです。ビットコインの保有者は、新しく誕生したフォークコインもビットコインと同数受け取ることができます。しかし、実際に新コインを受け取れるかどうかは、ビットコインを預けている取引所の方針によります。

BINANCEにビットコインを預けておくだけで新コインを受け取ることができるため、ほかの取引所よりもお得だと言えます。

日本円で入金できない

BINANCEでは、日本円で銀行振り込みなどによる入出金はできません。BINANCEで取引を始めるためには、仮想通貨で入金する必要があります。国内の取引所しか使ったことがない人にとっては、少々敷居が高く感じるでしょう。

サポートが日本語に対応していない

BINANCEのサポート画面は、日本語に対応していません。また、問い合わせするときのやり取りは基本的に英語で行いますので、英語が苦手な方は苦戦するでしょう。

Google翻訳など便利なツールがたくさんありますので、サポートを利用するときは上手く使いこなしましょう。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の日本語』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) のセキュリティ

BINANCEは2段階認証を用いてセキュリティを強化しています。また、パズルのピースを手動で合わせてロボットではないことを証明しないとログインできないようになっています。ログインまでに手順を踏む必要があるため、セキュリティは高いと言えるでしょう。

先日ハッカーがBINANCEから通貨を不正に出金しようとした事件では、BINANCEのシステムが異変を察知し出金が自動的に停止されました。このことから、BINANCEのセキュリティ対策は世界トップクラスであることが証明されました。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の2段階認証』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) の使い方・使用方法

HOME」では、BINANCEで取り扱っている仮想通貨の直近24時間の取引量や騰落率のランキングや、お知らせが見れます。
お気に入り, BNB市場、BTC市場、ETH市場、USTD市場が直近24時間での BNB建て、BTC建て、ETH建て、USTD建てでの仮想通貨の取引量ランキングや、騰落率のランキングを見ることができます。

BINANCE (バイナンス) の日本円入金方法

BINANCEは、海外(中国)の取引所であり、円建てではなくBTC(ビットコイン)建てでの取引ができます。つまり、日本円では対応していないので、国内取引所で、BTC(ビットコイン)やETH(Ethereum)にして、送金します。

なので、まず国内取引所で仮想通貨を買います。その仮想通貨をBINANCEに送金します。そのためにはまずBINANCEの預金アドレス(送金先アドレス)を知らなければなりません。

具体的にはBINANCEの画面右上の【Funds】をクリックしたあと、【Deposit Withdrawals】をクリックします。ここにはBINANCEに所有している自分の総資産が表示され、入金や出金もここで実行できます。国内取引所でビットコインを購入したあと、「BTC」の行にある「deposit」をクリックします。すると、ビットコインの預金アドレス(送金先アドレス)が表示されるのでコピーしましょう。

預金アドレスがわかると、ビットコインを所有している国内取引所からその預金アドレスにビットコインを送金します。

BINANCEのビットコインの部分に反映されれば、送金完了です。するとBINANCEのビットコインの部分に反映されます。

editMEMO

反映されるまでに時間がかかることもあります。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の入金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) での日本円出金方法

これも、入金の時と同様に、国内取引所に仮想通貨を送ってから、日本円に変えるという手順が必要になります。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の出金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) での仮想通貨の送金方法

BINANCEから他の取引所やウォレットなどにビットコインを出金したい場合は、「BTC」の行にある「Withdrawal」をクリックします。そして送金情報を入力して「Submit」をクリックすれば、出金の完了です。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の送金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) で仮想通貨を購入する方法

BINANCEで仮想通貨を購入する方法は大きく3種類あります。

  • Limit注文で買う方法
  • Market注文で買う方法
  • Stop-Limit注文で買う方法

それぞれ使い分けることで、有利な取引ができます。ぜひ抑えておきましょう!

▶ 『BINANCE (バイナンス) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) のチャートの見方

まず「BINANCEの公式ページ」に行きます。

今回はGoogle翻訳を使います。右上の「Google翻訳のアイコン」を選択して、「言語を選択」して、「日本語」を選択します。

では、まずチャートを見てみます。まずは、初心者向けの「Basic (ベーシック) 」を開いてみます。左上の「Exchange(交換)」の「Basic(ベーシック)」 を選択します。

開らけました。真ん中がラインチャートです。右上に各コインの価格の推移が縦列しています。

チャートを変更してみましょう。試しにADAコイン (エイダコイン) のチャートを見てみます。一番上の「ADA/BTC」を選択します。

ADAコインのチャートが見れました。他のコインのチャートも同じ要領で見ることができます。

時間軸を変更したい場合、ラインチャートの左上の「m(分)、H(時間)、1d(1日) 、1w(1週間)」で変更できます。ここでチャートのローソク足の期間を変えることができます。

次に、上級版のAdvanced (上級) を見てみましょう。Exchange (交換) のAdvanced (上級) を選択します。

editMEMO

Google翻訳はチャートのある画面にはあまり適していません。チャートが変わるごとにGoogleが翻訳をするので、数秒ごとに言語が切り替わって不便です。以下英語で解説します。

開けましたでしょうか。右上部に「ADA/BTC」と表示されていますが、ここから各コインのチャートに変更できます。

また、ローソク足の期間を変更する「1W」の右にある「Tool (ツール)」はチャートの分析に役立つツールが選択できます。

試しに、「Tool」の右上の「Support/Pressure Line」(サポート/圧力ライン)(正式な日本語名は「支持線/抵抗線」) を引いてみましょう。下記では、抵抗線を引いてみました。

次に今の「Tools (ツール)」のすぐ右隣の「INDICATOR」でインジケーターが見れます。試しに「MA」を選択すると移動平均線が表れます。

もし消したくなった場合、「MA✖」の✖を選択します。

editMEMO

MAとはMoving Averageの略で、「移動平均線」のことを指します。

最低限の解説はここまでです。色々触ってみて勉強してください。

チャートの特徴

BINANCEは仮想通貨の種類が豊富で、それらの仮想通貨のチャートを一目瞭然で見れます。また、それらのチャートをいろんな通過同士の組み合わせでチャートが見れるのが特徴です。

▶ 『BINANCE (バイナンス) のチャート・取引ツール』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) のスマホアプリ

iPhoneアプリはありませんがアンドロイドアプリはあります。Googleplayストアからインストールしてください。

GooglePlayストア公式ページはこちら

▶ 『BINANCE (バイナンス) のスマホアプリ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) に関する最新ニュース

BINANCE (バイナンス) がハッキング!?素早い対応で被害なし

先ほど少し触れましたが、UTC2018年3月7日14:58 (日本時間23:58) から2分間、BINANCEのVIA/BTC市場で異常な取引が行われました。BINANCEはすべての送金を停止し、ユーザーの資産を守りました。

ハッカーはbinance.comと酷似したサイトにBINANCEユーザーを誘導して、アカウント情報を不正に取得していました。ハッカーは取得したアカウント情報を利用し、VIA/BTC市場で大量の買い注文を出し、VIAコインの価格を高騰させました。ハッカーはビットコインを出金しようとしましたが、リスク管理システムが作動し、出金は自動で停止されました。

BINANCEは問題が発覚してすぐに全通貨の出金を停止しています。BINANCEのセキュリティ対策が強固であることが証明され、BINANCEの評価が上がる結果になりました。

フィッシング詐欺と窃取罪について

独自のブロックチェーン「BINANCEチェーン」の開発を発表

3月14日、BINANCEは独自のパブリックブロックチェーン「BINANCEチェーン」を開発することを公式ページで発表しました。

分散型取引所の設立に向けて、BINANCEチェーンの開発が正式に開始されます。BINANCEチェーンは、パフォーマンス・使いやすさ・流動性に優れており、他のブロックチェーン技術と比較して「ブロックチェーン資産の移転と取引」に焦点を置いた技術です。今後BINANCEコイン(BNB)にはBINANCEチェーンの技術が使われる予定です。

BINANCEが正式に分散型取引所の設立に向けた開発を発表したことで、BINANCEへの期待がますます高まりました。BINANCEコイン(BNB)はもともと人気通貨でしたが、このニュースの発表後、価格が急騰しています。

NEM (XEM) が上場される

3月20日、BINANCEにNEM (XEM) が上場されました。

NEMは通貨取引高が13位であり大変人気がある通貨ですが、BINANCEには上場されていませんでした。11月にBINANCEのジャオCEOは「いずれNEMを上場させるつもりだ」とコメントを発表しており、もともと上場の期待が高まっていました。

CoincheckのNEM流出事件が解決に至っていない中での上場でしたが、BINANCEに上場されたことでさらに注目が集まるはずです。

NEM (XEM) について

BINANCE (バイナンス) の口座開設方法

BINANCEの口座開設は本人確認なしですぐに可能です。

また、アカウント作成はメールアドレスの認証だけで、本人確認書類の提出は不要です。メールの認証と2段階認証の設定を終えると、すぐに取引を始めることができます。

ただし、 1日に2BTC以上出金する予定がある人は本人確認が必要になってきますので、免許証かパスポートを用意し、本人確認を済ませておきましょう。

STEP1 メールアドレスを登録する

取引所といっても色々とありますが、ほぼどの取引所も共通してメールアドレスの登録が第1段階です。メールアドレスの登録は下記の流れで行います。

  • メールアドレスを登録後、確認メールが届く
  • 確認メールに記載されているリンクをクリック
  • 登録画面が開いたら次のステップへ

STEP2 本人情報の入力

その後、様々な規約に同意した後、個人情報の入力の画面へ行きます。一度正確な情報を埋めて行きましょう。

editMEMO

注意事項:1日2BTC以上出金しない限りは本人確認必要ありません。

STEP3 本人確認資料のアップロード

本人情報を入力すると、本人確認書類のアップロードを求められます。求められている写真形式 (jpgなのかpngなのか) などに注意して、アップロードをしましょう。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) の使い方のまとめ

BINANCEは通貨取引高1位で、本人確認不要、通貨の種類が豊富、取引手数料が格安で大人気の取引所です。

サイトは日本語対応しておらず、サポートは英語で行われるため、英語が苦手な方には敷居が高いかもしれませんが、高度なセキュリティ対策が構築されており、海外取引所の中でも特におススメできる取引所です。

また、手数料が安く本人確認なしで登録できるという点で敷居が低く、 BINANCEは海外取引所初心者でも始めやすい取引所と言えます。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

 

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!