【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

この記事のポイント
  • BINANCE上場予定の通貨を知る
  • BINANCEの上場の仕組みを理解する

BINANCE (バイナンス) に今後上場予定のコインは?

現状、新しい上場予定の情報はありません。
BINANCEはtwitterの公式アカウントで突然告知をするので、アンテナを張っておきましょう。
また、Community Coin of the Monthが行われた際は、ノミネートされた銘柄に注目してみましょう。

BINANCE (バイナンス) の上場予定とは?〜収益の仕組みを知る〜

取引所の財源は手数料

全ての取引所に共通しているのが、財源は取引において発生する手数料であるということです。手数料が多く発生するには、取引の回数に依存します。特にBINANCEはBNBを用いた取引手数料半額も行なっているので、とにかく取引の数が多ければ多いほど収益に繋がってきます。

つまり、BINANCEの立場から考えると、取引が活発に行われている通貨を上場させたいと思っているのは間違いないと言えるでしょう。

上場を予測できる通貨の特徴

上述したように、BINANCEの経営をする立場の視点に立って考えると、上場させたい通貨は取引が活発に行われている通貨(これから行われるであろう通貨)です。
どのような通貨が取引が活発に行われるのかを解説していきます。

コミュニティの強い通貨

チャットやSNSなどで流行っている通貨は活発に取引が行われています。

その通貨で独自決済を行なっている個人営業の店などもあるため、1つのポイントとして把握しておきましょう。

他の取引所で出来高の高い通貨

他の取引所などを観察してみましょう。BINANCEには未上場でも、出来高の高い通貨が存在しているはずです。

出来高とはまさに取引が活発に行われているという指標になります。Cryptpiaなどは草コインの宝庫とも言われており、BINANCEに上場していない通貨も眠っています。そのような海外の他の取引所での出来高が高い通貨をBINANCEも上場させたいと思っているかもしれません。

プロジェクトに未来のある通貨

この項目は少し難易度が高いです。先見も目をもって、ブロックチェーン技術の先を見据えてプロジェクトを見抜く必要があるからです。

しかし、将来有望な通貨はBiannceに上場する可能性も高く狙い目になります。ブロックチェーン技術や世の中の流れに詳しい方に向いている分析方法と言えるでしょう。

BINANCE (バイナンス) 上場投票 「Community Coin of the Month」 の結果について

BINANCEでは上場通貨を決める方法の1つとして、ユーザーによる投票を行なっています。以前は毎月、現在は不定期開催で行われています。投票はBNBという独自取引所トークンを用いて行われます。

本来、BINANCEにトークンを上場させる場合は、BINANCEとのパートナーシップを締結させる必要があります。BINANCEはビジネスパートナーとして信頼に値し、今後のポテンシャルも秘めているプロジェクトを上場させるため、非常に敷居が高いことでも有名です。

しかし、このCommunity Coin of the Monthにて1位を獲得することができれば、BINANCEへの上場が果たせてしまうのです。

まさに夢のある制度と言えるでしょう。

第一回優勝

記念すべき第一回目の投票で1位に輝いたのはStratis (STRAT) という通貨でした。

当時、上場した後に中国当局の規制の影響もあり、下降トレンドに突入してしまいましたが、その後徐々に価格が伸びていきました。直接の上場による上昇ではなかったため、タイミングが合わなかったと言えるかもしれません。

第二回優勝

第二回で1位に輝いたのはSubstratum (SUB) という通貨でした。

こちらは上場後に綺麗な上昇トレンドに入り年明けに最高値を記録しました。仮想通貨バブルと呼ばれた2017年の12月のタイミングにも差し掛かったので一気に値段をあげたのだと思われます。最低価格と最高価格の価格差は17倍にまで膨れ上がりました。

以前から目をつけていた投資家にとっては非常に美味しい通貨になったといえるでしょう。

第三回優勝

第三回ではZCoin (XZC) が上場を果たしました。

この通貨もBINANCE上場を経て価格が大きく伸びた通貨の1つです。

第四回優勝

第四回ではETHLend (LEND) が上場を果たしました。

上場した日から徐々に上昇していき最高23倍にまで価格が膨れ上がりました。

第五回優勝

第五回は少しユニークな形での上場でした。

RaiBlocks (XRB) というプロジェクトがNanoという名称に変更(リブランディング)するタイミングでBINANCEに上場を果たしました。投票結果が発表されてから上場に少し時間がかかりました。

リブランディングのタイミングに合わせるためのスケジュール調整をしていたのだと思われます。実際に取り扱いが始まったのが2018年の2月であったため、タイミングがあまりよくなく、他の通貨ほどの上昇は見込めなかったようです。

第六回優勝

第六回はElastos (ELA) という通貨が優勝を果たしました。

しかし、第六回には不正投票疑惑など今までにない事件が起きてしまいました。実際にElastosはコミュニティが発足したてにも関わらず異常な投票数を誇っていました。

結果、同一人物による複数投票などが行われていたとして優勝が取り消しになってしまいました。2位に輝いていたWePower (WPR) も同様な不正があったとされ、結果上場を果たしたのはZilliqa (ZIL) という通貨でした。上場後の価格の推移は微増といったところでしょうか。

1位2位の失格という形での上場でしたので、あまりインパクトがなかったのかもしれません。

第七回優勝

毎月開催が不定期開催に変わって来たこのイベントですが、第七回に優勝を果たしたのはPundi X (NPXS) という通貨でした。投票結果も2位を引き離す圧倒的な差で優勝を果たしました。

しかし、ちょうど2018年の6月は仮想通貨相場が冷え込んできた最中であったので、爆発的な上昇はなく、一時的な高騰を見せて終わってしまいました。

第八回優勝

第八回はPolymath (POLY) という通貨が優勝を果たしました。今回は何と、上位3通貨が不正による失格という第六回を上回る残念な結果になり、繰り上げを果たしたPolymath (POLY) が優勝という形になりました。

上場が見込まれていたMithril、NKN、Libra Creditの価格は当然大暴落しました。逆にPolymath (POLY) は上場が決定した瞬間40%近い高騰を見せたので、BINANCEの影響力の凄さを物語らせていたと言えます。

第九回

第九回はGoChain (GO) という通貨が上場を果たしました。上場決定が2018年9月頃だったのですが、仮想通貨相場が冷え込むなか、一時的な高騰を見せました。

▶ 『BINANCEの投票』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

投票による上場コインを買うメリット

投票によって選ばれたコインを買うメリットは2つあります。

1つ目が殆どの通貨が一時的であれ上昇をしていること。

2つ目に投票するユーザーがいるということなので、一定数のファンが付いている可能性が高いことです。

IPOの売り抜けでお小遣い稼ぎ程度のようなイメージにはなりますが、すでに海外の取引所に上場している様な通貨ならこの手法は狙い目かもしれません。

▶ 『BINANCEの上場』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) の次に注目すべき取引所

Huobi (フオビ)

HuobiはBINANCEの故郷である香港を拠点とした仮想通貨取引所です。
日本のSBIホールディングスと提携したことで有名です。BINANCEほどではありませんが、Huobiも取り扱い銘柄は豊富な取引所です。レバレッジ取引が行える点など、積極的な取引を実現したい人にはおすすめの取引所の1つです。

BINANCEではレバレッジ取引には対応していないため、国内にない銘柄で行いたい方はぜひ登録しましょう。中国語のみのサポートになるので、その点は他の取引所よりも使いにくいかもしれません。

しかし、SBIとの提携が進めば日本語対応も実現するかもしれません。

▶ 『Huobi Global (フォビ グローバル) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア)

Cryptopiaは草コインの宝庫と呼ばれている海外の取引所です。BINANCEでは取り扱っていないような通貨も沢山あるので、使い分けるといいでしょう。

特にCryptopiaにある取引高の高い通貨はBINANCEでの上場も期待できます。上場前に購入をするためにも登録をして取引可能な状態にしておくのがおすすめです。

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitbank (ビットバンク)

bitbankは日本の取引所です。
全てが取引板でトレードができるので手数料の安さが売りの取引所です。
アルトコインの銘柄数は国内でNo.2の座にいます。

No.1はcoincheckなのですが、coincheckはアルトコインを販売所としてユーザーに売っているので、スプレッドなどが生じてしまい、結果的に手数料が高くなってしまうデメリットがあります。

その点、bitbankは全て取引所として機能しているため、手数料を抑えた取引が可能になっています。アルトコインを日本で直接、手数料を安く購入することができるので、登録必須の取引所と言えるでしょう。

BINANCEはちょっとまだ勇気が足りないという方は、まずはbitbankから初めてみてはいかがでしょうか?

f

BINANCE (バイナンス) の上場予定に関するまとめ

今回はBINANCEに上場した際の通貨の値上がりを過去の事例を元に紹介していきました。

非常に影響力のある取引所であり、日本時ユーザーにも人気なので、気になった方はぜひ登録してみてください。

BINANCE (バイナンス)

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!