• bitbank (ビットバンク) は販売所がない
  • アルトコインの取り扱いが豊富
  • さまざまな機能でチャートを分析できて便利

この記事のポイント

この記事では国内取引所bitbankの使い方について解説しています。具体的には、bitbankのメリット・デメリット、入出金の方法、スマホアプリの使い方などを解説しています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

bitbank (ビットバンク) の使い方

まずはbitbankの使い方を確認していきましょう。ここでは1番基本的な入金方法と出金方法について確認していきます。

bitbank (ビットバンク) の入金方法

bitbank (ビットバンク) ログイン後『入金する』をクリックする

bitbank (ビットバンク) 入金
bitbankにログイン後、画面右上の赤枠で囲った「入金する」をクリックします。

日本円の『入金』をクリックする

bitbank (ビットバンク) 入金
次に画面右側の赤枠の日本円の『入金』をクリックします。振込み先の口座が表示されるので、指定された口座に振込み入金をすれば、入金は完了です。

▼ bitbank (ビットバンク)の入金方法についてもっとくわしく知りたい方はこちらをご覧ください

bitbank (ビットバンク) の出金方法

bitbank (ビットバンク) 出金
bitbankの出金手順を確認しましょう。はじめに①の人型のアイコンをクリックします。続いて、②の『出金』をクリックします。その後、③の『入金』をクリックします。口座情報を入力して出金額を入力すれば、出金が完了します。

▼ bitbank (ビットバンク)の出金方法についてもっとくわしく知りたい方はこちらをご覧ください

bitbank (ビットバンク) を使うメリット

bitbankを使うメリットについてみていきましょう。

アルトコインの取り扱い数が多い

bitbankではアルトコインの取り扱い数が多くなっています。
具体的には、以下の銘柄を取り扱っています。

bitbank取り扱い銘柄
JPY建BTC (ビットコイン)XRP (リップル)BCH (ビットコインキャッシュ)MONA (モナコイン)
BTC建ETH (イーサリアム)BCH (ビットコインキャッシュ)LTC (ライトコイン)MONA (モナコイン)

上記の中でも、モナコインは国産コインで人気が高い仮想通貨ですが、国内取引所では取り扱っているところは少なくなっています。また、ビットコイン建で取引ができることもbitbankのメリットと言えるでしょう。

bitbank (ビットバンク) を使うデメリット

販売所がない

bitbankでは仮想通貨の購入はすべて、取引板を使った取引所の形式で行われます。そのため、販売所の形式で購入することができません。

販売所とは?
販売所では仮想通貨を直接販売会社から購入します。購入価格も売却価格も販売会社が決めた価格に従います。

一般的には、販売所の方が簡単に仮想通貨の取引ができるため、初心者の方に向いているということができます。そのため、初心者の方にとっては、デメリットの1つということができるでしょう。

▼ 取引所と販売所の違いについて詳細に知りたい方はこちらをご覧ください

bitbank (ビットバンク) のスマホアプリの使い方

bitbankではスマホアプリも提供しています。ここからはアプリの使い方も確認していきましょう。

アプリをダウンロードする

まずはスマホアプリをダウンロードしましょう。iPhoneの方は「AppStore」から、Androidの方は「GooglePlay」からダウンロードできます。


アプリで入金する方法

『入金する』をタップする

bitbank (ビットバンク) 入金
画面右上の赤枠で囲った『入金する』をタップします。

日本円の『入金』をクリックする

bitbank (ビットバンク) 入金
画面上部の赤枠で囲った入金をクリックします。口座番号が表示されるので、指定された口座に入金すれば、入金作業が完了します。

アプリで出金する方法

メニューマークをタップする

bitbank (ビットバンク) 入金
赤枠のメニューマークをタップします。

『出金』をタップする

出金
赤枠で囲った「出金」をタップします。

日本円の『出金』をタップする

bitbank (ビットバンク) 出金
赤枠の『出金』をタップします。出金先の口座などを登録し、金額を入力すれば出金作業が完了します。

▼ bitbank (ビットバンク) アプリの使い方について詳細に知りたい方はこちらをご覧ください

bitbank (ビットバンク) のウォレットの使い方

bitbankのウォレットの使い方を確認していきたいと思います。

bitbank (ビットバンク) ウォレット使い方
基本的な使い方はbitbankの入出金手順で見た内容と同じです。他の取引所に送金したい場合は、送金先の取引所のウォレットのアドレスを確認し、赤枠で囲ったそれぞれの仮想通貨の送金項目を選択してアドレスを入力します。
これによって他の取引所へ送金を行うことができまます。

セキュリティについて

bitbankはセキュリティの強さが魅力です。資産管理をコールドウォレットで行っているほか、秘密鍵の管理にはマルチシグを採用しています。

マルチシグとは?
マルチシグとは通常1つの秘密鍵を使って行う取引を、複数の秘密鍵を使って行うことでセキュリティを強化する仕組みです。

また、コールドウォレットと接続しているホットウォレットの管理は、ブロックチェーンのセキュリティ企業であるBitGo (ビットゴー) と提携して行っています。そのため、セキュリティの強さはほかの取引所よりもより優れているということができます。

▼ マルチシグについて詳細に知りたい方はこちらをご覧ください

bitbank (ビットバンク) のチャートの使い方

ここからはbitbankのチャートの使い方について確認していきましょう。bitbankではさまざまなツールを使いチャートを分析することができます。

チャートの見方

bitbank (ビットバンク)
①では移動平均線などの指標を出すことができます。②ではトレンドラインなど自分で引いて分析することができます。③ではフィボナッチの設定などができます。

注文方法

bitbank (ビットバンク) 注文方法
上記の画像は注文画面です。今回は成行注文を確認していきましょう。①では「指値」と「成行」の切り替えを行います。②では「買い」と「売り」の選択を行います。③では購入したいビットコインの数量を入力します。すると④に現在の市場価格に基づいて、必要な日本円の金額が反映されます。完了したら⑤をクリックして注文を確定させます。

まとめ

以上、bitbankの使い方について解説してきました。取引所のためスプレッドを気にしないで購入できる点は非常に魅力的です。ぜひみなさんもbitbankでトレードしてみてください。


▼ bitbank (ビットバンク) について詳細に知りたい方はこちらをご覧ください