• bitbankTradeではレバレッジ取引が可能
  • 招待リンクから登録すると手数料が20%オフになることも
  • 1日当たり10万円以上出金させるには、bitbank.ccで本人確認が必要

この記事のポイント
editMEMO

「bitbank Trade (ビットバンクトレード)」 サービス終了の連絡
2019年3月31日に、bitbankのレバレッジ取引サービスであった、bitbank Trade (ビットバンクトレード) は終了します。
理由としては、「国内にも幾多の取引所が存在していること、や弊社別サービスbitbank.ccが国内1位、世界8位の売買代金を誇る様になったこと等から、bitbank Tradeの流動性への寄与度合いが低減し、その役目を終えたと判断したため、サービスを終了させる」としています。
bitbank TradeにBTCをお持ちの方につきましては、別サービスの「bitbank.cc」への自動でデータ移行が予定されています。2019年の3月1日 (金) より新規登録を停止し、2019年3月29日 (金) に新規注文停止・決済注文停止・注文の全キャンセル・BTC入金の停止、2019年4月1日 (月) 17:00にBTC出金停止・bitbank.ccへのBTC移行・ログイン停止というスケジュールとなります。
本コンテンツをご覧の方はあらかじめご注意ください。

bitbank (ビットバンク)にはレバレッジ取引機能がなく、最大20倍のレバレッジ取引が行えるbitbankTrade (ビットバンクトレード)にてユーザーはレバレッジ取引を行うことができます。

今回は、bitbankTradeでレバレッジ取引を行う手順を初心者の方向けに、画像付きで詳しく解説していきます。

bitbankTrade (ビットバンクトレード) ならレバレッジ取引が可能

bitbankTrade (ビットバンクトレード)

ビットバンク株式会社が運営するビットコインFX専用の取引所bitbankTradeでは、最大20倍のレバレッジ取引を行うことが出来ます。

bitbankTrade (ビットバンクトレード) のレバレッジ取引とは

bitbank Tradeのレバレッジ取引とは
bitbankTradeのレバレッジ取引は、手持ち資金の最大20倍の取引を行えます。通貨ペアはBTC/USDとなっており、日本円での取引は行えません。少ない資金でも多額の取引を行えることが特徴で、大きな利ザヤを狙うことが可能です。

なぜ手持ち資金の数十倍の取引が行えるかというと、利用者が担保(証拠金)を取引所に預け入れ、それを元に取引所が利用者に対し資金を貸し出しているからです。

利用者は、「売り注文」と「買い注文」を1セットで行い、その利ザヤを利益として得ることができます。現物(ビットコインそのもの)を保有しないため、「売り注文」から始めることも可能です。そのため、現物取引とは異なり、相場が下がっているときでも利益を出すことが出来ます。

証拠金維持率について

証拠金維持率とは、利用者の口座残高が健全かどうかを示す指標です。

具体的には、次の式で計算されます。

証拠金維持率
維持率=((取引余力BTC+必要証拠BTC)/必要証拠BTC) × 100

取引所は利用者に対してお金を貸していますので、利用者が健全に取引を行えているかどうかを管理する必要があります。

この証拠金維持率が基準を下回った場合、取引所は利用者に断りなく未成立の注文を強制的に決済し、それ以上損失が出るのを防ぎます。

ロスカット率について

bitbankTradeのロスカット率は20%です。証拠金維持率が20%を下回ると、未成立の注文が強制決済(ロスカット)されます。

このロスカット率20%は、他の取引所に比べて極めて低くなっています。例えば、Liquid by QUOINEでは110%、bitFlyerでは50%となっています。

そのため、相場が予想と逆に動いて時価で計算した資産が目減りしていっても、すぐにロスカットされることはありません。

追証について

追証とは、「追加証拠金」の略称で、利用者が取引所に追加で差し入れなければならないお金を指します。

bitbankTradeでは、追証(おいしょう)がありません。万が一ロスカット時に預け入れた証拠金以上の損失が出た場合も、bitbank側が補てんするとしており、bitbank社に入金した金額以上の損失は出ません。

スワップ金利について

スワップ金利とは、日をまたいでポジションを保有する際に、取引所に対して支払う手数料の事です。利用者は取引所からお金を借りていますので、借りた日数分のスワップ金利を支払う必要があります。

bitFlyerでは0.04%、Liquid by QUOINEでは0.025%のスワップ金利が1日ごとに発生しますが、bitbankTradeではスワップ金利を設けていません。

そのため、bitbankTradeではポジションを次の日に持ち越しても、金利を払う必要がありません。

先物取引について

bitbankTradeのビットコインFXは、「先物取引」です。

先物取引とは、「将来の特定の期日に買う(売る)ことを約束して、現時点の価格を今決めてしまう」という取引です。例えば、「○月○日には売ると約束するから、今××円で買う」というものです。

通常のFXとどう違うかと言うと、取引を終了する期限が決まっているという点です。

例えば、レバレッジ取引を「買い注文」から始めるときは、

買い注文を出す
買い注文が約定する
売り注文を出す
売り注文が約定する

という一連の経緯をたどって取引は終了します。

通常のFX取引は、売り注文を約定させるのは、いつでも構いません。例えば、1月1日に買い注文を出して、売り注文が約定するのは12月31日になっても問題ありません(スワップ手数料がたくさんかかります)。

「先物取引」では、売り注文の約定の期限について「○月○日までに成立させなければならない」と決められています。

限月について

限月(げんげつ)とは、先物取引の期限のことです。bitbankTradeの限月は、次の3種類です。

限月の種類概要
今週物今週の金曜日までに決済
来週物次週の金曜日までに決済
四半期物3月・6月・9月・12月の最後の金曜日までに決済

なお、注文の締め切り時間は毎週金曜日の16:50となっています。

キャピタルゲインフィーについて

キャピタルゲインフィーとは、「キャピタルゲイン=資産を売買することによる利益」と「フィー=手数料」を組み合わせたもので、決済時の利益から徴収される手数料を指します。

bitbankTradeでは、キャピタルゲインフィーを0.2%に設定しています。

例えば、30万円で購入して35万円で売却した時の利益は5万円(35万円-30万円)ですが、キャピタルゲインフィーとして100円(5万円×0.2%) が徴収されます。

レバレッジ取引でキャピタルゲインフィーを設定している国内取引所は、bitbankTradeのみとなっています。スワップ金利や追証をユーザーへ請求しない代わりに、このキャピタルゲインフィーを徴収しています。

各種手数料について

bitbankTradeの取引手数料は次のとおりです。

新規建玉0.01%
決済0%
キャピタルゲインフィー決済時利益に対して0.2%

ビットコイン(BTC)の入出金手数料は次のとおりです。

BTC入金無料
BTC出金0.001BTC

bitbankTradeでは、通貨ペアは「BTC/USD」となっており、入金できる通貨はビットコインのみとなっています。

bitbankTrade (ビットバンクトレード) でのレバレッジ取引方法

bitank tradeでレバレッジ取引を行う方法
bitbankTradeでレバレッジ取引を行う手順について説明します。

アカウントを開設

まず、bitbankTradeでアカウントを開設しましょう。

bitbank Tradeの新規登録画面へ移動し、「メールアドレス」「パスワード」の2点をご入力下さい。

bitbank Tradeの取引手順

登録ボタンを押すと、メールが届きます。メールを開き、本文に書かれているURLをクリックして認証してください。

アカウント連携

メールの認証を済ませただけでもレバレッジ取引を行えますが、1日当たりのBTC出金上限が10万円相当と制限されてしまいます。上限を上げるためには、本人確認書類の提出が必要です。

本人確認は、bitbankTradeではなく、bitbank.ccで行う必要があります。bitbank.ccの本人確認がお済みでない方は、以下の記事を参考に、本人確認を済ませてください。

bitbank.ccでの本人確認がお済の方は、bittbank.ccにて「アカウント」>「アカウント連携」>「連携する」と進みましょう。連携用のパスワードが表示されます。

bitbank Tradeの画面を開き、「入出金」>「BTC引出」と進み、連携用のパスワードを貼り付けます。そして「連携」ボタンを押しましょう。

bitbank Tradeの取引手順

以上でアカウント連携は完了です。

証拠金を入金

アカウント連携が終わったら、証拠金となるビットコインを入金しましょう。

ビットコインの入金方法は、

bitbank.ccから移動する
他の取引所から送金する

の2つがありますが、どちらもやり方は同じです。

bitbankTradeで「入出金」>「BTC預入」と進みます。入金用のビットコインアドレスが表示されますので、コピーして送金を済ませましょう。

現物口座からFX口座にBTCを振替

ビットコインの入金を済ませたら、「FX口座」へ振替します。

bitbank Tradeの「トレード」タブ>「口座振替(現物⇔FX) 」と進みます。「振替数量」と「取引パスワード」を入力し、「振替予約」を押します。

bitbank Tradeの取引手順

BTCFXトレード

3種類の限月が表示されますので、取引したいものをクリックしましょう。なお、「BTCFX○○○○」と書かれていると思いますが、○○○○が取引期限となっています。

仮計算

注文価格の横に「仮計算」ボタンがあります。これは、今注文を出す価格と将来予想する価格を入力することで、手数料や利益がどのくらいになるか計算してくれるものです。

取引板

bitbankTradeでは、他の取引所と取引板が少し違います。それは数量が「100ドル=1枚」として枚数表示されていることです。

bitbank Tradeの取引手順

他の取引所は、「2.150458」のようなビットコイン数量で表示されていますが、bitbankTradeでは、米ドル表示で、さらに「枚数」として表示していますのでご注意ください。

注文を出す

bitbankTradeでは、注文の出し方は「指値注文」と「BBO(成行注文)」の2種類があります。

指値注文

指値注文は、その名のとおり、価格を指定して注文を出す方法です。

成行注文

成行注文は、価格を指定せずに注文を出す方法です。急ぎで売りたい(買いたい)時に利用します。

bitbankについてもっと知りたいという方は、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

bitbankTradeについてもっと知りたいという方は、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。