• bitbankの入金方法を理解する
  • bitbankの入出金手数料を理解する
  • bitbankの入出金に関してよくある質問内容を理解する

この記事のポイント

bitbankとは、ビットバンク株式会社の運営する仮想通貨取引所です。
bitbank.ccとbitbank Tradeの2つが存在しているのですが、その違いも踏まえて解説していきたいと思います。
国内取引所には珍しく取引手数料無料なので、非常におすすめの取引所になります。
入出金方法を理解し、使いこなせるようになれば、国内では一番安く効率よく仮想通貨を購入することができると言っても過言ではないでしょう。

bitbank (ビットバンク) の入金方法



bitbankの入金方法は非常に簡単です。
まず、以下の画面がログイン後のトップページで、仮想通貨のチャートが表示されているトレード画面となっております。
右上にある『入金する』というところをクリックしましょう。

次に、日本円やビットコインの入金画面に映ります。
日本円で入金する場合は、以下の画像のように、入金するというボタンをクリックしましょう。

日本円での入金の場合、ビットバンクの顧客入金用口座の情報が出てきます。
こちらの口座に任意の額を振り込むことで、bitbank内に日本円の入金が完了いたします。
※個人情報部分はモザイクをかけています。

1つだけ注意をしなくてはいけないのが、振込依頼人名義の部分です。
ご自身の名前を入力するだけでは入金ミスが起きてしまう可能性があります。
必ず指定された文字列を入力しましょう。

入金反映がされない場合は、サポートセンターに連絡をする必要があり、手間になってしまいます。

ビットコインや、他のアルトコインをウォレットなどから入金することもできます。
例えばビットコインで入金を行う場合は、以下の画像のようにアドレスとQRコードが表示されます。ビットコインの送金を行なったことがある方なら、簡単に入金ができると思います。

他のアルトコインも、基本的にはビットコインと同じ入金フォーマットになっています。
リップル(XRP)だけ、宛先タグという仕組みが存在するので、そこだけ例外になっています。

以上がbitbankの入金方法です。
他の国内取引所と比べても非常にわかりやすい仕組みになっていると思います。
仮想通貨初心者の方でも簡単に使うことができるので、この時点でおすすめの取引所です。

bitbank (ビットバンク) の出金方法


bitbankの出金は左側のメニューバーにある出金をクリックしましょう。
以下の画像のようなページになりますので、右側の出金をクリックしましょう。

日本円の場合は指定の銀行口座を入力し出金申請を行えば完了です。

仮想通貨の場合はご自身のウォレットアドレスを入力して送金しましょう。

bitbank (ビットバンク) の入出金手数料



bitbank (ビットバンク) 入出金手数料
 入金手数料出金手数料
JPY無料 540円/756円(3万円以上)
BTC無料0.001BTC
LTC無料0.001LTC
XRP無料0.15XRP
ETH無料0.005ETH
MONA無料0.001MONA
BCC無料0.001BCC

こちらの表は公式サイトに記載されている物になります。
入出金に関しては、他の取引所の水準通りで、安くもなく高くもない印象です。
bitbankの手数料に関するポイントは入出金でなく、取引手数料の方でしょう。

bitbank (ビットバンク) で入金が反映されない場合


bitbankに入金を行なったのに金額が反映されないことがあります。
少しのお金ならまだしも、大金を入金したあとに反映が中々されないと不安になりますよね。
もしかしたら、よくある反映に時間のかかるパターンに該当するかもしれませんので、以下にまとめさせていただいた内容を参考にしてみてください。
bitbankは国内取引所の中でもトップクラスに対応が丁寧ということで有名です。
万が一入金方法を間違えてしまった場合でも、落ち着いてサポートセンターに問い合わせをしましょう。

銀行の営業時間外に振込をした

銀行の営業時間外に振込をした場合、銀行が振込作業を開始するのが翌営業日になりますので、入金反映は翌営業日になります。
例えば、一般的な銀行が営業を終了する15:00以降に振込をした場合、翌日以降に振り込まれると言うことになります。
土日祝日は銀行の営業時間外なので、金曜日の15:00以降に入金をすると、反映されるのは月曜の9:00以降になってしまいます。(月曜日に祝日がある場合はさらにその翌日)

ただし、例外があります。
信託SBIネット銀行を使えば、年中無休で24時間入金を行うことが可能になります。
もし、すぐにでも反映させたいことが多いのであれば、信託SBIネット銀行を開設しておくことがおススメです。

登録した振込人名義と、違う名義で振り込んだ

登録した振込人名義と違う名義で振り込めば、入金が反映することはないでしょう。
bitbankの公式サポートの質問コーナーにも書かれていましたが、直接銀行に連絡をし、組み戻し手続きをする必要があります。
組み戻し手数料は当然ユーザー負担になるので、登録した振込人名義と違う名義で振り込むこと(名前の入力間違い含め)は無いようにしましょう。

入金番号を入力し忘れた

bitbankで入金時に気をつけなくてはいけないのが、振込人名義の前に指定の文字列を入力する必要があることです。純粋に登録名義と違う名義で振り込むことは滅多にないと思いますが、文字列の入力忘れは大いにありえるでしょう。
入金が反映されていない場合は、もしかしたらこれに該当するかもしれませんので、伝票を確認しましょう。
文字列の入力を忘れていた場合は、サポートセンターに連絡をする必要があります。

bitbank.ccとbitbankTradeの違い



bitbank.ccとbitbankTradeの違いを説明します。
bitbank.ccは仮想通貨の売買を行う『取引所』の役割を持っているのに対し、bitbankTradeは『FX』を行うための取引所となります。

国内最大数の取扱い銘柄

bitbank.ccは国内で最多のアルトコインを取り扱っている取引所になります。
銘柄だけで言えば、Coincheck(現在は休止中で徐々に再開開始)の方が多いですが、Coincheckは主に販売所としてアルトコインを取り扱っています。
取引所とは、相手の指定した売買値に対して、自身の価格と数量が合わさることで取引が成立する仕組みになっています。
メリットは手数料が殆どかかからないことですが、販売所のように、指定した枚数を必ず売買できるかは分からないのが少しだけ難易度が高いポイントになります。
bitbank.ccは取引所のみ運営しているので、全ての取引が上記のようなルールで行われています。
値段を指定して取引が可能なので、狙った価格で仮想通貨を売買でき、効率の良い取引ができます。
すぐに枚数が必要な場合や、すぐに売り払いたい場合はデメリットになるので、販売所を取り揃えている所と併用するのが良いでしょう。

初心者にもおすすめのFX取引所

bitbankTradeはBTC/JPY通貨ペア専用のFX取引所です。最大レバレッジは20倍までかけることが可能です。
ポイントは追証がないので、証拠金を超えてしまった損失を出してもbitbankTradeが補填してくれるので、大きな借金を抱えるリスクがないのがポイントです。(最初から借金をして投資していれば別ですが)

bitbank.ccは入出金の手数料や、取引所である点からの売買手数料は平均よりは低い取引所ですが、bitbankTradeはFX取引所としては手数料は割高です。
その点はデメリットですが、ロスカットと呼ばれる損失が膨らんだ際の強制決済に達する割合率が20%(bitFlyerは50%)と低めに設定されているのがポイントです。
また、上述下通り、追証が無いのもFX初心者にとっては安心できる点であると言えます。

ロスカットとは?

売買したポジション(購入をして保有している状態)の損失が、一定以上に達した時に、強制的に決済をすることで、それ以上の損失を未然に防ぐための制度のことです。
この制度があることで、全財産を失うことを防ぐことと、追証による追加資金の支払いを防ぐことができます。ただし、急激な価格の変化による大きな損失の場合は全額失う可能性もあります。

ロスカットが行われる一定基準がロスカット率であり、この基準値が低ければギリギリまで強制決済が行われないメリットがあります。
bitFlyerは50%のロスカット率のため、含み損が50%、つまり証拠金維持率が50%になれば強制決済され、損失が確定してしまいますが、bitbankの場合は20%になるまで、つまり含み損が80%までは耐えることができるので、ロスカットが行われず、一時的に予想と逆の動きをしたあとに値段を戻せば利益を取るチャンスが増えることになります。

ただし、ロスカットされてしまえば80%の証拠金を失うリスクがあるので考慮しながらトレードしましょう。ビットコインでのFXに興味はあるものの、リスクが恐くて試せなかった人にはおススメできます。

bitbank (ビットバンク) に入金するのにオススメの銀行



bitbankに入金をする際に、一番おすすめの銀行は住信SBIネット銀行です。
これ一択といっても過言ではないでしょう。

理由としては、24時間365日で入金が可能な点と、振込手数料が無料になる点です。bitbankの入金手数料は無料なので、発生する手数料は銀行に支払う振込手数料のみです。1回の振込で300円から400円ほどかかりますが、数が多くなればなるほど、バカにならない手数料になってしまいます。

住信SBIネット銀行はbitbankの顧客用口座で採用されているので、同じ銀行間での振込には振込手数料がかからずに入金を行うことが可能になります。
bintank.ccは取引所である点から、取引手数料もかからないので、住信SBIネット銀行を活用することで、最安値で仮想通貨を購入することが可能になります。
特にアルトコインは国内最安値にもなり得るので、この機会に開設することをおススメします。

bitbank (ビットバンク) の入金に関してよくある質問

bitbankはコンビニで入金できる?

bitbankは残念ながらコンビニでの入金に対応していません。
他の取引所で見かける、クイック入金やペイジーでの入金なども対応しておらず、銀行振込のみで入金が可能になっています。
クイック入金は便利ですが、手数料がバカにならないデメリットもあるので、この点はあまり大きな懸念点にはならないのではないかと思われます。

bitbank (ビットバンク) は土日に入金できる?

bitbankへの土日入金は住信SBIネット銀行ならば可能です。
その他の銀行は営業日のみでの入金受付になりますので、土日に入金をした場合は月曜日に反映されることになります。

まとめ

bitbankは入手金が非常に簡単であり、住信SBI銀行を活用することで、全く手数料をかけずにいつでも入金が可能です。また、入手金に関してのサポートセンターの対応も丁寧と評判である点から、初心者の方でも安心して仮想通貨取引を楽しむことができると思われます。取引に関しても販売所ではなく、取引所システムを採用していることから、国内最安値で仮想通貨を手に入れることが可能です。

手数料の大きさは、仮想通貨の取引を重ねるたびに大きな金額になります。手数料をできるだけ低く取引することも、仮想通貨取引には大切なポイントです。
以上の理由から、bitbankはおススメの取引所なので、気になった方は開設してみてください。