• bitbank (ビットバンク)から仮想通貨を送金するのは簡単
  • 送金のキャンセルはメール認証前まで
  • 仮想通貨の送金履歴は送金履歴の「Txid」から確認

この記事のポイント

仮想通貨取引所では、他の取引所や外部ウォレットに仮想通貨を送金する場合があります。海外仮想通貨取引所にて仮想通貨取引を行うには、日本円の入金に対応していないため、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨を送金する必要があります。

仮想通貨取引所のアカウント口座にて、仮想通貨を長期保有するのが不安という場合もまた、外部ウォレットに仮想通貨を送金する必要があります。仮想通貨を送金するには、送金手数料が発生します。送金手数料は、取引所によって設定が違うため注意が必要です。

本記事では、国内仮想通貨取引所bitbankの仮想通貨別の送受金方法や、仮想通貨別の送金手数料について詳しくご紹介していきます。

bitbank (ビットバンク) の送金方法

bitbank 送金
bitbankにて、外部へ仮想通貨を送金する手順を、仮想通貨の種類別に画像付きでご紹介します。どの通貨も、名称が違うだけで送金方法は同じなので、一度送金方法を覚えてしまえば、今後簡単に仮想通貨を送金することができます

仮想通貨の種類別に、送金手数料や着金時間が異なるので注意が必要です。仮想通貨の種類別送金手数料は後ほどご紹介します。

仮想通貨を送金するには、画面上側にある「アイコン」をクリックしてメニューを開き、「出金」をクリックすると仮想通貨の送金手続き画面に移動することができます。送金手続きを進めると、送金認証メールが届くので必ずURLをクリックして送金手続きを完了してください。

以下ではコインごとの送金手順について説明していきます。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 送金手順

ビットコイン 送金
ビットコインの「出金」をクリックすると、画像の画面に移動します。「アドレスを選択」をクリックしてアドレスを指定したら、「引出数量」を入力し「引出内容を確認」ボタンをクリックして送金手続きを完了させましょう。

リップル (XRP/Ripple) 送金手順

リップル 送金
リップルの「出金」をクリックすると、画像の画面に移動します。「アドレスを選択」をクリックしてアドレスを指定したら、「引出数量」を入力し「引出内容を確認」ボタンをクリックして送金手続きを完了させましょう。

ライトコイン (LTC/Litecoin) 送金手順

ライトコイン 送金
ライトコインの「出金」をクリックすると、画像の画面に移動します。「アドレスを選択」をクリックしてアドレスを指定したら、「引出数量」を入力し「引出内容を確認」ボタンをクリックして送金手続きを完了させましょう。

イーサリアム (ETH/Ethereum) 送金手順

イーサリアム
イーサリアムの「出金」をクリックすると、画像の画面に移動します。「アドレスを選択」をクリックしてアドレスを指定したら、「引出数量」を入力し「引出内容を確認」ボタンをクリックして送金手続きを完了させましょう。

モナコイン (MONA/MonaCoin) 送金手順

モナコイン 送金
モナコインの「出金」をクリックすると、画像の画面に移動します。「アドレスを選択」をクリックしてアドレスを指定したら、「引出数量」を入力し「引出内容を確認」ボタンをクリックして送金手続きを完了させましょう。

ビットコインキャッシュ (BCH/Bitcoin Cash) 送金手順

ビットコインキャッシュの「出金」をクリックすると、画像の画面に移動します。「アドレスを選択」をクリックしてアドレスを指定したら、「引出数量」を入力し「引出内容を確認」ボタンをクリックして送金手続きを完了させましょう。

bitbank (ビットバンク) の仮想通貨受金方法

bitbankにて、仮想通貨の受金方法も合わせてご紹介します。仮想通貨の送金方法と同様に簡単に手続きを行うことができます。海外仮想通貨取引所で取引した仮想通貨を日本円に換金する際、国内仮想通貨取引所に一度仮想通貨を送金する必要があります。

bitbankにて、仮想通貨を受金し売却することで日本円に換金することができます。

受金の手順

bitbank 受金
仮想通貨の送金方法と同じ手順で、画面上にあるアイコンをクリックしてメニューを開きましょう。メニューを開いたら「入金」をクリックします。「入金」をクリックすると、仮想通貨の入金手続き画面が表示されます。

入金手続きの画面に移動したら、入金したい仮想通貨の「入金」ボタンをクリックしましょう。ボタンをクリックすると、入金する仮想通貨の入金QRコードと入金アドレスが表示されます。

アドレスを間違えて入金手続きを進めてしまうと、送金した仮想通貨は電子の海に消えてしまい、二度と取り出せなくなってしまいますので注意しましょう。bitbank側の入金アドレスはコピーして、送金手続きを進めている取引所かウォレット側で貼り付けて、送金手続きを進めることを推奨します。

bitbank (ビットバンク) の送金にかかる手数料

仮想通貨を送金するには、送金手数料が必要になります。国内仮想通貨取引所であるBITPointは、仮想通貨の送金手数料が無料で有名ですが、他の取引所では送金手数料が必要になる場合がほとんどですので、送金手数料を取引所別に確認することを推奨します。

本記事では、bitbankにて仮想通貨の送金時に発生する送金手数料について、表を用いてご紹介します。仮想通貨の各種手数料が無料な取引所BITPointについては、以下の記事を参考にしてください。

▼ bitbank (ビットバンク)の口座開設についてもっとくわしく知りたい方はこちらをご覧ください。

仮想通貨別の手数料

bitbankにて発生する、仮想通貨別の送金手数料です。

仮想通貨ごとの送金手数料
BTC (ビットコイン)0.001 BTC
BCH (ビットコインキャッシュ) 0.001 BCC
XRP (リップル)0.15 XRP
ETH (イーサリアム)0.005 ETH
LTC (ライトコイン) 0.001 LTC
MONA (モナコイン)0.001 MONA

bitbank (ビットバンク) の送金の関するよくある質問

bitbankでの仮想通貨の送金に関して、以下のような内容がよく質問されています。仮想通貨の送金続きを行うと、トランザクションIDというものが発行されます。トランザクションIDを確認することで、仮想通貨の送金状況を確認することができます。

仮想通貨の送金取り消しに関しても、条件次第では取り消すことができるので、万が一に備えて確認しておくことを推奨します。bitbank.ccとbitbankTradeの違いについても、よく合わせて質問されています。

トランザクションIDの確認方法は?

トランザクションID
仮想通貨の取引には、取引ごとにトランザクションIDが発行されます。トランザクションIDとは、取引の確認を行うためのIDです。bitbankのトランザクションIDは、「出金」手続き画面の下にある送金履歴を確認してください。

「Txid」の欄があり、並んでいる英数字の羅列がトランザクションIDになります。トランザクションIDをクリックすると、送金の状況を確認することができます。

送金のとりけしはできるの?

bitbankでの送金キャンセルは、認証メールに記載されているURLクリック前の段階である場合、出金手続き画面の送金履歴からキャンセルを行うことができます。送金履歴の一覧にあるキャンセルする取引を選択し、その右側にある「キャンセル」ボタンをクリックすれば完了です。

しかし、送金手続き終了後、送金先に着金してしまった場合はキャンセルすることができないので注意しましょう。

bitbank.ccとbitbankTradeの違いは?

bitbank.ccとbitbankTradeの違いについても、合わせてよく質問されるのでご紹介します。bitbank.ccは仮想通貨の通常取引を行う取引所であり、bitbankTradeは仮想通貨のFX取引を行うための取引所となります。

bitbankTradeは、ビットコインの先物取引を行うことができ、最大レバレッジは20倍までかけることができます。追証がないので、証拠金を超える損失を出してもbitbankTradeが補填してくれます。ロスカットの基準が20%で設定されており、bitFlyerの50%と比べると低めに設定されています。

ただし、ロスカットされた場合、80%の証拠金を失うリスクがありますので、考慮しながらトレードを行いましょう。

ただしbitbankTradeは2019年3月31日をもってサービスを終了しますので、注意しましょう。

▼ bitbankTrade (ビットバンクトレード)についてもっとくわしく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

仮想通貨の送金手続きは、仮想通貨取引を行なっていくうえで何度も必要になりますのでぜひ慣れておきましょう。初めて仮想通貨の送金を行う際は、実際に入金アドレスが正しいか確認するため、試しに数枚送金してみることをオススメします。

仮想通貨を送金する際は、認証メールが届いていることを確認して、メールに記載されているURLを必ず確認するようにしましょう。仮想通貨の送金手続きは、認証メールの確認が完了して初めて送金が開始されます。

▼ bitbank (ビットバンク)についてもっとくわしく知りたい方はこちらをご覧ください。