• ビットコインは世界で最初の仮想通貨
  • ビットコインを支える技術はブロックチェーンとマイニング
  • 仮想通過専用の財布をウォレットを呼ぶ

この記事のポイント

ビットコインについて、まだ不透明なイメージを持っている人は多いです。今回の記事では、ビットコインの基本的な知識や用語を中心に解説していきます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)初心者が知っておくべき知識

bitcoin

ビットコイン (Bitcoin/BTC)とは

ビットコインとは、仮想通貨の一種です。円やドル、ユーロといった実在する通貨にも種類があるように、仮想通貨にもたくさんの種類があります。その中でもビットコインは知名度だけでなく、通貨としての価値も最上位として捉えられています。ビットコインは、円などの法定通貨と違い紙幣や硬貨はありません。ここから一般的な通貨と区別して、仮想通貨と呼ばれるようになりました。

また、ビットコインは特定の国が運営していません。一般的な通貨の場合、通貨を発行した国が運営を行っています。円なら日本、ドルならアメリカが運営しています。ビットコインは世界中にあるサーバーで、運営されています。よくも悪くも国が運営していないため、法の規制が入りにくく、投資家に注目が集まったのも事実です。また、通貨を発行した国の経済に影響されないメリットがあります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)の仕組み

では、ビットコインはどのような仕組みで運営されているのか、技術的な部分を説明していきます。

ブロックチェーンとは

ビットコインを支える技術として、ブロックチェーンがあります。ビットコインのすべての取引データをブロックチェーンで管理しています。いわゆる通帳のようなものです。

では、このブロックチェーンにはどのような特徴があるのかというと、ブロックチェーンは改ざんに強いということです。データを改ざんしたことがわかるように、チェック用のハッシュと呼ばれるコードが付加されます。データを書き換えると、このハッシュコードも大きく変わってしまいます。このハッシュコードは複雑な計算から生成されるため、それを解読するのにも時間がかかります。

また、ブロックチェーンのもう一つの特徴は、ブロックチェーンのデータを世界中のサーバーに分散させ、整合性が保たれる技術を持っていることです。サーバーを分散させるメリットとしては、仮に1つのサーバーで改ざんされても、影響がないことです。というのは、もしブロックチェーンを改ざんしようとしたら、世界中に分散されたすべてのサーバーのデータを改ざんしないといけないからです。

マイニングとは

ビットコインの場合、国は運営せず、しかも銀行のような特定の機関も存在しません。そうなると、「ブロックチェーンの取引データの健全性は誰が保つのか」という問題になります。それを解決するために、マイナー(採掘者)と呼ばれる、世界中にいる経理担当者に該当する方(厳密には人ではなく機械)が行います。そのマイナーが、取引データをチェックすることを、マイニング(採掘する)と呼びます。

マイニングは基本的に誰でも行うことができて、ビットコインによる報酬をもらえます。ただし、報酬をもらえる条件としては、各取引データをいち早く正しいと証明できた、たった1人だけです。

まとめると、ビットコインの健全性は、ブロックチェーンとマイナーによるマイニングによって支えられています。

取引所とは

image

ビットコインで取引を行う場合、取引所を通して行いますので取引所にある2つの種類について説明します。

取引所と販売所の違い

ビットコインを買いたい、もしくは売りたい場合には、取引所または販売所を利用します。この2つの違いについて簡単に説明します。

取引所とは、ビットコインを持っているユーザー同士で、直接ビットコインの売買を行います。希望する価格や数量でビットコインを売りたい人、その条件で買いたい人がいたら、取引成立となります。イメージとしてはヤフオクやメルカリなどのようなマーケットが用意されている形で、出品物がビットコインに置き換わったイメージです。

販売所とは、ビットコインの取引を行う運営業者から直接ビットコインを買う、または売る方法です。イメージとしては、この販売所はスーパーで、取引所はフリーマーケットです。

取引所での購入がおすすめ

理由としては、取引手数料を安くできる、またはゼロにできるからです。販売所の場合、確実にビットコインを買う、売ることはできますが、その分手数料は高めになります。とくにビットコインで頻繁に取引を行うなら、取引所が有利になります。

ウォレットとは

image

ウォレットとは、仮想通貨用の銀行口座や財布です。ウォレットには、30桁前後の数字とアルファベットから構成されたアドレスが口座番号に付与され、このアドレスを使って入金ができます。

このウォレットには様々な種類があり、代表的な三つを紹介します。

①ウェブウォレット

ウェブウォレットは、その名の通りウェブ上のウォレットです。どこでも利用できる反面、パスワード等が漏洩した場合には悪意を持った第三者に狙われるリスクがあります。

②ハードウォレット

ハードウォレットは、USBメモリー形状のデバイスのウォレットです。取引するときのみネットにアクセスするため、セキュリティーは高くなります。ただし、紛失や破損のリスクがある、利便性がないなどのデメリットがあります。

③デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、先の2つの中間に位置づけられるデスクトップ型のウォレットです。アプリウォレットと呼ぶこともあります。パソコンやスマホにアプリを入れて、そこに財布やパスワード情報を置くイメージです。

ビットコインを手に入れる方法

image

取引所・販売所で買う

ビットコインを持っているユーザーや取引業者から、手に入れる方法です。ビットコインを手に入れる一般的な方法です。

マイニングする

ビットコインの取引データをチェックすることで、報酬としてビットコインを手に入れられます。ただし、この方法は現実的ではありません。なぜなら、高性能のパソコンが必要で、世界中の人々が参加していて競争率が激しいからです。ビットコインが普及した初期の頃は、個人でもマイニングで報酬を手に入れることができましたが、今はマイニングを専門に行う業者もあり、参入者も多く競争が激化しています。報酬がもらえるのは早い者勝ちのため、労力が見合わないのが現状です。

他の人からもらう

ビットコインにはアドレスと呼ばれる、いわゆる口座番号があります。このアドレスを教えることで、ビットコインを手に入れることができます。実例として日本赤十字社では、ビットコインによる寄付を受け付けています。実際にサイト上にアドレスとQRコードが掲載されています。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)初心者が知っておくべきリスク

image

損する可能性も高い

ビットコインも円やドルと同じ通貨のため、常に相場が変動し、下落する可能性があります。

盗難のリスクがある

ハッキング行為によって、取引データを盗まれるリスクがあります。ビットコインは国や銀行が運営していないため、すべて自己責任で行う必要があります。パスワードの管理を厳重に行うなどの対策が必要です。

税金がかかる

ビットコインで出た利益は雑所得として扱われ、確定申告の対象となることが国税庁より発表されました。ただし、今後法律の改正により、課税方法や条件が変わることが十分考えられます。確定申告時には、最新の情報を確認しておくことをおすすめします。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)初心者におすすめの取引所

image

ビットコインで取引するためには、銀行口座を開設するのと同様に、口座開設が必要です。そこで国内にある、おすすめの取引所を3つ紹介します。

bitFlyer (ビットフライヤー)

ビットフライヤーは、2014年1月に設立した会社です。株主として、大手銀行をはじめ大手企業が出資しているため、安心感があります。2017年2月において、ビットコイン取引量日本一の実績があります。とくに安心感を求めたい方向けです。

Zaif (ザイフ)

ビットコインで資産運用したいけど、面倒な方にコイン積立のサービスがあります。毎月、銀行口座から現金を自動で引き落とされ、ビットコインに換金される知識ゼロで始められるZaifのコイン積立というサービスがあるのはこのZaifだけです。ローリスクで長期に積立てたい人におすすめです。

bitbank.cc (ビットバンク)


bitbankは、2014年5月に設立された会社です。セキュリティー面にとくに力を入れ、安心して取引できるようにしています。また、ビットコインの取引は、すべてユーザー同士で行う取引所となって、取引手数料は無料です。少しでも手数料を安くしたい、または頻繁に取引したい人向けです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)初心者におすすめのウォレット

image
利便性やセキュリティーに応じて、いくつかのウォレットがあります。そこでおすすめのウォレットを3つ紹介します。

おすすめのウォレット1 Blockchain.info

日本語にも対応しているウェブウォレットであり、利用者が多いのも特徴的です。ログイン画面は英語ですが、ログイン後の設定で日本語に変更できます。

おすすめのウォレット2 Electrum

PCにインストールして使用する、デスクトップウォレットです。WindowsとMacOSにも対応しています。現在、スマホではAndroidアプリに対応しています。

おすすめのウォレット3 TREZOR (トレザー)

USB接続で使用できるハードウェアウォレットです。使用していないときには、パスワード情報をネットから切り離せるため、セキュリティーは一番強いです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)初心者におすすめの情報収集方法

image

ビットコインで取引を始めようと思ったら、情報収集が大切です。そこで、おすすめの書籍、サイト、ツイッターをそれぞれ紹介します。

本を読む

本は必要な情報が濃縮されているため、短時間でビットコインの知識を入れるのに最適です。ここではおすすめの3冊を紹介します。

おすすめの本1 いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

「ビットコインはどうやって手に入れるのか?」「ブロックチェーンの仕組みはどうなっているのか?」などの疑問が解決します。

ビットコインと仮想通貨の概要を知りたい初心者におすすめの書籍です。

おすすめの本2 1時間でわかるビットコイン投資入門  ~誰でもできる超シンプル投資法~

ビットコインを使用して投資を始めたい方におすすめの書籍です。ビットコインの基礎から、どんなときに価格は上がるのか?価格の見方や取引所の選び方など、初心者がつまずきやすいポイントを網羅しています。

おすすめの本3 お金2.0 新しい経済のルールと生き方

2018年3月において、経済学のジャンルでベストセラー1位の書籍です。仮想通貨だけでなく、お金の考え方について学ぶことができます。仮想通貨は今後どうなっていくのか、どう付き合えばいいのかを学ぶのにおすすめです。

仮想通貨に詳しいサイト・ブログを見る

サイトやブログは、最新の情報を確認するのにおすすめです。ここではおすすめの5つのサイトを紹介します。

おすすめのサイト1 ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!

仮想通貨の特徴や取引所の評判など、最近の動向や比較記事などが書いてあります。「週間SPA!」のインタビュー記事掲載や、ラジオにも出演された実績があります。

おすすめのサイト2 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

仮想通貨のニュースや世界のマーケット情報などを掲載しています。国内そして海外の仮想通貨の情報を知りたい場合におすすめです。

おすすめのサイト3 bitpress(ビットプレス)- ビットコインや仮想通貨に関するニュース・情報サイト

法規制の情報や専門家のコラムなどを掲載しています。他にもキャンペーンやセミナー情報、書籍情報などを掲載しています。

おすすめのサイト4 Bitcoin日本語情報サイト ~ 仮想通貨(暗号通貨)ビットコインのチャート・入手・使い方等日本語解説サイト

仮想通貨に関するニュースを中心に、日本にある取引所を紹介しています。ウォレットの日本語対応状況や、ビットコインで支払いができる店舗を紹介しています。

おすすめのサイト5 ビットコイン(Bitcoin)用語集

ビットフライヤーのサイトにある、ビットコインや取引に関する用語集があります。用語の説明は簡略化されていますが、どんな専門用語があるのか調べるのには便利です。

仮想通貨に詳しい人のtwitterをフォローする

image

twitterは、出先からスマホでビットコインの情報を調べるのにおすすめです。ここではおすすめの5つのユーザーを紹介します。

おすすめのTwitter1 加納裕三(@YuzoKano)

ビットフライヤーの代表取締役、またブロックチェーン協会理事である、加納裕三さんのツイッターサイトです。日々の仕事で感じたこと、仮想通貨の動向、社員や技術者の募集などを行っています。

おすすめのTwitter2 ポイン@仮想通貨ハイパーニート(@poipoikunpoi)

「ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!」のツイッターサイトです。仮想通貨関連ニュースや動向をこまめにアップしています。

おすすめのTwitter3 BTCNビットコインニュース(@btcnews_jp)

bitbankが2014年10月から運営しているサイト「BTCNビットコインニュース」のツイッターです。ビットコインをはじめ仮想通貨や世界の経済ニュースなどをアップしています。

おすすめのTwitter4 沖田 貴史(@OKITATakashi)

SBI Ripple Asia株式会社の代表取締役の沖田貴史さんのツイッターです。仮想通貨リップルも注目が集まっているため、リップルの情報を知りたい場合におすすめです。

おすすめのTwitter5 bitpress(@bitpress)

仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」のツイッターです。ビットコインや仮想通貨に関する情報をアップしています。

まとめ

ビットコインをはじめ仮想通貨の情報は、日々アップデートされています。最初はわからないことも多いかもしれませんが、1つずつ覚えていくことが大切です。また、投資をする場合にはリスクがつきものです。取引で後悔しないためにも、日々情報収集を行い、最新の情報を仕入れるようにしましょう。