この記事のポイント
  • ビットコイン (Bitcoin/BTC) は利益を現金化することで価格変動リスクを抑えられる
  • 各種手数料が抑えられる取引所を賢く活用すると手元に残る資金が増える
  • ふるさと納税やiDeCoの活用で納める税金を減らせる

ビットコイン (Bitcoin/BTC) は誕生から順調に時価総額や規模を拡大してきました。将来性のある仮想通貨として期待値が高いですが、価格変動リスクも抱えています。すべての資金をビットコインで保有するのではなく、日本円と分散することで心おきなくビットコイン投資に取り組めるでしょう。

本記事では ビットコインを現金化するメリットや現金化の方法などを解説しています

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の現金化のメリット・デメリット

メリット

価格変動するリスクがなくなる

ビットコインは通貨単体で価値をとらえにくいため、1BTCあたりの値段を他の通貨で換算することで価値をとらえられるようになります。

ビットコインの価値は日によって変動するため、1BTC=100万円が110万円になったり、はたまた90万円になっていることも珍しくありません。

安全な資産として保有したい人にとって価格変動はリスクの高い要素であるため、ビットコインを現金化しておくことで変動リスクを抑えることが可能です

買い物で使えるようになる

現在ではビットコインを決済手段として利用できる場所が非常に少ないです。またビットコインの価値も変動してしまうことから、買い物時に金額が不足することも考えられます。

しかし日本円であれば価値は一定に保たれ、すべてのお店で利用可能です。 100%使えることが保証されている現金に変えておくと、安心して買い物できるでしょう

デメリット

税金がかかる

ビットコインなど仮想通貨を交換した際、発生した利益については課税対象として換算されます。

課税のタイミングは法定通貨への交換や仮想通貨を使った商品、サービス購入、さらに仮想通貨と仮想通貨の交換が該当します。そして発生した利益が累計で年間20万円を超えた場合、確定申告をしなければなりません。

以下の表は所得金額に応じた課税金額です。

課税対象となる所得金額税率控除
195万円以下5%0円
195万円を越え330万円以下10%97500円
330万円を超え695万円以下20%427500円
695万円を超え900万円以下23%636000円
900万円を超え1800万円以下33%1536000円
1800万円を超え4000万円以下40%2796000円
4000万円超45%4796000円

仮想通貨の課税は雑所得扱いで住民税と合わせて最大55%の税率となります

仮に仮想通貨で稼いだ利益をすべて消費してしまうと、税金の支払いができなくなり借金を負うことになります。そのまま滞納すると資産差し押さえとなりかねないので、税金支払い用の資金を計算して手元に置いておく必要があるでしょう。

▶ 『仮想通貨の税金計算』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を現金化するタイミング

ビットコイン価格の上昇前後に両替する

ビットコインは株式やFX取引と比較して、価格変動率 (ボラティリティ) が激しいと言われています。その分価格高騰する可能性が高いといえるでしょう。

ビットコインのレートが上昇傾向にある場合、これからさらに価格が上昇するかは予測することしかできません。相場の状況にもよりますが ポジションを持っている時はあらかじめ目標を設定し、すでに目標価格まで届いている場合は利益確定してしまうのもおすすめです

その後さらなる価格上昇をしたとしても確実に利益を得たことには変わりがないため、次の取引や現金化に向けて十分な資金を用意できます。どちらにせよレートは上昇と下降を繰り返すので、目標もなしにまだ上がるとだけ考えているとそのうち大損をくらうことになるでしょう。

ビットコインに関するニュースに合わせて換金する

ビットコインに関するニュースが発表されると価格変動が生じる場合があります。当然 ポジティブなニュースでは価格が上昇しやすく、ネガティブなニュースが流れると価格は下がるでしょう

ネガティブなニュースではビットコインなどの流出騒動が考えられますが、これらのニュースを事前に察知することは難しいです。しかしビットコインに関する研究や規制などのニュースはアンテナを張っておくことで得られる情報です。

レート変動する要因はチャート分析や発表されるニュースを解き明かすことでつかむことができ、次に取るべき行動が理解できるようになるでしょう。もし 価格が落ち込みそうな情報を事前に察知した場合、あらかじめビットコインを売却しておくのもおすすめです

国内でのビットコイン (Bitcoin/BTC) 現金化方法

ビットコインは他者に送金することで提供されるサービスや商品と交換できますが、 現時点でビットコインを支払い手段として活用するには利用できる場所が少なすぎます

そのためビットコインとして保有している資産を支払いで使用するには、日本円に両替するのが一番手っ取り早い方法です。これからビットコインを現金化する方法を解説していきます。

国内のビットコイン取引所で両替する

国内の仮想通貨取引所でビットコインを保有している場合、その 取引所や販売所でビットコインを日本円に換金するのが第1ステップです。ビットコインのままで国内銀行に送金することはできないため、必ず日本円への両替が必要です。この作業は一度取引所で日本円を両替している人なら問題なく行えるでしょう。

その後取引所にある日本円を国内銀行に送金することで、商品やサービスの支払い方法として活用できるようになります

なお海外取引所やウォレットにビットコインを保管している場合は、一度国内取引所にビットコインを送金する作業が必要です。

日本円ペアで換金する

ビットコインを売却して日本円を入手するには、BTC/JPYの表記が出ている通貨ペアで取引を行います。

販売所を利用する場合は、売却希望枚数を入力するだけで日本円への両替が可能です。取引所を活用する場合、売却価格と売却枚数などを決める必要があります。

日本円を銀行口座へ送金する

ビットコインの売却で入手した日本円は、仮想通貨取引所から出金して銀行口座に入金することで利用できるようになります

仮想通貨取引所のメニューでは「日本円の入出金」といった項目があるので選択しましょう。日本円の出金画面では出金先口座を選択する必要があります。銀行口座を登録する必要も出てくるので、日本円を入金したい口座を登録しましょう。

出金金額を入力して実行したら、取引所によって大体2・3営業日ほどで着金する場合が多いです。 取引所のトラブルや送金処理によって送金が遅れる場合もあるので、規定日時を過ぎても銀行口座に着金しない場合は取引所に確認を取りましょう

ビットコインATMで両替する

ビットコインATMを利用することで日本円への両替も可能です。世界的にはビットコインATMの設置が進んでいるため、ウォレットに保管しているビットコインを簡単に現地通貨に交換できます。

取引所での複雑な操作や銀行口座への着金までに発生する時間を省略することが可能で、ビットコインの利便性が高まることが期待されています。ビットコインATMの初回利用時は電話番号や本人確認といった作業が必要です。初期設定には時間がかかることを覚えておきましょう。

なおビットコインATMは便利な換金方法ですが、 デメリットとして2~10%の高額な引出し手数料が発生します

ATMでビットコインを両替する流れ

ビットコインATMは機種の違いがあるものの、大体の作業手順は変わりません。そのため操作手順を覚えておくことでスムーズに現地通貨への両替ができるでしょう。

操作手順として初めにビットコインATMでSMSやメールアドレスにくわえて、指紋認証などの方法で本人確認を行います。 本人確認完了後、出金金額を入力してビットコインATMで表示されたQRコードをウォレットで読み取り送金しましょう

送金処理の完了後、通貨をビットコインATMから受け取れます。

ビットコインATMの設置場所

現在世界中に設置されているビットコインATMについては「コインATMレーダー」サイトで確認可能です。 2020年10月22日現在、日本にビットコインATMは設置されていないようです

以前は東京や福岡といった都市圏にある仮想通貨カフェなどに設置されていました。現在では世間の仮想通貨への関心が薄いため、設置場所が少なくなっています。

コインATMレーダー 公式サイト

プリペイドカードを使用する

ビットコインの現金化を行う際、ビットコイン支払いに対応したプリペイドカードを利用する方法も考えられます。

日本国内で発行されている「バンドルカード」を使用すると、ビットコインをチャージすることで商品やサービスの支払いが可能です。バンドルカードはVISAカードのため、VISAカード支払いに対応している多くの加盟店で使えます。

注意点として バンドルカードはあくまでプリペイドカードのため、バンドルカードにチャージした資金は引き出せません

仮想通貨両替商を使う

仮想通貨両替商サービスは、ビットコインと現金の両替をその場で行っているサービスです。サービスの利用者は保有するビットコインを両替商のアカウントに送金します。

両替商は国内取引所のアカウントを作成し現金化することで、現金化した分の日本円を利用者に手渡しします。手数料は手渡す金額の数%です。

本サービスの利用者は中国人がメインとなっています。ビットコインを日本円に換金した後、日本製の家電商品などをまとめて購入するそうです。手数料は取られるものの、素早く両替をするのに適したサービスだといえるでしょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の取引所での現金化のやり方

Coincheckを用いて説明します。

ビットコインを口座に移動させる

コインを受け取る

コインをコインチェックで受け取る

海外取引所や仮想通貨ウォレットでビットコインを保有している場合、初めにCoincheckへ資金を移動させます。

Coincheckの画面ではメニュー欄から「コインを受け取る」を選択しましょう。次の画面ではCoincheckで受け取れる仮想通貨が表示されます。

ビットコインを選択した後、 まだ入金用アドレスを作成していない場合は「アドレスを作成」から新規アドレスを作ってください。表示させた入金アドレスを出金先に貼り付け、Coincheckにビットコインを送金しましょう。

コインを売る

コインチェックでコインを売る

Coincheckメニューの「コインを売る」の選択後、売却画面が表示されます。「BTC」が選択されていることを確認して、売却数量を入力しましょう。

次に「売却する」を押すことで入力分のビットコインが売却され、売却分に相当する日本円がアカウントに反映されます。

換金の手続きをする

コインチェックで現金化する

Coincheckのビットコインを換金する場合は「ビットコインを日本円に換金する→日本円の出金」を選択してください。ビットコインを売却する際、仮想通貨取引所で売られている日本円を購入する「販売所形式」とユーザー同士で取引をおこなう「板取引」のいずれかを利用します。

販売所ではビットコインの売却枚数を入力することで、簡単に日本円を入手可能です。 しかし販売所ではCoincheckが売却価格を低く設定していることから、手元に入る日本円は少なくなります。一方板取引はトレーダー同士で価格を指定する指値注文を利用することで、お得にビットコインを売却可能です。

ビットコインを日本円に交換したら、Coincheckから出金を行います。 メニュー欄の「出金」をクリックして出金する日本円の金額を入力後、出金申請を実行しましょう。送金先口座についてはあらかじめ登録しておく必要があります。登録した銀行口座への着金が確認できれば出金が完了です。

出金キャンセルをする

日本円の出金キャンセルについては、「 金融機関への着金が済んでおらず、出金手続きの最中」である場合に行えます。すでに出金手続きが完了している段階では出金のキャンセルは実行できません。

出金手続きはCoincheckメニューの「日本円出金履歴」より確認します。出金情報画面で「手続き中」が記載されている時に「出金をキャンセルする」を押すことでキャンセル完了です。ちなみに出金キャンセルの手数料は発生しません。

参考: Coincheckの公式サイト

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) ATMのでの現金化方法

前もってウォレットを準備する

ビットコインATMでビットコインを現金化する場合、仮想通貨ウォレットを作成しておく必要があります。

仮想通貨ウォレットは仮想通貨を保管しておく場所でスマートフォンやパソコン内に作成することができます。 ビットコインATMを利用するため、スマホにウォレットを作成するといいでしょう

また取引所内でビットコインを管理している場合、作成したウォレットにビットコインを送金しておかなければなりません。

現金化の手順

ビットコインATMを利用する場合、初めに本人確認を行います。顔認証や指紋認証を済ませた後にATM画面で売却するビットコイン金額を入力しましょう。

専用のQRコードが作成されるので、スマホのウォレットで読み込んで出金処理を行います。その後現金をビットコインATMから入手可能です。

日本にビットコインATMはない

2020年現在、国内で使えるビットコインATMはありません

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の現金化におすすめ取引所

Coincheck

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の14種類!

Coincheckはマネックスグループの子会社として仮想通貨取引所を運営する企業です。マネックスグループはマネックス証券も運営しています。

また取引手数料や入金手数料も無料であるため、コストを抑えた取引が可能です。 スマホアプリやWEBサイトの設計もシンプルで使いやすく、初心者でも簡単にビットコインの購入と売却を行えます

ビットコインの他にも12種類の仮想通貨を取り扱っており、取引の選択肢を増やしたい人にもおすすめです。

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

DMM ビットコインは、名前をみてわかるとおりDMMグループが親会社となっている取引所です。セキュリティを心配している人にもおすすめの取引所となっています。

DMM ビットコインは 取引手数料、送金手数料が無料です。さらにレバレッジ取引できるアルトコインの種類が国内最大といわれています。レバレッジ取引できる取引所が少ないといわれているネムも取引可能となっています。

▶ 『DMM Bitcoinの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer

ユーザー数と資本金ともに国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級規模の取引所!

bitFlyerは2014年から仮想通貨取引所サービスを運営している知名度の高い企業です。bitFlyerで取引できる仮想通貨はビットコインを含め8種類となっています。

ビットコインの取引方法には「bitFlyer Lightning」という手段が用意されており、レバレッジ取引も簡単におこなえます。

ビットコインをもらう」という独自のサービスも行っていて、 bitFlyer経由で連携されているサイトから買い物を行うとビットコインを獲得可能です。多くの利用者から信頼されている取引所のため、安心して利用できます。

▶ 『bitFlyerの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の現金化にかかる税金

ビットコインを現金に変える際、発生する利益には税金が課されます。 

元々購入したビットコインの価格に対して、売却時に発生した価格が高かった場合に交換者は利益を獲得したとみなされます。つまり売却分から購入時の金額を引いた金額分が利益としてカウントされ、課税対象になるということです。

仮想通貨の利用では、以下のケースで課税対象になります。

  • 仮想通貨から仮想通貨への交換
  • 仮想通貨を日本円へ売却した場合
  • 仮想通貨で商品やサービスを購入した場合

仮想通貨の利益は年間で20万円を超えることで、確定申告をしなくてはなりません。 所得金額が増えるほど課税額も増大します。そこで次に紹介する方法を活用し、賢く節税することをおすすめします

税金を減らす方法

ふるさと納税を利用する

ふるさと納税とは特定の地方自治体に納税することで、納税額を減少させられる方法です。ふるさと納税を行うと金額に応じて、寄付した自治体から返礼品が送られます。

ふるさと納税でも納税をすることには変わりありませんが、地方自治体の特産品などを受け取ること可能です。大きな利益を得ているなら利用するべき手段なので、ぜひ活用しましょう。

iDeCo (イデコ) で老後の資金を貯める

現在、老後資金を若いうちから貯めることに関心が集まっており、その有効的な手段の1つとして注目されているのがiDeCoです。

iDeCoは私的年金制度の1つで、iDeCoで積みたてた金額分は所得から控除されるというメリットが存在しています。毎月最大68,000円の積み立てが可能で、課税金額を抑えつつ老後資金も貯めることができます。賢く節税するためにはiDeCoによる積みたても利用すべきです。

海外移住をする

ビットコインや仮想通貨の課税方法である雑所得は、住民税と合わせて最大55%徴収されます。仮想通貨で巨額の利益を得ることで半分以上の資金が取られることを意味しており、大きく資産を築くうえで障害となっています。

その場合の有効な節税手段として、海外移住が1つの手段になっています。 国によっては仮想通貨に課される税金が少なく、獲得できる資産額が多くなる場合があります

▶ 『仮想通貨の税金対策』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 現金化の注意点

ビットコイン取引所によって価格が異なる

ビットコインを取引できる仮想通貨取引所は国内だけでも複数の業者が存在しています。その 業者やサービスによってビットコインの売買価格が違ってくる点に注意が必要です

取引所による価格差が少ないときは数千円程度になることもありますが、時には1万円レベルの差が生まれることもあります。

手数料が抑えられて価格が高い取引所を利用することで、より多くの資金を現金化できるのは言うまでもありません。そのため 複数の取引所で口座開設しておくと、有利な場所で現金化することができるでしょう

ビットコイン取引所によって手数料が異なる

ビットコインを日本円に交換した後、銀行口座への出金作業が必要です。取引所からの出金は業者によって出金手数料を取られる場合があります。

出金手数料自体は200円から1,000円ほどです。しかし頻繁に日本円の出金を行う利用者の場合、出金手数料でかなりの金額を支払わなけばなりません。

取引所によっては日本円の出金手数料が無料の場所も存在しており、その取引所を利用することで手元に入る金額が大きくなります。このように 小さなコストをいかに抑えていくかということが、資産を大きくするコツです

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の現金化に関するQ&A

取引所と販売所の違いはなんですか?

仮想通貨取引所が運営している取引サービスには「取引所形式」と「販売所形式」の2つが用意されています。取引所では利用者同士で直接取引をすることで、希望する価格で注文を成立させるなどお得な取引が可能です。

販売所ではサービス運営企業が扱っている通貨を購入する形が取られています。 価格設定も企業が行っているため、取引所形式に比べて入手できる金額は少なくなってしまいます

難易度としては販売所の方が圧倒的に簡単で、気軽に購入可能です。しかし取引所を活用することでより効果的な取引ができることも確かなので、取引所でのトレードに慣れてたくさんの利益を獲得することもおすすめします。

▶ 『仮想通貨・ビットコインの販売所と取引所の違い』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコインの両替に必要な手数料はいくらですか?

ビットコインを日本円に両替する場合、取引手数料や出金のために出金手数料が発生します。レバレッジ取引を行う場合、借入手数料やスワップ手数料などがかかってきます。それぞれの手数料は業者によってことなるため、一度確認しておくのがおすすめです。

また取引所に支払う手数料の他にも、銀行口座へ着金する際に手数料がかかる可能性があります。それぞれの手数料は個別に見ると大きな金額ではありませんが、手数料が重なることでコスト負担も大きくなります。

日本円の出金手数料はいくらですか?

Coincheckを例に用いると、日本円の出金手数料は407円です。
また日本円の出金申込1回あたりの上限額は5,000万円です。

出金申請から口座への着金にかかる時間はどれほどですか?

Coincheckでは口座の着金まで平均すると1~2営業日かかります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の現金化のまとめ

ビットコインは仮想通貨の1番手として現在も成長を続けており、世界的な投資家からも注目を集めています。そのため投資商品として将来性が高いのは事実です。

しかし投資に100%はないため、価値暴落によって保有者の資産は大きく減少する場合もあります。
このようにビットコインは価格変動リスクが高い銘柄のため、日本円と分散して保有することをおすすめします

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!