取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
この記事のポイント
  • 電子マネーは一定経済圏内でのプリペイドカード
  • ビットコインは一定経済圏を抜け出す未来の貨幣

SuicaやIDといった電子マネーとビットコイン。

基本的には電子マネーもビットコインも買い物ができたり、電子的に貯めることができるという点では似ています。

では、一体何が違うのでしょうか。

電子マネーとは

電子マネーというとイメージがしづらいので、Suicaを使用する場合をイメージしてみてください。SuicaはJR東日本が運営元となっている電子マネーです。

仮にSuicaを5000円前払いでチャージすると仮定します。するとその5000円が電子マネーSuicaに代わり、電車移動に500円、はたまたJR東日本以外の飲食店で2000円や洋服店で2500円などといった具合に、異なる場所で使用することができるお金のような価値を持ったものに変換されます。

自動販売機も最近はSuica対応しているものが増えてきました。

前払い制が基本

また、ここでのポイントは、Suicaが事前にチャージをしてから支払い機能をもつようになる、「前払い式」だということも重要です。

正確にいうと電子マネーは、前払い式の「第三者型前払い支払い手段」という法律的解釈であり、一種のプリペイドカードのように捉えることができます。

中央集権的な管理

電子マネーは、企業や法人、団体が運営していることが多く、中央集権的に電子マネーを管理しているところがあり、その経済圏、またはそれを少し拡張した範囲 (例えばSuicaの提携先や協力パートナー)のなかで使用できるプリペイドカードのようなイメージを持っておくとよいでしょう。

電子マネー

中央集権的に企業や法人、団体が電子マネーを管理していて、その経済圏、またはそれを少し拡張した範囲(詳細にはSuicaの提携先や協力パートナーのような)のなかで使用できるプリペイドカードのようなもの

ビットコイン (Bitcoin/BTC)とは

ではビットコインとこうした電子マネーは一体何が違うのでしょうか。

他人に容易に譲渡ができる

1つだけ唯一違う点、それは「ビットコインがある一定の経済圏を抜け出して他人に譲渡できる」ということです。

電子マネーはチャージしたお金をあちこちで使うことができますが、基本的に入金したお金は第三者に譲渡できません。一方、ビットコインは、世界中の誰とでもポイントのような電子マネーをやりとりすることができる機能を持っています。

電子マネーの中には、多くの提携先があり、支払いがほぼ誰に対してもできる機能もありますが、その電子マネーを受け取った店舗側が、さらにこれを誰か他の第三者に譲渡したりすることができません。

まとめ

電子マネーに対し、ビットコインはさらに進んで「貨幣的な意味合い」を持ちます。ビットコインを利用できる場所も、Amazon、Googleやアップル、そしてマイクロソフト、NTTなどの国内外の大手有名企業らが、次々に仮想通貨業界に参入して拡大路線にあるのは間違いありません。

しかし、 とはいえまだほとんどの一般企業においての普及率は、Suicaや楽天Edyなどの電子マネーに軍杯が上がっている状況です。

誰かから譲り受けることも、貯めておくことも、誰かに渡すこともできるビットコイン。使用用途や場所に制限をかけない、未来の貨幣ですので、まだ購入していない方は一度利用してみるのも面白いと思います。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。