この記事のポイント
  • 選択肢①取引所から日本円にして出金する
  • 選択肢②ビットコインATMを利用する
  • 選択肢③ビットコインでそのまま決済する

近年、仮想通貨のニュースを見かける機会も多くなってきました。仮想通貨の普及が進んできているのは誰の目にも明らかです。しかし、日本ではまだまだ利用できる場所は少なく、現在仮想通貨を所持している人の多くの目的が”投資目的”でしょう。仮想通貨を利用する場所が少ないのが実態です。なので仮想通貨を利益がでたら日本円へと換金する必要があります。今回は仮想通貨を日本円へ換金する方法を紹介します。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)を日本円へ換金する方法

まずは仮想通貨の代表格であるビットコインを換金する方法を紹介します。ビットコインを日本円へ換金する方法は大きく分けて3種類あります。

①取引所から出金する

まず、自身が利用している仮想通貨の取引所から出金する方法です。どの取引所でも「コインを売る」という項目はあります。

そこで所持しているビットコインを売却すれば、指定した数値に見合った分の日本円を換金することができます。この取引は一瞬で終わるため、時間もそこまでかかることはありません。

②ビットコインATMを利用する (ほぼ停止中 )

あまり知られていませんが、ビットコインATMというものがあります。東京に数十台確認できています。

しかし、現在金融庁の規制が厳しくなった関係で停止中のビットコインATMがほとんどです。再開されたときのために説明だけ以下加えときます。

ビットコインATMを利用するにはスマートフォンとスマートフォンの中にはモバイルウォレットが必須となります。ビットコインATMでは日本円でビットコインを購入することができますし、ビットコインを日本円に換金することも可能です。

ビットコインを日本円に換金するためには、ATMのトップページから「日本円へ換金」をタップし、表示されたQRコードを自身のスマホのウォレットページから読み取ります。そこで換金したい分のビットコインを送金すれば完了となります。

しかし、手続きなどが速い分、手数料が多くかかってしまうのが難点かもしれません。ビットコインATMはATMによって、手数料が異なり、約5%〜10%かかります。取引所で売買するより手数料は多くかかってしまうため、コストが気になる方は取引所で換金することをオススメします。

③ビットコインをそのまま使う

現在、ビットコインで商品やサービスを購入することができる店舗が増え続けています。ビットコイン決済対応店舗であれば、自分が所持しているビットコインで買い物が出来て、簡単に決済することができます。こういったビットコイン決済対応のお店はどんどん増えてくるため、今のうちにビットコインを所持しておくと、この決済方法が広まった際に便利になるでしょう。

アルトコインを日本円へ換金する方法と手順

アルトコイン (ビットコイン以外の仮想通貨)を日本円へ換金する方法は取引所によって異なります。

例えば、「bitFlyer」であれば、ビットコインのほかにイーサリアムも売買できるため、イーサリアムはビットコイン同様に日本円に換金することが可能です。しかし、それ以外のアルトコインは一度ビットコインにしてから日本円の換金を行わなければいけません。

手順としては、

  • 所持しているアルトコインをビットコインにする
  • ビットコインを日本円換金する

という一連の順序が必要となります。

全て取引所で行えるため、そこまで時間がかかることもありませんが、手数料が掛かってしまうのが少しネックかもしれません。

ビットコインを日本円に換金した時にかかる税金

ビットコインを扱う以上、税金のことを忘れられません。

ビットコインは原則として日本円に換金したタイミングで課税されることになっています。ビットコインは「雑所得」という分野に位置しており、1年間の所得を全て合算した金額次第で税率も変わってきます。

ビットコインの税率

課税される所得金額税率控除額
20万円以上195万円以下5%0円
195万円を超え330万円以下10%9万7500円
330万円を超え695万円以下20%42万7500円
695万円を超え900万円以下23%63万6000円
900万円を超え1800万円以下33%153万6000円
1800万円を超え4000万円以下40%279万6000円
4000万円超45%479万6000円

ビットコインで儲けることは問題はありませんが、儲ければ儲けるだけ課税される累進課税のような仕組みになっています。最大で45%課税がされるので、もし課税を避けたいのであれば、ビットコインのまま保持して日本円に換金する量を減らすと良いです。

税金のこともしっかり知識にいれた上で、ビットコインを資産運用することが大切です。

まとめ

ビットコインもアルトコインも活用の場が増えてきており、これからさらにニュースなどでも見かけることが多くなる可能性があります。ビットコインが普及に伴い日常生活で換金したいケースが増えることが予想されます。日本円への換金方法を知っておいて損はないでしょう。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!