この記事のポイント
  • 取引所は、できるだけ安く多くの枚数の取引をしたい方向け。
  • 販売所は、自分のタイミングで仮想通貨を購入したい方向け。

仮想通貨を売買する場所を、一般的には“取引所”と言います。しかし、一言で取引所と言っても、仮想通貨の売買する場所には“取引所”の他にも“販売所”が存在します。

取引所と販売所では、操作方法はもちろんのこと、取引をする際のタイミングや手数料も異なります。

今回は、この中でも“取引所”について紹介します。

※取引所と販売所の違いについては後述していますので、参考にしてください。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の取引所とは

ビットコインの取引所とは、自分が売買したいビットコインの枚数と金額に対して、同じ枚数および同じ金額で“売りたい人”や“買いたい人”が居ないと取引が成立せず、ビットコインを売買する事が出来ません。つまり、仮想通貨取引所での取引は、ユーザー同士のマッチングによって成立するのです。

もちろん、マッチングしなければ取引が成立しないというデメリットもありますが、チャートを分析しながら“買いたい時”や“売りたい時”を細かく、計画的に取引を行うことが出来るため、取引に慣れている人達は、主に“取引所”を好みます。日本には多数の仮想通貨を売買する場所がありますが、その中でも“取引所”をメインに運営している場所は絞られてきます。

海外の仮想通貨取引所は、基本的に”取引所“としての機能をメインとしていますので、海外でしか取り扱いのないアルトコインを取引したい場合には、”取引所“での取引に慣れておく事も重要な要素となります。取引所の”取引画面“は、日本国内でも海外でもほとんど同じですので、慣れてしまえば海外取引所でもある程度の操作方法が分かるはずです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 取引所比較

日本にも”取引所“をメインに扱う仮想通貨取引所もありますし、海外ではそれが主流です。海外の取引所は、基本的には日本語に対応していませんので、日本の取引所であらかじめ操作方法や”取引画面“の見方に慣れておきましょう。

以下、日本国内はもちろん、海外を含めた”取引所“について「特徴」や「手数料」、取引所を使う上での「メリット」を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

bitbank (ビットバンク)

bitbank (ビットバンク)基本情報
概要2014年5月に設立された取引所
特徴パソコンでもスマートフォン共に操作性が良い
メリット人気のリップルを取り扱っている取引所
手数料全ペア取引手数料が0%(2018年6月30日まで)

QUOINEX (コインエクスチェンジ)

QUOINEX (コインエクスチェンジ)基本情報
概要本社を日本に構え、ベトナムとシンガポールにも拠点を持つ仮想通貨取引所
特徴日本で初めて、仮想通貨取引所として金融庁の認可を得た
メリット取引出来る法定通貨ペアが多く、期待の仮想通貨「QASH」も唯一取引出来る
手数料0.25%

BitTrade (ビットトレード)

Bittrade公式サイト

BitTrade (ビットトレード)基本情報
概要2016年9月12日に設立された、株式会社FXトレードフィナンシャルのグループ会社
特徴ビットコインが0.0001BTC(数百円)から購入可能
メリットビットコインが少額から取引可能なので、とりあえず購入してみたいという人に向いている
手数料0.20%

BitPoint (ビットポイント)

BitPoint (ビットポイント)基本情報
概要2016年3月に設立され、株式会社ビットポイントジャパンが運営する取引所
特徴売買専用アプリと送受信専用アプリの2種類のアプリがある
メリット人気のリップルを専用アプリ一つで売買可能
手数料

  • 現物取引:無料
  • レバレッジ取引:無料
  • ビットポイントFX:無料

BitBox (ビットボックス)

BitBox (ビットボックス)基本情報
概要2014年3月に設立された、日本で一番古い取引所
特徴ビットコインでの仮想通貨融資サービスを提供している
メリットスマートフォンアプリが使いやすく、アプリ一つで簡単に売買可能で、サポートもLINEで提供しているので、スマートフォンさえあれば取引が可能となる
手数料無料

Kraken (クラーケン)

Kraken (クラーケン)基本情報
概要2011年にサンフランシスコで設立され、2014年10月に日本進出した取引所
特徴日本語に対応している
メリット日本の仮想通貨取引所のようにハガキの到着待ち時間がなく、登録直後からトレードが出来る
手数料

  • 指値注文:0%〜0.16%
  • 成行注文:0.1%〜0.26%

Binance (バイナンス)

Binance (バイナンス)基本情報
概要2017年7月に設立された上海に本社を持つ取引所
特徴取引高世界1位を獲得した取引所でもあり、上場したいコインに投票出来るという特徴がある
メリット独自仮想通貨「BNB」を発行しており、「BNB」で取引をする事で手数料が半額の0.05%になる
手数料0.1%

Huobi (フオビ)

Huobi (フオビ)基本情報
概要2013年に設立された香港を拠点とする取引所
特徴取引高はBinanceに次いで第2位を獲得しており、多くのアルトコインを取り扱っている
メリット独自仮想通貨「HT」を発行しており、「HT」で取引をすることで、取引手数料を10%〜50%の割引が受けられる
手数料0.2%

HitBTC (ヒットビーティーシー)

HitBTC (ヒットビーティーシー)基本情報
概要2013年に設立された取引所で、香港の「HIT Solution Ltd.」が運営
特徴メジャーな仮想通貨はもちろん、これから期待できるマイナーな仮想通貨の取り扱いがある
メリットGoogle翻訳レベルの日本語に対応しているので、取引所の使い方に慣れている人は利用に問題がないレベルですぐに使える。
手数料

  • 指値注文:-0.01%
  • 成行注文:0.1%

取引所と販売所の違いは?

取引所と販売所では、取引をする上での“取引相手”に大きな違いがあります。販売所は、利用する取引所自体とユーザーが売買を行います。どちらにもメリットとデメリットがありますが、シーンによって使い分ける事が重要です。

取引所とは

取引所は、同じ取引所で同じ仮想通貨を売買しているユーザー同士のマッチングによって取引を成立させますので、自身が売買したい金額と枚数とマッチするユーザーがいなければ取引が成立しません。

メリット:チャートを予測しながら、出来るだけ安く多くの枚数での取引を狙う事が出来る

デメリット:ユーザー同士がマッチングしない限り取引は成立せず、機会損失となる場合がある

販売所とは

販売所はあらかじめ仮想通貨を自社で保有しています。保有してる仮想通貨に「市場価格+手数料」という形で価格を決定し提示します。ユーザーは、販売所が提示している価格を支払えば、いつでも売買が可能ですが、価格を自身で決めることは出来ません。

メリット:欲しい時にいつでも取引が成立するので、どうしても欲しいタイミングで売買する事が可能

デメリット:価格にはあらかじめ手数料が上乗せされている

まとめ

仮想通貨取引所を利用する時、沢山の選択肢があります。日本国内の取引所を利用するのか、海外の取引所を利用するのか、また取引所あるいは販売所を利用するのかなど、意識して選択する必要があるのです。

しかし、全ては利用するシーンによって使い分ける事が大切ですので、それぞれの取引所・販売所に登録をしておく事で、今後の取引をスムーズに行う事が出来ます。

仮想通貨は乱高下の激しいチャートですので、臨機応変に対応出来るように、最終的には取引所での売買に慣れる事も重要な要素になります。

▼ こちらから仮想通貨取引所の総合比較をご覧いただけます

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!