この記事のポイント
  • ビットコインのレプリカはあるが、実体はない
  • 現在、実体のある仮想通貨があれば詐欺の確率が高い

ビットコインは単なるデータなので、実体を持っていません。それでもこれだけ成長したのはブロックチェーンという優れた技術があるからです。実体がないことは仮想通貨のメリットなので、今後実体のもつ仮想通貨はほぼ現れないでしょう。もし、現在実体のある仮想通貨があるとしたらそれは詐欺です。

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

そもそもビットコイン (Bitcoin/BTC) とは

仮想通貨とは

仮想通貨とは、データだけしか存在していないお金です。国や地域によって裏づけされているわけでもなく、金や銀といった貴金属によって価値が保たれているわけでもありません。

このため、仮想通貨に対する考え方は人によって大きく異なります。100万円の価値がある人もいれば、1,000円の価値も無いと考える人がいてもおかしくありません。

このように不安定な通貨ですが、国や地域を超えて運用可能という大きなメリットがあります。経済情勢の不安定な発展途上国では、数年で通貨の価値が激しく変動することも少なくありません。

仮想通貨を本当に有意義に活用できるのは、先進国ではなく発展途上国ということです。自国通貨や金・銀といった貴金属以外に、仮想通貨で自分の資産を維持することができるわけです。

なお仮想通貨は、英語ではcrypto currencyといいます。これをそのまま日本語に訳すと暗号通貨となりますが、日本では仮想通貨という呼び方が一般的になっています。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) とは

仮想通貨の中でも最も歴史のある銘柄です。現在では2,000種あるともいわれている仮想通貨の銘柄の中で、時価総額で1位を保っています。

現在の相場は80万円~110万円、発行枚数は1,700万枚で時価総額は約2,500億円です。発行上限枚数は2,100万枚ですので、約8割が発行済みということになります。

仮想通貨業界をリードしている存在ではありますが、同時に多くの問題も抱えています。これらの問題点も含めて、仮想通貨の代表格となっています。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の実物?が買える

実体のない仮想通貨ですが、レプリカは存在しています。元々ビットコインにはイメージモデルが存在しているため、レプリカとしてイメージモデルを実物化することは可能でした。

ただし、決められたのは外見のイメージモデルだけです。中身までは設定されていません。そのためレプリカも種類やメーカーによって、材質・大きさ・光沢・手触りなどの細部に違いがあります。

なお、このようなレプリカは通信販売でも購入可能です。ビットコインだけではなく、イーサリアム・リップルなどのレプリカも取り扱っています。

データだけの存在である仮想通貨は、便利ではあるものの味気ないものでもあります。実際に取引した記念として、レプリカを購入してみるのも楽しみ方のひとつです。

仮想通貨として使えるわけではないので注意!

注意点として、基本的にレプリカは仮想通貨としての価値はありません。投資としても決済としても使うことは出来ません。観賞用として割り切った上で購入して下さい。

今後ICチップを搭載するなどの形で、仮想通貨の記念コインが作られる可能性はあります。そのような記念コインでも仮想通貨としての価値があるのは、中身のデータだけです。

悟(サトリコイン)Satori

今まで、レプリカは全く価値がないといってきましたが、補足として悟コインというものがあるということをお伝えしておきます。これは詐欺とは違い、しっかりと0.001BTCが格納されたQRコードのシールがプラスティック状のコインに貼られています。そのQRコードを読み取ると0.001BTCもらえます。一度シールをめくると詐欺防止のために、二度とつかないようになっています。Bitcoinが大好きな方々が、コレクターとして購入する側面が強いのであまりお目にかかれることはないでしょう。

なお、この悟コインは、平成30年4月23日に仮想通貨交換業の法律が制定されたため運営できなくなってしまったようです。

勝手を言いまして誠に申し訳ございませんが、以下理由によって悟コインの販売は今日で終了させていただきます。今まで関心を持って頂きありがとうございました。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 実物 まとめ

仮想通貨は実体を完全に持たないことがメリットです。今後、中身の価値のある仮想通貨は出てくるかもしれませんが、全体の少数に止まるでしょう。かといって、実体がないと実感が湧かないのも事実です。

しかし、もし誰かが実体のある仮想通貨をもって「絶対儲かる」と話を持ちかけてきたら、「詐欺だ」と疑ってください。実際、とろサーモンの久保田氏はこの実体のある仮想通過で10万円も詐欺にあっています。くれぐれも気をつけてください。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!