この記事のポイント
  • 2020年に仮想通貨ビットコインは、ひとつの転換期を迎える
  • 仮想通貨ビットコインは、広がる理由と上がる理由をたしからしく併せ持つ
  • 2020年の国際個人資産累計から逆算したビットコインの価格を徹底解説

ニュースで名前を耳にするようになって久しい「仮想通貨」や「ビットコイン」。

2018年からハッキング事件が多発し仮想通貨を盗まれてしまった方をはじめとして、仮想通貨自体にあまり良い印象を持っていない方も多いのではないでしょうか。事件を引き合いに、仮想通貨はもう終わったと意見する方もたくさんいるのもまた事実。

しかしそれは、仮想通貨の悪い側面だけに焦点を当てたメディア報道の露出の影響も大きく、仮想通貨のこれからの将来性やプラスの側面を考えれば、 仮想通貨の2020年に向けた見通しはとても明るいと言っても過言ではありません。

事実、「もうこれ以上ビットコインの価格は上がらない」と多くの専門家が豪語していた中、 2019年4月2日以降の長い長い下降トレンドのブレイクを皮切りに、ビットコインの価格が再び高騰し世間をにぎわせています。

2019年4月2日_下降トレンドブレイク

▶ 『仮想通貨の高騰理由』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

今後、仮想通貨やビットコインを取り巻く将来像は本当のところどのように展開していくのか。一体どんな情報源を真とし、自身の投資活動に活かしていけば良いのか。

みなさんがご自身で仮想通貨投資の未来を切り開いていくために、仮想通貨やビットコインの「今後の予想」「2020年に向けた将来性」などについての疑問に、編集部が全力で徹底調査リサーチをして記事にまとめました。

仮想通貨の2019年・2020年相場予想

そもそも仮想通貨ビットコイン (Bitcoin/BTC) とは

仮想通貨ビットコイン (BTC-Bitcoin)

ビットコインを語る上で欠かせないのが、「サトシ・ナカモト」と呼ばれる人物です。ビットコインは彼の論文である、「Bitcoin : A Peer to Peer Electronic Cash System」という論文からスタートした通貨です。

その論文では、「銀行のような中央機関を介さずに、P2P(Peer to Peer = 個人間)で決済ができる方法」が記載されていました。ビットコインはこの方法技術を応用したものです。

驚くべきことですが、実ははじめてのビットコイン取引は10,000ビットコインとピザの交換です。ここではじめてビットコインに値段がついたと言われています。

逆に言ってみれば、数年前まではビットコインに1円の価値すらなく、仮にいまそのビットコインをもっていたらあなたは確実に億万長者の仲間入りをしていたでしょう。

とはいえそんな幸運に恵まれる方はごく少数派という前提のもと、話を戻すとここで理解していただきたいのは、 人間というものはそれまで「無価値」だと思っているものでも、そこに「価値」を見出すことができた途端に、「価値」がつく、すなわち「価格」をつけるということです。

editMEMO

ビットコインとは | 中央集権機関を介さずにP2Pで決済ができるもの。数年前までは無価値としてみなされていた。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ビットコイン (Bitcoin/BTC) が世界中に広がる理由

仮想通貨・ビットコインが広がる理由

ビットコインの将来的な予測をできるようになるには、まずビットコインがもつその特徴を知り、なぜ仮想通貨の中でも「ビットコイン」でなければならないのかという、 その価値の高さや理由を充分に理解しておくことが必要です。

まずは「なぜビットコインが世界中で使われ続けるのか」その理由について解説していきます。

これから仮想通貨やビットコイン投資をはじめてみることを検討していらっしゃる方は特に、まず下記に列挙するビットコインの主な特徴を理解していきましょう。

1.国際送金に革命をもたらす送金手数料の安さと送金スピード

海外に送金をすることにあまり馴染みがない方にはピンとこないかもしれませんが、海外送金はこれまで銀行を通じて海外送金をする他なく、海外送金をすると2〜3日、遅ければ1週間かかることも普通という世界。

またその際の送金手数料も中央集権的に銀行が介在しているため、いままでは15%程度ととても高く設定されていましたが、 ビットコインは数円〜数百円程度(送金手数料は選択することができます)で送金できます。

そして驚くべきはその送金スピード。 ビットコインをはじめとする仮想通貨は、ビットコインであればわずか10分程、リップルという送金特化の仮想通貨であれば、わずか数秒というスピードで着金まで至ります。

のちに「送金革命」と呼ばれるこの革命的技術革新によって、その価値を世界的なものとするまでに至ったのです。

2.銀行口座を持たない人々も利用が可能

日本に住んでいると、みなさん銀行口座を持つことに対して当たり前という価値観があるかもしれませんが、いざ海外に目を向けてみると、海外では銀行口座を持ちたくても持てない人たちがたくさん存在しています。

ただ、そういった人々でも、 スマートフォンさえ持っていれば銀行口座を持っているのと全く同じように仮想通貨やビットコインを自由に保管したり、受け取ることができます。

現に国際連動世界食料計画(WFP)では、仮想通貨のイーサリアムを使って難民支援をすでに行っています。

仮想通貨が広まって、世界中の人々が使える時代が来たら非常に面白いと思いませんか?

3.自国通貨よりも資産保全価値が高い

国によっては自国の法定通貨に不安を抱える方が多数を占める国も珍しくありません。

現に例えば、ベネズエラでは、ハイパーインフラが問題視されており、ベネズエラの法定通貨ボリバルは、公式には1ドル=9.95ボリバルですが、実際には1ドル=5000ボリバルで取引がされています。

つまり、これは自国通貨が従来の約500分の1の価値にまで落ちてしまっていることを示しています。

100円で本来買えていたはずのものが、50,000円を支払わないと買えないというのは、いかに過酷なインフレ状況であるのかがご理解いただけるかと思います。

みなさんもお気づきかと思いますが、この問題をも仮想通貨やビットコインが解決できる可能性があるというのがポイントです。

自国通貨の価値が暴落したとしても、ビットコインに資産を変更しておいたおかけで以前と変わらずに生活が続けられるという、まさに 世界共通の安全な資産保全機能を果たしてくれる存在でもあるのです。

4.ビットコインは世界ではじめての通貨であり、全通貨の基軸通貨

仮想通貨ビットコインは世界で一番最初につくられた仮想通貨です。

そしてビットコインはそれだけでなく、 イーサリアムやリップルといった他の仮想通貨を売買する際の基軸通貨(ドルを購入する際に、日本円で換金するイメージ)として多くの場合設定されています。

つまり、なにか他の仮想通貨を取引をする際に、必ずビットコインを介して取引がされる場面が多く、それだけ利用者や購入者が増えるという予想が立てられるというロジックが成り立ちます。

ビットコインが世界中に広がる理由
  • 仮想通貨ビットコインは圧倒的送金手数料の安さとスピードを併せ持つ
  • 仮想通貨ビットコインは銀行口座を持たない人々も利用が可能
  • 仮想通貨ビットコインは資産保全価値が高い
  • 仮想通貨ビットコインは世界ではじめての通貨であり、全通貨の基軸通貨

仮想通貨ビットコイン (Bitcoin/BTC) が今後上がるであろう期待値とその理由

仮想通貨・ビットコインが上がる理由

仮想通貨やビットコインが広がる理由」を読んでいただいて、需要があり世界中で使われ広まる可能性が高いことはおわかりいただけたのではないでしょうか。

仮想通貨の価値も物の価値と同様に「需要と供給のバランス」によって価格が決定します。私たちはその側面に着目し、ビットコインが今後これから明るい見通しで上がる理由を、以下のポイントにしてまとめてみました。

1.発行上限(供給上限)が決められていて、需要が上回る可能性が高い

ビットコインは「発行上限が2100万枚」と決められています。 需要と供給のバランスのうち、発行枚数という供給量が一定値のため、ビットコインを使いたい!買いたい!という需要がある一定の規模をクリアした途端、ビットコイン自体の価値が上がっていく、すなわち価格が上昇するというのは、容易に想像がつくのではないでしょうか。

2017年には仮想通貨法が施行され、国としてもどんどん規制を固めていっているまさに最中です。

国として仮想通貨のあり方や使用想定場面を定義していく過程において、次第にビットコインを導入してみようという店舗や人々が増えるにつれ、需要が増えていくイメージが持てます。

2.ブロックチェーン技術を用いた高い応用範囲と将来価値

ビットコインの中核技術であるブロックチェーンによって、ビットコインの全取引データを、永久に保存することができます。

ブロックチェーンとは、別名「分散型台帳管理システム」とも言われていて、この仕組みがいわゆる「信用」を生み出す仕組みとして機能しているのです。

日本円のような法定通貨では、銀行が送金時に台帳に書き込み管理していきますが、この点 仮想通貨ビットコインは、このネットワークの参加者全員が電子台帳のデータを持っていて、管理を行います。

電子台帳は誰でも覗くことができるので誰にも改ざんができないため、完全セキュリティが担保されている点にビットコインの革命的通貨価値が存在しています。

そして、この技術は「ブロックチェーン技術」として様々な業界に応用がされていて、2000年はじめのインターネットバブルに匹敵するほど各メディアでも着目され始めている技術と言えるでしょう。

ゆえに今後、この技術革新が世の中に浸透していくであろう2020年あたり、つまり今から1〜2年の間に起こっていく変化に対して敏感になっておくことは非常に重要なことなのです。

ビットコインが今後上がる理由
  • 発行上限(供給上限)が決められていて、需要が上回る可能性が高い
  • ブロックチェーン技術を用いた高い応用範囲と将来価値

投資観点からみた仮想通貨ビットコイン (BTC/Bitcoin) の投資メリット

ここまで記事を読んできていただけた方の中には、「仮想通貨って面白いかも!」「早速はじめてみたい!」となった方も多いのではないかと思います。

そういった方には、もう少し踏み込んで、投資の観点からビットコインを紐解いていきたいと思います。

将来的価値を知っていただけた投資家であるみなさんは、ビットコインが株式投資やFXのとどう違うのかも確認しておくことが必要です。

株式投資やFXにくらべて、 世の中的に将来期待値が高い仮想通貨ビットコインですが、以下にいくつかのビットコインならではの投資観点からみたメリットも列挙しておきました。

株式投資よりも優れているポイント | 24時間取引可能で上昇威力が無限大

株式投資には、通常「ストップ高」という概念が存在し、一日の上昇幅に限界値が設けられているのが通常です。これでは、せっかくの上昇機会を捉えたとしても動く値幅が限定的で時間が通常よりもかかってしまうというデメリットが存在しました。

仮想通貨では「24時間いつでも好きなときに好きなだけトレードが可能」で「24時間無限に価格上昇が続く」ことがメリットとして挙げられます。

ただ、これは裏を返すと、損失も無限に広がるリスクがあり、株式投資に比べて資産管理を徹底する必要があるので、まずは「ストップ・ロス」などの逆指値機能を積極的に用いて、損失回避をしながら少額でトレードをはじめてみることを強くおすすめします。

FXよりも優れているポイント | 将来性の観点

24時間取引可能」という意味ではFXや為替も一緒なのですが、これらは 仮想通貨に比べて通貨本来の資産価値や将来性の観点で仮想通貨ビットコインに劣ることが明白であり、その意味からもビットコインが優位に立ちます。

投資家として嬉しいこれら2つの特典を活かし、ビットコイン投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

将来的な見通しを参考に、ご自身で判断を行い、「長期投資」をしてみるのもありですし、反対に24時間取引可能なことを活かして、休みのとれるまとまった時間を利用して「本格的な短期トレード」にチャレンジすることもできます。

取引を開始する際には、以下の「初心者におすすめの取引所」をぜひ参考にしてみてください。

百聞は一見にしかずとの言葉通り、いくらWebや書面で事前学習するよりも実際にトレードをしてみると「あ、こういうことだったのか」とわかることが多いです。

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!
Coincheckはユーザー数・取引量ともに圧倒的にNo,1!2019年にマネックスグループ入りを果たし、名実ともに日本最大級の仮想通貨取引所です。

スマホアプリはとても使いやすい設計をされていて、アルトコインは日本最大の9種類の取扱で500円から購入可能!初心者の方がデモトレード感覚で始めるもよし。なれてきて毎日トレードするためのメイン口座として使ってもよし!オールマイティな万能型の取引所。仮想通貨を始めるならCoincheck!

取り扱い通貨 10種類
FX/信用取引
手数料 無料
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 5倍 ※レバレッジ取引は現在停止中
スマホ対応
Coincheck 比較ポイント
手数料登録手数料無料!入出金手数料も銀行振込で無料に! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール注文やチャートが一つになった便利な「Trading View」! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応優れたUIで初心者から投資上級者まで幅広い人気! ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨リスクやファクトムなど国内では珍しいコインも含めた10種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティ基本的なセキュリティ対策はもちろんのこと、複数のセキュリティ会社を通じて信頼性・安全性の監査を実施! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性オンライン証券大手のマネックスグループが運営! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーン最大20000円のキャッシュバックキャンペーン実施中 ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る

Coincheckの比較をもっとみる 

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダードな取引所
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!
GMOコインは初心者でも安心のGMOインターネット (東証一部上場) グループ経営の取引所。

グループ内の他オンライン金融サービスでの知見を活かした、安心最優先のサービス提供が実現。専用スマホアプリ『ビットレ君』では、初心者にもやさしい操作感で、とてもかんたんに本格的なチャートを利用した取引ができます。

取り扱い通貨 5種類
FX/信用取引
手数料 Maker:-0.01% / Taker:0.05%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 一律で4倍
スマホ対応
GMOコイン 比較ポイント
手数料登録手数料無料!即時入金、出金手数料も無料! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツールWebTrader、TradingViewの2種類を完備! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応幅広い層から評価の高い公式アプリ「ビットレ君」! ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨ビットコインやイーサリアムなど厳選の5種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティコールドウォレット管理はもちろんのこと、24時間365日の監視体制やグループ会社との連携でセキュリティを強化! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性100社以上もの企業を抱える東証一部上場のGMOインターネットグループが運営! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーンスプレッドの大幅縮小キャンペーン実施中 ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る

GMOコインの比較をもっとみる 

ビットコインがもつ投資メリット
  • 株式投資と違って、ストップ高がなく、上昇威力が無限大
  • FXと違って、通貨自体の将来性が段違いに高く見積もることができる

仮想通貨ビットコイン (Bitcoin/BTC) の将来価格予想

2018年の価格予想 | 下降トレンドから横ばいへ

2018年1月の下落トレンド開始以来、ビットコインの相場は¥700,000~¥1,100,000の間を長く上下していました。2016年末からの成長を知っていると物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、安定しているともいえます。

2019年の価格予想 | 上昇トレンドへ移行か

2019年4月、長い長い下降トレンドを抜け出し、上昇トレンドに転換し始めたビットコイン。

わずか1ヶ月の間に、その価格は¥450,000から¥750,000まで上昇を続けています。

巷には「底を打った」「トレンドが変わり始めた予兆」という声も生まれていて、今後これからのビットコインの価格推移にもっとも注目が集まっています。

2020年の価格予想 | 転換期

2020年にビットコインは、ひとつの転換期を迎えます。なぜなら半減期が来ると予想されているためです。

editMEMO

半減期 | ビットコインを構成するブロックチェーンのブロックが21万ブロックに到達する時期。ビットコインの場合、約10分で1つのブロックが作り出されます。21万ブロックが生成されるのは210万分、約4年かかると言われています。

半減期の問題点は、本来マイニングでもらえるはずの報酬が半分になることです。ビットコイン誕生時点でのマイニング報酬は50枚でした。2012年11月28日に1度目の半減期を迎え、報酬は25枚になっています。2度目の半減期は2016年7月9日でした。ここで報酬は更に半分となり12.5枚となっています。次の半減期では、12.5枚の更に半分である6.25枚がマイニング報酬となります。

この半減期による報酬減構想は、ビットコイン提案者であるsatoshi nakamoto氏自身が論文の中で既に書かれています。ビットコインは2,100万枚を発行上限と設定しているため、上限に近づくと急激なインフレが発生する可能性が高いと言えるでしょう。

つまり半減期とは、最終的なインフレを緩和するために段階をおいて意図的にインフレを起こす仕組みとなっているわけです。

ただしこの半減期構想は、現実社会の意向を必ずしも汲んでいるわけではありません。1度目、2度目の半減期では急激な相場の変動が発生していた傾向があります。2020年に迎える3度目の半減期でも同様にインフレが起こってくれるのかは断言できませんが、過去の傾向を見る限り、これまでの半減期同様にインフレが発生する可能性も充分有り得るということを念頭においておきましょう。

また発生しなかった場合の相場予測も同時にしておくことが大切です。

2020年以降の価格予想 | 見通しと今後の予想

正直なところ、2020年以降のビットコインの相場について、はっきりとしたことは現段階では分かりません。ですが仮想通貨業界全体について、ひとつの予想が囁かれています。

現在、仮想通貨・トークンは1600種類を超えると言われています。ICOを予定している銘柄も多く、種類は更に増えていくでしょう。

多くの仮想通貨が実態のない通貨や詐欺まがいのプロジェクトだったことからも現在増加中の銘柄が、2020年以降は淘汰されていくだろうと予想されています。具体的にどの銘柄が消えるのかは分かりません。今後のアップデート次第では、ビットコインも淘汰される側に含まれる可能性も皆無とはいえないでしょう。

しかしそれは裏を返すと、 確実に残る銘柄が決定しつつあるということも言えるでしょう。

中でも編集部が注目をし続けるのは「ビットコイン」ただ一つ。それは上述した「広がる理由」や「上がる理由」が他の通貨に比べて格段に高いことをイメージしていただければと思います。

仮想通貨ビットコイン (BTC/Bitcoin) の今後・これからの予想 | 著名人の意見

今後仮想通貨ビットコインの価格は上がると予想している著名人

こちらでは、今後仮想通貨ビットコインの価格が上がるという、比較的前向きな予想している方々をご紹介します。

Fundstrat Global Advisors 研究責任者 TomLee氏

2020年の3月までに91,000ドル (960万円) まで到達すると予想しました。現在75万円を前後しているので(2019年5月現在)あと1.5年で10倍以上ということになります。

John McAfee (ジョン・マカフィー)氏

殺人容疑のうわさがあり、異色の経歴をもつことで知られる、John MacAfee氏は、なんと「2020年末までには$50万(5500万円)になる」と大胆な予想を立てていました。

このツイートにリプライが集まり、「本当に?」といったニュアンスのコメントに対し、「もしこれが実現しなければ、国営放送で自分の大事なところを食べる」とまでツイートしました。

さらに、「BTCはより早く加速してる」として、予想を変更し、「2020年末までに$1百万(1億1,000万円)まで上がる」と予想しました。付け加えて、「依然として予想が間違っていれば、自分の大事なところを食べる」とツイートしました。

Bitcoin Foundation head Llew Claasen氏

ビットコイン財団と呼ばれる非営利団体のトップであるLlew Claasen氏は2018年中に400万円まで上がると予想しました。

Finder.com CEO Jon Ostler氏

2018年末に320万円まで上がると予想。

Herjavec Group CEO Robert Herjavec氏

2018年末までに210万円まで上がると予想。

これらの著名人は全て有名な投資家や投資アナリストばかりですので、信憑性は高そうです。

仮想通貨というのは誕生してから10年にも満たない新しいシステムとなっているために認知されて流通されるまでには長い時間がかかります。

大きなシステムであればあるほど時間が掛かるということを歴史が証明していますので、同じようにビットコインの価格が一時的に下落したのは土台作りをしているためだからという見方もできます。

editMEMO

投資の神様:Warren Buffett氏
ビルゲイツとも深い親交もあり、投資の神様として知られる世界一の投資家Warren Buffett氏は「殺鼠剤の2乗のようなものだ」と、ビットコインに対してマイナスな態度を示し続けています。

仮想通貨ビットコイン (BTC/Bitcoin) の今後・これからの予想 | AI「WebBot(ウェブボット)

WebBot(ウェブボット)とは、世界中のSNSの発言を下に今後を予測するAIです。売りたいという声がSNS上に多くあれば相場が下がるだろうと予測し、逆に買いたいという声が多くあれば相場は上がるだろうと予測します。

無料で公開しているわけではなく有料(99ドル)でレポートを販売しています。日本語版も存在し、こちらはイーサリアムでの購入になります。ウェブ上の声をもとに出した予測ですので、信憑性や根拠などは一切存在していませんが、当たった予測も存在します。

2018年からのNEOの高騰などはWebBotの予測したものです。この他にもビットコインやイーサリアムに関しても予測しています。

ビットコインについては秋に220万円、年度末に1100万円という予測です。

ただしこれは根拠が存在しているわけではないので、過信しないように注意しましょう。

将来的な仮想通貨ビットコイン (BTC/Bitcoin) の課題

各国の規制

仮想通貨の特徴のひとつに、国を超えて使用できるというものがあります。しかし国によっては仮想通貨を規制していることもあります。仮想通貨市場から見ると、これは大きな痛手です。

特に 日本はZaifやCoincheckのハッキング事件以来、仮想通貨取引所への規制を強化しはじめています。

金融庁は「営業資格のない取引所の営業停止命令」や「レバレッジ倍率の低減」など国内・国外関わらず様々な形で日本人ユーザーに影響を与えています。

編集部では金融庁の規制下でも安心して取引できる取引所の一覧がご覧になれます。

ご興味のある方は合わせてご覧ください。

セキュリティなどの安全性

仮想通貨の問題点は、仮想通貨自体よりも「仮想通貨を取り囲む環境」にあります。

仮想通貨自体も確かにデータ的な存在ですが、始めから狙われる可能性を考慮して強固に作られています。

しかし 仮想通貨を取り扱う環境まで強固に作られているわけではありません。

その代表例が仮想通貨ウォレットユーザー自身です。

例えばウォレットのログイン画面を模した偽サイトを作ったり、虚偽のニュースを流し別サイトに誘導するなど、犯罪者たちは取引所のセキュリティが厳重な分、取引所外で我々を詐欺に巻き込もうと考えています。

もちろんリキッドバイコインなど、そういった犯罪行為に対し注意喚起を促している取引所も存在しますが、最後に自分の身を守るのは、自分自身のセキュリティ意識です。

いまだ発展の余地のある仮想通貨。始める人はいつも以上に強くセキュリティに注意しましょう。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

2017年8月1日問題

本来2017年8月1日問題とは、トランザクション問題に対するアプローチでSegwit導入とブロックサイズ拡大の2つの意見に分かれたことを指します。先にSegwitを導入、後にブロックサイズを拡大するという話でまとまっていましたが、Segwitだけが導入されブロックサイズは保留のままとなっています。

この問題では、ビットコインの方針で意見が分かれた時に意思の統一に時間がかかることを露呈しました。今後同様の事態が発生した時に、素早い対応はできないかもしれません。

仮想通貨ビットコイン (BTC/Bitcoin) 市場の今後 | これから1-3年後の構造変化を予想

大手証券ブローカーの参入

アメリカの証券ブローカー各社が、仮想通貨の取引を間もなく開始をするという報道が続いています。1100万人の顧客を持つ証券ブローカーであるTDAmeritradeが間もなく仮想通貨取引を開始することを、関係者がThe Blockで報じました。また、同じく証券ブローカー大手のETradeも暗号通貨の取引開始の準備をしていると、Bloombergが報じています。

証券ブローカーとは、証券会社のブローカー業務を担う事業者のことをいいます。例えば、個人投資家は楽天証券やSBI証券で口座を開き株式の売買ができますが、このとき楽天証券やSBI証券はブローカー業務をしていることになります。 ブローカー業務では、株を「買いたい」または「売りたい」という注文を多くの人から受け、それを東京証券取引所をはじめとした証券取引所に伝えることです。つまり、売買板・マーケットは楽天証券などが運営しているわけではなく、あくまで東京証券取引所に取次をする役目をしています。

一方で、現在の暗号通貨業界の取引所の構造と大きく異なります。

現在、仮想通貨取引所各社は、それぞれがBTCやETHなどを通貨ごと、各取引所ごとのマーケットを運営しています。BinanceであればBinanceのマーケット、BitbankであればBitbankのマーケットをそれぞれ運営しており、 仮想通貨業界が未成熟ゆえ極めて非効率なマーケット構造であるといえます。各社がマーケットを持つことの非効率性は、マーケットの分散による出来高の分散により大口トレーダーの取引コストが上がっていることや、各社の取引価格で乖離が発生することなどが挙げられます。

現在、その非効率な各取引間のアービトラージに関しては、個人トレーダーが担ってる状況です。しかし、証券ブローカーのTDAmeritradeは参入する際には、証券で行っているようなブローカー業務を行う予定で、 各証券ブローカーが独自でマーケット運営するようなことは想定していないと考えられます。その結果、いくつかの市場を接続先、カバー先にして、少数の流動性が高いマーケットが時間をかけて作られるでしょう。

TDAmeritradeやE*Tradeは証券ブローカーとして数百万人以上の顧客を抱えています。その全てが仮想通貨を売買したいユーザーということはないと思いますが、そういったブローカーが取り次ぐマーケットは早晩に流動性を獲得し、 現在の取引所の流動性を上回る可能性があります。こういった市場構造の変化は、顕在化には少し時間がかかるかもしれませんが、これから起こる重要なポイントであると言えるでしょう。

増加する暗号通貨のデリバティブ

ビットコインのデリバティブ市場とは

仮想通貨のマーケットでデリバティブ市場の立ち上がりという新しい変化が、2019年年内に始まりつつあります。デリバティブとは、日本語では金融派生商品などに分類され、オプション取引・先物取引・スワップ取引などに代表されるものです。これらは、 その他の現物資産に投資をする投資家や事業者のリスクを低下させたり、ヘッジファンドがリスクを覚悟して高い収益性を追及する手法として考案されました

2017年にはCBOEやCMEというアメリカで規制に準拠した形での先物取引所がビットコインの先物の提供を開始しています。アメリカの規制当局から監督されていない取引所が提供をする、ビットコイン先物で最も有名なものにはBitmexがあります。また、最近ではHuobiもデリバティブ専用のマーケットを新設し、21種類のデリバティブレードを開始しています。

2019年に先物取引スタートを準備するプレーヤーたち

デリバティブ市場は、今年2019年内にさらに拡大すると予想されます。2019年内にローンチをするICE (ニューヨーク証券取引所親会社) 傘下のBakktも、翌日受け渡しの先物取引所であり、同じく様々な投資家が支援をする取引所のErisXもデリバティブを提供する予定です。

Bakktの翌日受け渡しは非常にユニークな手法であり、実質的に現物を取引させることの迂回手段として先物の形式をとっていると言えます。

その他、ユニークなデリバティブを提供する事業者としてLedgerX社などがあります。LedgerX社は、2020年のビットコインの採掘報酬が半分になる半減期の日をターゲットにした先物のトレードを提供しています。そのため、約1年半後のビットコイン価格に対してポジションをとることができます。また、Binanceも先物の提供を準備していると報道しています。このように、 株式市場よりはるかに大きい市場規模を持つデリバティブ市場へ、仮想通貨業界が参入することによって、より多くの金融商品が開発されるでしょう

なお、従来の金融市場において、デリバティブ市場は株式市場より遥かに大きい市場規模を持ちます。市場が成熟、また機関投資家を含む多様な投資家層が参入するに従い、様々なデリバティブの需要が増え、暗号通貨業界でも今はない金融商品が多く開発されるでしょう。

暗号通貨建てのデリバティブにどのような需要があるか

デリバティブ市場は株式市場より遥かに大きい市場規模があることは需要があることや取引コストを軽減できることからです。ここでは、仮想通貨の場合のデリバティブ市場にどのような需要があるのか考えていきましょう。

現在、ビットコインの先物取引は、仮想通貨を保有するマイナーや取引所事業者がリスクヘッジに使用をしたり、トレードに使われるなど裁定取引の場として使われています。例えば、ビットコインのマイナーは専用機であるASICの購入とその配備を行うことによって、初期費用を支払い、マイニングビジネスに参入をしています。しかし、電気代という毎月の固定費で支払いをしながら、採掘報酬を獲得するため、Bitcoinの価格が上下するリスクにさらされます。 そのため、先物を通して前もって、3ヶ月後に売却できる価格を予約しておくことでリスクを限定することができます

トレードの場合を考えてみましょう。例えば、ビットコインが2ヶ月後にハードフォークしてブロックチェーンが分岐し、新しいコインが付与される可能性があるという状況であるとします。

このときに以下のように考えていたとします。

  • 2ヶ月後にはビットコイン価格の下落を予想しており、BTCを売却したい
  • しかし、2ヶ月後のハードフォーク時には新規コインも獲得したい

上記のような際には、2ヶ月後期日の先物を売却し現物を保有することで、ハードフォークコインも手に入れ、かつビットコインの値下がりに賭けることもできます。先物商品市場では、この先物契約自体を売買する市場で投機的にも扱われるため、その投機が先物契約の有効性を高めるともいうことができます。

まとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨がもっともっと安心して使えるようになるには、まだまだ時間がかかりますが、その発展を支えていくのは投資家であるみなさんです。そして、投資家のみなさんに情報を整理し正しい情報をわかりやすくお伝えするわたしたち編集部もその役割の一部を担っているのだと自負しています。

わたしたちにとってビットコインが日本国の中で使える「もう一つの通貨」として一般に認知されるようになれば、ビットコインの普及レベルは世界的にももっと広まっていることでしょう。

2020年、世界の個人金融資産は224兆円に登ると言われています。

世界の個人金融資産、20年に224兆ドル 米民間調査

そのうちの約20%に当たるのが現金だとして、その現金の中の10%が仮想通貨に交換され、さらに仮想通貨の中でビットコインが占める割合が30%だとした場合、 1ビットコインの価格は64,000ドル(1ドル=110円だとした場合、700万円を超える)に登ります。

現在2019年時点での価格が75万円(2019年5月現在)。しかしここでみてきたすべての観点を総合的に考えると、その10倍に跳ね上がる700万円を超える可能性もなくはないかも知れません。

急速に広まりをみせつつ、変化の激しい仮想通貨を取り巻く現状下において、こうしたビットコインの今後や将来の見通しに対する議論が「夢物語」で終わらないためにわたしたちがどうすべきなのか。

インターネットが見せてくれた夢を実現化させる物語は、いまブロックチェーンという新たな革命に舞台を移し、わたしたちにその理想郷の入り口を見せてくれているのかも知れません。

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダードな取引所
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!