この記事のポイント
  • ビットコインとは何か
  • ビットコインの入手方法とおすすめの取引所3選
  • ビットコインの売買方法とコツ

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の1種です。主にインターネット上での支払いや送金に使われており、法定通貨のように手に取ってみることはできません。ビットコインは価格変動をくり返しながら、2009年の運用開始からわずか11年で何百万倍もの価格まで上昇しています。

ビットコインの入手を検討している人のために、ビットコインの特徴と入手方法や売買方法とともにおすすめの取引所を紹介します

ビットコイン (Bitcoin/BTC) について

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の1種で2008年の10月に、インターネット上で「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が暗号資産(仮想通貨)の論文を投稿したことがはじまりです。

暗号資産(仮想通貨)の中でビットコイン以外の通貨をアルトコインと呼びます。アルトコインを合わせると暗号資産(仮想通貨)の種類は世界で数百万種類とも言われています。

種類豊富な暗号資産(仮想通貨)の中で最も流通している通貨がビットコインです。暗号資産(仮想通貨)は発行上限枚数があらかじめ決められており、ビットコインの発行上限数は2,100万枚です。暗号資産(仮想通貨)は法定通貨のように中央銀行などを介しません。 そのため発行枚数を多くすることで通貨の価値を下げずに価値を保てます

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の入手方法

ビットコインはどのように入手すればいいのでしょうか?入手方法はいくつかあります。ここではビットコインの入手方法を4つ紹介します。

販売所・取引所で購入する

ビットコインは一般的に販売所や取引所で購入されています。販売所と取引所はいずれもビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の売買ができますが、それぞれ特徴が異なるので理解しておきましょう。

まず販売所は販売所を介して暗号資産(仮想通貨)を売買するところです。メリットは販売所が掲示する金額で売買するため、注文がすばやく確実に通る点です。

デメリットは購入時の価格と売却時の差額であるスプレッドが発生する点でしょう。

取引所は客同士が直接暗号資産(仮想通貨)をオークション形式で売買するところです。
販売所よりもスプレッドが狭く、お得に取引できる点はメリットですが、流動性の低い取引所では取引が成立しないことや注文方法が販売所よりも豊富にあるため手軽さはありません

初心者は販売所で購入し、慣れてきたら取引所で購入するといいでしょう。

個人間で取引を行う

個人間でビットコインの購入も可能です。個人間での取引を「OTC (Over the counter) 」と呼びます。仲介を通さずに直接取引するため手数料などのコストは軽減できますが、自分で取引相手を見つけなくてはなりません。

OTC取引をする際にはまず掲示板などで売りたい人を探します。たとえば「1BTCを110万円で購入希望の方を探しています」といった掲示から、自分の購入したい掲示を探しましょう。
またOTCでは掲示板上で、自分の希望数量と希望額を掲示して取引相手を探すことも可能です。
OTC取引の最大のデメリットは仲介業者がいないため振込に関する確実性が低い点でしょう

ビットコインを送金しても売却金額が振込まれないことや、購入金額を振込んだのにビットコインが振込まれないなど、振込に関するトラブルが発生することもあるため安全かつ確実な取引を望む人にはあまり向いていません。

マイニングする

マイニングとはビットコインの取引確認をスピーディーに行うことでビットコインが報酬として獲得できることです。購入ではありませんが、マイニングでもビットコインを入手できます。
マイニングへは以下の3つの方法で参加できます

マイニングの参加方法
クラウドマイニングマイニング業者に投資して利益を分配してもらうこと
プールマイニング複数人と協力するマイニングのこと
ソロマイニング1人でやるマイニングのこと

▶ 『ビットコインのマイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アービトラージする

アービトラージとは異なる取引所で生じた価格差を使って利益を出す方法のことです。つまり安い価格のビットコインを購入して、高いビットコインで売ったときに生じる価格差が利益となります。
ビットコインの価格は取引所や販売所によって異なるため、アービトラージをうまく活用すれば価格差分のビットコインの入手が可能です

▶ 『仮想通貨のアービトラージ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の取引所選びのポイント

ビットコインの取引所は国内外にたくさんあります。どの取引所で取引しても同じというわけではありません。取引所を選ぶ際にはいくつかの点に注意しなくてはなりません。ここではビットコインの取引所選びのポイント4点を紹介します。

信頼度

取引所選びで最も重要視したいポイントが「信頼度」です。ビットコインは大切な自己資産なので、信頼度の高い取引所に預けましょう。国内大手の取引所でもハッキング事件が発生しています。セキュリティ面に強い取引所を選ぶようにしましょう。

使用しやすさ

暗号資産(仮想通貨)の取引では使用しやすさも大切なポイントです。普段の取引をスマートフォンから行いたい人ならば、スマートフォン用アプリの有無も確認しましょう。
またチャート機能が充実していればより取引に役立ちます。初心者ならば売買方法がシンプルな取引所を選ぶのがおすすめです。

サーバーの強さ

ビットコインはインターネット上で取引をするため、取引所のサーバー環境もチェックしておきましょう。 サーバーが弱いとユーザーが集中したとき取引所にアクセスできなくなったり、注文の通らない時間が発生したり、せっかくの取引チャンスを逃してしまうことや思わぬ損失が発生するかもしれません

手数料の安さ

せっかく利益が出たのに手数料が高いともったいないです。
手数料にも種類がありますが、どこが安いのか見極めることも重要です。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資におすすめ取引所

取引所ではビットコインを売買するだけでなく投資もできます。ここではビットコインの投資におすすめの取引所を4カ所紹介します。

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場の「GMOインターネット」が運営する大手販売所です。セキュリティー面へ評判が高く信頼度の高い販売所といえます。

またGMOコインはスマートフォン用アプリの機能性の高さにも定評があります。初心者でも使いやすい操作性と、中級者以上も満足するスピード注文やチャート描画、テクニカル指標など豊富な機能を搭載しています。

入出金手数料などのすべての手数料が基本的に無料で利用できるためコストを抑えて投資したい人におすすめです

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITPoint

BITPointは東証二部上場の「ビットポイントジャパン」が運営する取引所です。BITPointの最大の特徴は安心して預けられる資産管理の高さでしょう。
BITPointに預けた資産はすべて提携先の日証金信託銀行に信託されます。そのためBITPointが破綻しても大切な自己資金は守られます。
取引手数料は無料で、MT4を導入しているため本格的にビットコインのFX取引をはじめたい人にもおすすめです

▶ 『BITPointの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは大手「DMMグループ」が運営する取引所です。DMM Bitcoinではビットコインをレバレッジ取引することもできます。レバレッジ取引とは実際の自己資金よりも何倍かのビットコインを取引できる取引方法で、大きな利益を狙えます。ただしレバレッジをかけすぎると利益だけでなく損失も多額となるため注意が必要です。

また国内で唯一アルトコインのレバレッジ取引にも対応しています。ビットコインだけでなくアルトコインも投資してみたい人にも向いているでしょう

▶ 『DMM Bitcoinの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitbank

bitbankは「ビットバンク株式会社」が運営する取引所・販売所です。ビットコインのほか、アルトコインも購入できます。取引所で購入できるため手数料も安く抑えられます。

スマートフォン用アプリも用意されており、チャートも取引もいつでもリアルタイムで更新しています。60種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析も可能です。

またオフラインのコールドウォレットを採用し、マルチシグでハッキング対策も万全なので安心して預けられる取引所です

▶ 『bitbankの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資のための口座開設方法

具体的な取引所としてCoincheckを例に説明していきます。

Coincheck 口座開設 全STEP
STEP1アカウントを登録
STEP2作成アカウントにログイン
STEP3本人確認書類を提出
STEP4ハガキを受取る

STEP1 Coincheck (コインチェック) のアカウントを登録

コインチェック アクセス
まずは、Coincheckのホームページにアクセスしましょう。アクセスしたら、メールアドレスとログイン時に使用するパスワードを入力しましょう。 入力が完了しましたら、新規登録ボタンをクリックしてください

メールアドレス確認
新規登録ボタンをクリックすると、入力したメールアドレスの確認が行われます。

確認メールURLクリック

登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、開いてURLをクリックしてください。これで、アカウント登録は完了です。

次は、登録したアカウントの本人確認作業を行いましょう

account_arrow_min

STEP2 Coincheck (コインチェック) の作成アカウントにログイン

本人確認を行う
確認メールのURLをクリックすると、Coinchekへのログインが完了します。Coincheckにて暗号資産(仮想通貨)取引を行う前に、本人確認を行いましょう。 本人確認書類の提出を行いますので、本人確認書類を提出するボタンをクリックしてください

account_arrow_min

STEP3 本人確認書類の提出

まずは電話番号認証を行う

電話番号登録
本人確認書類の提出を行うには、まず電話番号の登録を行う必要があります。ご自身が使用している携帯の番号を入力して、SMSを送信するボタンをクリックしましょう。 SMSに記載されているURLをクリックすると、電話番号の登録が完了します

本人確認書類の提出画面へ進む

本人確認ページへ
電話番号認証を完了したら、次は本人確認書類を提出します。メニューの本人確認ボタンをクリックしましょう。

本人確認書類を提出・アップロードする

本人確認書類提出
個人情報を入力し、本人確認書類を提出しましょう。免許証やパスポートの場合、裏表をアップロードしてください。

各種重要事項を確認する

重要事項確認
本人確認と同じように、メニューから重要事項の承諾を選択してクリックしてください。 クリックすると、重要事項が表示されていますので、左側の空欄をクリックして各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用するボタンをクリックしましょう

account_arrow_min

STEP4 Coincheck (コインチェック) からハガキを受取る

本人確認書類を提出すると、コインチェック社による審査が行われます。無事審査が完了すると、アカウントが認証され、暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。ハガキが郵送されますので、到着を待ちましょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方

口座開設と同じくCoincheckを例に説明していきます。

日本円を入金する

銀行振込1コインチェック
まずCoincheckにログインをした後に、左のメニューから「日本円を入金」を選択します。

銀行振込」のメニューが中心に出てくるので「銀行振込」を選択します。

銀行振込2コインチェック
下に下がっていくとりそな銀行と住信SBIネット銀行の口座情報が表示されます。該当する口座に入金をしましょう。

入金手続き画面に切り替わったら、自分のユーザーIDを確認します。指定口座として決められた自分名義の口座から希望額を振込みます。
なお振込時には、振込人名義の最後にユーザーIDを入力するのを忘れないようにしましょう。

ビットコインを選択

コインチェック 購入
購入は非常に簡単です。
左端のメニューから、『コインを買う』を選択し、画像の画面に移動します。
購入したい通貨を選んで希望枚数を選び購入するを押せば完了です。

※アルトコインは日本円のみならずビットコインでの購入も可能になっています。

口座への振込が完了したら、左側のメニューから「コインを買う」をクリックします。表示された取扱いコインからビットコインを選択しましょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の売り方

スマホ

Coincheck (コインチェック)売り

PC

Coincheck (コインチェック)売り

こちらもレート×注文量が自動的に概算の欄に示されます。

例えば、レートを「400000」、注文量が「0.01」とし、 「売り」を選択すれば、0.01BTCを4000円で売る注文を出したことになります。PCでは、売り注文用スペースに必要事項を記入してください。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を安全に保管するやり方

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)であり、大切な自己資産です。ビットコインを安全に保管する方法を紹介します。

複数の取引所で開設する

どんなにセキュリティーが強固な取引所でも、ハッキングなどの被害にあう可能性はゼロではありません。
また1カ所の取引所ですべての資産を管理していた場合、万が一その取引所がハッキングの被害にあった場合や、倒産した場合には大切な資金を失う恐れがあります。そのため大切な資産をいくつかの取引所に分散しておくことも1つの方法です。
取引所の中にはすでに紹介した「BITPoint」のように資産保障をしてくれるところもあります。取引所で保管する際には、資産保障のあるところを選びましょう

自分のウォレットを持つ

ビットコインを長期間保有する場合には、取引所で購入したままにしておくと、取引所がハッキングされたとき預けていた資産が危険にさらされます。また取引所や販売所が倒産する可能性もあります。自分のウォレットを持ってウォレット内で管理するようにしましょう。

ウォレットは、個別に専用アドレスが設けられています。ウォレット内ではビットコインの残高確認や送金や受取なども可能です。ウォレットは大きく分けると以下の4タイプあります。

Coincheckで使用可能な本人確認書類の種類
ウェブウォレット登録者の専用アドレスと秘密鍵をサーバーに保存することで、さまざまな端末からアクセスできるウォレット
モバイルウォレットスマートフォンやタブレットで管理できるアプリタイプのウォレット
ハードウォレット暗号資産のアドレスへアクセスするために必要な秘密鍵を保存するタイプのウォレット
ペーパーウォレット紙に秘密鍵とアドレスを記入するタイプのウォレット

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資を行うときのコツ

ビットコインの投資を行うときにはいくつかのコツがあります。ここではビットコイン投資のコツを2点紹介します。

現物取引

現物取引とは現在の価格で売買取引をする方法のことです。ビットコインの現物取引では、ビットコインを購入または保有しているコインを売ります。現物取引で購入したビットコインは自分のものになるため支払いや送金などにも利用できます。

▶ 『現物取引の』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、実際に保有しているビットコインよりも何倍かの大きな金額で取引する方法です。実際にビットコインを売買するのではなく、今後の値上がりや値下がりを予測して売買注文によってポジションを保有します。ポジションを決済する価格変動の差額分だけを受け取れる「証拠金取引」です。

売り注文から取引ができるため相場が下がっていても利益が出しやすいでしょう。ただしレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンの投資方法なので、初心者は現物取引に慣れてからレバレッジ取引をはじめたほうが安心です。
レバレッジ取引は、口座に日本円を入金して取引所から新規注文を入れます。
またレバレッジ取引は証拠金維持率ラインを下回ると新規注文ができません。またロスカットラインを下回ると強制ロスカットが行われます。証拠金維持率ラインやロスカットラインは取引所によっても異なるため、取引前に確認しておくといいでしょう。

▶ 『レバレッジ取引』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 決済のやり方

ビットコインは買い物など普段の支払いもできます。ただしビットコイン決済をするためには、店舗やサービス業者側がビットコイン決済に対応していなくてはなりません。またあらかじめビットコインをウォレットにうつしておきましょう。

決済のやり方はまず支払いの際に店舗側の端末で表示されたQRコードをアプリに読み込みます。これで決済は完了です

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資のやり方に関するQ&A

ビットコイン投資のやり方についてよくある質問を3つ紹介します。

ビットコインはいくらからできますか?

Coincheckを例にすると500円からビットコインを購入できます。

ビットコインの投資をはじめるとき、どれくらい資金が必要ですか?

ビットコインは100円未満の少額から購入できる取引所もあります。取引所によって取引最低単位が異なるため、少額取引からはじめたい人は最低単位が少ないところを選ぶといいでしょう。

ビットコイン はクレジットカードでの購入はできますか?

現在はクレジットカードでの購入はどこの販売所でもできません。

▶ 『仮想通貨のクレジットカード』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の投資のやり方に関するまとめ

ビットコインを入手する方法はいくつかありますが、取引所・販売所を利用するのが一般的です。たくさんある取引所・販売所から取引するところを選ぶ際には、信頼性が高くサーバーが強固なところを選ぶといいでしょう。

また取引所によって手数料が異なります。できる限りコストを抑えて取引するためには、手数料が安いことも重要なポイントです。

まずは利用する取引所・販売所を決め口座を作成してから日本円を入金しておけば、いつでも取引がスタートできます。 投資に興味がある人は現物取引のほかレバレッジ取引などにも挑戦してみてもいいでしょう。利益が出たら安全に保管しておくことも大切です

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!