この記事のポイント
  • ビットコインは発行上限が決められている
  • ビットコインはいつでもどこでも使用できる
  • P2Pとブロックチェーンにより決済の透明性が高い

ビットコインははじめて誕生した暗号資産(仮想通貨)です。知名度が高く、暗号資産(仮想通貨)をよく知らない人でもビットコインの名前は聞いたことがある人も多いでしょう。

ビットコインは日本円や米ドルなどの法定通貨ではないため、ビットコインならではのメリットがあります

本記事ではビットコインのメリットについてご紹介します。ビットコインのしくみや特徴もお伝えするので、知識を深めたい人はぜひチェックしてみてください。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) について

ビットコインは世界ではじめて誕生した暗号資産(仮想通貨)です。 インターネット上で使用する「デジタル通貨」の1つで、中央銀行といった特定の管理者はいません

現在存在している暗号資産(仮想通貨)のなかでビットコインはもっとも流通量が多いため、「ビットコインは仮想通貨のこと」と思っている人もいるかもしれません。

しかし 暗号資産(仮想通貨)はビットコイン以外にも多数あります。法定通貨に米ドルや日本円、ユーロなどが存在しているように、ビットコインも暗号資産(仮想通貨)の1つにすぎません。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) は電子マネーとは違う

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)ではありますが、電子マネーとは異なります。通貨の情報をオンラインに記録する点では暗号資産(仮想通貨)も電子マネーも同じです。

電子マネーは法定通貨をデジタル化し、現金と同じように利用できます。たとえばプリペイドカード、バスや電車で利用するSuicaやPASMOは日本円を電子マネー化したものです。

ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)は国や中央銀行が発行せず、中央集権的に管理されていません。個人間で送金でき、他国にも入出金が可能です。

しかし暗号資産(仮想通貨)は電子マネーとは違い、どこでも商品を買えるわけではありません。 ビットコインで何か購入したい場合、ビットコイン決済に対応している店舗やオンラインストアを利用します

また暗号資産(仮想通貨)は価格変動が激しいのも特徴です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のしくみ・特徴

ビットコインは世界初の暗号資産(仮想通貨)で、 暗号資産(仮想通貨)においてもっとも流通量が多いというメリットが挙げられます

またビットコインには中央銀行が存在しない、発行上限があるなどの特徴もあります。ビットコインならではのしくみや特徴について、以下でわかりやすくご紹介しましょう。

中央銀行が存在しない

ビットコインは米ドルや日本円のように、国や中央銀行が発行しているわけではありません。

ビットコインは開発者や協力者などのグループはありますが、市場を見ながら通貨の量を調整する中央銀行のような管理組織はないのです。たとえば日本銀行、アメリカのFRB (連邦準備理事会) といった特定の管理組織はビットコインにはありません。

中央銀行が存在せず、中央集権的に管理されないという特徴はビットコインの目指す姿で、この特徴は他の暗号資産(仮想通貨)にも共通しています。

分散保存される取引台帳

銀行をはじめとした金融機関では、金庫やメインサーバーなどで通貨の情報を管理しています。しかしビットコインには中央銀行のような組織はなく、特定の運営会社もないため、取引情報は1ヶ所にはまとまっていません。

ビットコインはプログラムをダウンロードして取引している端末が相互につながり、ネットワークの構築を行っています

ビットコインにかんする取引情報は、世界各地に存在しているパソコンやスマホ、タブレットなどの端末に記録が共有されているのです。 インターネット上にビットコインの取引情報は分散して存在し、世界中の膨大なパソコンやスマホに散らばっています

またビットコインの情報に対する整合性は担保され、セキュリティ対策が施されています。国家や中央銀行ではなく、ルールにそって取引を行う利用者の信頼をもとにビットコインの価値は維持されているのです。

▶ 『分散型台帳技術』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

発行上限が存在する

ビットコインが誕生した時点から、発行上限は2,100万枚と定まっています。発行上限はビットコインのプログラムに組み込まれ、上限以上は発行されません。

ビットコインに限らず、暗号資産(仮想通貨)の多くは発行上限が決まっています。しかし上限数は暗号資産(仮想通貨)によって違い、上限数の理由もそれぞれ異なっています。

法定通貨は中央銀行の金融政策により、流通量の調整が可能です。物価を安定させるために通貨量を調節し、景気にも大きく影響を与えています。もし通貨が必要以上に流通してしまうと通貨の価値が低下し、インフレを招いてしまいます。

ビットコインは管理を行う中央組織が存在しません。ひたすら発行すると市場にビットコインが余り、価値が低下してしまいます。そのため発行上限を決めているのです。

ビットコインは発行上限が決まっているので希少性があり、暗号資産(仮想通貨)としての価値が保たれ、値上がりの予測にも役立っています。流通量を調整している点は、法定通貨と似ているといえるでしょう。

世界中にリアルタイム送金が可能

ビットコインは商品やサービスを利用する際の決済手段として、広く普及しているとはいえません。しかしこれは決済サービスの充実が追いついていないためであり、ビットコインそのものの問題ではありません。

従来の金融機関を用いた送金方法と比べると、ビットコインの送金のほうが優れています。 海外送金したい場合、従来の金融機関では入金から着金まで数日かかりますが、ビットコインならたった数十分です

世界中にリアルタイムの送金が可能なのは、大きなメリットといえます。余計な時間をかけず、世界各地どこからでもすぐにビットコインの取引が可能です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のメリット

個人間で直接送金が可能

ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)は、個人間で直接送金を行えます。

インターネット上で売買を行う際や遠く離れた地へ送金する際、銀行を利用して振込を行うのが一般的です。しかし 銀行の振込では送金から着金まで時間がかかり、営業日や送金先によっては数日かかってしまいます。他の銀行に小切手を送る際も信用調査に時間がかかり、海外送金となればさらに時間を要します。

ビットコインを利用すれば大変すばやい送金が可能です。 理論上では10分ほど、実際は40分ほどで送金が完了します。相手がどこにいても、個人間でビットコインの直接送金が可能です。スピーディーに個人間で送金できるのは、ビットコインのメリットといえます。

手数料が極めて安い

送金時の手数料が極めて安いのもビットコインの大きなメリットです。ビットコインだけではなく他の暗号資産(仮想通貨)も同じです。

たとえば銀行では預金者の引き出しに応じるため、まとまった現金をつねに用意する必要があります。現金を保管する金庫も管理を行う人員も用意せねばなりません。さらに支店を運営したり深夜や休日に利用できるATMを設置したりといった対応も必要です。

店舗やATMの維持管理費、設備費、人件費などが発生し、その費用はユーザーの手数料でまかなっています。よってATMから現金を引き出す際や送金時には手数料がかかるのです。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは運用にかかわるコストが非常に安いため、設備費や人件費が発生する銀行よりも手数料が安く済みます

たとえば10万円を海外送金する場合、銀行では送金手数料や為替手数料などが発生し数千円近くかかります。ビットコインであればかかるのは送金手数料だけなので、数百円程度で送金が可能です。

ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)は手数料を極めて安く抑えられ、 余分なコストをかけずに世界中どこでも送金できます

▶ 『ビットコインの送金手数料』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

世界中で使用できる

海外旅行をしたい場合旅行先の通貨を現金で用意する人がほとんどでしょう。一般的にはあらかじめ日本の銀行で旅行先の通貨に替えるか、旅行小切手にあたるトラベラーズチェックを準備するか現地で両替をします。しかし両替の手数料は決して安くありません。

たとえば米ドルを日本の銀行で両替すると手数料は1ドルあたり3円かかります。1,000米ドルを両替すれば、手数料だけで3,000円もかかってしまうのです。海外旅行をする前も、旅行からもどって通貨を日本円に両替する場合も手数料は発生します。

ビットコインで支払いを済ませれば、両替の手数料はかかりません。かかるのは決済手数料だけです。

旅行先でビットコイン決済に対応している飲食店や販売店を選べば、スマホやタブレットで支払い用のQRコードを提示してくれます。自分が使っている端末でそのQRコードを読み取り送信すれば、現金と同じように支払いが可能です。

ビットコイン決済を行える店舗は年々増え、アメリカやヨーロッパの都市部において決済可能な店舗が特に増えています。 クレジットカードは店舗側が数%の手数料を支払う必要がありますが、ビットコイン決済なら手数料は1%です

ビットコインは利用する側だけではなく、店舗側にもメリットがあり普及に大きく影響を与えているといえます。 両替せずに世界中で使用できるビットコインは非常に便利なため、取扱店舗がさらに増えれば利用者も増えるでしょう

手続きがかんたん

ビットコイン決済は銀行を経由しないため、わずらわしい手続きはいりません。 国内でも海外でも、同じような手続きでビットコインの決済が可能です。銀行やATMに足を運ぶ必要がなく自由に取引を行えます。

また法定通貨のように国ごとで通貨の単位が違うという特徴がないのでビットコインは世界中で取引が可能です。ビットコインが今以上に広まり決済可能なお店が増えれば、もっとかんたんに商品やサービスを利用できます。

▶ 『ビットコインの決済』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

マイニングが可能

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)取引所または販売所で購入できます。また パソコンを用いてマイニングを行ってもビットコインの入手は可能です

マイニングマシンを個人で購入し個人レベルでもマイニングを行えます。ところが現在はビットコインのマイニングを行う難易度が高く、個人がマイニングで利益を得るのはむずかしい状況です。個人でマイニングによる利益を得たいならビットコインではなく、アルトコインで狙うのが現実的です。

大手マイニングプールに個人で参加する「クラウドマイニング」というサービスもあります。マイニングを行う会社に投資し、投資額に応じてマイニングの配当金を得られるサービスです。

クラウドマイニングはマイニングで獲得した報酬の一部を受け取るため短期間で大きな利益は得られません。しかし マシンの購入費や電気代などが不要で、マイニングの知識がなくても参加できるというメリットがあります。初心者でも気軽にはじめられるでしょう。

▶ 『クラウドマイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

大きな儲けを得られる可能性がある

暗号資産(仮想通貨)はまだまだ市場規模が小さいため、ビットコインは今後価格が大幅に上がる可能性があります

大和総研が2020年11月に発表した情報によれば、日本の株式市場の時価総額はおよそ624兆円です。一方ビットコインの時価総額は2020年11月18日時点で最大34兆円といわれています。日本の株式市場と比べてもビットコインの時価総額は約18倍もの差があるのです。

暗号資産(仮想通貨)の市場は伸びしろがあるため代表的な通貨であるビットコインは価格が大幅に上昇し、大きな儲けを得られる可能性があります

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ブロックチェーン

ビットコインはブロックチェーン技術をもとに誕生しました。 ブロックチェーンは現在さまざまなビジネスに応用され、導入が進んでいます

アメリカのソフトウェア開発会社のIBM、大手小売会社のウォルマートが実際にブロックチェーンの導入に取り組み日本やヨーロッパなどでも導入に向けて多くの企業が動いています。

今後さらにビジネス分野に応用されると期待されているため普及の可能性が高いのです。 普及が広まれば、ブロックチェーン技術誕生のきっかけになったビットコインにも注目が集まるでしょう

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

希少価値が高い

ビットコインの発行上限は2,100万枚とあらかじめ決まっています。 発行をコントロールする組織や管理者などが存在しないため、ビットコインの発行上限はだれにも変えられません

さらにビットコインはおよそ4年ごとに半減期を設けているので、新規発行されるビットコインは減少します。

発行上限に加え供給量が減る点から、ビットコインは希少価値が高いのです。 希少価値が高ければ価格が上がる可能性があり、投資する上で大きなメリットといえます

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資のメリット

少額からの投資が可能

暗号資産(仮想通貨)取引所によって最低購入単位は異なりますが、 ビットコインは1,000円以下と少額からの投資が可能です

ビットコインの最小単位は1億分の1BTCでこれは1satoshiにあたります。取引所を介さずに相対取引を行えば、0.01円ほどの大変小さな単位で売買や送金が可能です。

24時間365日取引可能

ビットコインといった暗号資産(仮想通貨)は株式やFXとは違い24時間365日取引が可能です。ビットコインは金融機関をとおさずに取引できるため、土日関係なく好きなときに送金できます。

分散投資が可能

国や中央銀行が管理する法定通貨、発行する主体企業がある電子マネーとは異なり、ビットコインには国や企業などの特定の発行機関が存在していません。

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)は新しい価値を持つ通貨のため、分散投資対象の1種として捉えられます。理論的に考えると国の動向に左右されない分散投資が可能です。

強固なネットワークを持っている

ビットコインは銀行や企業のように中央管理者がいません。ブロックチェーンおよびP2P (ピアツーピア) と呼ばれるしくみを採用し、世界中のユーザーがそれぞれ管理を行っています。

P2Pはユーザーの端末間で直接アクセスしブロックチェーン上のデータを共有するのが特徴です。 管理サーバーにアクセスする必要がないため、もし特定の端末で障害がおきてもユーザー全体に影響は及びません

またブロックチェーン技術によってデータの改ざんは困難で、不正を未然に防いでいます。 ビットコインは強固なネットワークを持ち、トラブルを防ぎながら価値を担保しているのです

決済の透明性が高い

ビットコインはP2Pとブロックチェーン技術を用いて構築されています。ブロックチェーンでは取引履歴が「ブロック」に記録され、鎖 (チェーン) のようにつながっているのが大きな特徴です。ブロックは10分に1回生成され、取引履歴はだれでも確認できます。

「どのアドレスからどれくらいのビットコインが送られたのか」といったビットコインの取引の流れが記録されているので、ブロックの改ざんを試みようとすればどこかで不整合が生じてしまいます

またユーザーはいつでもどこでもビットコインを送金可能です。 世界中で透明性の高い決済ができる上、両替が不要なため新たな決済手段として注目を浴びています

しかしビットコインの匿名性および利便性の高さを悪用した、マネーロンダリングが懸念されているのも事実です。暗号資産(仮想通貨)取引所で口座開設する際に本人確認を徹底する、法整備を進めるなどの対策をとり全性を高めています。

国の情勢などに価格が左右されにくい

ビットコインは通貨として使えますが、日本円や米ドルなどの法定通貨とは違う特徴があります。たとえば日本円は日本銀行が発行し政府が価値を保証しています。

極端な例ですが、もし日本が破綻すると日本円の価値はほとんどありません。情勢が不安定になれば法定通貨の価値は下がり実際に価値が下がった通貨もあります。

ビットコインは発行や価値を保証する特定機関がなく、どこかの国に依存しているわけでもありません。 法定通貨のように国の情勢や経済状況などに価値が左右されにくいため、チャート分析を用いた投資に向いています

ただしビットコインの価値が大きく下がった際に国は保証しないため、注意しなければなりません。

供給制限を行える

ビットコインは発行上限が2,100万枚と決められているので、需要が増えれば供給はおのずと減ります。 供給制限によって希少性が保たれているため、ビットコインの価値はある程度維持されているのです

埋蔵量の上限がある金になぞらえ、ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれています。ビットコインは金をモデルにしたといわれ、通貨よりも金に類似点があります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン (Bitcoin/BTC)投資におすすめの取引所

ビットコインの購入におすすめの国内取引所をご紹介します。

Coincheck (コインチェック)

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の16種類!

Coincheckは2014年にサービス提供を開始した仮想通貨取引所です。

2020年10月時点ではビットコインを含め、国内最多を誇る14種類の仮想通貨を取扱っています。仮想通貨は500円から取引可能です。

取引手数料は無料なので、余計な費用がかかりません。スマホアプリは使いやすく、初心者でも操作がかんたんです。

またセキュリティを再強化し、情報システムの安全性や信頼性が保たれているので、安心して取引できます。

アプリで申し込めば、口座開設はむずかしくありません。「かんたん本人確認」なら書類を郵送する必要はなく、審査が終わるとすぐに利用できます。

仮想通貨の取引をこれからはじめたい人におすすめの仮想通貨取引所です

▶ 『Coincheckの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全暗号資産のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

DMM BitcoinはFX取引のサービスも手がけている、DMMグループが運営しています。

ビットコインはもちろん、合計11種類の仮想通貨で取引可能です。FX取引ができる銘柄数は国内最多を誇ります。

レバレッジ取引も用意し、最大レバレッジは4倍です。ロスカットに注意しなければなりませんが、少ない資金でも高額取引を行えるのは大きなメリットといえるでしょう。

売買手数料や取引手数料は無料で、出金手数料もかかりません。

スマホアプリではチャートを確認しながらワンタッチで発注できます。パソコン版のツールでは高機能なチャートを使え、レイアウトは自由に変更可能です。

新規で口座開設すれば1,000円がプレゼントされるので、この機会に開設しておくのもよいでしょう

▶ 『DMM Bitcoinの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダード取引所!
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!

GMOコインはFX取引高8年連続で国内第1位の、GMOグループが提供する仮想通貨取引所です。

現物取引もFX取引も可能で、レバレッジは最大4倍に設定されています。

入金手数料や出金手数料、取引手数料などほとんどの手数料が無料です。即時入金に対応しているため、リアルタイムで入金が反映されます。

取り扱っている仮想通貨は9種類、1,000円未満と少額でも購入可能です。

サポートはチャットの他に、平日はお問い合わせフォームと電話でも連絡できるので、はじめて利用する人も心強いでしょう。

スマホアプリ「ビットレ君」は初心者も上級者も使いやすく、さまざまな注文方法で取引できます。用意されているテクニカル指標は12種類です

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー)

取引量と資本金ともに国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級規模の取引所!

bitFlyerが設立されたのは2014年で、丸井グループやTポイントジャパンなどさまざまな企業と提携している仮想通貨取引所です。

ビットコインの取引がさかんで、ビットコイン取引量は国内第1位になった実績もあります。

ビットコインを含めると11種類の仮想通貨で売買が可能です。100円から気軽にスタートできるので、仮想通貨で取引してみたい人におすすめします。

ビットコインのFX取引手数料が無料な点も魅力です。売買手数料はどの仮想通貨でも一切かかりません。

スマホアプリの画面はシンプルで使いやすく、初心者でもかんたんに取引できるでしょう。ビットコインをもらえるサービスや、ビットコイン専用のネット通販なども用意されています

▶ 『bitFlyerの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のメリットに関するまとめ

ビットコインは手数料が極めて安い、世界中で使えるなどのさまざまなメリットがあります。特定の金融機関を経由せずに取引できるので、面倒な手続きは不要です。

希少価値が高く、今後大きな儲けを得られる可能性もあります。ブロックチェーン技術の導入に向けて世界各地の企業が取り組んでいるため、ブロックチェーンが普及すればビットコインも注目を浴びるでしょう。

投資のメリットも多く24時間365日いつでも取引できる上、分散投資も行えます。 ビットコインのメリットを考慮すると今から保有するのもおすすめです

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!