仮想通貨のマイニング(Mining, 採掘)が隆盛を極めています。
2017年から徐々に増大を続けるマイナー(マイニングする人を指します)は、2017年末のビットコイン高騰の際、さらに増大しました。この記事ではマイニングが何であるか、いまだに利益を出せるのかを解説します。

マイニングは2018年に利益をもたらすか?

先に結論から言うと、マイニングで利益を出せるかどうか、それはあなたがマイニングに費やすことができる費用によって決まります。 ビットコインマイニングの収益性はさまざまな要因によって決まります。そのため一概に利益が出るかどうかを見極めることが難しいのです。 ビットコインマイニングの収益性をさまざまな要因で把握するために、「マイニングカリキュレーター(Mining Calculator, マイニング計算機)」が発明されました。

マイニングカリキュレーター(採掘計算機)

  • What to Mine……ワットゥーマイン, 直訳すると「何を掘るべきか」
  • NiceHash Calculator……NiceHashという有名なマイニングソフトに特化した計算機

これらを使うと、どのくらい利益が出るのか、仮説を立てることができるのです。

マイニングカリキュレーターには以下のような数値を入れます。

  • 電気代……地域日本の電気代は概ね22〜27円/KWh, 最近ではより安いものも出てきています
  • ハードウェアのコスト……GPUというマイニングに欠かせないPCパーツ1枚あたりの価格。チップの性能により変わるが、3〜12万円/枚 ほど

そのほか、さまざまなパラメータを入れて計算し、予想利益を見積もります。これがどのように計算されるかの簡単な例を説明する前に、まずはマイニングに必要な基礎知識を解説しておきましょう。

マイニングを始めたいあなたが知るべきビットコインマイニング用語

ハッシュレート

マイニングに用いるPCやマイニングリグ(マイニングに最適化された機材を「リグ」と呼びます)は、各暗号通貨の暗号(計算)を計算機パワーを活かして解きます。ハッシュレートとは、暗号問題が解決する速度のことで、ハッシュレートが大きければ大きいほど、早い速度で計算問題を解くことができます。

のちほど説明しますが、仮想通貨のネットワークに加わるマイナーが多ければ多いほど、ネットワークのハッシュレートは高くなります。

ハッシュレートが高ければ高いほど頭が良い(計算問題を早く解ける)、という認識で大丈夫です。
ハッシュレートはまたあなた持つマイニングマシンのパフォーマンスを表す指標にもなります。Bitcoinのマイナー(GPUがたくさん使われた超強力なコンピュータ)には、異なるハッシュレートが付いています。マイナーのパフォーマンスは、MH / s(メガハッシュ/秒)、GH / s(ギガハッシュ/秒)、TH /秒(テラハッシュ/秒)、さらにはPH /秒(ペタハッシュ/秒)まであります。

ブロック

数学的問題が解決されるたびに一定量のビットコインが作成されます。ブロックごとに生成されるビットコインの数は50から始まり、210,000ブロック(約4年)ごとに半分になります。ブロックあたりのビットコインの現在の数は12.5です。最後のブロックの半分は2016年7月に発生し、次のブロックは2020年に行われます。

ディフィカルティ

ビットコインネットワークは10分ごとに一定量のビットコインを生成するように設計されているため、ネットワークのハッシュレートの増加に合わせて数学的な問題を解決するのが難しくなります。基本的にこれは、参加するマイナーが多いほど、ビットコインを実際に掘り出すのが難しくなることを意味します。

電気料金

マイニング機材を運営するには、多くの電力を消費します。収益性を計算するには、電力料金を調べる必要があります。これは、通常、毎月の電気の請求書に表示されています。

消費電力

各機材は異なるエネルギー量を消費します。収益性を計算する前に、機材の正確な電力消費量を確認してください。これは、インターネットまたはこのリストからの簡単な検索で簡単に見つけることができます。消費電力はワット単位で測定されます。Bitcoinwikiに最新情報がまとまっています。参考にしてみましょう。

プール手数料

プールマイニングという採掘手法があります。一人で大規模な機材を抱えなくても、複数人が集まり採掘を担当する仕組みです。プールマイニングを行うためにはマイニングプールに参加する必要があります。マイニングプールはより効果的に採掘するため、世界中のいろんな場所から集まるマイナーの集団です。それらを結びつけるプラットフォームは、マイニングプールと呼ばれ、運営を維持するために何らかの手数料を差し引いています。

マイニングプールがビットコインを管理すると、各マイナーの分担した作業量(つまり、マイナーのハッシュレートのことです)に応じて、プールメンバー間で利益が分けられます。

採掘継続時間

ビットコインマイニングが利益をもたらすかどうかを計算する際には、マイニングしている時間を定義する必要があります。あなたがマイニングする時間が増えると、当然、掘れるコインが増えますので、より多く稼ぐことができます。

場合によってはマイニングリグが騒音でうるさい、などの理由で夜間しか稼働できない環境なこともあるでしょう。その場合、継続時間が短い分、24時間稼働させている場合よりも通貨を稼ぐことができません。

夏はどうでしょう。
排気能力が弱い場合、室温が上がりすぎてマシンは熱暴走してしまうことがあります。こんな環境でも採掘継続時間は短くなってしまいます。

年間収益性の低下

これは、おそらく最も重要で捉えにくい変数です。ネットワークに参加しているマイナーの割合を誰も予測できないので、今後6週間、6カ月、6年後にどのくらいディフィカルティが向上するのか予測することはできません。

「ビットコインマイニングは2018年のいま、算入しても利益が出ますか?」
という課題に答えにくい理由はこの、競合となるプレイヤーの算入割合です。どのくらいマイニング熱が高騰するか、予測することが難しいからです。

コンバージョンレート

ビットコイン(BTC)と日本円(JPY)の為替レートは、将来、どのようなものになるか、誰にもわかりません。これが、マイニングが利益を生むかどうかを予測することは難しい最大の理由です。。あなたがビットコインをたくわえるためにマイニングしているのであれば、これはあなたを気にする必要はありません。しかし、これらのビットコインを将来他の通貨に変換しようとしている場合、この要素はもちろん大きな影響を与えます。

マイニングカリキュレーターを使ってみよう

ここまでを踏まえたうえで、マイニングでどれだけ収益が上げられるのか、計算してみましょう。

ひとまずは一般的な、NiceHashのものを使えば良いでしょう。

  • NiceHash Calculator……NiceHashという有名なマイニングソフトに特化した計算機

現在、最も能力の高いマイナーのひとつは、Antminer S9です。ASIC(エーシック)と呼ばれています。それは14 TH / sの採掘速度を有しており、現在のディフィカルティでは月に約0.03600399 ビットコインを稼ぐことができます。

もちろん、ハードウェアコスト、電気代、プール手数料などは考慮されていません。これらのすべてを一緒に計算しようとしましょう。

マイニング利益

Screen Shot 2018 02 11 at 17 10 07

このデータは、ブロック報酬として12.5のビットコイン、14 TH /秒のハッシュレート、1375Wの電力消費、およびKWあたり0.12$で計算しました(2018年2月現在)

12ヶ月後には、約2,160ドル(約23万円)を生成しているはずです。しかし、ハードウェアのコストはまだペイできません。現状ではもちろん、収支マイナスです。現在のビットコイン価格からすると、なかなか収益は上がらないのが事実です。

どのマイニング機材を買えば収益が上がるのか。この表を参考に、検討してみてください。

Antminer R4 Antminer S9 Avalon7 Antminer S7 Antminer S5 Avalon 6 Antrouter R1
リリース日時 2016年8月 2016年6月 2016年11月 2015年8月 2014年12月 2015年8月 2015年9月
消費電力 845W±9% 1375W ±7% 850W-1000W 1293W 590W 1100W ごくわずか
出力効率 0.1 J/GH +9% 0.098 J/GH 0.29 J/GH 0.25 J/GH 0.51 J/GH 0.29 J/GH ごくわずか
ハッシュレート 8.6TH/s±5% 12.93 TH/s 6 TH/s 4.73 TH/s 1.155 TH/s 3.5 TH/s 5.5 GH/s
大きさ 20 x 3.9 x 8.7 インチ 13.7 x 5.3 x 6.2 インチ 13.4 x 5.3x 5.9 インチ 11.8 x 6.1 x 4.8 インチ 11.7 x 5.3 x 6.1 インチ 13.9 x 5.1 x 5.9 インチ 3.3 x 2.2 x 1.1 インチ
重さ 不明 10ポンド 9.5ポンド 7.5ポンド 6.6ポンド 9.5ポンド 0.2ポンド
見込み利益 0.29 BTC/月 0.5 BTC/月 0.14 BTC/月 0.15 BTC/月 0.05 BTC/月 0.12 BTC/月 Probably nothing
販売価格 $1000 $2000 $880 $599 $199 $700 $39
オススメ度 ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★

電気代が非常に少ない環境で採掘をする場合を除いて、ビットコインを自宅で採掘して大金持ちになることはおそらくないでしょう。自宅マイニングは高価なビジネス。しかし、低コストでマイニングに参画できる方法もあります。

クラウドマイニングで仮想通貨をマイニングする方法

「クラウドマイニング」という新しい概念があります。これは、物理的な採掘設備を購入するのではなく、別のマイニング会社からコンピューティングパワーを借りて、あなたの所有する電力量に応じて支払いを受ける行為です。
マイニングにはは高価な機器を購入したり、保管したり、冷却したりするという面倒なことがないので、これは本当に良いアイデアのようです。

しかし、本当に収益が上がるのかは、一度立ち止まって考えてみたほうが良いかもしれません。

Cloud Mining Put to the Test- Is It Worth Your Money?

この記事が調べたところによると、クラウドマイニングはどれも長期的には有益ではないようです。
利益を得ると思われるものは、マイニング設備を所有していない詐欺である、とのこと。

クラウドマイニングしたい場合は、長い実績のあるGenesis Miningを使用することをお勧めします。しかし、やはり安易に投入することなく、現在のレートなどで収益が上がるのか、かならず計算することを忘れないでください。

ビットコインではなく、アルトコインをマイニングしてみる

考慮すべきもう1つのオプションは、ビットコインの代わりにアルトコインをマイニングすることです。現在、取引所に流通している数多くのアルトコインがあり、そのうちのいくつかはまだマイニングのディフィカルティが大変低いです。MinerGateではまだ資金の流動性もないほどのアルトコインを採掘することができます。

問題は、非常に多くのアルトコインがあること。採掘・投資する価値があるかどうかを判断するのは難しいということです。採掘に向くアルトコインの好例は、Litecoin、Dogecoinなどです。

どのアルトコインが収益性が高いのかを理解するために、アルトコインの収益性を調べられるCoinChooseなどのWebサイトを見てみましょう。こちらのサイトでは、各アルトコインの難易度を閲覧することができます。

ビットコインマイニングは結局、利益を上げられるのか

私は、長期的にはマイニングから利益を上げることができると考えていますが、良いマイニング設備(Antminer s9など)にかなりの金額を投資した場合に限ります。投資回収の時間やお金がない場合は、マイニングをあきらめ、仮想通貨の投資に割切ったほうが賢明かもしれません。

ひとまず難しいことを置いておいて何がなんでもマイニングしてみたい、という方はMinerGateを使って採掘してみると良いでしょう。WindowsでもMacでもソフトをダウンロードして動かすだけ。マイニングの雰囲気を味わえます。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!