• 空売りはハイリスク・ハイリターン
  • 指値・逆指値注文でリスクを抑える
  • 強制ロスカットに注意する

この記事のポイント

ビットコインで利益を出す方法のひとつに「空売り」があります。普通ビットコインで利益を出す時は価格上昇を狙って投資しますが、空売りするとビットコインの価格が低下した時でも利益を出すことが出来ます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の「空売り」とは


空売りとは、仮想通貨取引所に証拠金を預けることによってレバレッジをかけてお金を運用できるようにすることです。

証拠金を取引所に預けたら、ビットコインを最初に売却します。何も持っていない状態で売却からスタートするので、「空売り」と呼ばれています。ビットコインの価格が売却時より下がった時に安く買い戻すことで、その差額分を利益にすることが出来ます。具体的には、取引所からBTCを借りて売り、その後買い戻すことで差分の利益を出すという仕組みです。

空売りは信用取引かビットコインFXで

空売りは現物取引では出来ず、レバレッジがかけられる信用取引かビットコインFXですることになります。信用取引とFXでは投資方法が似ていてどちらも買いと売りの両方から始めることが出来ますが、今回は売りから始める空売りを前提として二つの概要や特徴をそれぞれ見ていきます。

信用取引とは

信用取引で取引をするとき、証拠金(担保)を取引所に預けてレバレッジをかけますが、証拠金以上のお金は取引所に借金しているのと同じ扱いになります。そのため、取引所は貸しているお金に返済期限を設けていることがあります。

また、信用取引は借金という形なので、実際にビットコインを保有していることになります。しかし売りから始めている場合はビットコインは持っていないので、ビットコインを取引所から借りる必要があり、借りている間は一日ごとにビットコインの借入手数料がかかります。

そして、ビットコインのレートが下がり利益が出た時は、借りている分のお金を取引所に返済して残った額が自分の利益になります。

ビットコインFX (レバレッジ) とは

信用取引とは異なり、ビットコインFXでレバレッジをかけて運用できるようになったお金は借金と言うよりは、むしろ取引所が持っているお金を代わりに動かしているというイメージです。そのため、ビットコインが手元にないので自分がビットコインを保有することはありません。

かけているレバレッジには日ごとに手数料がかかります。そのため信用取引と同じく長期の保有には向いていませんが、それでも利益を臨める場合には有効な投資方法です。

手元にビットコインを保有しているわけではないので、ビットコインで送金や支払いをしたい方はFX取引とは別にビットコインを購入する必要があります。ビットコインFXはビットコインを使う目的ではなく、投資するためだけの方法になります。

空売りのやり方

取引所にログインする

まず空売りが出来る取引所にログインします。取引所ごとにレバレッジの範囲や手数料が異なるため、自分に合った取引所を調べてみてください。

口座に入金する

取引所で口座を開設して、取引を始めるために証拠金として口座に入金します。

口座を変更する

もし入金したお金が現物取引用の口座に入っている時は、レバレッジをかけた取引ができる口座に移動します。移動先が証拠金口座という名称だったり、レバレッジに振替するという形だったり取引所によって仕様は様々なので、ご使用の取引所の案内に従ってください。

レバレッジの設定をする

入金額の何倍のお金を動かせるようにするか、レバレッジを設定します。レバレッジにはだいたい5~25倍で何段階かの設定があります。慣れていないはじめの頃は、20倍などの大きいレバレッジをかけて莫大な損失を抱えてしまわないように、小さめのレバレッジにしておくことをおすすめします。

空売りするビットコインの数を設定する

使えるようになったビットコインを用いて取引を始めるわけですが、この時に空売りするビットコインの数を設定します。このときビットコインを全て売りに出さない方が、後で価格が上がってしまった時にも対応できるので安心です。

空売りする

設定した数のビットコインを売りに出します。売り(ショート)を選択して決定したら、売り注文が出されます。売り注文が約定する前ならキャンセルすることも可能なので、もし金額の入力ミスなどがあれば約定前に対応しましょう。

editMEMO

約定(やくじょう)
注文が成立すること

空売りの注文方法

空売りをする時、指値や成行などの項目から売り注文をします。空売りには注文の方法が各種あり、その中の主な二つが指値注文と成行注文になります。注文を組み合わせることで損失を最小限に抑えることも出来るので、他の注文方法も見ながら説明していきます。

指値注文

指値注文とは、最初にビットコインの価格がいくらになったら売りはじめるか設定することです。要するに、いくらで売り始めるかを注文します。もし現在の価格より高い値段から売ろうと思ったら、その価格になるまで売り注文は発生しません。

成行注文

成行注文は自分で価格を設定せずにビットコインを売買することです。そのため空売りを始めたら、その時点で最も高い買い注文と注文が成立します。また、約定順位というものがあり、成行注文は指値注文よりも順位が高いので、もし成行注文と同額で指値注文があった場合は成行注文が優先して約定されます。

ストップ注文

ストップ注文は、あらかじめいくらまでなら損をして良いか損切りの価格(逆指値)を設定しておき、ビットコインの価格がその価格に触れたら、成行注文に自動的に移行する注文のことです。価格が激しく変化している時に成行注文をすると思ったより悪い価格で約定されることがありますが、指値注文よりも優先されるので確実に約定することが出来ます。

ストップリミット注文

ストップリミット注文は、逆指値を設定しておくことで、ビットコインの価格がその価格に触れたら指値注文に自動的に移行する注文のことです。ストップ注文とは異なり、激しく価格が変わっていても思い通りの価格で約定することが出来ます。

トレール注文

トレール注文とは、設定した逆指値がビットコインの価格変動に合わせて変化する注文です。もしビットコインの価格が上昇し続けた場合、逆指値は設定よりも上昇するので、何度も指値を変更する必要がありません。

IFD注文

IFD注文は、最初の売買の新規注文が約定して、初めて指値注文や成行注文などの決済注文が適用されることです。決済注文はどちらかにあらかじめ設定することが出来ます。

OCO注文

OCO注文とは2つの異なる新規注文を一度に出して、そのどちらかが約定したらもう一方は自動的に破棄される注文のことです。指値注文と逆指値注文が同時に出来るため、利益確定と損切りが思い通りの価格でできることになります。

IFDOCO注文

IFDOCO注文とはIFD注文とOCO注文の特徴が合わさった注文で、新規注文が約定したら、2つの異なる決済注文が出され、そのどちらかの注文価格にビットコインの価格が触れたら、もう一方の決済注文がキャンセルされます。OCO注文と同じく利益確定と損切りが行えます。

空売りすべきタイミング


空売りで利益を得るにはビットコインの価格が下降している必要がありますが、かといって下降傾向はすぐに読めるものではありません。下降が始まっても続かず上昇に転じることも多々あります。

チャートの変動には、上昇続きのところでも中に下降が含まれています。空売りのタイミングとしては、下降続きのときに始めて、小さい上昇は見逃してさらに下がったところで買い戻すのがベストです。

空売りができる取引所3選

空売りができる取引所を、それぞれのレバレッジや手数料などと一緒にご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー公式サイト

birFlyerは国内最初に出来た仮想通貨取引所で、最大の特徴は普通なら時間がかかる送金が即座に完了するbitWireというサービスがあることです。サイトは見やすく初心者の方でも安心して始めることができ、またセキュリティに関しても厳重なことで有名です。

bitFlyerではbitFlyer lightening FXというサービスで空売りが出来ます。レバレッジは2倍から15倍まで5段階あり、レバレッジ手数料は一日あたり0.04%です。

Zaif(ザイフ)

Zaif公式サイト

Zaifでは後に説明する追証という制度がないため、証拠金以上の損失は出ないというレバレッジのリスクを大きく抑えた取引所になっています。また自動でビットコインを定期的に購入してくれる積立投資のサービスも行っています。

レバレッジの手数料はサービスによって異なり、信用取引の場合はレバレッジは1~7.7倍までかけられ、また、レバレッジ手数料としては借入手数料が一日あたり0.039%と、他に利益手数料が0.7%かかります。

ビットコインFXにはAirFxというサービスが対応しています。レバレッジは2.5~25倍の4段階あり、レバレッジ手数料とスワップ手数料がかかります。

レバレッジ手数料は約定済みで未決済の金額に一日あたり0.039%かかります。スワップ手数料はZaifのビットコインの価格とAirFxの価格が乖離した時に発生し、乖離が小さくなるように取引すると手数料が手に入り、逆に乖離を拡大させようとすると支払う必要が出てきます。最大で0.375%のスワップ手数料がかかります。

GMOコイン

GMOコインは取引所でも珍しい、取引手数料だけでなく出金・送金手数料がかからない取引所です。また追証もありません。ビットコイン以外の信用取引を行える取引所でもあります。

レバレッジには5~25倍の3段階ありますが、原則的に5倍が設定されていて、利用期間や投資者の資産などを考慮して最大25倍までかけることができるという形になっています。レバレッジ手数料は、約定済みで未決済の金額に対して一日あたり0.05%かかります。

空売りするときの注意点


レバレッジをかけて取引するとリスクが高くなると言われていますが、証拠金以上の損失は生まれないような取引所も理解していただけたかと思います。そこで、空売りを自分でやってみようという方に、最後に空売りをする時の注意点を説明します。

追証やロスカットがある

レバレッジをかける際には、入金した証拠金額にはある程度維持しなければいけない、という証拠金維持率というものがあり、取引所によって維持率は決まっています。もしビットコインの価格変動に伴って損失を生んでしまい、取引所で決まっている維持率を下回った場合は、追証や強制ロスカットが適用されます。

追証とは追加で証拠金を入金することです。証拠金維持率より証拠金が低くなった時には、取引所から追証を求められます。強制ロスカットとは、資金が証拠金維持率より下回った時点で自動的に損切り(ロスカット)されることで、これにより思わぬところで損失が確定してしまうことがあります。

損失が大きくなる可能性がある

証拠金以上の大きな損失を生んでしまう可能性があるのが、レバレッジをかけた取引の最も大きなリスクでしょう。自分が持っていない多額のお金を使えて利益を出しやすい代わりに、借りている金額は返済する必要があるので、急激な価格変動で証拠金以上の損失が出てしまうのです。

そのため、多額の投資をしている方は強制ロスカットや指値・逆指値注文などをうまく使って、大きなリスクを背負わないように工夫する必要があります。ただし、損切りを自分で出来ない方は、強制ロスカットによって損失ばかり増えてしまうこともあるので注意してください。

追証なしのデメリット

前述のとおり、追証がない取引所があると紹介しましたが、そのような取引所では強制ロスカットを適用しています。勝手に損切りをされてしまうのが強制ロスカットなので、やはり思わぬ価格で損失が確定してしまいます。

また、急激な価格変動によって強制ロスカットが間に合わず、あまりに大きな損失を生んでしまった場合は追加で証拠金を求められることもあります。そのため、追証がないから証拠金以上の損失は出ないと安心することは出来ないのです。

まとめ

ビットコイン取引には、価格上昇を待つだけではなく価格が低下していても利益を出す「空売り」という方法があることをご紹介してきました。空売りを覚えると様々な局面で利益を生み出すことが出来るため、価格上昇を待つだけの現物取引に慣れてしまった方にとって新鮮な手法になります。