この記事のポイント
  • ビットコイン (Bitcoin/BTC) は将来性が高く価格高騰が期待できる
  • 投資方法によってリスクリターンの度合いが変わる
  • 投資家心理や暗号資産(仮想通貨)に関する情報を読み解くことで利益を得やすくなる

ビットコイン (Bitcoin/BTC) は暗号資産(仮想通貨)の中でも時価総額1位に位置する知名度の高い通貨です。これまでの価格上昇でビットコイン価格は100万円を超えていますが、将来性の高い通貨としてまだまだ価格は伸びる余地があります。そのため1万円からでも取引をはじめさえすれば少なくない利益を狙えます。

本記事では ビットコインの投資方法や考え方、踏まえるべきリスクリターンなどを解説しています

ビットコイン (Bitcoin/BTC) とは

ビットコインとは暗号資産(仮想通貨)の1つで、2020年10月24日時点の暗号資産(仮想通貨)時価総額ランキングで1位になっている通貨です。はじめて誕生した暗号資産(仮想通貨)としても知名度は圧倒的で、世界中の人に知られています。

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれるシステムで動いており、管理者を必要とせず不正利用される難易度も非常に低いです。そのため ブロックチェーンを応用した次世代型システムが世界中で研究されています

1万円で購入できるビットコイン (Bitcoin/BTC) の枚数

2020年10月24日時点のビットコイン1枚当たりの価格は約136万円となっています。実際に1BTCを購入する場合は100万円を超える資金が必要ですが、実は少額からでもビットコインは購入可能です。

例えば1万円の資金をビットコインに交換する場合、 獲得できる枚数は0.0073BTCとなっています。取引を行う取引所によっては手数料が発生する場合もあり、獲得可能なビットコイン枚数がさらに減少します。

ビットコインの価格は日々変動するため、安い段階で購入して保有しておくことで値上がりと共に含み益を増やすことも可能です。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の1万円投資で儲ける取引方法

現物取引

現物取引はビットコインで利益を得る方法として最もメジャーな手段です

現物取引では保有する資金をビットコインに交換後、値上がりしたビットコインを売却して利益を獲得します。つまり「安く買って高く売る」ことで差額分の利益を獲得可能です。

例として1BTC=100万円のときに1枚分のビットコインを購入して1BTC=130万円のときに売却すると、トレーダーは売却価格から購入価格を引いた30万円の利益を得ることになります。

利用資金は保有する金額内で収まるため、仮に大きな損失を出した場合でも借金を背負う心配はありません。またよっぽどの暴落でない限り保有資金がゼロになることもないので、取引方法の中では比較的安全性が高いです。

▶ 『現物取引』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

レバレッジ取引

レバレッジ取引は利用資金を証拠金として活用することで、準備した資金より大きな金額でトレードが可能になる方法です。レバレッジは少ない力で大きなものを動かせる「てこ」を意味しています。レバレッジをかけられる倍率は取引所によって様々ですが、国内取引所の場合最大レバレッジは25倍に設定されています。

レバレッジ取引は現物取引よりも効率よく資産を増やせる方法として知られていますが、デメリットも見逃せません。 獲得できる利益にレバレッジがかかるということは、発生する損失にも当然レバレッジがかかります。より資金管理が必要な取引方法になるので、ポジションのしまい方など明確な投資戦略を立てることが必要でしょう。

▶ 『ビットコインのFX・レバレッジ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の1万円投資戦略

長期保有

長期保有はガチホとも呼ばれている投資手法です。本気で (ガチで) 保有を続ける」といった意味合いになっており、目標の金額になるまでビットコインを保有し続けます

ビットコインはまだまだ成長性の余地がある銘柄で、世界的な投資家でもビットコインを長期保有している人が多いです。

長期保有のメリットにはビットコインをガチホすることで、毎日チャートを眺めなくてよい点があります。日々のトレードは精神的に疲れる場合が多く長期保有で日々のストレスを抑えられます。さらに資金を動かさないことで取引による手数料も発生しません。

資金を寝かせておいて、思い出したころに莫大な利益を得る」長期保有は将来有望なビットコインならではの投資法です

積立投資

積立投資は言葉の通り継続してビットコインを購入していく方法です

実践方法としては毎月一定の資金をビットコインに交換することで、着実にビットコインの保有枚数を増やしていきます。このように段階的に購入時期をずらす方法はドルコスト平均法と呼ばれます。

ビットコイン価格が高いと購入枚数が減り、価格が低いと枚数が増えるため、結果的に平均購入価格を下げることが可能です。一気に資金を投入することがないため精神面の負担も抑えられています。

ドルコスト平均法は数多存在する投資法の中で効果の高い手段として定評があり、常に変動するビットコイン価格に惑わされずに済むことで初心者でも実践しやすいです

▶ 『ビットコインの積立投資』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スイングトレード

スイングトレードは1度ビットコインを購入した後、1週間から1カ月ほどの間隔で保有を続ける投資法です。短い間隔で取引を続ける場合ではとらえにくいトレンドを狙っていくことで、大きな利益を獲得しやすくなっています。

スイングトレードは短期でポジションを決済することがないため、常にチャートに張り付く必要がありません。 そのため本業で忙しい人や時間が取りにくい人でも実践しやすい手段となっています

ビットコイン価格の変動で一喜一憂する必要もなく、落ち着いたメンタルで行える投資法です。

▶ 『スイングトレード』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デイトレード

デイトレードは数時間から1日間隔でビットコインを保有する投資法です。1日で複数回トレードを繰り返す場合も多く、取引のやり方によってはトレードのために多くの時間を割くことになります。またトレード時はチャートを利用することになるため、チャート分析の知識も必要です。

デイトレードは寝る前にポジションを決済することがほとんどで、価格変動による含み損といったストレスを抱えることなく次の日を迎えられます。仕事帰りのサラリーマンが寝るまでの数時間で取り組みやすい方法です。

▶ 『デイトレード』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スキャルピング

スキャルピングは取引時間を超短期間に設定して、少額の利益を積み重ねていく方法です。1回あたりの取引時間は数秒となっています。

スキャルピングはチャート分析の技術がより求められるものの、うまく取引することで値動きが激しい状況でも利益を得やすいです。しかし 取引中はチャートの動きを見逃すわけにはいかないので、精神面と体力面で大きな負担を強いられます

これまでに複数の投資方法を紹介してきましたが、取り組む投資法を1つに定めることで迷いや後悔をせずに済みます。しかし明確なルールの下で複数の投資法を取り入れることも可能で、上級者の中にはそれぞれの手段の良さを掛け合わした取引を行っている人もいるようです。

▶ 『ビットコインのスキャルピング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資は1万円からでも儲かる?

投資をはじめる際の資金が1万円だけの場合、たくさんの利益を得られるのでしょうか。暗号資産(仮想通貨)市場はまだまだ発展途上のためその成長性には期待できるものがあります。 過去には1週間ほどで価格が2倍以上になる銘柄も存在しており、投資方法を間違えなければ初期資金を大きく増やすことも難しくないでしょう

株式投資など他の投資方法はすでに市場が成熟している場合がほとんどで、短いスパンで資金を2倍以上に増やすことはほぼ不可能です。

2018年

2017年末は暗号資産(仮想通貨)投資に興味を持った新規参入者が登場したことで、暗号資産(仮想通貨)市場が一気に伸びました。その様子はまさにバブルを思わせており、ビットコインの価格も100万円代から200万円を突破しました。

しかし2018年1月にバブルははじけ、2018年中はずっと右肩下がりで値下がりを見せています。ビットコイン価格高騰中に高値掴みをしてしまった人たちは大きな損失を抱えてしまい、そのまま暗号資産(仮想通貨)投資から離れた人も多かったでしょう。

しかし 投資は全体的に上げ調子ではなく低迷しているときに投資金額を増やしておくことで、再び大きく値上がりを見せた場合に利益を獲得できます。「歓喜で売り悲観で買う」を心がけていると大当たりできる確率が高まるでしょう。

2019年

2018年から2019年はじめごろまでは暗号資産(仮想通貨)市場に悲観ムードが漂い、ビットコイン価格も1BTC=40万円前後で推移しました。しかし2019年5月ごろに再びビットコイン価格は急上昇します。1BTC=150万円を記録して、2か月ほどで4倍の値上がりが記録されました。

ビットコイン価格が高騰した原因は「半減期」と「東京オリンピック」が挙げられます。

まず 半減期とはビットコインマイニングで得られる報酬が半減する時期のことです。半減期で市場に放出される枚数が減ることで、ビットコインの希少価値増加に繋がったと見られています。

2020年の東京オリンピック開催も要因の1つです。 ビットコインは世界的に利用できる通貨として注目されたことで、大きな値上がりを記録しました

このように半減期や大きなイベントによって、知名度が上昇して希少価値も上がります。その流れに合わせてビットコイン価格も高まっていくことが予想できるので、世の中の関心度に注目してビットコインを入手しておく方法が有効です。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の価格推移』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1万円からのビットコイン (Bitcoin/BTC) 取引におすすめな取引所

Coincheck (コインチェック)

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の14種類!

Coincheckはマネックスグループの傘下企業として暗号資産(仮想通貨)取引所を運営しています。

国内取引所の中でも最も多い12種類の暗号資産(仮想通貨)を取扱っており、ビットコインのほかにも多くの選択肢の中から購入する銘柄を選べます。

Coincheckは初心者でもかんたんに暗号資産(仮想通貨)を取扱えるようなサイトやアプリ設計を心がけており、購入方法も簡単な「販売所方式」です。そのため 暗号資産(仮想通貨)取引になれていない人でも、購入数量を選択するだけですばやく暗号資産(仮想通貨)を入手できます

取引利益を大きくするために見極めるべき各種手数料については、入金手数料と取引手数料が共に無料のためコストを抑えることが可能です。 しかし販売所を利用することから、「取引所形式」よりかは取得価格が下がってしまうことに注意する必要があるでしょう

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

DMM Bitcoinは様々な分野で幅広く事業展開しているDMMグループの傘下企業です。

GMOコインと同じくレバレッジ取引に力が入れられており、取引できる銘柄はビットコインをはじめとして11種類用意されています。また資金をそのまま交換できる現物取引が可能で、ビットコインやイーサリアム、リップルが入手可能です。

DMM Bitcoinの設定する手数料は取引手数料から入出金手数料、送金手数料まで無料の範囲が大きく各種コストを抑えられます

DMM Bitcoinでは 新規口座開設者に向けて取引資金1,000円をプレゼントするキャンペーンも実施中で、初期費用を用意しなくても暗号資産(仮想通貨)取引をはじめることが可能です。口座開設によるデメリットはないので、少しでも暗号資産(仮想通貨)投資に興味があれば口座開設からはじめてみるのがおすすめです。

▶ 『GMOコインの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダード取引所!
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!

GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットグループの子会社として暗号資産(仮想通貨)取引所を運営しています。 GMOコインの特色は資金を証拠金にすることで最大4倍の資金を利用可能なレバレッジ取引ができる点です

WEBブラウザを利用してパソコンの大画面で取引することももちろん可能ですが、 暗号資産(仮想通貨)FXの専用アプリである「ビットレ君」を利用することでスマホからでもかんたんに取引が行えます

高機能で厳選された9つのツールを使用すると誰でも本格的なチャート分析が可能なほかに、取扱通貨も9種類用意されており充実した環境で利益を狙えるでしょう。

▶ 『GMOコインの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TaoTao (タオタオ)

ほぼ全ての手数料が無料!Yahoo傘下で運営される暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 使いやすく安定したアプリ
  • カスタムが自在な取引ツール
  • 24時間365日のシステム管理体制!

TaoTaoは2019年にサービスが開始されたばかりの新しい暗号資産(仮想通貨)取引所です。しかし出資元がヤフーグループからになっているため、信頼性の高さがうかがえます。

TaoTaoは暗号資産(仮想通貨)取引関係で発生するほとんどの手数料を無料にすることで、トレーダーが取引しやすい環境を整えています。パソコンからの取引だけでなく、スマホからも万全な取引ができるように使いやすいスマホアプリも用意されていて、初心者でもスムーズに取引可能です。

取引の実質的なコストとして見られている「スプレッド」に関しても、スプレッド縮小キャンペーンを実施することで圧倒的なコスト削減が行われています。

▶ 『TAOTAOの口座開設』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1万円でビットコイン (Bitcoin/BTC) 取引をはじめるまでの3ステップ

暗号資産(仮想通貨)取引所に登録

Coincheckを例に解説します。

コインチェック 口座開設

暗号資産(仮想通貨)取引をはじめるなら、暗号資産(仮想通貨)取引所への口座開設が必要事項です。口座開設にかかる時間は10分から20分ほどとなっています。

口座開設後1度も取引をしなかった場合、何かの手数料が発生することはありません。そのため暗号資産(仮想通貨)取引に興味があるなら口座開設をしておいて損はないでしょう。

取引所の選定ではセキュリティ管理の高さや利用しやすさなどを確認する必要がありますが、上の項目で紹介した取引所なら間違いはないでしょう。

日本円を入金

コインチェック

口座開設を完了させたら取引資金として日本円を入金しましょう。日本円の入金方法は「銀行振込」と「コンビニ入金」、さらに「クイック入金」が利用可能です。

コストを抑えてすばやく資金を入金する場合はクイック入金がおすすめです。 クイック入金はネットバンキングを活用することで、ネットを使える環境なら24時間いつでも銀行口座で日本円を入金できます

仮にネットバンキングに対応した銀行口座を保有していない場合は、新たに口座開設をしておくといいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)購入

コインチェック 購入

いよいよビットコインを購入するために暗号資産(仮想通貨)取引所を利用します。取引所によって細かい仕様は異なりますが、 暗号資産(仮想通貨)の購入画面でビットコインを選択して購入数量を入力後購入ボタンを押すことで取引完了です

ただしこの方法は運営が準備した販売所でビットコインを購入する方法であり、トレーダー同士で取引を行う取引所やレバレッジ取引では注文方法が複雑になっていることが多いです。

販売所は購入手続きがかんたんですがスプレッドが広くなっているという特徴があるため、取引になれてきたら取引所を利用することをおすすめします。 取引所では購入価格の設定も可能で、取引コストも工夫次第でかなり抑えられるでしょう

▶ 『Coincheckの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1万円からのビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資で儲けるコツ

分散投資をする

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の中でも世界中の人々に知られている知名度の高い銘柄です。そのため暗号資産(仮想通貨)としては安定性が高くぜひ押さえておきたい通貨だといえるでしょう。

しかしいかにビットコインでも、何らかの問題が発生して価値が暴落することも考えられます。また暗号資産(仮想通貨)自体が投資リスクが高い種類のため、安定性を求めるならビットコインだけに資金を集中させるのはいい手ではないでしょう。

ビットコインのほかにも将来性の高そうなアルトコインを1つか2つ選定して分散投資することをおすすめします。ビットコインとアルトコインの投資割合は、7対3にしておくとちょうどよいと思われます。

集中投資をする

ビットコインは2020年10月25日現在で約136万円を記録しています。過去には最大240万円代を記録したこともあります。このことから考えられるのは ビットコインの価格はすでに落ち着きを見せており、過去の最高価格に並んでも利益は2倍にならないということです

しかし数多存在するアルトコインでは価格に大きな差があります。ビットコインでは得られない大きな利益を狙うために、アルトコインへ集中投資することも1つの手段だといえるでしょう。

元々用意する資金が1万円の場合、 仮にアルトコインに一本化して外しても全財産が失われるわけではないため1万円分の宝くじを買う気持ちで挑戦してもいいかもしれません。国内取引所で購入できる銘柄はいずれも安全性と将来性の高いコインが多いので、選択肢として検討してみてください。

多少下落しても売らない

ビットコインや暗号資産(仮想通貨)の値動きは激しく1日で20%ほどの価格変動を見せる場合もあります。

値上がりについては問題ないものの、値下がりに遭遇した場合メンタル面がまいり保有通貨を売却する考えも起こるでしょう。しかし暗号資産(仮想通貨)市場は発展途上です。

長い目線で考えると将来性の高い銘柄であれば価格も値上がりしていく傾向が見られることから、長いスパンで通貨を保有していくことをおすすめします

高値掴みをしない

暗号資産(仮想通貨)のチャートは価格の値動きを表します。常に値上がりと値下がりを繰り返しており、取引に参加するトレーダーの考え方が反映されています。

安定して利益を確保したいのなら、価格が高騰しているときに通貨を購入するのは良くありません。1度大きな値上がりを見せた通貨は、必ず値崩れして平均的な価格に落ち着きます。

仮に価格が上がり切った段階で通貨を購入してしまうと、資産が増えるまでに長い時間がかかってしまいます。精神的な不安も増してしまうので、チャートの状態を見極めて購入しましょう。

▶ 『ビットコインの投資』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1万円でビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資なら要チェック!値上がりするタイミング

有名企業・金融機関と提携したとき

暗号資産(仮想通貨)は知名度の高い企業や金融機関と提携することが発表されると、期待値が上昇し大きな値上がりを見せることが多いです。元々大企業や金融機関は信用性がないものやサービスを受け入れません。そのためそれらの企業や機関に信頼された通貨として、価格上昇に一役買うことになります。

アルトコインの中でも有名なリップルやイーサリアムも多くの企業や金融機関によって活用されており、暗号資産(仮想通貨)の時価総額でビットコインに続いています。

アップデートが行われたとき

暗号資産(仮想通貨)プロジェクトにおけるアップデートが実施された場合、プロジェクトが順調に進み通貨の機能性や利便性などが上昇していることがわかります。 アップデートが実行されることでトレーダーによる期待値が高まり、その通貨の価格は上昇しやすいです

イーサリアムを例にとると誕生してから4回のアップデートが計画されており、現時点では3回のアップデートが済んでいます。アップデートのたびに価格が伸びてきており、狙いどころの1つとして考えられるでしょう。

これまで解説してきたように、暗号資産(仮想通貨)はトレーダーの期待値によって価格変動します。 発表されるアップデートや企業などとの提携が、投資家にとってどのような感情を抱かせるかを考えることで、価格予想の参考にできるかもしれません

1万円からはじめるビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資のリスク

借金のリスク

暗号資産(仮想通貨)取引は実際の資金を暗号資産(仮想通貨)に交換する「現物取引」と、資金を証拠金として納めることでより大きな資金を借りて取引できる「信用取引」に分かれています。

現物取引では130万円で購入した1BTCを90万円で売却したとしても、取引の結果で40万円の損失を出しただけで借金を背負うことはありません。 極端に言うと購入したアルトコインが無価値になっても借金は発生しないです

しかし信用取引は取引用の資金を借りることになります。 大きな資金を動かすことで現物取引よりもリターンが期待できますが、含み損の急拡大によって巨額の損失が生じることで証拠金を超えた分については借金になってしまいます。信用取引を行うときはより綿密な資金管理が必要です。

ハッキングのリスク

暗号資産(仮想通貨)取引所は多くのトレーダーが取引を行う場所です。同時に取引のために資金を保管してある場所でもあり、悪質なハッカーにとって資金を奪い取るための明確な狙いどころです。

そのためトレーダーは万全なセキュリティ管理をしている取引所を利用することで、大切な資産を預けています。

取引所では顧客の資産をネット環境から切り離したコールドウォレットで管理することで資産流出を防いでおり、ほかにもマルチシグの強化によってほぼ99%の確率で資産が流出することはないでしょう

しかし100%安全とは言い切れません。そのため 取引しない資金をセキュリティ性能が高いコールドウォレットで自己管理するなどの対策を取ることもできます

レバレッジのリスク

レバレッジ取引は証拠金を預けて大きな資金を動かす関係上、巨額の損失を発生させることで借金を背負う危険性があります。

もちろん適切なリスク管理をすることで避けられることではありますが、 システム上のトラブルや価格の急変によって損切が間に合わず、予想外の損失を背負うかもしれないことを認識しておく必要があるでしょう

▶ 『ビットコインのリスク』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1万円ではじめたビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資で投資金をなくさないために

ビットコインの取引は闇雲な考えで取り組んでも、安定した利益を得続けることは決してできません。 余剰資金の1万円で取引をはじめる人も無駄な取引を行わず、明確な目的を持って取り組むことが必要です

チャートを観察して、どのようなときにビットコインを購入すれば利益を得られるか考えましょう。暗号資産(仮想通貨)に関連するような情報も集めると、取引の参考になるかもしれません。仮に考えた結果、取引で失敗してもその分は経験値として蓄積されていきます。

また相場が荒れているときは、プロの投資家でも取引を避けています。 下手にビットコインを購入すると高値掴みする危険性もあるので、ときと場合によっては取引は控えた方がいいでしょう

1万円ではじめるビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資に関するQ&A

ビットコイン1枚あたりいくらですか?

2020年10月25日現在のビットコイン価格は約136万円を記録しています。10月に入ってからだんだんと価格が上昇気味になっているようです。

利益を得た場合、いくらから確定申告すればいいですか?

ビットコインや暗号資産(仮想通貨)取引における利益が一定額を超えた場合、確定申告をしなければなりません。 給与所得がある会社員については、暗号資産(仮想通貨)に関する取引で年間20万円以上の利益で確定申告が必要です

また給与所得がない人は暗号資産(仮想通貨)の取引関係で得た給与にくわえて、給与所得と退職所得以外の所得金額を合わせた金額が年間38万円以上となる場合に確定申告が必要です。

1万円ではじめるビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資のまとめ

ビットコインの投資方法は複数存在しているため、個人にあった手段を選ぶことが大切です。また取引に関する取り組み方も重要で、レートの急上昇に焦り高値掴みをするといった行動は避けなければなりません。

ビットコインに関連するニュースやチャートを読み解くことで「特定の場面でどのように値動きをするか」といった法則なども見えてくるため、取引も優位に進められるでしょう

ビットコイン取引はリスク管理を行うと難易度を抑えることが可能です。リスクリターンを理解して賢く資産を増やしていきましょう。

 
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!