• 仮想通貨を始めるならまずはビットコイン
  • レバレッジ投資はハイリスク・ハイリターンな投資
  • ビットコイン投資のリスクを把握しよう

この記事のポイント

初めてビットコインに投資して、利益を確実に出そうとしている方に、そもそも今までビットコインで儲けた人はどのようにして儲けたのか、ビットコインに投資するとどのようなリスクが伴うのか、などの疑問を持っている方が多いようです。ビットコイン投資をする上での新しい情報を追うことはとても大切ですが、それらを理解する前提条件として基礎的な知識をつけておく必要があります。

ビットコイン投資は儲かる?

ビットコイン投資で儲けた人

流通システムが整備され多くの人に投資されているビットコインですが、登場初期の価格は今よりずっと低いものでした。

当時の価格は1BTC=約0.07円。対して2017年には一時200万円越えを記録しています。もしあなたがビットコインが登場したときに試しに1円投資していたとしたら、今では1200万円以上儲けていることになります。

実際にそのような儲け方をした人は何人もいます。2017年にはビットコインへの投資で資産が1億円を超えた人(「億り人」)たちのことが話題になりました。しかし誰もがそのように派手に儲けた訳ではなく、少額を投資し短い期間で少額だけ儲けるという方法もあります。

ビットコインは株式と同じく、価格が低いときに購入し、価格が上昇したら売る、という形で利益を出すことが出来ます。他にも空売りという儲け方もありますが、一番わかりやすい儲け方はこの方法です。

価格上昇を待つこの方法でビットコインで儲けた人は、チャートの変動を見極めて価格の上昇を待った人たち、ということです。しかし上手く儲けた人がいる中、当然ながらビットコイン投資で損をする人もいます。

ビットコイン投資で損した人

おそらくビットコインを初期に購入した人の中には損をした人はいないでしょう。しかしビットコインは儲かる、という風潮に乗せられビットコインに投資したアマチュアが、急な下落に恐れをなして投資額より低い値段で売ってしまうというケースが考えられます。

また、最近では手に入れたビットコインを保有するためのウォレットに偽物が出回っています。そういった詐欺によって、保有していたビットコインを全て奪われた事例もあります。

急な価格変動に冷静に対応し状況を判断できないと、ビットコインを低価格で売ってしまったあとで後悔することになります。また、大事な資産を信頼して預ける場所を確保することも重要です。

ビットコイン投資って何?

ビットコイン投資の特徴

ビットコインは価格変動が激しいのが特徴です。そのためビットコイン投資は利益が出しやすい反面、損をしてしまいやすい投資でもあります。では、その価格変動はなぜ起こっているのでしょうか?

一つには、プロの投資家が参加していない小さな市場だと言うことが挙げられます。プロなら動じないような価格の動きも、投資に慣れていない人はすぐに飛びついてしまうからです。このことによって上昇や下落が株式よりも大きな振れ幅になっています。

もう一つには、ビットコインなど仮想通貨に対する法制度がまだ確立されていないということです。例えばビットコインのマイニングプールが数多く存在する中国では、マイニングに使われる電力量があまりに大きいため2017年9月から仮想通貨取引に制限を加えました。

中国の仮想通貨に対する取り締まりが厳しくなると予想された際には、ビットコインの価格が乱高下しました。このように大国の法制備や経済状況によって、ビットコインの価格が急変動することがあります。

ビットコイン投資の買い方

日本でビットコインに投資しようとした時、取引所から購入する必要があります。取引所で口座を開設し、日本円でその取引所からビットコインを購入します。

取引所と言っても実際に銀行などが建っているわけではなく、ネット上に存在しています。口座はメールアドレス一つで作ることができ、簡単に取引を始めることができます。

ビットコイン投資のメリット

数ある仮想通貨の中でビットコインに投資をするメリットは、まずある程度価格が安定していることです。新しく登場するアルトコインは一時高騰することもありますが、まだ投資家が様子をうかがっている最中なので一度価格が下落すると歯止めがきかない場合もあります。

その点ビットコインは仮想通貨の中でも有名で信頼されているので、新興アルトコインよりは価格の変動は少ないです。過去のチャートがあるため初心者でも下落に対応しやすいはずです。

ビットコインは初心者が初めて挑戦する投資先としては最適です。少額から投資でき、年中いつでも取引することが出来ます。もし仮想通貨に興味があるならば、ビットコインからだと始めやすいかもしれません。

ビットコイン投資のリスク・デメリット

ビットコインの取引には常にリスクが伴います。それは誰も価格変動を予想できないということと、取引所が倒産やハッキングされたときに資産が保証されないことが理由です。

ビットコイン自体は極めて信頼性が高く、ハッキングや意図した価格変更がしにくい仮想通貨です。しかし、取引所に資産を預けていると、もし取引所がハッキングされた場合はビットコインを失ってしまいます。資産を預ける場所の選択は大切です。

ビットコイン投資って詐欺?


2017年にアメリカのある銀行のCEOがビットコイン取引は詐欺であるという趣旨の発言をしました。かなりうがった考え方ですが、ビットコインが有名になるにつれて関連した詐欺は多くなっていることは事実です。

ビットコイン詐欺は流行っている

ビットコインによって儲けた人がいると知れ渡っている今、ビットコイン詐欺が横行しています。正確にいえば、ビットコイン詐欺にはビットコインは関わっていません。ビットコインの名前を借りているだけです。

仮想通貨はプログラムの知識があれば誰でも作ることが出来ますが、それを実際に流通させるのは難しいことです。流通システムが確立されているビットコインでさえ、価格が上昇するまでは価値のない通貨でした。

しかしあまり仮想通貨に詳しくない人がだまされて、大金を奪われてしまうことがあります。仮想通貨はほしがる人がいなければ価値は上がりませんが、仮想通貨の仕組みを知らないと、ビットコインのように安いうちに買っておけば大儲けできると思い込まされてしまうのです。

もしあなたが、この仮想通貨は必ず価値が上がる、と聞いたとしましょう。そのときは、仮想通貨の価格の上昇はまず予想できないということを思い出してください。

ビットコイン長者は存在する

ビットコイン詐欺にだまされてしまう人がいるのは、ビットコインの誕生時にはビットコイン長者が生まれることなど誰も予想できなかった事実があるからでしょう。もしかしたら自分もそのひとりになれるかも知れない、そう思って詐欺に遭ってしまうのです。

実際ビットコインによって、たかが数年で億万長者になった人は存在します。伸びしろのあるアルトコインに投資して、これから本当に億万長者になる人もいるかも知れません。

しかし、仮想通貨の仕組みを知らずに、誰かの言葉に乗せられて投資するのは危険です。投資することによって自分がどれだけ損をする可能性があるのか、どこまでなら損をしていいのか、自分で決めてから投資することが大切です。

ビットコイン詐欺に騙されないように

ビットコイン詐欺にだまされないように、ビットコインについて正しく理解することが必要です。記事を読むだけではなく、実際に少額投資してみることで、知識が身につきます。自分なりに儲けられるメソッドを見つけていってください。

ビットコイン投資のリスクはどんなもの?


今まで説明してきたようにビットコイン投資にはリスクが伴います。しかし、投資する方法によってはリスクを軽減することが出来ます。自分に合った投資方法がないか探しながら読み進めてみてください。

現物の場合、投資額以上に損をすることはない

ビットコインを現物で取引するということは、自分が取引に使用している口座の入金額だけで取引すると言うことです。現物取引は初心者が始めやすい取引なので簡単に説明します。

まず取引所で口座を開設し、少額でいいので入金します。そのお金でビットコインを購入し、ビットコインの値段が上がるまで待ってから購入したビットコインを売れば、その差額だけ儲けることが出来ます。しかし利益は少ないです。

また、自分が入金した額以上の損失は生まれないので、リスクがかなり低い投資方法でもあります。初心者で手持ちが少なく、リスクを冒したくないという方向けです。

レバレッジをかけた場合のリスク

レバレッジをかけると、手持ちの資金より多くの資金を使えるようになり、ハイリスクハイリターンの取引が可能になります。レバレッジをかけると、自分の持っている額の何倍ものお金を使えるよう設定することができます。

レバレッジにより大きなお金を動かせるようになりますが、当然のことながら取引所からお金を借りていることになっているので、借金と同じく返す必要があります。返済期間がない取引所もありますが、利息分がかさんでしまうことになります。

ビットコイン購入後は現物取引と同じく価格が上昇するのを待って売り、差額分を利益とします。現物取引と異なるのは、多額の損害を被る可能性があることです。

レバレッジをかけても利益を生み出せる、と自信が持てるようになってから利用することをおすすめします。しかし多額の利益も得る可能性があるので、夢のある投資方法とも言えるでしょう。資産家や投資のプロ向けです。

クラウドマイニングやICOの場合のリスク

個人が投資をすることで利益を得る方法に、クラウドマイニングやICOがあります。
まずクラウドマイニングについて説明します。マイニングには膨大な数字を演算できる巨大なパソコンが必要で、またその演算にかかる電気量も膨大なので、個人で行うことは難しいです。

しかしクラウドマイニングは、マイニングプールに個人が投資するという形でそのマイニングを手助けするだけです。投資したマイニングプールがマイニングに成功しビットコインを得ると、個人は投資額に応じて報酬を貰えます。

ICOとはまだ取引が開始されていない仮想通貨が取引所に上場することです。上場前に個人がその資金として投資すると、上場後にその仮想通貨と交換できるICOトークンが貰えます。

もしあなたの読みが正しく、その仮想通貨が上場後に市場に認められ価格が上がれば、上場前に投資した額との差額だけ利益を得られます。しかしICO候補の仮想通貨は数が多く玉石混合で、中には上場する予定もないのに資金を集める詐欺のようなものもあります。

取引所が倒産・ハッキングされた場合のリスク

最後のリスクは取引所が倒産、ハッキングされた時のことです。もし全資産を取引所に預けていると、取引所がハッキングされたときには二段階認証も物ともせず、あなたの資産も奪われてしまいます。

2018年の1月にも、日本最大の取引所Coincheck(コインチェック)が不正アクセスにより特定のアルトコインが620億円失われた、というニュースが世間を騒がせました。取引所に資産を預けることのリスクを広めた事件です。

おすすめするのは資産を分散して預けることです。オンラインではなく、一番セキュリティの高いハードウェアウォレットやペーパーウォレットで資産を保有しておくことで、一度に全ての資産を失うリスクが軽減できます。

まとめ

ビットコインで儲けようとしている方には耳の痛い話も多かったと思います。しかし、ビットコインがこの先どうなるのか誰もわからないということを、チャンスと見るかリスクの大きいギャンブルと見るかはあなたの投資の仕方次第です。これまでご紹介したビットコインに関するリスクを踏まえた上で、自分なりの儲け方を見つけていってください。