取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
この記事のポイント
  • 加納祐三元社長の経歴を解説
  • 突然の辞任意図とは?鈴木現社長の経歴と実績
  • bitFlyerの執行役員で有名な金光碧さんについて

国内取引所で人気のあるbitFlyerが、2018年10月1日、社長交代の人事を発表し大きな話題になりました。

この記事では、 加納祐三元社長の経歴と辞任意図、鈴木現社長の経歴などをまとめ、同社の執行役員で有名な金光碧さんについてもくわしく解説しています。資産を預ける取引所についての情報を抑えておくことは非常に重要です。この機会にぜひ理解を深めていってください。

account_arrow_min

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_01_1911

bitFlyer (ビットフライヤー) の前社長・加納祐三氏

学歴と経歴

加納祐三氏の基本情報
生年月日1976年生まれ (誕生日は非公開)
出身地愛知県
最終学歴東京大学大学院工学系研修科修了
職歴ゴールドマンサックス証券株式会社、デリバティブ転換社債トレーダー

加納祐三氏は東京大学大学院を卒業、ゴールドマンサックスへ入社など、非常に優秀な経歴の持ち主です。

2014年1月にbitFlyerを設立してからも、JBAの代表理事や経済産業省や全国銀行協会などの検討メンバーとして在籍するなど、日本国内におけるブロックチェーン技術の推進に尽力しています。

bitFlyer (ビットフライヤー) での実績

bitFlyerの基本情報は以下の通りです。

基本情報
会社名bitFlyer
設立2014年1月
資本金41億238万円
現代表取締役鈴木信義氏
所在地東京都
取引所/販売所取引所&販売所
取引仮想通貨数7種類
日本語対応
スマートフォン対応
最大レバレッジ15倍
取引方法FX/信用取引/現物取引
最低取引単位0.0001BTC
セキュリティコールドウォレット/マルチシグ対応/二段階認証
サポート電話サポートなど
法人口座

国内取引所で見ると資本金は最大規模の約41億円ですが、 それだけでなく仮想通貨の取引量でも国内最大級を誇ります。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

twitterでの発言集

加納祐三さんというとTwitterでの発言がよく注目を集めますが、現在のフォロワーは約5万3千人ほどです。それでは最近のものをいくつかご紹介していきます。

自分の活動報告や業界著名人との写真、世間で騒がれるニュースに対する意見など、幅広いジャンルのツイートを投稿しています。

その他特筆事項

資本金・取引量共に国内最大級という点がすごいのはもちろんですが、 bitFlyerは設立までわずか2ヶ月しかかかっていないというスピード感も衝撃的です。

また取引所としての人気を支えているのは手数料の安さと安定性が挙げられます。それを実現させたのはやはり電通デジタル・ホールディングス、三井住友海上キャピタル、リクルートといった大手企業から融資を受けているからだと考えられます。

bitFlyer (ビットフライヤー) の現社長・鈴木信義氏

鈴木信義_ビットフライヤー 社長

参考: SankeiBiz

学歴、経歴など

鈴木信義氏の基本情報
生年月日1955年生まれ (誕生日は非公開)
出身地不明
最終学歴不明
職歴1979年4月 株式会社三井銀行(現三井住友銀行)入行、2010年3月 株式会社セディナ出向 執行役員、2012年6月 株式会社セディナ常務執行役員、2018年8月 株式会社bitFlyer 顧問、2018年10月 同代表取締役就任

bitFlyer(ビットフライヤー)での実績

就任からしばらくたちますが、取り立てて動きはないようです。大きな動きがあればまたこちらで速報を出していきます。

その他特筆事項

社長交代の背景に、金融庁からの内部管理体制の改善命令を受けていたことが考えられます。社長交代の同日、bitflyer Holdings (ビットフライヤーホールディングス) を設立し、加納祐三氏が代表に就任しました。これにより業務執行機能と監督機能が分かれて義務と責任の所在がはっきりとなり、不正行為の防止と競争力および企業価値の向上にむけた企業体制が新しくされたといえるでしょう。

bitFlyer (ビットフライヤー) のCFO・金光碧氏

参考: 我理論

学歴、経歴など

bitFlyerの執行役員が女性ということで話題になった金光碧さんについて紹介していきます。

金光碧氏の基本情報
生年月日1982年生まれ (誕生日は非公開)
出身地不明
最終学歴一橋大学経済学部
職歴ゴールドマンサックス証券株式会社、bitFlyer CFO (最高財務責任者)

加納裕三氏と同じく、最終学歴や職歴を見ても非常に優秀であることがうかがえます。

bitFlyer (ビットフライヤー)での実績

加納裕三さんと前職が同じであることからヘッドハンティングで引き抜かれたことは想像に難くありません。

正確にどんな仕事をしたのかということは明記されていませんでしたが、アメリカだけでなく欧州にも進出を果たした同社において、CFOである金光さんが果たした役割は大きかったと考えられます。

twitterでの発言集

彼女のTwitterでの発言も注目を集めています。ルックスがよく、自撮り写真も多く載せているため、まとめサイトなどでも頻繁に取り上げられ男性のファンを多く持っています。

その他特筆事項

ゴールドマンサックスという超大手から、まだその地位を確立していない仮想通貨業界のベンチャーに飛び込んだことが特筆すべき点だと思います。

加納さんに、「 一緒に世の中を変えていこう」と誘われ決断したそうです。「転職時、安定した環境から離れるより、ワクワク感の方が強かった」と話されています。

bitFlyer (ビットフライヤー) の社長交代が意味するもの

仮想通貨の今後と、bitFlyer (ビットフライヤー) の方針

社長交代の意義についてはすでに少し触れましたが、ここではさらに深掘りしてお伝えしていきます。bitFlyerは2018年6月22日に金融庁から業務改善命令を受けており、 新規口座開設を規制していました (現在も規制されています)。

先述の通り、業務執行機能と監督機能を分離し、法令遵守にコミットしています。ビットフライヤー・ホールディングスの役員には住友銀行出身の大西一郎氏、弁護士で銀行役員経験もある佐藤明夫氏、公認会計士で銀行経験を持つ近江恵吾氏といった、銀行経験のある人物を中心に構成されています。

取引所を運営するbitFlyerのCEOには鈴木信義氏、役員には大西一郎氏、三菱UFJ銀行出身の妹尾賢俊氏、経済産業省出身の山中唯義が就任しています。

ホールディングス化は責任機能の分断による責任機能向上だけでなく、各子会社の裁量が大きくなることを意味します。しかし親会社と子会社の間で情報に齟齬が生まれないかといった懸念もあります。

今回の経営体制の変更により健全な印象を与えて世間の仮想通貨に対する疑念を払拭する意図がありそうですが、ずさんな管理体制の他の取引所ときちんと差別化ができるのかが鍵になりそうです。

これからは何に注目していけばよいか

業務改善命令の内容として、マネーロンダリング対策や管理体制について指摘があったようです。セキュリティアプリサービスを提供しているSqreenの調査結果で、世界一の評価を受けたbitFlyerでさえ改善が求められるということは、仮想通貨交換業者が達成するレベルがいかに高いかが分かります。

加納氏はBusiness Insider Japanのインタビューで「ブロックチェーン技術を現実の経済に浸透させ、さらに投資参加者を増やしたい。」と答えています。

国内だけでなく、欧州・米国にも展開し、さらに前職がゴールドマン・サックスという加納氏ですが、そのネットワークや法律、技術などのスペシャリストと協力していけば、より健全な市場を作り、仮想通貨の普及に貢献できるのではないでしょうか。

その上で注目する指標として、 新規口座開設を再開させるのがいつになるかは重要だといえます。現在はGMOコインにユーザーが流れている声も聞かれますが、bitFlyerで取引を行うユーザーは絶えません。bitFlyerだけでなく金融庁の業務改善命令によって、市場の健全化が進んでいくのか引き続き目が離せません。

まとめ

本記事では、2018年10月1日にホールディングス化したbitFlyerの新旧社長の経歴と、女性CFOの金光碧さんについて解説してきました。

その背景には金融庁からの業務改善命令がありましたが、2018年に起きた仮想通貨に関するネガティブなニュースを踏まえると、市場の健全化に向けて動き始めた年だといえます。

コインチェックの流出事件に始まり、Zaifでも同様の事件が起こり、 仮想通貨に関する知識が正しく普及していないのが現状ですが、加納氏をはじめとしたbitFlyerの役員など影響力を持つ人々の動向で大きく変わる可能性は高いので、引き続き注目していく必要があるでしょう。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!
取り扱い通貨 8種類
FX/信用取引
手数料 0.01〜0.15%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

account_arrow

[補足] bitFlyerの完全ガイド。bitFlyerには最大レバレッジ4倍のFX取引や、最大限の利益が狙えるトレール注文など仮想通貨取引を有利に進めるための便利な機能が多く備わっています。bitFlyerを使ったことのない初心者でも読めるよう、1コンテンツごとにていねいに解説しているので、ぜひご活用ください。

bitFlyer 完全ガイド
bitFlyer 使い方 >>bitFlyerの機能や使い方を徹底解説したガイド
bitFlyer 口座開設 >>bitFlyerで仮想通貨の取引を始めるための口座登録・開設方法
bitFlyer ログイン >>bitFlyerへのログイン方法
bitFlyer 入金 >>bitFlyerの口座に日本円等を入金する方法
bitFlyer 買い方 >>bitFlyerに入金した資金で仮想通貨を買う方法
bitFlyer 送金 >>bitFlyerで買った仮想通貨を他の口座に送金する方法
bitFlyer 出金 >>bitFlyer上の仮想通貨の取引等で得た利益を日本円等で出金する方法
bitFlyer FX >>bitFlyerでの仮想通貨FX取引方法
bitFlyer 手数料 >>bitFlyerを使う際にかかる手数料まとめ一覧
bitFlyer チャート >>bitFlyerのチャート・取引ツールの説明ガイド
執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。