取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
この記事のポイント
  • bitFlyerでは「bitFlyer Lightning」上でビットコインFX取引ができる
  • FX取引で重要なチャートはカスタマイズ可能
  • FX取引の前にリスクも認識しておこう

10年ほど前にFX取引が流行し、多くの人が金融市場に参入しました。そして今、仮想通貨FXが最も新しい金融商品として注目を集めています。

ボラティリティが高い仮想通貨で、さらにレバレッジをかけて取引することで、大きな利益を生み出すことが可能になります。

この記事では、仮想通貨FXを始める前に知っておきたい基礎知識を中心に、解説していきます。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のFX取引をするには

仮想通貨が金融商品として取引されるようになり、同時に仮想通貨のFX取引も行われるようになりました。仮想通貨FX取引のサービスは提供する業者が徐々に増えており、ビットコイン (BTC) 以外の仮想通貨も取引の対象にしている取引所もあります。

FX取引について

「FX」とは「foreign exchange」の略で、「外国為替証拠金取引」と訳されます。日本円と米ドルやユーロなどの法定通貨をペアにして取引されています。従来の外国為替によるFX取引を仮想通貨にあてはめたものが、「仮想通貨FX」や「ビットコインFX」と呼ばれる商品です。

レバレッジを設定することで、保有する資産より大きな金額の取引が可能になります。ただしこのことは、大きな利益を生みやすいと同時に大きな損失も出しやすいので、注意が必要です。

FX取引と現物取引の違い

1BTC=100万円のとき、1BTCを100万円で購入したり、所有している1BTCを100万円で売ったりすることを「現物取引」と言います。現物取引で手に入れた通貨は、他の取引所に送金することも可能です。

一方FX取引では、証拠金を預けて「レバレッジ」を設定することで、大きな金額の取引が可能になります。証拠金として10万円預けてレバレッジを10倍に設定すると、100万円分の取引ができるようになります。

ただしBTCをFX取引で「買い」を行ったとしても、それを他の取引所に送金したり、別の通貨との売買に用いることはできません。これは、BTCの「買い」を行ったFX市場で、将来的に「売り」という反対注文を出すことが約束されている取引だからです。

また、FX市場ではBTCの「売り」から取引を始めることもできます。「買い」の場合と同様に、この場合も将来的に同じFX市場で「買い」という反対注文を出すことが約束されているからです。「売り」からでもFX市場に参加できるので、下げ相場の時でも利益を出すことが可能です。

FXではレバレッジによって保有する資産より大きな金額での取引が可能ですが、同じFX市場で取引を完了させて利益や損失を確定する必要があります。

仮想通貨のFX取引をする方法

仮想通貨取引所の全てが仮想通貨FX取引に対応しているわけではありません。また、FX取引に対応していても、設定できるレバレッジや取扱通貨は取引所ごとに異なります。

国内の取引所bitFlyerを例に挙げると、レバレッジは「1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍」から選択でき、取扱通貨はビットコインのみとなっています。

取引したい取引所にアカウントを開設し、証拠金を預け入れたらFX取引ができるようになります。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) のFX』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットフライヤーFX (bitFlyer Lightning) とは

ビットフライヤーライトニングとは

国内の仮想通貨取引所bitFlyerでは、「bitFlyer Lightning」と呼ばれるプラットフォームを導入しています。ビットコインのFX取引は、bitFlyer Lightning上で行われます。

ビットフライヤーFX (bitFlyer Lightning) で扱う商品

bitFlyer Lightningでは、以下の4つの取引が可能です。

  • ビットコイン現物
  • ビットコイン先物
  • ビットコインFX
  • アルトコイン現物

ビットフライヤーFX (bitFlyer Lightning) の登録方法

bitFlyer Lightningは、bitFlyerのアカウントクラスを「トレードクラス」にすることで利用できるようになります。アカウント作成の申し込みはメールアドレスの登録だけですぐにできますが、そのままではアカウントクラスが「ウォレットクラス」なので、FX取引はできません。

仮想通貨の売買やFX取引が可能な「トレードクラス」にするには、住所や生年月日等の必要事項を入力し、運転免許証等をスキャンした画像データを送信します。その後、数日~1週間程度で転送不要の書留郵便物が送られてきます。その郵便物を受け取って、初めて仮想通貨の売買が可能になります。

ただし、2018年11月29日現在bitFlyerは新規アカウントの開設を中断しており、再開の予定は発表されていません。

なお、取引をせずにチャートを見るだけなら、アカウントを開設しなくても可能です。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) のbitFlyer Lightning (ビットフライヤー ライトニング)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットフライヤーFX (bitFlyer Lightning) のチャート

FX取引をする上で、チャートはとても重要なものです。取引に必要となる情報は、全てチャートに表示されています。bitFlyer Lightningでは、LightChart、Cryptowatch、Originalの3種類のチャートから選択できます。

bitFlyer Lightningを開き、左の①メニューボタンをクリックし、次に②「設定」をクリックすると、③「チャート表示」を選択できます。

ビットフライヤーチャート

LightChartの特徴

bitFlyer Lightningでは2018年3月に提供が始まったチャートで、デフォルトのチャートになっています。

  • 最終約定価格がリアルタイムにチャートに反映
  • 分析指標や注文・建玉価格、価格毎の注文数量を表示可能
  • 簡単な操作でチャート上の価格を発注画面へ入力でき、価格マーカー描画も可能

といった特徴があります。

Cryptowatchの特徴

海外の仮想通貨取引所Krakenが運営する、仮想通貨に特化したチャートです。高機能を備えたチャートで、bitFlyerのほか、Liquidや海外の多くの取引所でも採用されています。

取引所と関係なく、Cryptowatchの公式サイトからの利用もできます。
Cryptowatch:https://cryptowatch.jp/

Originalの特徴

bitFlyerのオリジナル・チャートです。利用できる機能はシンプルになりますが、3つの中では最も軽く、スマホで利用する際はおすすめのチャートです。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) のチャート・取引ツール』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットフライヤーFX (bitFlyer Lightning) での取引方法

bitFlyer Lightningでの取引も、特別なことは必要ありません。ただし、FX取引を行う際は、事前にレバレッジを設定しておきましょう。

レバレッジ板の表示、レバレッジの設定

ビットコインでFX取引を行う際、bitFlyer Lightningのチャートや取引画面がビットコインFXになっているか確認します。現物取引や先物取引にワンクリックで切り替わってしまうので、気付かないうちに切り替わっていないか、時々チェックしましょう。

下の画像の赤枠の部分「BTC-FX/JPY」をクリックし、下が白くなっていれば、ビットコインFX取引が可能です。

ビットフライヤーチャート

レバレッジの設定は、チャートの切り替えと同様、メニューの設定から行います。1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍から選択してください。

ビットフライヤーレバレッジ設定

なお、 3倍を超えるレバレッジを設定する場合は、事前に銀行口座確認が必要です。銀行口座確認にはしばらく時間がかかるので、できるだけ早く済ませておきましょう。

注文方法について

実際の売買注文は、指値注文、成行注文のほか、IFC、ODO、IFDOCOなどの特殊注文も可能です。詳細については、bitFlyereのサイトをご覧ください。

bitFlyer Lightningの注文の種類について
https://lightning.bitflyer.com/docs/specialorder

指値注文

指値注文の場合は、画面の④「指値」をクリックし、⑤「数量」⑥「価格」を入力し、⑦「売り」または「買い」をクリックします。次に確認メッセージが表示されるので、間違いなければ注文を確定させます。

指値注文ビットフライヤー

成行注文

成行注文の場合は、画面の⑧「成行」をクリックし、⑨「数量」を入力し、⑩「売り」または「買い」をクリックします。次に確認メッセージが表示されるので、間違いなければ注文を確定させます。

成行注文ビットフライヤー

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の取引』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) FXチャート まとめ

仮想通貨取引所bitFlyerでは、現物取引以外に仮想通貨FX取引もできます。チャートは3種類用意されており、自分が使いやすいようにカスタマイズが可能です。FX取引をする上で、チャートはとても重要です。多くの情報を読み取ることが可能で、チャートを上手に利用することが大きな利益を出すことにもつながります。

FX取引ではレバレッジをかけて保有資産より大きい金額の取引が可能です。ボラティリティが高い仮想通貨とFXの組み合わせは、利益を得る大きなチャンスを作り出します。ただし、予想以上の損失が発生する可能性もあります。 FX取引を行う場合は、しっかりとチャートを読み取り、十分なリスク管理を行ったうえで行ってください。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。