取引所人気ランキング
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!

この記事のポイント
  • bitFlyerがリップルの取扱を開始した
  • bitFlyerはモナコインやリスクを取り扱っている数少ない取引所
  • リップル購入を取引するならbitbankがおすすめ

仮想通貨の投資家に人気があるアルトコインのリップル、取引ができるかできないかで登録する取引所を選んでいる人も多いほどです。2017年には、ビットコインの次に時価総額が高くなり全体で第2位となりました。

リップルは、通貨の決済や送金に特化した仮想通貨です。リップルを使用することで、国際送金や銀行間の送金をスムーズにすることを目標として、リップル社がプロジェクトを進めています。リップル社のプロジェクトが進むことで、仮想通貨の投資家だけでなく、多くの企業や個人にメリットがあるため、とても支持されています。

今回は、国内仮想通貨取引所bitFlyerでリップルは購入できるのか。そして、リップルを取引するなら、どこの取引所がおすすめなのかについてご紹介します。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【最新】bitFlyer (ビットフライヤー) がリップル (Ripple/XRP) の取扱いを開始

2019年12月2日にbitFlyerは、新たにリップルの取り扱いを開始しました。新規通貨の取り扱いはリスク以来で、約2年ぶりです。bitFlyerのアルトコイン販売所で、リップルを取引できます。

bitFlyer (ビットフライヤー) のリップル (Ripple/XRP) 取扱開始記念キャンペーン

bitflyer キャンペーン

bitFlyerはリップルの取り扱い開始を記念して、抽選で最大10万円相当のリップルがもらえるキャンペーンを開催しています。アルトコイン販売所でリップルを5,000円以上取引することが、キャンペーン参加の条件です。

リップル取扱開始記念キャンペーン概要
概要対象者から抽選で10名に最大10万円相当のリップルを配布
開催期間2019年12月2日 (月) 午前8時00分〜2019年12月26日 (木) 午後11時59分
参加条件開催期間中にアルトコイン販売所でリップルを5000円以上取引したユーザー

そもそもリップル (Ripple/XRP) とは?

リップルとはアルトコインの一種です。2017年末の仮想通貨バブル期に価格が安かったことで、多くの投資家から注目されました。またリップルは価格の安さ以外に、 性能でも注目を集めている仮想通貨です。その性能について解説していきます。

送金にかかる時間が短い

リップルが投資家から注目された性能の一つに、 送金時間の速さがあります。仮想通貨の代表格であるビットコインの送金時間は約10分です。対してリップルは約5秒で送金できます。約120分の1の時間で送金できるため、リップルは投資家から大きな注目を集めています。

送金手数料が安い

リップルは送金手数料が安い仮想通貨です。IOUというシステムを導入しているため、他の仮想通貨よりも送金手数料を抑えられます。IOUは仮想通貨そのものを送金せずに、送金元と送金先の残高を変動させるシステムです。

そのため従来の送金システムを用いている通貨よりも、送金コストがかかりません。

国際送金に使用できる

リップルは先ほど解説した性能を活かして、国際送金時にブリッジ通貨の役割を担っている仮想通貨です。異なる法定通貨同士の両替を仲介して、送金時間の短縮と送金コストの削減を実現しています。

▶ 『リップル (Ripple/XRP)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) で購入できる仮想通貨

現在(2019年12月25日)bitFlyerにて取り扱っている仮想通貨一覧です。新たに仮想通貨リップルの取り扱いを開始しました。

主要なアルトコインを取り揃えているのが特徴です。 特にモナコインを取り扱っている数少ない国内仮想通貨取引所で、モナコインを目当てにbitFlyerで口座開設するユーザーも、多く存在します。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の取扱通貨』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) のリップル (Ripple/XRP) にかかる手数料

取引手数料無料
送金手数料無料
最小取引単位0.000001XRP

bitFlyerでリップルにかかる手数料は、上記の表に記載している通りです。リップルはアルトコイン販売所で売買できます。 取引手数料は無料ですが、販売所ではスプレッドと呼ばれる手数料が発生するので注意しましょう。

またbitFlyerでは、リップルの送金手数料が無料です。そのため他の取引所や外部ウォレットに無料でリップルを送金できます。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の手数料』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) でのリップル (Ripple/XRP) の購入方法

STEP1 bitFlyer (ビットフライヤー) で口座開設する

メールアドレスとパスワードの登録

ビットフライヤー リップル 1

bitFlyerで口座開設を行うには、まずホームページにアクセスします。次に①「メールアドレス」を入力して、②「アカウント作成」をクリックしましょう。

ビットフライヤー リップル 2

入力したメールアドレス宛てにメールが届くので、③「記載されているURL」をクリックしてください。

ビットフライヤー リップル 3

URLをクリックすると、パスワードの設定画面に移動します。次は④「パスワード」を入力して、⑤「もう一度同じパスワード」を入力しましょう。パスワードは④の右上にある「現在の有効文字数」が9文字以上100文字以内に収まれば、設定を完了します。

最後に⑥「設定する」をクリックすれば、メールアドレスとパスワードの設定は終了です。

個人情報の登録

ビットフライヤー リップル 4

続いて個人情報の登録を済ませましょう。まずは①「取引時確認の入力をはじめる」をクリックします。

ビットフライヤー リップル 5

画面が切り替わったら個人情報を入力していきます。上から順に②「氏名」を漢字で入力し、③「氏名」をカタカナで入力してください。④「性別」を男性・女性・無回答から選びましょう。

⑤「生年月日」を入力したら⑥「次へ」をクリックします。以降は住所と電話番号を指示に従って入力してください。

本人確認書類のアップロード

ビットフライヤー リップル

本人確認書類のアップロードするには、まず①「提出書類の種類」を選択してください。次に②「提出書類の表面」③「提出書類の裏面」をアップロードしましょう。最後に④「ご本人確認資料を提出する」をクリックすれば、本人確認書類の提出は完了します。

本人確認書類に記載されている個人情報は、登録した個人情報と一致している必要があります。一致していない場合は、本人確認が完了しないので注意しましょう。

重要事項の同意及びハガキの受け取り

ビットフライヤー リップル 7

最後は重要事項の同意を行います。①「外国の重要な公人ではない」の項目クリックして、②「職業」を選択しましょう。続けて③「取引の目的」を選択して、最後に④「入力する」をクリックしてください。以降は画面に記載されている指示に従って、情報を入力していきましょう。

財務状況によって本人確認が完了しないことはないため、ご自身の正確な情報を入力してください。全ての情報を入力し終えて本人確認の審査が完了すると、2~5日ほどでbitFlyerからハガキが送られてきます。ハガキを受け取れば、本人確認は完了です。

STEP2 日本円の入金

ビットフライヤー リップル 8

bitFlyerで仮想通貨を購入するには、まず左メニューから①「入出金」をクリックしましょう。入出金手続きの画面に切り替わるので、②「入金」を選択して③「入金手段」を選択してください。今回は銀行入金を選択します。

ビットフライヤー リップル 9

④「振込先情報」が表示されるので、表示されている振込先に入金しましょう。

STEP3 リップル (Ripple/XRP) の購入

ビットフライヤー リップル 10

bitFlyerでリップルを購入するには、まず左メニューの①「アルトコイン販売所」をクリックしてください。画面が切り替わったら②「XRP/JPY」を選択して、③「取引量」を入力し、④「コインを買う」ボタンをクリックしてください。以上の手順でリップルを購入できます。

リップルを売却するときは、コインを売るボタンをクリックしましょう。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) でリップル (Ripple/XRP) を購入する際の注意点

スプレッドが広い

bitFlyerに限りませんが、販売所形式の取引で発生するスプレッドは広いです。取引所形式で発生する取引手数料に比べて、発生する手数料が高くなることもあります。 スプレッドは取引するたびに発生するので、複数回取引する方は注意しましょう。

editMEMO

スプレッド:仮想通貨の買値と売値の価格差

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) のスプレッド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

日本円でしかリップル (Ripple/XRP) を購入できない

bitFlyerのリップルは、日本円でしか購入できません。国内仮想通貨取引所の中には、ビットコインでリップルを購入できる取引所もあります。ビットコインでリップルを取引したい方は、他の取引所でも口座開設を済ませておきましょう。

リップル (Ripple/XRP) を購入できるおすすめの取引所


リップルを取引することができる主な仮想通貨取引所に、bitbank、QUOINEX、GMOコイン、BITPOINTなどがあります。国内仮想通貨取引所コインチェックでも取引が可能ですが、取引を再開して間もないため、おすすめの取引所には入れていません。

2018年11月現在、リップルの取引が可能な3つの国内仮想通貨取引所を、おすすめ順に紹介していきます。ぜひ、リップルを取引する取引所を探すうえで参考にしてください。

1位 bitbank (ビットバンク)

bitbank
仮想通貨を取引するならbitbank、とにかく使いやすい仮想通貨取引所で、手数料無料キャンペーンを2019年1月4日23:59まで実施予定です。キャンペーンは期間限定ですが、これまでに何度も延長しているので、今後も延長する可能性が十分にあります。

コールドウォレットに対応している取り扱い通貨は、全てコールドウォレットにて保管しているので安心して取引することができます。一部マルチシグにも対応しているので、内部から資金を私的流用される心配もありません。

bitbankの概要
販売形態取引所形式
主な取り扱い通貨ビットコイン、リップル、イーサリアム、ライトコイン
現物取引手数料無料(2019年1月4日まで、延長の可能性あり)

▶ 『bitbank (ビットバンク) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

2位 Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine
2018年9月にQUOINEXは仮想通貨取引プラットフォーム「Liquid by Quoine」にリニューアルしました。
QUOINEXは、セキュリティシステムが強固で、全世界の法定通貨による取引が可能、金融庁の認可を得た最初の取引所であることで有名でした。
Liquid by Quoineにリニューアルされ取引画面なども見やすくなり、取引所独自の仮想通貨QASHが取引可能です。顧客の資産を完全コールドウォレット保管、一部マルチシグも対応しており、bitbankと同じく安心して仮想通貨取引をすることができる取引所です。

Liquid by Quoineの概要
販売形態取引所形式
主な取り扱い通貨ビットコイン、リップル、イーサリアム、ライトコイン、QASH
現物取引手数料法定通貨ペアの取引(BTC/JPYなど)は無料、仮想通貨ペアの取引(ETH/BTCなど)は0.25%

▶ 『Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

3位 GMOコイン

GMOコイン
bitbankやLiquid by Quoineとは違い、販売所形式での取引が可能です。コインチェックと同じ形式で取り扱っており、取引時には買いと売りの差額(スプレッド)に注意しましょう。

大手企業が運営しているので、取引所のサーバーが強いことで有名です。サーバーの強度は、暴落時に注文が通るかどうかに関わってくるので、非常に重要なポイントです。GMOコインでも、顧客の資産はコールドウォレットで保管されており、一部通貨もマルチシグ対応しているので、安心して仮想通貨を取引することができます。

GMOコインの概要
販売形態取引所形式、販売所形式
主な取り扱い通貨ビットコイン、リップル、イーサリアム、ライトコイン
現物取引手数料(取引所形式)注文時(Maker)無料、約定時(Taker)0.01%
現物取引手数料(販売所形式)無料(スプレッドに注意)

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) リップル (Ripple/XRP) まとめ

2019年12月2日にbitFlyerは、新たにリップルの取り扱いを開始しました。しかしbitFlyerでは日本円でしかリップルを購入できないので、ビットコインでリップルを購入したい方は他の取引所と並行して利用しましょう。

顧客の資産をコールドウォレットで全て保管している点や、取引所のサイトが非常に使いやすく、同じく公式スマホアプリもシンプルで使いやすい点から、リップルを取り扱っている取引所でもっともおすすめできるのがbitbankです。

他の仮想通貨取引所も、スマホアプリは存在しますし、安心して仮想通貨を取引することができますので、登録しておくことを推奨します。ハッキングなどのリスクを考慮して、資産を分散させておくことを推奨します。なにより、おすすめしたどの取引所も、登録手数料や口座維持料が無料なのでお金がかかりません。

[補足] bitFlyerの完全ガイド。bitFlyerには最大レバレッジ4倍のFX取引や、最大限の利益が狙えるトレール注文など仮想通貨取引を有利に進めるための便利な機能が多く備わっています。bitFlyerを使ったことのない初心者でも読めるよう、1コンテンツごとにていねいに解説しているので、ぜひご活用ください。

bitFlyer 完全ガイド
bitFlyer 使い方 >>bitFlyerの機能や使い方を徹底解説したガイド
bitFlyer 口座開設 >>bitFlyerで仮想通貨の取引を始めるための口座登録・開設方法
bitFlyer ログイン >>bitFlyerへのログイン方法
bitFlyer 入金 >>bitFlyerの口座に日本円等を入金する方法
bitFlyer 買い方 >>bitFlyerに入金した資金で仮想通貨を買う方法
bitFlyer 送金 >>bitFlyerで買った仮想通貨を他の口座に送金する方法
bitFlyer 出金 >>bitFlyer上の仮想通貨の取引等で得た利益を日本円等で出金する方法
bitFlyer FX >>bitFlyerでの仮想通貨FX取引方法
bitFlyer 手数料 >>bitFlyerを使う際にかかる手数料まとめ一覧
bitFlyer チャート >>bitFlyerのチャート・取引ツールの説明ガイド

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。