• 仮想通貨の送金は自己責任で行わなければならない
  • 送金に誤りがあった場合は、資金が失われる可能性が高い
  • 送金にかかる時間は一定ではなく、早く送金できるサービスもある

この記事のポイント

仮想通貨の送金には緊張が伴います。銀行で法定通貨を送金する場合は、窓口で尋ねながら手続きを進めることができますが、仮想通貨の場合は全て自己責任で自分一人で行う必要があります。そして、何らかのミスをしてしまった場合、誤って送金された通貨は永遠に取り戻せなくなる可能性もあります。

この記事では、仮想通貨を送金する際に知っておきたい基礎知識や、実際に仮想通貨取引所bitFlyerを利用した送金方法について、分かりやすく解説します。

仮想通貨取引所での送金とは

ビットコインとネットワーク

銀行送金との違いについて

銀行口座間の送金で必要なものは、送金先の口座情報と送金するお金、そして手数料です。口座情報とは金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人名です。また、現金を直接相手の口座に入金するか、自分の口座から相手の口座への送金にするかが選択できます。送金方法や送金金額によって手数料は金融機関ごとに定められており、いつ頃相手方の口座に着金するか事前に分かっています。平日午後3時頃までなら当日中、それ以降や平日以外の場合は、翌営業日の午前中というのが一般的です。

仮想通貨の送金の場合は、送金先アドレスが必要です。送金先アドレスは銀行の口座情報と同じようなものですが、多くの数字やアルファベットがランダムに組み合わされたもので、一文字ずつ紙に書き写すと間違いの原因になります。

仮想通貨は紙幣や硬貨がないので口座から口座への送金になりますが、送金にかかる時間は分かりません。ビットコインの場合、理論上は10分程度で送金できるはずですが、普及が急速に進んだため処理が追いついていません。この問題は「スケーラビリティ問題(送金詰まり問題)」と呼ばれ、ビットコインだけではなく仮想通貨界全体の課題となっています。

ビットコインは、最も時間がかかったときは、1週間以上の時間がかかっっていました。その後改善はされつつありますが、10分という理論上の数字にはまだ追い付いていません。

仮想通貨の送金に必要となる時間は不明ですが、急いで送金したい場合は送金手数料を多く支払うことで、他の送金よりも優先的に送金してもらうこともできます。送金決済などを承認するマイナーを呼ばれる人(グループ)達は、送金手数料を報酬として得ることができます。そのため、より多くの手数料を支払ってくれる送金は、優先して処理されます。

秘密鍵、公開鍵、アドレスについて

銀行の口座に当たるものは、仮想通貨では「ウォレット」と呼ばれます。ウォレットには様々なタイプがあり、仮想通貨取引所もウォレットの一つです。そしてウォレットは、「秘密鍵(プライベートキー)」、「公開鍵(パブリックキー)」「アドレス」の3つから成り立っています。

秘密鍵は、その名の通りウォレットの所有者しか知らないキーです。送金などに必要で、秘密鍵から公開鍵やアドレスが生成されます。そのため、もし秘密鍵の情報が流出することがあれば、それを知った第三者がウォレットに入っている仮想通貨を自由にできるということです。

公開鍵は秘密鍵から生成されますが、公開鍵から秘密鍵の特定はできません。公開鍵は一般に公開されており、送金などの処理命令が、正しい秘密鍵を知っている人からの命令であるかどうかのチェックができます。もし、公開鍵を使って送金命令の正当性が確認できなければ、それは第三者からの命令ということになり、処理されません。

アドレスは、実際に送金の時に使う口座番号のようなものです。公開鍵から生成されますが、アドレスから公開鍵の特定はできません。一つの公開鍵から複数のアドレスを生成することも可能で、送金用アドレスは一度きりの使い捨てにしている仮想通貨もあります。

トランザクションアクセラレータについて

送金手数料を多く支払うことで送金にかかる時間を減せると上記で述べましたが、他にも「トランザクションアクセラレーター」を利用する方法があります。サービス内容によっては、無料で利用できるものもあります。

Transaction Accelerator(ViaBTC):https://pool.viabtc.com/tools/txaccelerator/
Bitcoin Transaction Accelerator(ConfirmTX):https://confirmtx.com/cgi-sys/suspendedpage.cgi
Transaction Accelerator(BTC.com):https://pushtx.btc.com/#/

これらで提供されているサービスを利用すれば、なかなか送金されなかった処理が、すぐに実行されたというレポートもあります。

利用にはトランザクションIDが必要になりますが、bitFlyerの場合だと、「お取引レポート」で「入出金」を選ぶと、「TX ID」の項目に表示されます。

bitFlyer (ビットフライヤー) での送金について

送金について

送金できる仮想通貨

bitFlyerでは以下の仮想通貨の取り扱いがあり、それらは全て送金可能です。
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)

送金手数料

送金する通貨によって、送金手数料は異なります。bitFlyerの送金手数料は、次の通りです。

送金手数料
ビットコイン0.0004 BTC
イーサリアム0.005 ETH
イーサリアムクラシック0.005 ETC
ライトコイン0.001 LTC
ビットコインキャッシュ0.0002 BCH
モナコイン無料
リスク0.1 LSK

送金にかかる時間

送金にかかる時間は、そのときの混み具合によるので一概には言えません。急いで送金する必要がある場合は、送金手数料を多く設定したり、トランザクションアクセラレーターを利用するなどしましょう。

また、通貨の種類によっても送金にかかる時間は変わります。bitFlyerで取り扱いがある通貨では、ライトコインは送金が速いとされています。

ラベルについて

登録した送金先アドレスを管理しやすくするために、自由に「ラベル」を付けることができます。送金先アドレスはどこのウォレットか、あるいは誰のウォレットかなど、時間が経ってもどのウォレットか判断できる名前を付けてください。

なお、bitFlyerでは取り扱いはありませんが、リップル(XRP)を送金する際はラベルに似た「タグ」が必要です。タグがなかった場合、正常な送金ができません。他にも通貨によって独自のルールが存在する場合があるので、注意してください。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)の送金方法

送金方法
送金方法

メニューから「入出金」を選び、次に「BTCご送付」か「ETHご送付」を選びます。

入出金

画像はビットコインのものです。まず、送金先のビットコインアドレスを選択します。まだ登録していなければ、ラベルと一緒に登録します。できるだけコピー&ペーストなどを利用し、入力間違いがないように注意しましょう。

次に「送付数量」を入力すると、送金手数料を含めた合計が表示されます。「優先度」は、最初は「普通:+0.0000」が選択されていますが、急ぐ場合は変更してください。

送金手数料

最後に「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックします。

イーサリアムの送金方法も同じですが、優先度の選択はできません。

送金のミスには注意

送金先アドレスの登録には十分注意してください。コピー&ペーストや、スマホであればQRコードの読込機能などを利用してください。一文字ずつ入力することは、間違いの原因になるのでできるだけ避けてください。

また、同じbitFlyerのウォレットでも、ビットコインとイーサリアムのアドレスは異なります。通貨ごとにアドレスがあり、例えばイーサリアムのアドレスにビットコインを送金すると、正常に送金できません。

アドレスの誤りなどで正常な送金ができなかった場合、送金した資産は永遠に失われる可能性が高くなります。また取り戻せたとしても、取引所に問い合わせたり、長時間かかったりと非常に面倒なことになります。

特に大きな金額を送金する際は、まずは少額でテスト送金を行い、正常に送金できることを確認してから残りを送金するようにしましょう。

bitFlyer (ビットフライヤー) での送金トラブルについて

送金トラブル

送金できないときのチェック事項

送金の処理を行えば、後は待つしかありません。トランザクションアクセラレーターの利用や、取引所のよっては後から追加の送金手数料を支払うということも可能ですが、それでも待つ以外に方法はありません。

あまりに時間がかかり過ぎるようなら、送金前に十分確認していると思いますが、念のためアドレスが間違ってないか、他の通貨のウォレットに送金していないか確認してみてください。ただし、この段階で誤りが判明しても送金を取り消すことはできず、送金した資金は失われる可能性大です。

トランザクションの確認方法

上記「トランザクションアクセラレーター」の項目で少し触れましたが、送金処理は一つひとつトランザクションIDがあります。bitFlyerなどの親切設計の取引所はIDが履歴から分かりやすくなっています。

トランザクションIDが分かれば、エクスプローラーから処理状況が確認できます。ビットコインの場合は多くのエクスプローラーがありますが、次の2つは日本語に対応しており、利用しやすいエクスプローラーです。

ChainFlyer(bitFlyer):https://chainflyer.bitflyer.jp/
blockchain.info(BLOCKCHAIN社):https://www.blockchain.com/explorer

通貨ごとにエクスプローラーは存在しますが、CoinMarketCapのサイトを利用すればすぐに見つかります。

CoinMarketCap:https://coinmarketcap.com/ja/

モナコイン

これは、モナコインを選択した時の画面ですが、「エクスプローラー」と「エクスプローラー2」があります。「2つのエクスプローラーがある」ということです。

エクスプローラーでトランザクションIDを入力すれば、該当する送金の処理状況が分かります。また、エクスプローラーでは自分のアドレスを入力してトランザクションIDを探すこともできます。

トランザクションの状態が「未確認」や「unconfirmed」の場合は、待つしかありません。「確認」や「confirmations」になってもしばらくしても送金が確認できない場合は、何らかの誤りがあった可能性があります。もう一度、アドレスなどをチェックしてください。

また、送金手続きを行った後、エクスプローラーに反映されるまでしばらく時間がかかる場合があります。特に送金が混み合っているときは時間がかかるので、しばらくしてからもう一度試してみてください。

まとめ

仮想通貨を送金するということは銀行で法定通貨を送金するのとは違い、全て自己責任で行わなければなりません。もし、どこかでミスをすると、送金されてしまった資金は永遠に取り戻せなくなることもあります。送金する際は、くれぐれも慎重に行ってください。