取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
この記事のポイント
  • bitFlyerにてウォレットを作成するにはアカウントを開設する
  • bitFlyerのセキュリティは世界トップクラス
  • bitFlyerにて本人確認を済ませてアカウントクラスをアップ

お札や硬貨を持ち歩く際には、多くの方が財布に入れて持ち歩くと思われます。仮想通貨でも同じように、保管はウォレットと呼ばれる、仮想通貨の財布にて保管されるのが基本となっています。仮想通貨だけが、ネット上に落ちているということはありません。仮想通貨は、ウォレットにて保管し管理しています。

本記事では、仮想通貨のウォレットについて、そして、bitFlyerにてウォレット作成する方法をご紹介します。

ウォレットとは

仮想通貨を保管して管理する、財布のような働きをするものがウォレットと呼ばれています。ウォレット内には仮想通貨が実際に存在しているのではなく、秘密鍵と呼ばれる仮想通貨の取り出しに必要なコードが保管されています。

個人それぞれが保有するウォレットには、仮想通貨ごとにアドレスが割り振られており、QRコードや30桁ほどの英数字で表示されています。仮想通貨のアドレスによって、個人間や取引所間で仮想通貨の移動を移動させることができます。仮想通貨取引所でアカウント登録を完了させると、仮想通貨の口座、つまりウォレットが割り振られます。

取引所にて、仮想通貨のウォレットを作成するということは、取引所でアカウント登録することを意味します。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウォレットの種類について

仮想通貨のウォレットには、取引所のウォレット以外にも以下の種類が存在します。

  • ウェブウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

取引所で作成するウォレットは、『ウェブウォレット』に分類されます。ウェブウォレットは仮想通貨の入出金が容易な分、セキュリティに不安が残ります。

そこでかそ部では市販の仮想通貨ウォレットの使用をおすすめしています。

そのうちの一つ、ソフトウェアウォレットは使用する端末によって「モバイルウォレット」と「デスクトップウォレット」に大別されます。

ハードウェアウォレットは、「Ledger Nano S (レジャーナノS)」などのUSBメモリースティックのようなものが存在します。ペーパーウォレットとは、秘密鍵のQRコードや文字の羅列を紙に印刷することで、完全オフラインで仮想通貨を管理する方法となっています。

ハードウェアウォレットペーパーウォレットは、ネットがつながっている場合に使用することができるので、ハッキングなどによる資金の流出を防止することができます。ただし、物理的な紛失のリスクがあるので、保管する際は、燃えたり濡れたりする場所には保管しないようにすることを推奨します。

▶ 『様々な仮想通貨ウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitflyer (ビットフライヤー) のウォレットの作る準備

bitFlyerにてウォレットを作成するには、bitFlyerでアカウントを登録する必要があります。アカウントを開設するには、本人確認書類が必要ですので、顔写真なしの書類は2つ、顔写真ありの書類を1つ用意しましょう。

取引所にて取引する際、日本円の出金口座も必要になりますので、通帳やキャッシュカードなどで銀行口座の情報を確認しておきましょう。住信SBIネット銀行など、インターネットバンキングも利用することができますので、口座情報を確認しておきましょう。

インターネットバンキングでの日本円の入金は、基本24時間365日可能ですので、利用することを推奨します。

アカウント登録

bitFlyerでのアカウント登録は、本人確認の審査を除けば5分前後で完了します。アカウント登録の詳細は、以下の記事を参考にしてください。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_02_1911

アカウントクラス

bitFlyerでは、アカウントクラスと呼ばれるシステムが存在します。アカウントクラスによってできることが制限されているため、bitFlyerにて本人確認を完了させて仮想通貨取引を行いましょう。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) のアカウントクラス』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウォレットクラス

ウォレットクラスは、アカウントの仮登録が完了した状態です。ウォレットクラスでは、日本円の入出金、ビットコインでの決済が可能です。

トレードクラス

トレードクラスは、bitFlyerでの全ての機能が使用可能なクラスです。本人確認を完了すると、トレードクラスにアップグレードされますので、本人確認書類をアップロードするか郵送して、本人確認手続きを完了させましょう。

bitflyer (ビットフライヤー) ウォレットの作成方法

アカウント作成画面から、メールアドレスもしくはFacebook、Yahoo ID、Googleなどのアカウントを入力し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。登録に成功しますとキーワード入力画面が開きますので、登録に使用したメールアドレスに「アカウント登録確認メール」が届いていますので、キーワードを貼り付けて「アカウント作成」ボタンをクリックします。規約等への同意が必要となりますので「ご利用規約」「プライバシーポリシー」「仮想通貨取引におけるリスク」「取引時交付書面」を確認した後、チェックをつけます。

すべてをチェックしてから「bitFlyerをはじめる」をクリックしてください。こちらで作成が完了となります。

スマホ→アプリのインストール

iOSの場合は、AppStreより、Androidの場合は、GooglePlayより「bitFlyerウォレット」で検索しますと「bitFlyer ウォレット – ビットコイン・仮想通貨の取引もかんたん」が開きますのでそちらよりインストールをします。

account_arrow_min

PC→ホームページにアクセス

bitFlyerメイン画面(TOP画面)からいきなり作成が可能です。メールアドレスを入れて、「アカウント作成ボタン」を押して進むことができます。もしくは画面右上に「無料アカウント作成」というメニューがありますのでそちらをクリックしても可能です。

account_arrow_min

アカウント作成を選択

アカウント作成方法をメールアドレスから行う場合は、メールアドレスを入力して横の「アカウント作成」をクリック、Facebookアカウントを使用する場合は、「Facebookでアカウント作成」をクリック、Yahoo IDを使用する場合は、「Yahoo IDで作成」をクリック、Googleアカウントを使用する場合は、「Googleで作成」をクリックします。

account_arrow_min

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力(もしくは他のアカウントを使用して問題なくログイン)した後に、bitFlyerから「アカウント登録確認メール」が届きます。「アカウント登録確認メール」キーワードがメールで届きますので、そちらを確認してキーワード欄に貼り付けてして「アカウント作成」ボタンをクリックします。

account_arrow_min

確認事項のチェック

登録後、4つの確認事項が必要となります。「ご利用規約とプライバシーポリシーに同意」「ビットコイン取引におけるリスクについての理解」「米国居住者でないことの確認」「取引時交付書面の理解」を確認して「bitFlyerをはじめる」をクリックしてます。

account_arrow_min

完了!続いてパスワード設定

配信されたメールには、最初のパスワード「初回パスワード」が記載されています。セキュリティのことを考えますとご自分が使いやすくかつ安全なパスワードに変更することは非常に重要です。

account_arrow_min

メニュー

ログイン後の画面で左のメニューより「設定」→「パスワード変更」を選択します。

account_arrow_min

パスワード設定

現在のパスワード」、「新しいパスワード」、「新しいパスワード(確認用)」を入力して「パスワード変更」ボタンをクリックしましたら変更完了となります。

account_arrow_min

トレードクラス」にアップグレードする

アカウントのクラスを「ウォレットクラス」から「トレードクラス」にアップグレードするには、「本人情報の登録」、「本人確認資料の提出」、「取引目的等の確認」という手順が必要となります。

account_arrow_min

本人情報登録

アカウント情報」から「ご本人情報のご登録」をクリックします。画面に表示されている項目「」、「」、「性別」、「生年月日」、「」、「郵便番号」、「住所」、「固定電話番号もしくは携帯電話番号」入力し「登録情報を確認する」をクリックします。内容を確認し問題がなければ「ご本人情報を登録する」をクリックします。

account_arrow_min

本人確認資料の提出

アカウント情報」から「ご本人確認資料のご提出」をクリックします。本人確認資料として有効となっているのが「運転免許証(両面)」、「パスポート(顔写真入りページ)」、「外国人登録証明書(両面)」、「マイナンバーカード(表面のみ)」となっています。画面の「提出書類の種類」から提出する書類を選択します。その下に該当のデータの画像ファイルを選択する(もしくはドロップする)で設定します。終わりましたら「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

account_arrow_min

取引目的等の確認

アカウント情報」から「お客様の取引目的等のご確認」をクリックします。画面に表示されている内容を確認し該当の項目をチェック(選択)してください。終わりましたら「入力する」をクリックします。

account_arrow_min

転送不要書類郵便の受取

本人情報の登録」、「本人確認資料の提出」、「取引目的等の確認」が終わりましたら数日ぐらいで転送不要書類書留郵便が届きます。こちらを受取って「トレードクラス」への登録は完了となります。

account_arrow_min

二段階認証の設定

ログインしたら画面右側にあります「二段階認証 未設定」をクリックします。もしくは、左側メニューの「設定」→「セキュリティ設定」からでも問題ありません。

account_arrow_min

二段階認証を選択

二段階認証設定を変更する」ボタンがありますので、そちらをクリックしてください。本人確認のため、メールアドレスにコードが送られてきますので、そちらを入力してください。

account_arrow_min

二段階認証を用いるタイミングの設定

確認のコードの取得方法および「ログイン時」、「外部アドレスの登録時」、「日本円の出勤時」などいつ使用するかを選択します(仮想通貨の外部送付時は必須です)。確認コードの受取方法は初期設定ではメールアドレスになっています。アプリなどで認証を行う方法に変更も可能です。

account_arrow_min

設定の変更を選択

二段階認証を設定する」をクリックしたら設定完了となります。

account_arrow_min

Touch IDの設定

TouchID対応のスマートフォンでは、指紋認証によるログインを設定することが可能となっています。メニューから「アカウント」→「設定」→「指紋認証ロック」を選択します。

account_arrow_min

Touch ID ロックを選択

指紋認証」画面にて「画面ロック」をオンにします。タブを右に動かせばオンになります。これで指紋認証による設定が完了となります。

account_arrow_min

画面ロックを確認

設定がうまくいけばアプリを起動するたびに指紋認証画面が開きます。これにより指紋認証しない限り操作は何もできなくなります。

account_arrow_min

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_01_1911

bitflyer (ビットフライヤー) のウォレットの安全性

取引所で作成したウォレットのセキュリティレベルは、アカウント登録した取引所のセキュリティレベルに依存します。万が一、取引所のセキュリティレベルが低いと、外部からのアクセスにより取引所がハッキングされてしまい、顧客の資産が流出してしまいます。

大手仮想通貨取引所コインチェックにて発生した、ハッキングによる仮想通貨ねむの大量流出事件は、取引所運営の資金管理体制が、資金が流出した要因の一つでした。

bitFlyer取引所にて作成したウォレットは、どのくらい安全なのかについてをご紹介します。

bitFlyerセキュリティ・ファースト主義を発表

bitFlyerでは、セキュリティ・ファースト主義を徹底しており、顧客が保有する資産の80%を、コールドウォレットと呼ばれるオフラインの環境で保管しています。

さらに、コールドウォレットもオンラインのホットウォレットも、秘密鍵は常に暗号化されていますので、万が一、外部に漏洩してしまっても、第三者が秘密鍵を利用することができないシステムになっています。

セキュリティソフトの開発

既存のセキュリティシステムを使用するとハッキングされやすい傾向にあるので、bitFlyerでは、独自のセキュリティソフトである「ビットコインデーモン」を開発しました。ビットコインデーモンを使用することで、相互監視システムを構築し、セキュリティのレベルを上げています。

盗難の補償

bitFlyerでは、2017年に、2段階認証を設定済みのトレードクラスのユーザーを対象とした、不正アクセスによる資金流出の補償制度が導入されました。bitFlyerにてアカウントを登録した方は、2段階認証の設定を推奨します。

三井住友海上火災保険株式会社と契約しており、盗難による被害があった際には、最大100万円まで補償してくれます。さらに、ビットコイン事業者向けのサイバー保険も作られています。サイバー保険は、個人のアカウント口座だけでなく、bitFlyer自体へのハッキングで仮想通貨が盗まれてしまった場合に補償してくれます。

bitflyer (ビットフライヤー) のウォレットでの送受金

bitFlyerのウォレットを使用して、仮想通貨の送金と受金を行いましょう。送金には、送金先のウォレットアドレス、受金では、bitFlyerウォレットの入金アドレスを確認しましょう。

受金アドレスを間違えて仮想通貨を送金してしまうと、仮想通貨が電子の海に消えてしまい、二度と取り出せなくなるので注意しましょう。受金アドレスは、コピーペーストするかQRコードを読み取る方法で使用することを推奨します。

仮想通貨を送金する際は、送金手数料がかかるので、確認しておきましょう。入金する際には、手数料がかかることはありません。

bitFlyer 入出金
bitFlyerにて、仮想通貨を送受金する際は、メニュー左側にある「入出金」を選択して、手続きを行う通貨を選択してください。

bitFlyer(ビットフライヤー)ウォレットで送金可能な仮想通貨

bitFlyerウォレットにて、送金可能な仮想通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサ クラシック
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • リスク

bitFlyer(ビットフライヤー)ウォレットに仮想通貨を預ける

bitFlyerウォレットに仮想通貨を預けるには、bitFlyerウォレットにて、預ける仮想通貨の入金アドレスを確認する必要があります。入金アドレスを確認して、送金元で入力しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)ウォレットから仮想通貨を送る

bitFlyerウォレットから仮想通貨を送金する場合は、送金先の入金アドレスを確認します。入金アドレスをbitFlyer側に入力し、入金アドレスに間違いがなければ送金手続きを進めて送金しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)ウォレットの送金手数料

bitFlyerにて、仮想通貨の送金にかかる手数料は以下の通りです。

送金手数料
ビットコイン0.0004 BTC
ビットコインキャッシュ 0.0002 BCH
イーサリアム0.005 ETH
イーサ クラシック0.005 ETC
ライトコイン0.001 LTC
モナコイン0 MONA
リスク0.1 LSK

bitFlyer(ビットフライヤー)ウォレットの送金時間

仮想通貨の送金スピードは、仮想通貨の種類によって異なります。数分で着金する場合もありますし、数日かかっても着金しない場合もあります。特にビットコインの送金時間にはバラつきがあり、アルトコインに比べて送金時間が安定しないので問題になっています。

仮想通貨を送金するユーザーが増えれば増えるほど送金が遅くなりますので、注意が必要です。

bitflyer (ビットフライヤー) のウォレットはスマホにも対応

bitFlyerには、公式スマホアプリが存在し、外出先からでもスムーズにbitFlyerにアクセスすることができます。bitFlyerの公式スマホアプリでは、仮想通貨の売買、仮想通貨や日本円の入出金手続きなどを行うことができます。

さらに、仮想通貨のFX取引が可能な、プロユーザー向け取引ツール「bitFlyer Lightning」が、公式スマホアプリにて利用することができます。スマホアプリのメニューから、「Lightning Web」を選択してタップすることで、アプリ上からbitFlyer Lightningにアクセスすることができます。

スマホアプリの使い方については、以下の記事をご覧ください。

bitflyer (ビットフライヤー) のウォレットのリスクについて

仮想通貨を保有するうえで最初にもご説明しましたがやはりリスクについては常に気になる問題となります。「取引所」、「ウェブウォレット」、「ソフトウェアウォレット」、「ハードウェアウォレット」と保管方法があるなかで「取引所」保管は、どのようなリスクがあるのかも把握していく必要があります。

フィッシング詐欺

bitFlyerを名乗るフィッシュグメールはすでに確認されています。「【bitFlyer】本人認種サービス」という件名などで送られてきます。メール内のリンクをクリックしてしまうと、偽のサイト(フィッシングサイト)が開かれます。この場合、絶対にアカウント情報などを入力しないようにしてください。このようなサイトは日々作成されているので、自分自身で注意していく必要があります。

ウイルス

Bitflyerは、送られてくるすべてのパケットについて、ウィルスチェックを行い、またファイルシステムについては複数のウィルスソフトによりフルスキャンチェックを行っています。新たなウィルスというのは日々生まれていると考えているため、常にリスクにさらされていることを念頭にセキュリティのアップデートを行っています。

ウォレットの信頼性

bitFlyerは、2段階認証、マルチング、コールドウォレット保管と大事なポイントはクリアしています。また、国内初となる不正ログインに対しての補償(日本円のみ)も行っています。セキリティの高さは世界一クラスと評価されています。

送金ミスによる紛失

ビットコインというのは、管理者が不在のため1度「受理された送金」というのは、取消を行うことができません。ビトコインアドレスといえば見慣れない英数字の羅列になります。これが間違っていないかチェックするというのはなかなか難しいです。

送金ミスというのは大きく2つ考えられます。

1つは送金先アドレスが存在しないため、実際には送金が行われていない場合、もう1つは、送金先アドレスが存在し、実際に送金が行われている場合となります。送金先が存在しない場合については、送金元となる取引所に問合せしてみましょう。

金額についてはほとんどの場合全額戻ります。送金アドレスが存在する場合は、送金先の取引所に問いあわせが必要となります。問合せする際は、トランザクションIDが必要になりますので準備しておきましょう。しかし、お金が戻ってくるとは限りません。返金された事例があるくらいと考えてください。

基本的には、コピーアンドペーストやQRコードの読取とするようにしましょう。ビットコインは自己責任の世界になりますので。

bitflyer (ビットフライヤー) のウォレットについてのよくある質問

bitFlyerウォレットを使用した送金に関して、よくある質問と解決方法をご紹介します。

送金に時間がかかる原因

仮想通貨の送金は、ブロックが1つ生成されるのにかかる時間によって変わります。そして、1つのブロックに納められるデータ容量も最初から決まっています。

そのため、ビットコインの取引量が多くなればなるほど、データ処理で遅延が発生し、送金処理に時間がかかってしまい、送金詰まりの原因となります。

対処法

仮想通貨の送金では、追加で手数料を支払うことにより、送金を早くすることができます。支払った手数料の額により、優先度が変わるため、急いでいる場合は手数料を払うことを推奨します。

ウォレットのアドレス確認方法

bitFlyerのウォレットにて、ウォレットアドレスを確認したい場合は、bitFlyerのメニューから「入出金」を選択して、確認したい通貨の「お預け入」をクリックしてください。

まとめ

bitFlyer取引所にてウォレットを作成する場合は、bitFlyerのアカウントを開設しましょう。仮想通貨のウォレットは、中に仮想通貨が入っているわけではなく、仮想通貨の取り出しに必要な秘密鍵が保管されています。

秘密鍵を保管するウォレットのセキュリティレベルは、保管している取引所のセキュリティレベルに依存しますので、安心して仮想通貨を保管したい方は、セキュリティ・ファースト主義のbitFlyerがオススメです。

仮想通貨ウォレットから外部ウォレットへ送金する際は、取引所にて設定されている送金手数料がかかりますので注意しましょう。

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!
取り扱い通貨 8種類
FX/信用取引
手数料 0.01〜0.15%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

account_arrow

[補足] bitFlyerの完全ガイド。bitFlyerには最大レバレッジ4倍のFX取引や、最大限の利益が狙えるトレール注文など仮想通貨取引を有利に進めるための便利な機能が多く備わっています。bitFlyerを使ったことのない初心者でも読めるよう、1コンテンツごとにていねいに解説しているので、ぜひご活用ください。

bitFlyer 完全ガイド
bitFlyer 使い方 >>bitFlyerの機能や使い方を徹底解説したガイド
bitFlyer 口座開設 >>bitFlyerで仮想通貨の取引を始めるための口座登録・開設方法
bitFlyer ログイン >>bitFlyerへのログイン方法
bitFlyer 入金 >>bitFlyerの口座に日本円等を入金する方法
bitFlyer 買い方 >>bitFlyerに入金した資金で仮想通貨を買う方法
bitFlyer 送金 >>bitFlyerで買った仮想通貨を他の口座に送金する方法
bitFlyer 出金 >>bitFlyer上の仮想通貨の取引等で得た利益を日本円等で出金する方法
bitFlyer FX >>bitFlyerでの仮想通貨FX取引方法
bitFlyer 手数料 >>bitFlyerを使う際にかかる手数料まとめ一覧
bitFlyer チャート >>bitFlyerのチャート・取引ツールの説明ガイド
執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。