この記事のポイント
  • BITPointのチャートは一目平衡表を表示できる
  • 一目平衡表で相場のトレンドを推し量れる
  • 一般的なチャートのほかに約定した価格を線で結んだティックチャートも見れる

BITPoint (ビットポイント) のチャートの見方や操作方法について、WEB取引ツールや「BITPoint ADVANCE」「MT4」など、取引ツールごとに画像つきで解説します

この記事を読むことで、あなたがまだ知らないBITPointのチャート機能を知ることができ、トレードに活用できるでしょう。

BITPoint (ビットポイント)

BITPoint (ビットポイント) の取引ツール

BITPoint (ビットポイント) 取引ツール
BITPointの取引は、Webブラウザとソフトウェア、スマホアプリから行えます。ただし、媒体ごとに「使えるツール」が異なり、そのツールごとに「行える取引」が異なります

媒体ごとの取引ツール
利用する媒体取引ツール名行える取引
Webブラウザ (PC、スマホ) WEB取引ツール、BITPoint ADVANCE現物取引、レバレッジ取引
ソフトウェアMeta Trader4MT4取引
スマホアプリMeta Trader4、BITPoint LiteMT4はMT4取引/BITPoint Liteは現物取引

現物取引は、WEB取引ツールとBITPoint ADVANCE、スマホアプリのBITPoint Liteの3種類のツールを使えます。

そして、レバレッジ・FX取引はWEB取引ツールとBITPoint ADVANCEの2種類、MT4取引はMeta Trader4PC用ソフトウェアとスマホアプリから行えます。

では、これらの取引ツールごとにチャートの見方を詳しく見ていきましょう。

BITPoint (ビットポイント) 『WEB取引ツール』でのチャートの見方

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツール
BITPointのWEB取引ツールでは、2種類のチャートを見ることができます。

  • 価格チャート
  • ティックチャート

価格チャートは、「チャート」と言われて多くの人が連想するものです。

一方、ティックチャートとは、価格が約定するごとに値動きを刻み、その約定価格を線でつなげたものです。BITPointでは、直近10分間に約定した価格をティックチャートで確認できます。

それぞれのチャートを見る手順を見ていきましょう。

1 価格チャート

WEB取引ツールでの価格チャートを見る手順は、次のとおりです。

価格チャート 全STEP
STEP1ログインする
STEP2上部メニューの「価格情報」>「価格チャート」と進む

ログインしたら、上のメニューバーにある「価格情報」をクリックし、下に表示される「価格チャート」をクリックしましょう。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

そうすると、下の画像のようなチャートが表示されます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

チャート上に「単純移動平均」が重ねて表示され、チャートの下側には出来高のグラフが表示されています。

続いて、チャートの表示を変更する手順を見てみましょう。

チャートの種類を変更する

WEB取引ツールの価格チャートは、次の2種類の表示方法を選択できます。

  • ローソク足
  • 一目均衡表

チャートの右上の部分で「チャート種類」の欄をクリックし、選択しましょう。

なお、「一目均衡表から値動きの方向を推測するポイント」については、後半で詳しく解説しています。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

取引種類を変更する

チャートの右上の部分で、表示されるチャートの取引種類を変更できます。WEB取引ツールでは、「現物取引」と「レバレッジ取引」のチャートを表示できます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

表示する銘柄を変える

チャートの左上の部分で、チャートを表示したい通貨ペアを指定できます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

通貨ペアを指定したら、右側にある「検索」ボタンをクリックしましょう。そうすると、表示されるチャートが変わります。

買値と売値で表示する

BITPointのチャートは、「仲値 (なかね) 」と「買値」、「売値」の3種類をそれぞれ表示できます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

通貨ペアの右横にある「価格」の欄から、表示したい価格を選択します。そして「検索」ボタンをクリックしましょう。

仲値」「買値」「売値」の3種類の価格がある理由

仲値」「買値」「売値」という3種類の価格があるのは、基準となる「仲値」を元に「買値」と「売値」をBITPointが独自に決めているからです。例えば、「仲値」が43万円のとき、手数料を加えて「買値」を43万500円としたり、「売値」を42万9,500円としたりします。

一般的な取引所において市場価格を決めるのはユーザーですので、この「買値」「売値」「仲値」という概念がないところが多いです。

時間足を変える

ローソク足の時間足を変更するには、「情報種類」の欄をクリックしましょう。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

選択できる時間足は、次の9種類です。

WEB取引ツールの時間足
1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、日足、週足、月足

変更したら、「検索」ボタンをクリックします。

トレンドライン・メジャーラインを引く

価格チャートでは、トレンドラインやメジャーラインを引くことができます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

①チャート右上にある「メジャー」または「トレンド」と書かれたボタンをクリックし、②チャート画面にラインを引きます。

2 ティックチャート

WEB取引ツールで、ティックチャートを見る手順は次のとおりです。

ティックチャート 全STEP
STEP1ログインする
STEP2上部メニューの「価格情報」>「市況情報」と進む

ログイン後、上のメニューにある「価格情報」をクリックし、下に表示された「市況情報」を押します。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

そうすると、次のような画面が表示されます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

ティックチャートの見方

BITPointのティックチャートは、直近10分間の約定価格の推移を示したものです。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方

ひと枠が1分間となっています。

ティクチャートの表示変更方法

ティックチャートでは、「通貨ペア」と「取引種類」、「価格の種類」をそれぞれ変更できます。

BITPoint (ビットポイント) のWEB取引ツールでのチャートの見方
選択できる「取引種類」と「価格」の一覧は次のとおりです。

取引種類別の価格種類
項目選択肢
取引種類現物取引、レバレッジ新規、レバレッジ決済
価格種類売+買、売 (Bid) 、買 (Ask)

『BITPoint ADVANCE (ビットポイント アドバンス)』でのチャートの見方

BITPoint (ビットポイント) ADVANCE
BITPoint ADVANCEでは、ユーザーがスピーディーに発注できるよう、チャートや板情報などの価格情報、注文・約定・ポジション情報、注文入力機能などを一画面に収めた画面表示になっています。

BITPoint ADVANCEを使ってチャートを見るには、次の手順で進めましょう。

BITPoint ADVANCE 全STEP
STEP1ログインする
STEP2右上に有る「ADVANCE」のバナーをクリックする

ログイン後、画面の右上に「ADVANCE」と書かれた小さなバナーがありますので、それをクリックしましょう。

BITPoint ADVANCE (ビットポイント アドバンス) でのチャートの見方

そうすると、次のような取引画面が表示されます。

BITPoint ADVANCE (ビットポイント アドバンス) でのチャートの見方

表示されたチャートには、単純移動平均と出来高が表示されています。

BITPoint ADVANCE (ビットポイント アドバンス) での表示項目を変更する方法

BITPoint ADVANCEのチャートの表示を変更する項目は、チャートの上部にあります。

BITPoint ADVANCE (ビットポイント アドバンス) でのチャートの見方

選択できる取引種類と価格・時間足・チャート種類は次のとおりです。

BITPoint ADVANCEの基本情報
項目選択肢
取引種類現物取引、レバレッジ
価格種類仲値、売 (Bid) 、買 (Ask)
時間足1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、日足
チャート種類ローソク足、一目均衡表

BITPoint ADVANCE (ビットポイント アドバンス) でのチャートの特徴

BITPoint ADVANCEで表示されるチャートは、基本的にWEB取引ツールの「価格チャート」で表示されるチャートと同じですが、次の2点が異なります。

  • 週足・月足がない
  • トレンドラインやメジャーラインを引けない

BITPoint ADVANCEでは短期のトレードを想定しているためか、ローソク足の時間足に「週足」と「月足」の選択肢がありません。また、チャート画面上にラインや図形を描画することができません。

BITPoint (ビットポイント) のチャートで一目均衡表を使う

BITPoint (ビットポイント) のチャートで一目均衡表を使う
WEB取引ツールまたはBITPoint ADVANCEで「一目平衡表」を選択すると、ローソク足チャートにさまざまな線が追加されます。そしてチャートの上部を見ると、次のように書かれています。
BITPoint (ビットポイント) のチャートで一目均衡表を使う

チャート基本情報
ラインの種類ラインの色
基準線 (26日) 黄色
転換線 (9日)
先行スパンA
先行スパンB
遅行スパンピンク

それぞれの文字色がラインの色と同じですので、どの線が何を示しているかすぐにわかるでしょう。ここでは、これらラインをどのように判断していくかについて解説します。

基本的な見方

一目均衡表のラインは、次の3つの視点で捉えてください。

転換線が基準線の上にあるか

紫色の転換線が黄色の基準線の上にあれば「買い」、下にあれば「売り」となります。

ローソク足は抵抗雲の上にあるか

抵抗雲とは、チャート上で網掛けされている「先行スパンAとBの間」のことです。
ローソク足が雲の上にあれば「上昇傾向」、下にあれば「下降傾向」だと言えます。ただし、雲の厚さが薄い場合は方向性が変わりやすいので注意が必要です。

遅行スパンが市場価格を上に抜いたか

ピンクの遅行スパンが市場価格を上に抜いたときは、「上昇」に転換したと判断します。逆に下に抜いたときは、「下降」に転換したということを示しています。

買いサイン、売りサインの例

先述した3つの視点をまとめますと、買いサインは次の3つの条件が揃ったときとなります。

  • 転換線が基準線の上にある
  • ローソク足が抵抗雲の上にある
  • 遅行線が市場価格を上に抜いている

売りサインは、買いサインの3つの条件がすべて逆になっているときです。

売り買いの優勢を知る

買い優勢」が、短期のものなのか長期のものなのかを推し量るには、次の3つを順番にチェックしましょう。

先行スパンAが先行スパンBの上にあるか

先行スパンAが上にあるときは、BITPointのチャートで「」が緑色に表示されます。これは、買い優勢が「長期的なもの」ということを示しています。

遅行スパンがローソク足を上抜けている

ピンクの遅行スパンがローソク足を上抜けているとき、買い優勢は中期的なものでしょう。

転換線が基準線を上抜けている

紫色の転換線が黄色の基準線を上抜けているとき、買い優勢は短期的なものと判断します。

トレンドともみあいの見分け方

各線が横ばいになりローソク足に絡んでいるときは、価格が上昇するか下降するか判断がつかない「もみあい」です。特に遅行線がローソク足に絡んでいるときは、長期間価格が変化していないことを表します。

逆に各線がローソク足から離れているときは、価格が方向性をもっている「トレンド期」だと判断できます。ローソク足と各線の距離が離れているほど、そのトレンドは強いと言えるでしょう。

BITPoint (ビットポイント) の『MT4』でのチャートの見方

BITPoint (ビットポイント) META Trader4 (MT4)MT4取引を行うときは、Meta Trader4を使います。Meta Trader4のチャートは、MetaTrader4を起動してログインするとすぐに見ることができます。

BITPoint (ビットポイント) での MT4のチャートの見方
チャートの表示を指定する方法を見ていきましょう。

通貨ペアを選択する

通貨ペアは、チャート画面左に表示されている通貨ペア一覧から選択しましょう。

BITPoint (ビットポイント) での MT4のチャートの見方

MT4取引の通貨ペアは、次の3種類です。

  • BTC/JPY
  • BTC/USD
  • BTC/EUR

チャートの形状を変更する

MT4では、チャートの形状を、次の3種類から選択できます。

  • バーチャート
  • ローソク足
  • ラインチャート

変更する際は、チャート上部にあるメニュー内の、チャートのボタンをクリックしましょう。

BITPoint (ビットポイント) での MT4のチャートの見方

左から、バーチャート、ローソク足、ラインチャートとなります。

時間足を変更する

時間足を変更する際は、上部のメニューから変更します。

BITPoint (ビットポイント) での MT4のチャートの見方

選択できる時間足は次のとおりです。

MT4の時間足
1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足

インディケーターを追加する

MT4取引では、チャートにさまざまなインディケーターを表示できます。

手順は、「挿入」>「インディケーター」>「 (挿入したいインディケーター名) 」と進むだけ。たくさんの種類のインディケーターがありますので、相場の動向を細かく分析できます。

BITPoint (ビットポイント) のスマホアプリ『Lite』でのチャートの表示

BITPoint (ビットポイント) Lite
BITPointのスマートフォンアプリ「BITPoint Lite」では、現物取引を行えます。ログインすると、すぐにチャートが表示されます。

BITPoint (ビットポイント) のアプリでのチャートの表示

チャートの表示を変更する方法

BITPoint Liteでは、「チャートの形状」と「時間足」、「通貨ペア」を変更できます。

BITPoint (ビットポイント) のアプリでのチャートの表示

それぞれの項目の選択肢は、次のとおりです。

チャート種類
項目選択肢
チャート種類ローソク足、ライン
時間足1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、日足、週足、月足

WEB取引ツールとは異なり、「一目均衡表」は表示できません。ですが、ライン表示に対応しています。時間足については、WEB取引ツールと同じ種類から選択できます。

▶ 『BITPointのMT4』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITPoint (ビットポイント) のチャートまとめ

BITPointのチャートには、さまざまな種類があることがお分かりいただけたと思います。

特に 現物取引とレバレッジ取引については、WEB取引ツールとBITPoint ADVANCEという2種類のツール、および合計3種類のチャートを利用できます。適切なチャートを選択して、取引に活かしてください

▶ 『BITPointのFX』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。


BITPoint (ビットポイント)

▶ 『BITPoint (ビットポイント) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!