【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

▶ 『Coinbase (コインベース) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

この記事のポイント
  • Coinbaseはアメリカの仮想通貨取引所
  • Coinbaseは仮想通貨交換事業者登録を目指している
  • 日本の在住者は取引を行えない(2020年7月時点)

アメリカの仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)。2018年6月に日本へ進出することが報道され、大きな話題となりました。今回は、Coinbaseの使い方について、画像付きで詳しく解説したいと思います。

editMEMO

2020年7月時点では、Coinbaseは日本在住者向けの取引サービスはありません。

Coinbase (コインベース) とは

Coinbaseは、アメリカのサンフランシスコに拠点を置く仮想通貨取引所です。2020年7月時点では、日本在住者向けのサービスは停止しており、売買は行えません。

そんなCoinbaseですが、取引できるプラットフォームは次の3種類があります。

対応プラットフォーム
プラットフォーム形式概要
Coinbase consumer販売所法定通貨で仮想通貨を購入できる
Coinbase Pro (GDAXから改名) 取引所個人向け取引所
Coinbase Prime取引所機関投資家向け取引所

注文板があったり指値注文できたりする、いわゆる「取引所」はCoinbase Proと機関投資家向けのプラットフォームCoinbase Primeで提供しています。

Coinbase.comからログインして利用できるのは、Coinbase consumerと呼ばれるプラットフォームです。これは、いわゆる「販売所」です。Coinbaseが販売価格を提示し、ユーザーはその値段で注文を入れます。

2019年3月現在、Coinbase consumerで販売している通貨は以下の8種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • ZCash (ZEC)
  • 0x (ZRX)
  • Basic Attention Token (BAT)

Coibaseで通貨を購入するときは、アカウントと銀行口座を紐づけて現金を使って売買を行います。Coinbaseは32か国でサービスを提供していますが、日本はサービス対象地域に入っていません。

しかし、日本の仮想通貨事業者登録を目指すとしており、将来的に日本へ進出する予定です。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

Coinbaseの口座開設方法を説明します。口座開設のステップは次のとおりです。

口座開設・登録のSTEP
STEP1アカウントを作成する
STEP2SMS認証を行う

なお、2020年7月現在、Coinbaseは日本在住者向けのサービスを提供しておりません。アカウントを作成しても通貨を売買できませんので、ご注意ください。

STEP1 アカウントを作成

まず、Coinbaseの公式ページにアクセスします。

画面中央にメールアドレスを入力するボックスがありますので、メールアドレスを入力し、「Get Started」をクリックしましょう。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

そうすると、名前とパスワードを入力する画面に変わります。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

次の項目を入力しましょう。

1. First Name (名)を入力
2. Last Name(姓)を入力
3. Choose a password (パスワード)を入力
4.「私はロボットではありません」にチェック
5.「I certify that I am 18 years of age or older, and I agree to the User Agreement and Privacy Policy.」にチェック
6.「Create Account」をクリック

すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

「Verigy Email Address」をクリックし、メールの認証を済ませませしょう。

SMS認証を行う

続いて、電話番号の登録画面となります。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

以下の手順で、進めましょう。

1. Country (国)を選択
2. 携帯電話番号を入力
3.「Send Code」をクリック

そうすると、登録した携帯電話に、SMSで確認コードが届きます。
確認コードを入力し、「Submit」をクリックしましょう。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

以上でアカウント開設は終了です。

Coinbase (コインベース) の使い方

Coinbaseにログインすると、次のような画面となります。

Coinbase (コインベース) の口座開設・登録方法

ここでは、画面の使い方を解説します。

使い方① Dashboard

ダッシュボードは、ログインしてすぐに表示される画面です。
ここでは「フォローしている通貨の24時間変動率」「ポートフォリオ」「最近のアクティビティ」が表示されます。

使い方② Buy/Sell

通貨の売買を行える画面です。2019年1月現在、「あなたの国ではこの機能はサポートされません」と表示が出ており、利用できないようになっています。

使い方③ Accounts

アカウント画面では、各通貨の送金や入金用のアドレスを確認できます。

使い方④ Tools

送金先のアドレスを管理したり、仮想通貨を定期的な購入/支払いを設定する画面です。

使い方⑤ Settings

アカウントに関する、以下のような情報を登録、管理します。

  • パスワードの変更
  • 個人情報の登録
  • 通知の設定
  • 二段階認証設定
  • Coinbaseにログインした履歴の確認
  • APIキーの管理

Coinbase (コインベース) の入出金方法

Coinbaseは、顧客の居住国によってサポートしている入出金方法が異なります。

例えば、アメリカの顧客に対してサポートしているのは、「銀行口座のリンク・デビットカード・電信送金」の3種類ですが、イギリスの顧客に対しては「銀行振込(ポンド・ユーロ)・3D Secureクレジットカード」となっています。

なお、日本居住者に対してはサービスの提供を行っていませんので、日本在住者の方は、Coinbaseに入出金することができません。

銀行口座での利用

Coinbaseを利用するには、基本的に銀行口座の紐づけが必要です。というのも、銀行口座をリンクしない状態では「仮想通貨の売却」が行えないからです。

銀行口座を利用する場合の着金日数と、手数料は次の通りです。

銀行口座
着金日数手数料 (※)
4~5営業日1.49%

(※)Coinbaseは、購入する毎に手数料がかかり、その手数料は入金方法によって異なります。

銀行口座を利用する際は、資金の着金に1週間ほど時間がかかることがデメリットです。

クレジットカードでの利用

Coinbaseでは、銀行口座の紐づけの他に、クレジットカードやデビットカードからの入金が可能です。クレジットカード・デビットカードを利用した時の、着金までかかる時間と手数料は、次のとおりです。

クレジットカード/デビットカード
着金日数手数料 (※)
即時3.99%

(※)Coinbaseは、購入する毎に手数料がかかり、その手数料は入金方法によって異なります。

クレジットカードは、銀行振込のように着金を待つ必要が無く、すぐに利用できることがメリットです。しかし、1週間に入金できる金額が200ドルと制限されていることと、購入手数料が約4%と高くなってしまう点がデメリットです。

Coinbase (コインべース) の入金方法

残念ながら、日本在住者の方はCoinbaseに入金することができません。Coinbaseに入金できるのは、サポートされている国に居住し、対応している銀行口座を持っている人のみです。

もし、対応している国に居住しているのであれば、次の手順で入金することが可能です。

1.「Settings」>「Linked Accounts」と進み、「Link a new account」ボタンをクリック
2.「Bank Account」をクリックし、自分が利用している銀行のアカウント名を入力
3.銀行のログイン認証情報を入力

Coinbase (コインベース) の出金方法

Coinbaseから法定通貨を出金させるには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • サポートしている州、または国に住んでいる
  • 身分証明書をアップロードしている

そのため、日本在住者の方が出金させることはできません。

Coinbase (コインベース) の買い方・購入方法

Coinbase (コインベース) の買い方・購入方法

残念ながら、日本在住者の方は、Coinbaseで通貨を購入することが出来ません。アカウントを作成しても、次のような表示になり、売買するメニューは選択できないようになっています。

Coinbase (コインベース) の買い方・購入方法
サポートされている国に住んでいる方の場合、Coinbaseで通貨を購入する手順は、次のようになります。

1.メニューの「Buy」をクリックします
2.購入する仮想通貨をクリックします
3.支払い方法を選択します
4.金額を選択します

そうすると、入力した内容を確認する画面が表示されます。この際に、2段階認証のコードを入力する必要がある場合があります。

「Confirm Buy」ボタンをクリックして、完了です。

Coinbase (コインベース) スマホアプリ Coinbase Wallet

Coinbase (コインベース) スマホアプリ Coinbase Wallet

Coinbaseでは、スマホ用のウォレットアプリ「Coinbase Wallet」を提供しています。

editMEMO

ウォレットとは
仮想通貨を保管する銀行口座のようなもので、スマホアプリ、Webブラウザ用、パソコン用、外部記憶装置など様々な形態があります。すべての仮想通貨を保管できるわけではなく、保管できる通貨はウォレットごとに異なります。

Coinbase Walletは、Coinbaseのアカウントを持っていなくても利用できます。さらに、利用料金はかかりません。iOS版とAndroid版がリリースされており、世界中の人が利用できるようになっています。

iOS版 AppStoreへ
Android版 Google Play Storeへ

対応通貨は、次のとおりです。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ERC20トークン
  • ERC721トークン

ご覧のとおり、イーサリアム系の通貨に特化したウォレットとなっています。

Coinbase (コインベース) の使い方 まとめ

いかがでしたでしょうか。Coinbaseは2020年7月時点では、日本在住者にサービス提供をしておりませんが、仮想通貨事業登録を目指しています。来たるべき仮想通貨事業者登録に備えてしっかり使い方をマスターし、Coinbaseが登録された場合有利に使えるようにしましょう!

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coinbase (コインベース) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!