• 米商品先物取引委員会がCoinbase、Bitstamp、ItBit、Krakenの四つの取引所の価格操作の疑いを調査

この記事のポイント

米商品先物取引委員会(CFTC)はCoinbaseBitstampItBitKraken四つの取引所に対す新たな調査を要求し、仮想通貨市場で不安を引き起こしている。

仮想通貨市場は完全に規制されていないため、非常に激しい価格変動、スプーフィング、マネー・ローンダリング、クジラ(大量ビットコインを持ち、市場に大きな影響を与える投資家)の影響など様々な問題が多くの投資家に知られているが、このような問題はCMEの先物取引(ビットコイン先物)を通し、伝統的な金融市場に浸透しているので、米当局が監査の強化を要求した。

editMEMO

スプーフィング |
IP通信において、送信者のIPアドレスを詐称して別のIPアドレスに「なりすまし」(英:spoofing)を行う攻撃手法のこと。

BitstampとKrakenは少なくとも、銀行とファンドとの関係に関しては、欧州規制に完全に準拠している。Coinbase (コインベース)とItBitもアメリカで合法化され、ItBitもさらにニューヨークでコンプライアンスを完了した数少ない取引所の一つである。上記の四つの取引所はKYC手順のような顧客の身元確認について管理も整えている。一方、実際に取引する場合には、ルールを緩く実行しているかもしれない。

editMEMO

KYC |
Know Your Customer(顧客情報)の略。口座開設の際に取引所側から求められる一連の書類手続のことを指す。