この記事のポイント
  • 仮想通貨の自動売買によく使われるPythonとは何か
  • Coincheckで自動売買をするための準備の手順
  • Public APIやPrivate APIの見方

仮想通貨は、何度も買いと売りの各注文を出す作業を求められる関係もあり、それを面倒と思う人も多いです。しかし、Coincheckでは、Pythonを使用することにより、自動売買が可能になり、別の仕事をしているときや食事しているとき、寝ている間も機械が勝手に注文を出してくれます。

仮想通貨に携わる人々にとって、Coincheckでの自動売買は画期的な機能と言えます。本記事では、仮想通貨の自動売買の方法を、Pythonの使い方も含め、画像付きで解説します。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

また本記事を読む前に 暗号資産(仮想通貨)取引所の総合比較ランキングをご覧になりたい方は、以下のページをご一読ください。

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

Coincheck (コインチェック) の自動売買で使用するPythonとは

Coincheckにおける仮想通貨の自動売買には、Pythonという機能がポイントになります。 しかしPythonはプログラミング技術のひとつであるため、精通していない人は講座を受けない限り、物にすることは難しいです

これを使用するメリットおよびデメリット、Pythonの使い方を学ぶうえでオススメの講座を紹介します。

Pythonを使うメリット

Pythonは初心者向けかつ高機能な言語が設定されており、多くの人に愛されています。

その関係もあり、人生初のデータ分析にPythonを使う人は多いです。 仮想通貨に限らず、気象、統計、化学などのデータを作るのにもPythonがよく利用されています

Pythonを使うデメリット

Pythonは、Webサイトのレイアウトを意味するフロント作りには向いていません。なぜならこれは、データ分析専用に近い設計であるからです。

また日本語によるサポートが少ないこともPythonの欠点と言えます。世界のプログラミング言語としては第三の人気を誇るとも言われるPythonですが、母国語の介在が少ない以上、敬遠する日本人もいます。

Pythonを学ぶうえでオススメの講座

Pythonを物にすることは、プログラミングを一から習わなければならないことを意味します。

「Udemy」では、Pythonの使い方をはじめ、プログラミング言語のいろはを最初から必要な分だけ学習できます。 中でも仮想通貨とPythonが関連づけられた講座を受ければ、プログラミングと仮想通貨を両立的に学べます

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

Coincheck (コインチェック) での自動売買の準備

Coincheckで自動売買をするなら、相応の準備が必要です。以下にCoincheckでの口座開設方法、APIキーの入手、ライブラリインストール、環境開発の構築といった手順を画像も交えて解説します。画像は全てPC版のものです。

Coincheck (コインチェック) で新規口座開設

新規登録をする

まずはCoincheckのトップページより、メールアドレスとパスワードを入力し、「新規登録」をクリックします。Facebookアカウントでの登録も可能です。 登録アドレスに送られたメールをチェックし、リンク先をクリックするだけで登録完了です

ログインする

コインチェック ログイン

トップページ上部のメニュー欄にある「ログイン」から「取引アカウント」にアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力のうえログインします。

本人確認資料を提出する

コインチェック 本人確認資料

本人確認書類を提出しないと利用できる機能に制限がかかります。 そのため、二つある緑色のボタンのうち上の方の「本人確認書類を提出する」をクリックします

認証する

電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックし、SMSから得た認証コード (6桁)をクリックし「認証する」をクリックしてください。

本人確認資料を提出する

コインチェック本人確認資料

こちらの画面より「本人確認書類を提出する」をクリックします。

同意し個人情報を入力する

すべての規約に同意する意思を表示するため6つの項目にチェックを入れます。「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

コインチェック個人情報入力

各種個人情報の必要事項を記入します。

自分の写真をアップロードする

自撮り コインチェック

免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書を見せている自分自身を撮った画像をここにアップロードしてください。

本人確認資料 コインチェック

こちらの二つのスペースも埋める必要があります。 自撮りに使った身分証明書の表と裏をそれぞれアップロードします

これで手続きは終了です。原則1~2営業日後に本人確認完了のメールが届いたあと、住所確認のハガキが届きます。

▶ 『Coincheckのログイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coincheck (コインチェック) APIキーの入手

コインチェックAPI

Coincheckにログインしたら、 「ウォレット」→「設定」→「APIキー」→「新たにAPIキーを追加する」とたどっていきます

コインチェックAPI

ログイン用パスワードを入力して、「OK」を押しましょう。

コインチェック シークレットキー

APIキーが発行されます。 承認は2~3日以内、コインチェックの登録から通算して3~5日以内です。アクセスキーやシークレットアクセスキーを必要に応じてコピー&ペーストする形で使ってください。

Coincheck (コインチェック) のライブラリをインストール

Coincheckのライブラリはgithubからダウンロードしインストールへつなげることができます

Coincheck (コインチェック) で自動売買する〜Pythonのダウンロード〜

これはPythonのダウンロードとインストールを意味しますので、その手順について解説します。

Python コインチェック

インストーラーは64bit用と32bit用に分かれていますので、まずは自身のパソコンのbit数を知ってから、黄色いボタンを押してダウンロードしましょう。

ここからはMacに基づいた手順です。

pythonインストール

続ける」をクリックします。このあと2枚目、3枚目と「続ける」を押して進みましょう。

ソフトウェア使用許諾条件に同意する必要があるという趣旨の説明を受けますので、「同意する」をクリックします。

python インストール

ここで「インストール」を押します。少し時間をおいて、下の画像が出るのを待ちましょう。

pythonインストール

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

Coincheck (コインチェック) で使う自動取引botを組んで自動売買する

Coincheckで自動取引botを組むことで、 あなたは仕事や学校の最中でも、食事中でも、寝ている間でも仮想通貨の取引を任せることができます。そのためのシステムを組む方法を画像付きで解説します。

サンプルプログラムを確認

Coincheckのライブラリをダウンロードすると、その中に「test.py」があります。それはAPIの使用方法を説明したもので、これを参考に必要な作業を進めてください。 Coincheckディレクトリの下にinit.pyと名づけられたファイルを追加すれば、「test.py」を開けます

アカウント認証

「coinCheck = CoinCheck」という文字列の後に(‘ACCESS_KEY’, ‘API_SECRET_KEY’)が 示されます。アクセスキーとシークレットキーはもちろん、Coincheckで入手したAPIキーに示されたそれぞれのコードですので、各所にコピー&ペーストしてください。

ライブラリのインポート

サンプルファイルの実行に必要な作業です。

import requests
import json
from pandas import DataFrame

上のような文字列があります。 「requests」「pandas」がともに外部ライブラリなので、それぞれ「pip install requests」「pip install pandas」を実行します

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

Coincheck (コインチェック) での自動売買〜Public API〜

ティッカー、全取引履歴、取引板情報、現在のレート算出、販売レートの5項目について説明します。

ティッカー

ここでは各種最新情報を取得できます。以下が見れる情報のリストです。

  • last・・・最後に買ったor売ったときの仮想通貨の価格
  • bid・・・一番高い買い注文の価格
  • ask・・・一番高い売り注文の価格
  • high・・・過去24時間で一番高い買い注文の価格
  • low・・・過去24時間で一番高い売り注文の価格
  • volume・・・過去24時間の取引量
  • timest amp・・・ただ今の時刻

全取引履歴

Coincheckに登録してから今までの全ての取引履歴を見られます。 pairは取引ペアを意味します。しかしその対象はビットコイン (btc_jpy)のみです

取引板情報

「asks」 (売り注文)と「bids」(買い注文)に分かれ、(数量)の仮想通貨を(1BTC分のレートはいくら)として買って (売って)ほしいという希望のリストが示されています。

現在のレート算出

「order type」を「sell」(売り)か「buy」(買い)に設定し、pair、amount (数量)、price (価格)を設定します。priceとamountはどちらか1つの指定です。

例えば、 sell、amountを0.1とすると、0.1BTCの売値が今いくら分かが分かります。値段指定ありの(逆)指値注文をしたいときの参考になります

販売レート

販売所のレートを取得します。そのまま「rate」の後に、coincheck指定の1BTCのレートが示されます。 このレートどおりに取引する成行注文をしたいときの参考になります

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

Coincheck (コインチェック) での自動売買〜Private API〜

Private APIでは、Coincheckにおける新規注文や、指値注文のキャンセル、さらに自分の現在の残高はいくらかなどをチェックできます。

新規注文 (POST)

新規注文の種類は以下のとおりです。rateを指定しない場合、成行注文になりますのでご注意ください。

新規注文の種類
order_type意味パラメータ
buy指値買い注文rateとamount
sell指値売り注文rateとamount
market_buy成行買い注文market_buy_amount
market_sell成行売り注文amount
leverage_buyレバレッジ取引で指値買い注文rateとamount
leverage_sellレバレッジ取引で指値売り注文rateとamount
close_shortレバレッジ取引で指値決済買いrateとamountとposition_id
close_longレバレッジ取引で指値決済売りrateとamountとposition_id

未決済の注文リスト (GET)

レバレッジ取引で買ったり、売ったりした仮想通貨のうち、まだ決済が済んでいないもののリストです。

注文のキャンセル (DELETE)

逆指値注文は出してから取引成立までタイムラグがあるため、その間なら新規注文ないし未決済の注文一覧IDを入力し、 そこで特定の注文を指定してキャンセルすることができます

取引履歴 (GET)

ユーザーのCoincheckでの取引履歴です。

保有ポジション (GET)

ユーザーがレバレッジ取引をした場合、これに基づいて注文した仮想通貨のポジションがリストアップされます。

「status:」の後で、”open’’か”closed”を示し、リストの開け閉めができます。

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

Coincheck (コインチェック) の自動売買 まとめ

Coincheckの自動売買にはPythonというプログラミング技術を交える必要があります。これは独学では難しく、仮想通貨に興味がある人向けのPython習得講座を受けることをおすすめします。

Pythonをダウンロードし、必要な設定を済ませたあとは、いよいよパソコンに仮想通貨の投資を任せることができます。

しかし完全に任せっきりだと、利益や損失が大きくなったり、トラブルなどで自動売買の機能が止まっていたりすることに気づかず、想定外の事態に見舞われることもあります。それを防ぐ意味でも、定期的なチェックは必要です。

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

 
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!