• Coincheckの特性と評判を知る
  • Coincheckのメリットは何か?
  • Coincheckのデメリットは何か?

この記事のポイント

かつて日本国内最大の取引所として、ユーザーに最も人気があったCoincheck。ネム流出事件を契機として、営業を停止していました。しかし、ようやく、2018年10月30日に、新規口座開設を再開することになりました。

このCoincheckの営業再開を心待ちしていたユーザーも多くいます。しかし、反面、「Coincheckって、大丈夫なの?」と言う疑問の声もあるようです。そこで、今回は、再開したCoincheckの評判、メリットやデメリットについて、ツイッター上の評判も含めて、もう一度、基本的な内容を整理してみましょう。

Coincheck (コインチェック) の評判〜概要〜

Coincheckとは
Coincheckは、2014年8月に運営がスタートした仮想通貨取引所です。2018年1月26日に起った、580億円相当の仮想通貨ネム流出事件は、日本中を震撼させましたが、マネックスグループの傘下となることで、Coincheckは、営業を継続できました。そして、新しく就任した勝屋敏彦代表取締役のもと、「世界最高水準のセキュリティーを目指す」仮想通貨取引所としてリニューアルし、10月30日より新規口座開設が再開されました。

現在の取り扱い通貨は、ビットコインをはじめ、9種類( 2018年12月現在 )です。しかし、同年6月18日までは、Zcash、Dashなどの匿名通貨と、未来予測に用いるAugurなどを含む、13通貨を売買していました。最近まで、国内取引所で、最も多くの通貨をあつかっていた取引所は、Zaifで、14通貨でした。しかし、Zaifもまた、ハッキングによって67億円相当を盗難されたことで、FISCOに運営が移行した際に、6通貨のみの取扱いとなりました。その結果、Coincheckが、再び最も多くの通貨をあつかう取引所に返り咲いたことになります。Coincheckで売買できる通貨は以下の通り。

ビットコイン (bitcoin/BTC)
イーサリアム (Ethereum/ETH)
リップル (Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)
イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)
ライトコイン (Litecoin/LTC)
ネム (NEM/XEM)
リスク (Lisk/LSK)
ファクトム (Factom/FCT)

現在、Coincheckは、金融庁の認可を受けていない“みなし業者”です。しかし、2018年12月19日付の日経新聞によれば、金融庁は、年内にはCoincheckを、登録業者として認める方向で進んでいるようです。一方、マネックスグループは、「現在、コインチェック株式会社の登録について、審査中ではありますが、登録に関して発表された事実はございません」とのコメントを発表しました。

また、Coincheckのユーザー数は、国内最大規模となる170万口座で、ユーザーインターフェイス(UI)の使いやすさが評判です。したがって、仮想通貨初心者には相性の良い取引所と言えます。

なお、Coincheckが、評判の良い理由の一つに、盗難補償のサービスがあげられます。万一、ハッキングにより、取引所から仮想通貨が盗難されたとしても、2段階認証をおこなっていた場合には、最大100万円までの補償を受けられるようです。

Coincheck (コインチェック) の評判〜メリット〜

Coincheckメリット
それでは、Coincheckには、どんなメリットがあるのか、3つの観点でピックアップしてみましょう。

すべての仮想通貨を日本円で買える

一つ目のメリットは、Coincheckで扱っている9種類の全ての通貨は、日本円で購入できるという点です。日本円で直接、全ての仮想通貨を購入できるのは、特に初心者ユーザーの方が安心できる点です。国内の取引所の中には、ビットコインは日本円で購入できるものの、イーサリアムなど、その他のアルトコインは、いったん、ビットコインを購入した後、そのビットコインで、あらためてアルトコインを購入しなければならない所もあります。このような間接的な売買方法を、BTC建(ビットだて)などと表現します。たとえて言うならば、Coincheckが、乗り換えなしの直通電車であるのに対し、BTC建の取引所は、一度違う電車に乗り換えをするような感覚ですね。

逆に、アルトコインを日本円で決済する際にも、BTC建の取引所は、“乗り換え”を必要とします。つまり、アルトコインを、いったんビットコインに替えて、そのビットコインで日本円と交換するということです。結局、BTC建でのアルトコイン購入は、手間がかかることと、手数料も2回発生するので、全ての仮想通貨を日本円で買えると言うことは、Coincheckの大きなメリットと言えるでしょう。

Coincheckの場合
日本円 → アルトコイン
日本円 ← アルトコイン

BTC建の取引所の場合
日本円 → ビットコイン → アルトコイン
日本円 ← ビットコイン ← アルトコイン

アルトコインの種類が多い

次に、Coincheckが取り扱っているアルトコインは、全部で8通貨で、国内取引所の中で、アルトコインの取り扱いが、一番多い取引所という点も、評判の良い理由の一つです。特に、ファクトムは、国内取引所において、Coincheckでのみ、購入が可能です。ファクトムは、2018年の12月、仮想通貨市場全体が低迷する中、価格が上昇した数少ない仮想通貨と言うことで、最近、評判になりました。ファクトムの価格上昇の背景には、時価総額世界第3位のマイクロソフトと提携を結んでいる点があげられます。このファクトムの特徴は、証券や登記簿など様々な書類を、ブロックチェーン上に記録させられる、分散型データ管理プラットフォームという点です。また、Coincheckでは、リップルやネム、リスクなどの売買もできるのは嬉しいですね。

UIが優れている

最後に、Coincheckは、早くからユーザーインターフェイス(UI)が優れた取引所として定評でした。PC上の取引画面も、わかりやすいですが、特にスマホアプリは、とてもシンプルで、斬新な横割り2段組の画面構成となっている点が評判です。その結果、初心者でも直感的に使うことができ、チャートに表示される価格変動の状況や、取扱通貨の現在の価格が、一画面で見られるのです。つまり、初心者が仮想通貨取引をする上で、迷うことなく操作することができる、評判のよいUIと言えます。

スマホアプリがシンプルなデザイン
横割り2段組の画面構成
一画面にチャートと現在の価格を表示

ちなみに、UIが優れている理由として、創業者で元代表取締役だった和田晃一良(わだ・こういちろう)氏が、元々、天才プログラマーと呼ばれ、「日本一使いやすい仮想通貨取引所」を目指して、アプリの開発をしてきたからのようです。特に仮想通貨初心者が、取引を行う場合、わかりやすく、見やすいという点は、必須です。したがって、シンプルでクールな、Coincheckの画面は、ストレスを軽減できるデザインのため、初心者ユーザーには使いやすいと言えるでしょう。事実、Coincheckが営業停止処分を受けている最中も、取引はCoincheck以外の取引所で行い、主要仮想通貨の値動きのチェックは、Coincheckのスマホ画面で確認する、というユーザーの話も聞こえるぐらい、評判のよいUIでした。

Coincheck (コインチェック) の評判〜デメリット〜

Coincheckデメリット

手数料が高い

しかし、Coincheckは、良いことばかりではありません。Coincheckのデメリットとして一番にあげられるのが、手数料の高さです。そもそも、仮想通貨取引に関する手数料は、種類もたくさんあります。この手数料を一覧にしてみると、以下のようになります。

スプレッド
取引手数料
入出金手数料
送金手数料
FX手数料
クレジットカード購入手数料

これら全てを説明すると、ずいぶん長くなってしまいますので、今回は、特に重要な「スプレッド」に絞ってまとめてみます。

まず、スプレッドのことを説明する前に、「取引所」と「販売所」に関して説明をする必要があります。「取引所」と「販売所」、初めての方には、同じように聞こえるかもしれませんが、じつは大きく違います。「取引所」と「販売所」の取引の違いは、取引する“相手”の違いです。「取引所」での取引は、取引所内のユーザー同士で売買を行います。一方、「販売所」での取引は、ユーザーが、仮想通貨取引所自体(販売所)と取引を行うのです。

つまり、「取引所」での売買では、買い手と売り手の間で、お互いの希望価格が合致するところで、売買が成立します。その結果、買い手が多く、売り手が少なければ、価格は上昇し、買い手が少なく、売り手が多い時には、価格が下落するのです。一方、「販売所」では、販売所が示す価格で、ユーザーが売買を行うので、販売所の希望価格をユーザーが受け入れる、と言う形で売買されるということです。いわゆる、販売所の“言い値”で、売買がなされる仕組みになっているのです。

取引所
ユーザー同士で売買を行う
販売所
ユーザーが、仮想通貨取引所自体と直接取引をする

では、スプレッドとは、何でしょうか?一言で言えば「売値と買値の差額」のことです。このスプレッドの差額が、取引所の主な収入源となっていて、ユーザーとしては、手数料を払っていることと同じです。下の画像をみてください。GMOコイン販売所のビットコイン1BTCの購入価格と売却価格が表示されています。同じ1BTCですが、売値と買値の差額が8,284円であることがわかります。この差額がスプレッドで、誰かが販売所から1BTC購入し、即座に売却したとすれば、GMOコインに手数料として8,284円を支払うことになるのです。

Coincheckが、ネム保有者約26万人に、580億円もの膨大な金額を、自己資産のみで完済ができたのも、Coincheckが、この手数料で大きく利益をあげていたからだと言われています。しかし、手数料の高いCoincheckは、ある程度、売買に慣れてきた中級以上のレベルのユーザーからの評判は良くないようです。

さて、このスプレッドは、「取引所」にも「販売所」にも両方あるのですが、「取引所」のスプレッドは、ほぼ0に近いので、取引時に神経質になる必要は、あまりありません。しかし、「販売所」でのスプレッドは、GMOコインの例にもあげたとおり、とても高いのです。そして、このスプレッドの幅は、各取引所によって違いがあり、Coincheckの場合、他の取引所に比べて幅が大きく、手数料が高いと言われるのです。この手数料の高さは、値動きの緩急によっても左右されますが、数パーセントから10パーセントはあると言われていて、Coincheckの大きなデメリットと言えます。

取引所にはビットコインしかない

また、Coincheckで扱う9通貨のうち、「取引所」で売買できる通貨は、ビットコインしかありません。残りのアルトコインは全て、「販売所」での売買しかできない点が、デメリットの2番目です。では、どうして「販売所」での売買が、デメリットとなるのでしょうか?Coincheckで扱っている仮想通貨は、全部で9種類です。つまり、ビットコインと、残りのアルトコインが8種類。この中で、取引所で売買できるのはビットコインのみで、残りのアルトコインは全て「販売所」での売買となるわけです。 つまり、Coincheckは、アルトコインの数は多いものの、その分、取引をする時には、販売所での取引となるので、高い手数料を支払うことになってしまうのです。これが二番目のデメリットです。

積立ができない

三つ目のデメリットは、Coincheckでは、積立することができないことです。「積立」とは、毎月、決まった金額のビットコインを購入して積立てる、資産構築の方法です。この方法は「ドルコスト平均法」と言う考えに基づいています。

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。

ドルコスト平均法の投資は、ボラティリティーの大きい仮想通貨市場における、リスク分散の手法として有効です。一定金額の日本円で購入するので、価格が上昇している時は、購入量が少なく、下がっている時は、購入量が増えていきます。いちいちチャートに貼りつく必要もないし、情報収集の煩雑さからも解放されるので、初心者には適した投資法と言えます。ただし、この積立が利用できるのは、現在のところ、bitFlyerのみで、現時点では、Coincheckでは、積立は出来ません。

以上、Coincheckのメリットとデメリットを三つずつ、ピックアップしてみました。

Coincheck (コインチェック) のいい評判・口コミ

Coincheck (コインチェック) の悪い評判・口コミ

まとめ

Coincheckまとめ

CoincheckはUIと言う観点では、相変わらず人気があるようで、使いやすさと言う点で、他の仮想通貨取引所に勝っていると言う印象を受けます。したがって、これから仮想通貨を始めようとする人や、始めたばかりの初心者ユーザーの方にとっては、使い勝手の良い取引所だと言えるでしょう。

Coincheckは、ハッキング被害を受け、国内の仮想通貨市場の下落を誘引した取引所と言うマイナスイメージがあります、しかし、今後、金融庁によって認可された「登録業者」となることで、お休みしていたユーザーを呼び戻したり、新しいユーザーの獲得をできると考えられるので、下落相場の仮想通貨市場が、反転上昇するきっかけになるかもしれません。

今後のCoincheckに期待したいですね。