この記事のポイント
  • Coincheckの本人確認では個人口座の場合、電話番号と本人確認書類が必要
  • 必要事項や提出書類に不備が見つかった場合は再提出になる
  • 本人確認ハガキを受け取って、本人確認が完了する
取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!

Coincheckは国内で最も多くの仮想通貨を取り扱っている取引所です。 取引所自体も見やすく、使いやすい設計がされており、Coincheckは初心者にとってもおすすめの取引所です。

今回はCoincheckで本人確認をする方法を解説します。トラブルや書類の不備で、本人確認がうまくいかない場合の対処法も解説します。

Coincheck (コインチェック) の本人確認に必要な準備物

Coincheckでは口座開設の際に、本人確認をする必要があります。 Coincheckはネム流出事件の後に金融庁の指導が入り、セキュリティ体制をさらに盤石にしました。なりすましや二重登録など不正を防ぐために、口座開設の際には厳しい検査が入ります。また20歳未満や75歳以上、日本国外に居住する人については、口座開設を受けつけていません。

また 個人口座と法人口座の新規開設では、本人確認のために必要書類や準備物が異なります。以下の項目にてくわしく説明いたします。

個人の場合

個人の口座開設の場合、以下の2点が必要です。

  • 電話番号
  • 本人確認書類

電話番号については、SMS確認をするために必要です。登録した電話番号あてに認証番号が送られます。また本人確認書類は、以下のいずれかの書類が必要です。

  • パスポート (顔写真ページと住所ページの両方必須)
  • 在留カード (裏面も必須)
  • 特別永住者証明書 (裏面も必須)
  • 運転免許証 (裏面も必須)
  • 運転経歴証明書 (裏面も必須。交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード (裏面も必須)
  • マイナンバーカード (裏面は除く)

ほとんどの本人確認書類では、裏面の住所記載などの面も提出します。裏面を記載していない人はこの機会に記入しましょう。

法人の場合

法人の場合、以下の3点の書類がすべて必要です。

  • 法人名義の口座通帳の表紙の写し
  • 発行から6ヶ月以内の登記簿謄本等の写し
  • 取引担当者の免許証またはパスポート等で写真付のものを、本人が一緒に写るように撮影した写真 (IDセルフィー)

法人で口座開設をする場合は、個人の口座開設よりも厳しい審査が必要になります。法人の存在を証明する書類法人名義の通帳の写し、さらには取引担当者の証明書類と顔写真が必要です。以上のうち 1点でも不備がある場合は再提出が求められる場合があります

Coincheck (コインチェック) の本人確認の大まかな流れ

Coincheckの本人確認の流れは以下になります。

Coincheck 本人確認 全STEP
STEP1電話番号認証(済んでいない場合)
STEP2重要事項の承諾
STEP3必要事項の入力
STEP4本人確認書類の提出(書類とIDセルフィーのアップロード)
STEP5本人確認ハガキの受け取り

はじめの口座開設の段階ではSTEP4まで行います。 STEP4の本人確認書類の提出が完了した後にCoincheckによる審査が入ります。書類や必要事項に不備がなければSTEP5で本人確認ハガキが郵送されます。ハガキを受け取ることでCoincheckの口座開設が完了し、すべての機能を利用可能になります。

IDセルフィーとは?

IDセルフィーとは、欧米で主流の本人確認方法です。 顔写真付きの本人確認書類と、登録者本人の顔が同時に入った写真を指します。本人確認書類の顔写真の面と本人の顔が同時にうつることで、オンライン上であっても制度の高い本人確認が可能になります。

IDセルフィーを取るときに大事なことは、 本人確認書類を持つときに文章面や顔写真が隠れないように、気をつけることです。顔の一致がしなければ、IDセルフィーは再提出になります。また、書類がぼやけていてはっきり見えていない場合も、IDセルフィーは再提出になります。

本人確認書類と本人の顔が同時にはっきりうつるように、明るい場所でIDセルフィーをとりましょう。

STEP1 Coincheck (コインチェック) 本人確認 電話番号認証

Coincheckで本人確認をするために、最初に電話番号認証をします。上のメニューから「電話番号認証」を選択します。すでに電話番号認証が完了していれば、次の項目に進みます。
Coincheck(コインチェック)電話番号認証1
電話番号の欄にあなたの使用する電話番号を入力しましょう。「SMSを送信する」を押すと、記入した電話番号あてにSMS認証番号が送られます。SMS認証番号を認証コードの欄に入力して「認証する」を押しましょう。
Coincheck(コインチェック)電話番号認証2
SMS認証が完了すれば電話番号認証済みの画面に代わります。

account_arrow_min

STEP2 Coincheck (コインチェック) 本人確認 重要事項の承諾

Coincheck(コインチェック)各種同意事項
上の欄から本人確認を選択します。「サービス利用における各種重要事項の承諾について」の項目が表示されます。重要書類が記載されているので、必ず目を通してから下のチェック欄にチェックを入れます。

ここですべての欄にチェックをいれることは、各種重要事項にすべて同意したことになります。しっかり契約をする意味でも、必ずすべての重要書類に目を通しましょう。 すべての項目にチェックを入れた後、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」を押すことで重要事項の承諾は完了です。

account_arrow_min

STEP3 Coincheck (コインチェック) 本人確認 必要事項の入力

Coincheck(コインチェック)本人確認情報入力
本人確認事項を入力します。入力事項は以下になります。

  • 種別/個人か法人
  • 氏名(フルネーム)
  • カナ氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 居住国
  • 郵便番号
  • 自宅住所(本人確認書類と同じものを都道府県から記入)
  • ビル、マンション名等
  • 職業
  • 主な利用目的

入力可能な事項については、すべて埋めるようにしてください。虚偽の記入をした場合、口座開設ができないことがあります。
入力後、下にスクロールして本人確認書類のアップロードに進みます。

account_arrow_min

STEP4 Coincheck (コインチェック) 本人確認 アップロード

IDセルフィー本人確認書類の両面をアップロードします。それぞれの項目で保存済みファイルから写真を選択するか、カメラ機能がある端末なら写真を撮ることも可能です。
Coincheck(コインチェック)IDセルフィー
IDセルフィーの写真を提出します。
Coincheck(コインチェック)本人確認書類表面
本人確認書類の表面を提出します。
Coincheck(コインチェック)本人確認裏面
本人確認書類の裏面を提出します。
Coincheck(コインチェック)PEPS確認
また下に「外国PEPS」の欄があるので、該当しない場合はチェックを入れます。記入欄とアップロード欄を埋めたことを確認して「次へ」を押します。最後の確認画面でOKを押します。
Coincheck(コインチェック)本人確認完了メール
Coincheckによる本人確認書類の審査に入ります。審査には1~2営業日ほどかかるようです。審査が完了して不備がない場合、メールで本人確認ハガキの発送メールが届きます。

account_arrow_min

STEP5 Coincheck (コインチェック) 本人確認 ハガキの受け取り

Coincheck(コインチェック)本人確認ハガキメール
本人確認ハガキを受け取った後、メールで受け取り確認メールが届きます。早ければ数日で、遅ければ1~2週間かかるようです。ハガキを受け取れない場合には不在通知が届きます。再配達依頼をして確実に受け取りましょう。受取人は本人以外でも、家族の方でも問題ありません。

本人確認ハガキを受け取れば、本人確認はすべて完了です。

Coincheck (コインチェック) で本人確認することで利用できる機能

Coincheckでは本人確認の段階で利用可能なサービスが増えます。対応する段階は以下の通りです。

本人確認することで利用できる機能
  • 本人確認をする前
  • 本人確認書類をアップロードしてハガキを受け取る前
  • 本人確認書類を受け取った後

それぞれの段階で利用可能なCoincheckのサービスを紹介します。

本人確認を行う前

Coincheckで本人確認を行う前の段階では、 サービスの閲覧 アフィリエイト機能が利用可能です。この段階ではできることが少なく、仮想通貨を取引を使用と考えている人は、本人確認を早めに行いましょう。知人やあなたのメディアで紹介をしてアフィリエイトする予定なら、本人確認を行う前でも利用可能です。

本人確認の書類をアップロードし、ハガキを受け取る前

本人確認書類をアップロードしCoincheckの審査が完了した後は、 日本円入金 仮想通貨売買が可能になります。ハガキを受け取るまでは日本円の出金はまだ未対応ですが、すばやく仮想通貨の売買を経験したい人はこの段階でも日本円の入金が可能なので、取り組むこともできます。

数日から1、2週間後にはハガキが届き、日本円の出金も可能になります。ハガキを受け取り後に日本円の入金をする選択肢もあります。

本人確認のハガキを受け取った後

本人確認ハガキを受け取り後は、 Coincheckの全機能が利用可能になります。日本円の入出金はもちろん仮想通貨の売買も可能です。仮想通貨取引で得た利益を、日本円でCoincheck口座から出金もできます。仮想通貨の入金出金もできるので、ほかの取引所から仮想通貨を移動させてもいいです。Coincheckで購入した仮想通貨を、外部アドレスに出金することもできます。

海外の取引所の利用を考えている人は、Coincheckのように日本の取引所で仮想通貨を購入して、外部アドレスに送るようにしましょう。

Coincheck (コインチェック) の本人確認に失敗した場合

ハガキが届かない

Coincheckから 本人確認ハガキが届くまでには数日~2週間ほどかかります。日数によっては待つこともあります。またCoincheckのサイトからハガキの郵送の有無を確認できます。 「本人確認」 のステータスを確認して 「3、住所確認のためハガキをお送りしますのでお受け取りください」 の項目になっていて、Coincheckからハガキが郵送されている人には、項目の横にお知らせ番号が記載されます。

番号をクリックすると郵便局のサイトから発送状況を確認できます。

身分証の再提出を求められた

IDセルフィーがぼやけている場合や、本人確認書類がはっきり映っていない場合には、 身分証の再提出が求められることがあります。また記入した必要事項と本人確認書類の相違が発覚しても身分証の再提出になります。

再び本人確認に時間を費やしてしまうので、一度目の本人確認で確実に不備がないようにすると、スムーズに仮想通貨取引をはじめられます。

Coincheck (コインチェック) の本人確認が完了するまでの時間の目安は?

Coincheckでの本人確認が完了する目安は、 書類審査では2営業日ほどかかります。また書類審査が完了して本人確認ハガキが届くまでには数日~2週間ほどかかる予定です。通常であればすばやく本人確認は完了しますが、Coincheckに新規登録者が殺到している場合には、2週間ほどかかるとみていいいでしょう。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。