眞船 美香

金融サービスに関する評価基準と広告開示要件
私たちは常にバイアスがかからないような各種金融サービスの評価・レビュー・ランキング付けを心がけています。そのため、私たちが行うサービスに対する種々の見解や意見・まとめに関して、私たちのクライアントであるどの金融サービス機関との金銭的癒着からは独立して運用しております。詳しくは私たちがいかにして金融サービスをレビューしているかのレビュー・評価ポリシー及び私たちがいかにして収益をあげているかの広告に関する開示要件をご確認ください。
閉じる
眞船 美香
(Mika Mafune)
dotmedia Inc.
概要
暗号資産投資家でもあり、Head of Owned Media Divisionでもあります。オーストラリアのシドニーより、海外の暗号資産に関する情報や英語文献をもとに日々リサーチを行なっています。 2012年から共同通信社で宮内記者会の記事インターンとして参画し、その後は小学館のCanCamで編集アシスタントを経験します。大学卒業後は、メルセデス・ベンツ日本の文献課に所属し、車種カタログやそのほか英語文献などの添削・編集業務を行いました。2017年に電通へ入社し、海外ネットワーク強化のためのマーケティング・コミュニケーションを担当し、ウェブ電通報をはじめとするオウンドメディアに日本語と英語の両方で記事執筆・投稿を行いました。
ポジション・役職
Head of Owned Media Division
所在地・居住区
シドニー、オーストラリア
出身大学
CCE, The University of Sydney、獨協大学 国際教養学部 言語文化学科

暗号資産投資家でもあり、Head of Owned Media Divisionでもあります。オーストラリアのシドニーより、海外の暗号資産に関する情報や英語文献をもとに日々リサーチを行なっています。

2012年から株式会社共同通信社の記者インターンとして、皇室に関する取材などを行う宮内記者会に参画しました。その後、株式会社小学館でファッション・ライフスタイルマガジンCanCamの編集アシスタントとして、撮影や取材の手配、原稿のチェック、写真の選定、レイアウトのディレクション等を行いました。

またビジネスサイドでは、メルセデス・ベンツ日本の車種カタログをはじめとする、さまざまな文献の編集・翻訳作業を経験しています。2017年には、株式会社電通へ入社し、グローバル・ビジネス局にて海外ネットワークのマーケティング・コミュニケーションを担当、海外での電通グループとしての実績や活躍をオウンドメディアのウェブ電通報に執筆、投稿を行いました。

過去執筆事例

2019/06/24
グリーン・イズ・ザ・ニューブラック&電通シンガポール、アースデイ(地球の日)にプラスチック汚染の啓発動画『プラスチック塩』を発表

2019/05/31
BC & F Dentsu、2019年エフィーAPACで五つのメダルを獲得

2019/02/05
シンガポール発、報告されていない児童虐待「暗黙の真実」キャンペーンを実施

2018/12/03
タイ発 アルツハイマー患者を救う『MEMO_o_ke』キャンペーン

学歴

CCE, The University of Sydneyにて英文ライティングを修了しました。獨協大学 国際教養学部 言語文化学科を卒業しました。

コメント

小説家のマルセル・プルースト氏の「The real voyage of discovery consists not in seeking new lands but seeing with new eyes. - 真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。」という言葉があります。私は、常に新しい目で見ることを意識し、その中にある発見を大切にしています。世を前進させるのも、そんな人々の新しい目であると信じています。暗号資産の一投資家として、また編集者として、ひとりでも多くの方へ新しい、楽しい発見をお届けできたらと思います。

【ご注意】ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク、法令・税制変更等のリスクがあります。『Kasobu』における仮想通貨売買に関する情報はあくまでも本サイト単体の見解によるものであり、情報の真偽、仮想通貨の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また『Kasobu』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な仮想通貨の価値や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで本サイトによる予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資をご検討の方は、金融庁の「暗号資産の利用者のみなさまへ」を必ずお読みになり、投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でお願いいたします。また『Kasobu』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

取引値、並びに全市場の価格・出来高・売買代金に関しては、約20分遅れで表示しています。実際に取引を行われる際には、各取引所にて取引値を確認してください。

【名称について】2019年5月31日に資金決済法と金融商品取引法の改正が可決・成立したことをうけ、「仮想通貨」は「暗号資産」への名称変更が行われました。本サイトでは、現在、暗号資産/仮想通貨の両方の名称でのニーズがあることを踏まえ、一部「仮想通貨」の名称を継続して使用させていただく場合がございます。市場において、新名称のニーズが大半を占めると判断できるようになった際には、本サイトにおける名称を「暗号資産」に統一させます。
kasobu.com & market.kasobu.com is part of the dotmedia publishing family