取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
この記事のポイント
  • 取引所のトークン保管はリスクが高い
  • Copayは日本語対応で操作しやすい
  • マルチシグネチャ機能を搭載しており高いセキュリティを実現している

取引所に保管していた仮想通貨が流出してしまって取引に使ったり出金できなかったりする事件の発生などで、トークンの安全な保管の重要性を認識した人も多いはずです。しかし、実際どのウォレットを使用すべきか大半の人は悩むでしょう。

Copayは、 複数のウォレットや共有管理をするユーザーに利点の多いウォレットアプリであり、ICOの代理店販売などの際に良く使用されています。

そもそもウォレットアプリとは?

仮想通貨のトークンホルダーやこれから仮想通貨に投資しようと考えている人の中には、ウォレットアプリという単語を聞いたがある人も多いでしょう。仮想通貨におけるウォレットとは、保管する場所という認識で、ウォレットにはいくつか種類が存在します。

トークンをウォレットではなく取引所にそのまま置いておくユーザーもいますが、仮想通貨はデジタルデータであり、仮想通貨取引所にはユーザーのデータが膨大に保管されているため、ハッカーの標的となりやすいです。
ウォレットアプリを使用すれば、安全で簡単にトークンを保管することができます。

PCアプリ

PCのウォレットアプリは「デスクトップウォレット」と呼び、PCにソフトウェアをダウンロードして、秘密鍵で管理することになります。

しかし、アプリがインストールされたPCがないとウォレットにアクセスできず、PCを持ち歩くことが手間になることが多いです。

▶ 『デスクトップウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スマホアプリ

スマホで管理できるモバイルウォレットは「モバイルウォレット」と呼び、PCアプリと比較すると持ち運びやすさを実現してます。利便性の高さがメリットですが、スマホは紛失しやすく、PCアプリとの互換性を備えていないウォレットが多いデメリットもあります。

▶ 『モバイルウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Copay (コーペイ)の概要

PCアプリとモバイルアプリにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、Copayが持つ特徴はそれらを解決へと導きます。
Copayは、bitpay社の運営するウォレットの1つで、デスクトップウォレットとモバイルウォレットに対応しています。対応しているトークンは、ビットコインとビットコインキャッシュとなっています。

Copay (コーペイ)のメリット

Copayでビットコインやビットコインキャッシュを保管するメリットは、他のウォレットにはない特徴を多く有しているからです。
各特長を細かくみていきます。

Ios/Android/Windows/Mac/Linux と対応端末が多い

Copayは、Ios、Android、Windows、Mac、Linuxなど、対応している端末が豊富です。既存のウォレットアプリでは、対応端末が限られている場合が多く、Copayは大幅に利便性を高めていることが確認できます。

日本語対応で操作性も高い

Copayのインターフェイスは日本語に対応しています。日本人にも使いやすいシステムとなっています。

オープンソースによるシステムの改良・監視強化

Copayは完全なオープンソースのウォレットです。オープンソースとは、ソースコードと呼ばれるシステムの元を公開している状態のことを指し、誰でも自由にCopayにアクセスすることができます。オープンソースでシステムの開発や管理がなされているので、システムのバグや仕様変更に対応しやすい側面を有しています。

スマホ用アプリとPC用アプリの連携が可能

Copayは対応している端末が多く、スマホ用アプリとPC用アプリとの連携を秘密鍵を共有するだけで可能となるので、複数のユーザー間でアカウント管理が可能となります。外出時にはスマホ用アプリを使用し自宅ではPC用アプリを使用するという、シーン別での利用が可能となります。PCとスマホの両方に対応しているウォレットアプリの数は少なく貴重なアプリであることが確認できます。

複数のウォレットを簡単に作成できる

Copayでは1人が複数のアカウントを所持することができます。これは、端末別に1つのアカウントではなく同一端末で複数のアカウントを持つことが可能です。よって同一銘柄の管理を使用用途別に分けて管理することが可能となります。アカウント共有と並行して利用すれば組織で共有するアカウントを使用別に管理することができます。

マルチシグネチャ機能を搭載している

Copayは、マルチシグネチャ機能を搭載しています。マルチシグネチャ機能とは、同一のアカウントを複数の秘密鍵で管理するシステムのことです。マルチシグネチャでは、トークンの送金の際の有効で、1つの秘密鍵が漏洩してしまった場合でも複数全ての秘密鍵が送金成立には必要なので、高いセキュリティを可能にしています。

スマホとPCによる2段階認証など安全性向上

マルチシグネチャ機能を搭載することで、二段階認証の設定が可能になります。よって、PCからアクセスした場合でもスマホでの認証が必要となるので、トークンの流出などのリスクを軽減します。ネム流出で大きな騒動になったコインチェック社は、マルチシグネチャ機能を採用していなかったことが原因でした。

友人などと共有ウォレットとして使える

マルチシグネチャ機能を搭載は、セキュリティ面の向上だけでなく、共有ウォレットを友人などと使用することも可能です。複数のユーザー間でそれぞれが各自の秘密鍵を持ち共同でアカウントを管理するので、ウォレットを共有している誰かが鍵を盗まれても、ウォレット情報の流出は1人以外が恣意的な結託をしない限り起こりません。

Copay (コーペイ)のデメリット

Copayは、ウォレットアプリとして多くのメリットを有してしますが、使用用途によってはデメリットも存在します。

ビットコインとビットコインキャッシュの2種類にのみ対応

デメリット1つ目は、ウォレット対応通貨がビットコインとビットコインキャッシュの2種類である点です。その他の通貨も管理したい場合のユーザーには適しません。

bitpayのデビットカード機能は日本では現在使用不可

Copayはbitpayに統合されているのでシステムはほぼ一緒ですが、デビットカードに対応してない点がbitpayと唯一違う点です。bitpayのデビットカードに対応している店舗などでは、デビットカードでビットコインやビットコインキャッシュでの決済が可能です。しかし、ヨーロッパとアメリカ以外でのサービスが停止となったため、日本では使うことが現在はできません。

Copay (コーペイ)の使い方


スマホ用でもPC用でも登録から使い方のフローはほぼ同じなので、今回はスマホ用のアプリの手順の進め方を例にします。

ウォレットアプリとしてCopayの使用を選択する場合に関して、インストールから使い方までをまとめておきます。インストールに関しては、公式サイトにアクセスし、使用するデバイスを選択してダウンロードできます。

初期設定

ダウンロードしたアプリを開いて「始めよう」をクリックします。

ビットコインに関するいくつかのページが続きますので、それを「分かりました」をクリックして進めます。

新規ウォレット作成方法

ビットコインの説明ページの最後に「ビットコインウォレット作成」をクリックする画面が出てきたら、「ビットコインウォレット作成」を選択します。

Passwordを設定しますか?」という質問がきますので、「はい」を選択します。

はい」を選択すると「Enter a password to encrypt your wallet」と画面に切り替わるので、そこで自分のパスワードを入力します。(パスワードは忘れないようにメモ必須です)

すると、パスワードは確認として2回目を入力する画面になるので、同じパスワードを入力します。

ウォレットが作成されました」という画面に進み、メールアドレスの登録画面になります。送金発生時のメールアドレスを入力するところにメールアドレスを入力し、「BitPay社からのニュースなどを受け取ります」にチェックを入れ、「Continue」を選択します。

次に「ウォレットをバックアップ」をクリックする画面に移るので、「ウォレットをバックアップ」を選択します。

すると「見られていませんか?」と書かれた画面に移るので「分かりました」を選択します。

復元フレーズのスクリーンショットをしないことを忠告する画面に移るので、「承知しました」を選択します。

丁寧に紙に復元フレーズを書き留めて下さい」という画面に進むので、紙に書き留めて、「紙に書き留めました」を選択します。

紙に書き留めました」を選択すると、もう一度復元フレーズの確認を求められるので、再度、紙に書き留めた復元フレーズを入力します。

ビットコインウォレットがバックアップされました」という画面に進めるので、下部の「分かりました」を選択します。

その後、利用規約にチェックを入れる画面に進むので、利用規約を読んで、チェックを入れ、「承諾して終了する」を選択します。

これで、ウォレット作成は完了です。

入金方法

ビットコインウォレットが完成しました」という画面になり、下部にアイコンが出現します。そのアイコンの「受取」を選択します。

するとウォレットアドレスが出現します。そのアドレスをコピーして、アドレス宛にビットコインがある取引所から送金します。

送金方法

送金も入金と同様で、下部アイコンの送信を選択し、受取先のビットコインアドレスを入力するか、下部アイコンのスキャンを選択しQRコードをスキャンし、数量を入力するだけです。

まとめ

Copay (コーペイ)は簡単にウォレットを作成することができ、ウォレットを複数人で管理したり、1人が複数のウォレットを所持することができます。また、スマホ用とPC用アプリとの連携が可能なのでシーンを限定しないメリットも有しており、利便性の高いウォレットです。ビットコインやビットコインキャッシュのトークンホルダーで安全に管理したい人は持っておきたいウォレットです。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。