取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • 仮想通貨投資の始め方が理解できる
  • 仮想通貨の購入や売却の仕方がわかる
  • 仮想通貨投資をする上で知るべき知識がわかる

メディアで取り上げられることが多くなってきた仮想通貨。株やFXなどと比べても非常に簡単に行えるので、価格の変動さえ気をつければ初心者にもおすすめの投資になります。

今回は、仮想通貨投資を始めたいと思っている方が、スムーズに仮想通貨投資を行えるように、必要な知識や手順を紹介していきます

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨を始める上での基礎知識

まずは、仮想通貨を始める上で基本となる知識を知ることから始めましょう。

日本円や電子マネーとの違いは

仮想通貨とは、インターネットの中で取引をすることのできるデジタルな通貨です。デジタルな通貨と聞くと、電子マネーなどを思いだす人が多いですが、仮想通貨は電子マネーとは全く別の存在です。

わかりやすいように分けると以下のようになります。

  • 電子マネー・・・法定通貨がデジタル化されている
  • 仮想通貨・・・・法定通貨ではない

それでは各々の違いについて具体的に見ていきましょう!!

電子マネー

電子マネーの場合
所在デジタル
管理者国家
国境あり

suicaやPASMOに代表される電子マネーは、日本円などの法定通貨をチャージすることで使用できます。つまり紙や金属で出来ている日本円などをデータにして保管しているだけなのです。

電子マネーもデジタルな通貨ですが、法定通貨の一種の管理方法でしかありません。

仮想通貨

仮想通貨の場合
所在デジタル
管理者有志
国境なし

一方仮想通貨は、法定通貨ではないデジタルな通貨です。 どこかの国が発行や管理をしているわけではなく、世界中にいるユーザー全員が管理をしている通貨です

仮想通貨は使っている人全員でルールを決めて運営をすれば、中央に位置する存在や、紙や金属などの物質もいらないという考えからスタートしました。

これらを可能にしているのはブロックチェーンという技術によるものです。ブロックチェーンについては、また後ほど解説をしていきます。

▶ 『仮想通貨の入門知識』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のセキュリティ

仮想通貨は、国が発行している法定通貨ではなく、世界中の有志により管理運営がされていると前述しました。そこで、ひとつ心配になるのが、セキュリティの部分です。

国が運営をする法定通貨は、国が法律でルールを定めてくれているが、国が関与していない仮想通貨は安全なのか?と疑問を持つ方は大勢いるでしょう。

そこで、仮想通貨のセキュリティを担保しているブロックチェーンについて解説していきたいと思います。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のセキュリティ・安全性比較情報』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、インターネット上で管理されている、取引記録の台帳のことを言います。 取引記録の台帳がブロックのように1つにまとまり、それが、チェーンのように連なっていくような仕組みになっているため、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンは、世界中の有志全員が管理者として、そこに記録されたものを監視することができます。それにより誰かが取引記録を改竄しようとしても、すぐに発見されてしまうため、現在の技術では不正が不可能と言われています。

このブロックチェーン技術には数多くの暗号をやりとりしながら運営がされていることから、海外では仮想通貨は暗号通貨と呼ばれる方が一般的です。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨以外にも使われていく

もともとは、この技術がビットコインの取引記録を改竄不可能な状態で保存していくために用いられたのが仮想通貨の始まりでした。

仮想通貨のブロックチェーンは決済記録を保存するために使われていますが、仮想通貨以外にも応用は可能で、データとして保存することが必要なあらゆるもので使われていくとも言われています

例えば近年、政治家の文書改竄問題がありましたが、ブロックチェーンで文書を保存していれば、このようなことも防げると言われています。

不動産の情報や保険、はたまた個人の成績などもブロックチェーンで管理しようとする動きが世界中で広がってきています。

通常の台帳とは何が違うの

ブロックチェーンと通常台帳との違い
保存方法ブロックチェーン通常の台帳
記録者複数の機関1つの機関
監視者全員1つの機関
改ざんの可能性全員が監視しているのでできない機関次第では可能性あり

銀行などの金融機関では、取引記録は中央に存在する機関が全て管理を行なっています。そこで不正が行われていても、外部からは監視する術がなく、発見するのが難しくなります。発覚したころには何年も経っていたというようなことになるでしょう。

ブロックチェーンという技術のスタートであるビットコインは、このようなデメリットを防ぐために生まれたと言われています。

なぜ仮想通貨の今後・将来性は?

仮想通貨という言葉がなぜ急速に広まっているのかを見ていきましょう。ブロックチェーンという技術に対する注目度もさることながら、やはり価格の高騰が、世の人々の注目材料となっているといえます。

市場の爆発的な成長

世界初の仮想通貨であるビットコインが初めて商品と交換されたのが2010年の5/20でした。ピザ2枚の25ドルと10,000BTCが交換されたのが歴史的な出来事として有名です。つまり、1BTCあたり0.2円だったというのが最初の価格です。

それが2017年12/17には1BTCあたり2,227,388円を記録しました。およそ1100万倍に価格が跳ね上がりました。

特に2017年は1BTC10万円から200万円まで成長したので、投機目的での参入者が非常に増えた年でした。

▶ 『仮想通貨の高騰理由』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

今後も成長する保証があるわけではない

仮想通貨が今後も成長していくかどうかは預言者でもない限り誰にもわかりません。しかし株式市場やFXなどの他の投機市場と比べると、まだまだ圧倒的に小さな市場であることは間違いありません。

日本やアメリカのように世界的にも信用度の高い法定通貨を持っている国は少数派で、数多くの国が自国の通貨に対して不安を抱えているのも事実です。

そうなったときに国境などの境をもたない仮想通貨が、正式な国の通貨として使われるようになる可能性もあります。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の2020年』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

初心者を始める人におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨投資や取引を初めてみたいという方に、初心者におすすめの取引所を紹介していきます。

おすすめは以下の3つの取引所です!!

おすすめの仮想通貨取引所
  • Coincheck
  • GMOコイン
  • bitbank

それでは各取引所の魅力について詳しく見ていきましょう!!

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!
Coincheck 比較ポイント
手数料登録手数料無料!入出金手数料も銀行振込で無料に! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール注文やチャートが一つになった便利なトレーディングビュー! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応優れたUIで初心者から投資上級者まで幅広い人気! ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨リスクやファクトムなど国内では珍しいコインも含めた10種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティ基本的なセキュリティ対策はもちろんのこと、複数のセキュリティ会社を通じて信頼性・安全性の監査を実施! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性オンライン証券大手のマネックスグループが運営! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーン最大20,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中 ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る

詳しい比較情報を見る

ユーザー数・取引量ともに圧倒的にNo,1!2019年3月にマネックスグループ入りを果たし、名実ともに日本最大級の仮想通貨取引所です。

スマホアプリはとても使いやすい設計をされていて、アルトコインは日本最大の9種類の取扱で500円から購入可能なので、初心者の方がデモトレード感覚で始めるには最適な取引所。

仮想通貨を始めるならCoincheck!

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダードな取引所
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!
GMOコイン 比較ポイント
手数料登録手数料無料!即時入金、出金手数料も無料! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツールWebTrader、TradingViewの2種類を完備! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応幅広い層から評価の高い公式アプリ「ビットレ君」! ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨ビットコインやイーサリアムなど厳選の5種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティコールドウォレット管理はもちろんのこと、24時間365日の監視体制やグループ会社との連携でセキュリティを強化! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性100社以上もの企業を抱える東証一部上場のGMOインターネットグループが運営! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーンスプレッドの大幅縮小キャンペーン実施中 ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る

詳しい比較情報を見る

GMOコインは、IT大手のGMOインターネット株式会社の子会社が運営をしている仮想通貨取引所です。

大手の運営になるので、セキュリティ面には信頼が置けるなど初心者にとってオススメの取引所の一つです。

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitbank (ビットバンク)

bitbank 比較ポイント
手数料登録手数料・入金手数料が無料! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール注文やチャートが一つになった便利な「Trading View」! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応生体認証搭載でいつでもどこでも使いやすいアプリ! ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨人気のリップルやモナコインを含めた6種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティ仮想通貨の出金の際は外部セキュリティ会社の承認が必要など、高いセキュリティ対策を実施! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性大物起業家の廣末紀之氏のビットバンク株式会社運営! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーンマイナス手数料キャンペーン実施中 ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る

詳しい比較情報を見る

bitbankは『取引所』方式での仮想通貨交換業を行なっている取引所です。

『取引所』方式とは、ユーザー同士による売買の斡旋を行なっている取引所のことを言います。一方、『取引所』から直接購入する形式のものは『販売所』と呼ばれています。

どちらも大枠では取引所と表記するため混乱しがちですが、覚えておくといいでしょう。

▶ 『bitbank (ビットバンク) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『bitbank (ビットバンク) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨を始めてから購入までの流れ ~ Coincheck (コインチェック) ~

Coincheck はじめ方 全STEP
STEP1アカウントを登録
STEP2作成アカウントにログイン
STEP3本人確認書類を提出
STEP4ハガキを受取る
STEP5口座に日本円を入金
STEP6購入する

STEP1 Coincheck (コインチェック) のアカウントを登録

コインチェック アクセス
まずは、Coincheckのホームページにアクセスしましょう。アクセスしたら、メールアドレスとログイン時に使用するパスワードを入力しましょう。入力が完了しましたら、新規登録ボタンをクリックしてください。

メールアドレス確認
新規登録ボタンをクリックすると、入力したメールアドレスの確認が行われます。

確認メールURLクリック

登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、開いてURLをクリックしてください。これで、アカウント登録は完了です。

次は、登録したアカウントの本人確認作業を行いましょう。

account_arrow_min

STEP2 Coincheck (コインチェック) の作成アカウントにログイン

本人確認を行う
確認メールのURLをクリックすると、Coinchekへのログインが完了します。Coincheckにて仮想通貨取引を行う前に、本人確認を行いましょう。本人確認書類の提出を行いますので、本人確認書類を提出するボタンをクリックしてください。

account_arrow_min

STEP3 本人確認書類の提出

まずは電話番号認証を行う

電話番号登録
本人確認書類の提出を行うには、まず電話番号の登録を行う必要があります。ご自身が使用している携帯の番号を入力して、SMSを送信するボタンをクリックしましょう。SMSに記載されているURLをクリックすると、電話番号の登録が完了します。

本人確認書類の提出画面へ進む

本人確認ページへ
電話番号認証を完了したら、次は本人確認書類を提出します。メニューの本人確認ボタンをクリックしましょう。

本人確認書類を提出・アップロードする

本人確認書類提出
個人情報を入力し、本人確認書類を提出しましょう。免許証やパスポートの場合、裏表をアップロードしてください。

各種重要事項を確認する

重要事項確認
本人確認と同じように、メニューから重要事項の承諾を選択してクリックしてください。クリックすると、重要事項が表示されていますので、左側の空欄をクリックして各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用するボタンをクリックしましょう。

account_arrow_min

STEP4 Coincheck (コインチェック) からハガキを受取る

本人確認書類を提出すると、コインチェック社による審査が行われます。無事審査が完了すると、アカウントが認証され、仮想通貨取引を行うことができます。ハガキが郵送されますので、到着を待ちましょう。

STEP5 口座に日本円を入金

コインチェック
画面左端のメニューから『日本円を入金する』をクリックします。

コインチェック 入金
このように専用の振込口座が表示されるので、入金したい日本円の額を振込んでください。

※ID番号が表示されます。SBIで振り込む場合は必ずID番号を入れてください。IDを入れないと手間がかかる場合や最悪入金されない可能性があります。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の入金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

STEP6 購入する

コインチェック 購入
購入は非常に簡単です。
左端のメニューから、『コインを買う』を選択し、画像の画面に移動します。
購入したい通貨を選んで希望枚数を選び購入するを押せば完了です。

※アルトコインは日本円のみならずビットコインでの購入も可能になっています。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の売買』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨を始めてから購入までの流れ ~ GMOコイン ~

まずGMOコインの取引所開設方法を画像付きの手順で説明していきます。

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダードな取引所
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!
GMOコイン はじめ方 全STEP
STEP1口座開設
STEP2メールアドレスを登録
STEP3パスワードの設定と個人情報入力
STEP4本人確認書類の入力と提出
STEP5日本円の入金
STEP6仮想通貨の購入(現物取引)
STEP7仮想通貨の購入(販売所)

それでは具体的に見ていきましょう。

STEP1 口座開設


まずは、GMOコインのトップページから、口座開設をクリックしましょう。

▶ 『GMOコインの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

STEP2 メールアドレスを登録


メールアドレスを入力して、チェックボッスクにチェックを入れ、無料口座を開設します。

もしくは、FacebookのアカウントかGoogleアカウントでも口座開設は可能です。


口座を開設するとメールが送られてくるので、メールに記載されたリンクからアクセスすると上の画像のようにパスワードの設定画面になります。

こちらの画面でパスワードを入力し設定を完了させます。

account_arrow_min

STEP3 パスワードの設定と個人情報入力


次に個人情報の入力です。全ての項目を入力し、登録を完了させましょう。

account_arrow_min

STEP4 本人確認書類の入力と提出


最後に本人確認書類の提出をしましょう。

運転免許証や保険証などを写真に撮って、アップロードをするか、受け取り時に本人確認をするかを選択できます。

公的な書類なので、書類の受け取り時に在宅が必要になります。宅配ボックスなどが無いところに住んでいる方は、受け取り時に確認するのがやりやすいのでオススメです。


口座開設書類を受け取り、トップページにある口座開設コードの部分にコードを入力することで完了になります。

申し込みが完了することで日本円の入金が可能になります。

account_arrow_min

STEP5 日本円の入金

▶ 『GMOコインの入金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

即時入金


サイドバーから入金をクリックしましょう。

該当するネット銀行を持っている場合は、即時入金が便利です。銀行を選択すると、入金の手続きができます。

振込入金

振込入金をクリックすると、専用の振込先口座情報が見れます。

この口座にATMなどで振込をすることで、GMOコインの口座に日本円が入金されます。振込人名義を間違いないように注意しましょう。

account_arrow_min

STEP6 仮想通貨の購入(現物取引)


仮想通貨の購入は画像のような手順で行います。

①現物取引をクリック

サイドバーにある現物取引をクリックしましょう。

②取引したい通貨を選択

クリックすると通貨を選ぶことができます。

③売り買いを選択し、取引する枚数を入力

売るのか買うのかを選択し、枚数を入力しましょう。

④取引するレートを選択、または成行で行うかをチェックする

取引する仮想通貨のレートが何円になったら取引が約定されるのかを設定します。また、成行 (現在のレートで即決済すること) の設定はチェックボックスにて行うことができます。

⑤確認画面で最終確認

最後に『確認画面へ』をクリックし、取引手続きを進めましょう。

▶ 『GMOコインの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

STEP7 仮想通貨の購入(販売所)

取引所での購入が難しいと感じる方や、すぐに仮想通貨が欲しい人は販売所の方で購入をしましょう (売買スプレッドがあるので、取引所よりは割高です。)

①販売所をクリック

まず、サイドバーから販売所をクリックしましょう。

②通貨を選択

次に取引したい仮想通貨を選択します

③金額指定か数量指定で売買

金額を指定して取引をするか、数量を指定して取引をするかを決めましょう。

金額指定では何円分のBTCを購入という形になり、数量指定ではBTCを何枚購入というような形になります。

④売却か購入を選択

最後に、売却をするのか、購入をするのかをクリックしましょう。

▶ 『GMOコインの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

次にbitbankでの登録方法を解説していきます。登録方法に関してはGMOとほとんど同じです。

仮想通貨を始めてから購入までの流れ ~ bitbank (ビットバンク) ~

次はbitbankを例に解説していきます。

bitbank はじめ方 全STEP
STEP1口座開設
STEP2メールアドレスを登録
STEP3パスワードの設定と個人情報入力
STEP4本人確認書類の提出
STEP5 入金先口座情報を開く
STEP6振込先口座を確認する
STEP7取引画面を開く
STEP8注文を出す

およそ国内の取引所であればどこも同じSTEPですので、ぜひ参考にしてください。

それでは具体的に見ていきまししょう。

STEP1 口座開設

まずはトップページから無料口座開設を選択しましょう。

account_arrow_min

STEP2 メールアドレスを登録


このようにメールアドレスの画面が出てきます。こちらに登録するメールアドレスを入力しましょう。

メールに送られてきたリンクからアクセスし手続きを進めます。

account_arrow_min

STEP3 パスワードの設定と個人情報入力


この画面でパスワードを設定します。


個人情報を入力し、次に進むをクリックしましょう。


こちらも入力が完了したら、確認を選択してください。

account_arrow_min

STEP4 本人確認書類の提出


個人情報の登録終了後は、本人確認書類の提出です。画像のようにアップロードをクリックします。


運転免許証や、保険証などの確認書類を写真に撮ってアップロードをしましょう。アップロードが完了すると、審査が行われ、ハガキが郵送されます。

そのハガキを受け取ることで口座開設が完了します。

account_arrow_min

STEP5 入金先口座情報を開く


まずは、ログインした最初の画面より、右上に位置する『入金する』をクリックします。

日本円で入金する場合は、以下の画像のように『入金』というボタンをクリックしましょう。

bitbank (ビットバンク)
上の画像の画面に移ったら、日本円の『入金』をクリックしましょう。

bitbank (ビットバンク)
上のように、ビットバンクの顧客入金用口座の情報が出てきます。こちらの口座に任意の額を振り込むことで、日本円の入金が完了します。

bitbankの入金において注意をしなくてはいけないのが、振込依頼人名義の部分です。ご自身の名前を入力するだけでは入金ミスが起きてしまう可能性があります。必ず指定された文字列を入力することを忘れないようにしましょう。

入金反映がされない場合はサポートセンターに連絡をすることで、一応の解決をしてくれるようですが、反映までに時間がかかるのは避けられません。

account_arrow_min

STEP6 振込先口座を確認する

日本円を出金する方法についてを解説していきます。

bitbank (ビットバンク)
上の画像のように、左のサイドバーから出金をクリックしましょう。


日本円の出金をクリックすると上の画像のように銀行を指定する画面が出てきます。

銀行口座を登録することで、出金口座を選択できるようになります。


新規登録をクリックし、口座情報を入力しましょう。

bitbank (ビットバンク)
口座の登録が完了したら、上の画像の手順で出金申請を出しましょう。これで、入金と出金は可能になります。

次に取引を行う方法について解説していきます。

account_arrow_min

STEP7 取引画面を開く


bitbankはトップページが取引画面になっています。

左上で取引をする通貨を選択し、右側の四角で囲った場所で注文を行うことができます。

account_arrow_min

STEP8 注文を出す


注文は画像の手順で行えます。

①指値と成行の選択

指値と成行の違いを、詳しくは次のセクションで説明しますが、ここで選択できます。

②売買を選択

取引が仮想通貨を売却する取引なのか、購入する取引なのかを選択します。

③価格、数量を入力

指値の場合は、価格と数量を入力します。

成行の場合は、価格の入力欄が省略され、数量のみになります。

④注文する

『注文』ボタンを押す事で取引注文が完了します。

仮想通貨の注文方法~指値注文・成行注文~

仮想通貨の主な注文方法には以下のようなものがあります。

仮想通貨の注文方法
成行注文取引所の市場価格に基づき値段を指定せず、数量のみを指定する注文方法のことです。指定した数量に基づき、約定レートが自動で算出されます。
指値注文値段と数量を指定する注文方法のことです。価格が指定したレートに達し、数量がマッチングしたタイミングで約定します。
逆指値注文値段と数量を指定する注文方法のことです。基本的には指値注文と同じ仕組みですが、現在レートよりも不利なレートを指定することから逆指値という名前がついています。
OCO注文利益確定と損切りの注文を同時に発行できる注文方法のことです。片方の注文が約定すれば、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。
IFD注文新規注文と決済注文を同時に発行する注文方法のことです。IFDは「If Done」の略称のことで、「もし注文が約定したら、同時に決済注文も出す」という意味が込められています。
IFDO注文IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のことです。注文が約定した後、利益確定の注文と損切りの注文の2つが発行され、決済時には約定しなかった片方の注文が自動でキャンセルされます。

その中でも特によく使うのが『指値注文』と『成行注文』。

指値注文とは、通貨の価格と枚数を指定して取引をします。例えば、こちらが購入した場合に、指定した価格で売却してくれる人が現れた時に取引が成立します。こちらの希望枚数に到達するまで、指定した価格で売却してくれる不特定多数の人と取引をしていきます。

指値注文の場合、希望枚数を全額購入仕切るまでに時間がかかるというデメリットがあります。

▶ 『指値』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

反対に成行注文とは、現在取引されている相場で即座に取引をすることです。すぐに仮想通貨が手に入りますが、急な価格変動が起きた際に希望枚数を購入しきれない場合などもあります。

▶ 『成行』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

指値注文は無駄なく取引ができるのに対し、成行注文はスピードが重視された取引という違いがあります。仮想通貨取引以外にも、投資商品のトレードにはよく出てくるワードなので必ず覚えておきましょう。

初心者の方は複雑な指値注文よりも成行注文で、まずは売買の感覚を掴むことから初めてみましょう。

取引所での仮想通貨の買い方をもっと詳しく解説!

板の見方

bitbankのような取引所方式で仮想通貨の交換ができるところでの売買は、初心者のうちは難しく感じると思います。

bitbankの例をもとに、取引板の見方を解説していきます。

買い注文と売り注文


取引板には、指定された価格での購入、売却の注文が並んでいます。

今市場では、どれくらいで購入したい人がいて、どれくらいで売却したい人がいるのかを把握することができます。このバランスがチャートを形成し、相場が生まれてきます。

この板に表示されている値段をクリックする事で、その値段と枚数が注文画面に自動入力されます。手動で入力するのではなく、リアルに取引されている値段を入れることで取引がスムーズに進みます。

仮想通貨を売却(売る)・現金化する方法

仮想通貨を日本円に替える

JPYとペアになっている通貨に替える

仮想通貨を日本円に替えるには、まずJPY (日本円) と取引可能な通貨に交換しましょう。ほとんどの取引所では、BTCやETHは日本円と取引可能です。


bitbankでは画像のようになっています。

BTC,MONA,XRP,BCCはそのまま日本円と交換できますが、それ以外の通貨は一度ビットコインにしてから日本円に交換しましょう。

通貨を売却して日本円に交換する

ビットコインなどの日本円と交換できる通貨にしたら、BTC/JPYの板でビットコインを売却しましょう。売却した枚数のレート分の日本円が口座に入ります。

日本円を出金する

bitbank (ビットバンク)
口座に日本円が入ったら、上の画像の手順で出金申請を出しましょう。営業日の日数によりますが、口座に入金されます。

仮想通貨での借金のリスク

仮想通貨の投資で借金を背負ってしまわないか?と心配になる方は多いと思います。

仮想通貨投資で借金を背負いたくない場合は、自分の今持っているお金だけで、現物取引をするように心がけましょう。

自分の今持っているお金

仮想通貨投資をする際に、カードローンなどで借金をして、そのお金で取引をすれば、損をした時に借金が残ってしまいます。

当たり前ですが、借金をして取引するのではなく、自分の持っている余剰資金で始めることで借金を防ぐことができます。

レバレッジ取引をしない

レバレッジ取引とはFXなどにもある、自分の持っているお金以上の取引を行うことができる制度です。レバレッジ取引では失敗すると追加証拠金というものが発生してしまい、それが借金になるというケースが多いです。

仮想通貨でもレバレッジ取引が可能な取引所は数多く存在しますが、これらをまず行わないことで借金のリスクを取らないことが可能です。

レバレッジ取引可能な取引所でも、借金にならずに資金が0になった時点で損切りがされるところもあります。

▶ 『仮想通貨とレバレッジ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨を始める・購入するときは、「ウォレット」でリスク管理をしよう!

仮想通貨の仕組み自体は、ブロックチェーンというセキュリティにより担保されているので、ハッキングされて、構造が壊れることは今の所心配ありません。

しかし、あなたが保有している仮想通貨がハッキングによって誰かに奪われてしまうリスクに対してはしっかりと対策を取りましょう。

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨を保管するための「財布」の役割を持つ「ウォレット」選びはセキュリティを意識する上で非常に重要です。

ウォレットは「ホットウォレット」と「コールドウォレット」に大別され、二つは更に以下のようなウォレットに細かく分けられます。

ホットウォレット 種類
ウェブウォレット仮想資産をウェブ上で管理します。取引所での管理はこちらに分類されます。
モバイルウォレットスマートフォン端末上で仮想通貨を管理します。
デスクトップウォレットPC端末上で仮想通貨を管理します。

▶ 『ホットウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

コールドウォレット 種類
ペーパーウォレット仮想通貨を守る秘密鍵を紙面上に保存します。ハッキングなどの不正アクセスには強いのですが、物理的紛失に関しては注意が必要です。
ハードウェアウォレット仮想通貨を守る秘密鍵をオフライン端末で管理します。オンラインから離れて文字通り「財布」のように仮想通貨を管理します。

▶ 『コールドウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

おすすめはハードウェアウォレット

さらに、セキュリティを強化したい方は、スマホアプリではなく、ハードウェアウォレットも検討してみてください。

ハードウェアウォレットは、USBメモリのような保存機器で管理します。完全にインターネットから切り離されるのでセキュリティが高くなります。

中古のハードウェアウォレットは、パスワードなどが一新されていない可能性があり、前に使っていたユーザーがアクセスできてしまう可能性があります。なるべく中古のハードウェアウォレットは使わないようにしましょう。

▶ 『ハードウェアウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

おすすめのハードウェアウォレット「Ledger Nano S (レジャーナノS)


LedgerNanoS (レジャーナノS)

LedgerNanoSは代表的なハードウェアウォレットであり、 これ一つで国内取引所全ての仮想通貨に対応しているだけでなく、他のウォレットとの連携機能も兼ね備えるなど、初心者から上級者まで幅広い人気を誇っています。

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

今から仮想通貨を始めても大丈夫?

仮想通貨を今から初めても大丈夫なのか?という疑問は後をたちません。

ここでは、どのように判断をするのかを解説していきます。

仮想通貨市場のピークは2017年なの?

なぜ仮想通貨の市場が2017年がピークと言われているのかというと、当然最高値を記録した年だからでしょう。そこから急落に価格が落ちていったため、仮想通貨市場はもう終わりなのではないか?と思った方も多いと思います。

しかし、歴史を見れば、このような急落は何度も起きています。価格が大きかったために印象として残りましたが、2013年から2014年に掛けては、1BTCの値段が110,000から18,240まで下落しています。割合だけで見れば、6分の1です。

そこから数年の年月を経て価格が110,000を超えています。このような事例からも、まだまだどうなるかは分かりません。

2028年にはビットコインの95%以上が市場に出尽くすと言われています。これは新規の発行量が少なくなることなので、供給量が減り、さらに価格があがっている可能性が高いです。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今後や2020年の見通し』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

2019年以降、仮想通貨は金融商品として普及していく可能性

仮想通貨は金融商品としては、まだまだ小さな市場です。世界中の投資家たちが現在株やFXなどに投入している資金が、1%でも仮想通貨に移動するだけで、今の市場の数倍にまで膨らむと言われています。

特に注目すべき点は、ETFと呼ばれる投資商品の一部にビットコインが認められると自動的に、投資家たちのお金も流入してきます。このETF承認はもはや時間の問題と言われており、承認されれば再び仮想通貨の市場は伸びる可能性が高いでしょう。

ブロックチェーンという技術の進歩

ブロックチェーンの技術が様々なところに応用されることで、市場が大きくなる可能性も秘めています。

例えば、株というものがなくなり、会社の価値をブロックチェーンを使った独自の仮想通貨 (トークンと呼ばれるもの) で測るような会社も増えてきました。

大手の会社が独自のトークンを発行し、それがブロックチェーンで管理され売買される時代になれば、仮想通貨市場がさらに発展する兆しになるでしょう。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨投資を始めたら勝率を高めよう

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は仮想通貨に関するニュースなどによる、価格変動を分析する方法です。仮想通貨の大きな価格変動は、ほとんど仮想通貨関連のニュースが関係しています。例えば取引所のハッキングや、仮想通貨発行元の企業が提携するなどのニュースです。

取引所がハッキングされた場合価格が下がりやすく、企業と提携すれば価格が上がりやすくなっています。仮想通貨関連のニュースは海外サイトが早いので、海外のサイトを定期的に見るのがオススメです。

テクニカル分析

テクニカル分析は仮想通貨のチャートにおける過去の値動きから、今後の値動きを予想する方法です。テクニカル分析は為替取引や株式取引でもよく用いられ、様々なサイトで分析方法を紹介されています。

しかし、仮想通貨市場はまだまだ小さいです。大口投資家による取引で傾向を無視して、大きく価格変動する場合があります。仮想通貨取引を行う場合は、ファンダメンタルズ分析と併用するのがオススメです。

より利益を生み出す投資方法

投資額を大きくしよう

投資では投資額を大きくすればするほど、損益が大きくなります。少ない資金で少しずつ投資すれば堅実に稼げますが、資金を増やすためには効率が悪いです。資金が増えて投資にも慣れ始めたら、投資する金額を大きくしましょう。

ただ、稼ぐ利益が増え始めると途中で資金を引き出してしまいたくなります。投資する資金が減ると利益を増やす効率も落ちるので、投資を行う時は目標資金を設定し、投資の効率を落とさないようにしましょう。

レバレッジ取引・FXに挑戦する

仮想通貨の値動きに慣れたらレバレッジ取引やFXに挑戦し、効率よく資金を増やしましょう。レバレッジ取引やFX取引では、買いだけでなく売りでもポジションを保有できます。売り相場でエントリーできれば、利益を増やすチャンスが増えます。

さらに、レバレッジ取引では自分が保有する資産以上の資金を動かして取引可能です。利益が増える分損益も増えるので、十分投資に慣れてから行いましょう。

ビットコイン以外の銘柄も購入しよう

ビットコインは仮想通貨の代表格で、人気のある通貨です。すでに資金が集まって1BTCあたりの金額が高いため、大きな価格変動は起こりづらくなっています。

ビットコインにだけ資金を入れていると機会損失に繋がるので、他の仮想通貨に資金を分散させましょう

また、資金を分散させておくとリスクの分散にもなります。効率よく安全に仮想通貨投資を行うなら、ビットコイン以外の通貨にも投資しましょう。

仮想通貨リップル (Ripple/XRP) の始め方

リップルは仮想通貨の投資家に人気のある通貨です。2017年の仮想通貨バブルでは、時価総額ランキングが一時2位を記録しています。2019年9月時点では価格が安いので、これから仮想通貨投資を始める方は注目してみましょう。

リップル (Ripple/XRP) とは

リップルはアルトコインの一種です。 アルトコインとはビットコインの欠点を補うために開発された通貨で、ビットコイン以外の仮想通貨を指しています。法定通貨の国際送金を迅速かつ低コストで行えるのが、リップルの特徴です。

2019年9月時点での時価総額は、2位のイーサリアムに次いで3位を記録しています。今後リップル社が大手銀行と提携すれば、需要が高くなり価格も上がると期待できます。1XRPあたりの価格がビットコインやイーサリアムに比べて安いので、今後の値動きに注目してみましょう。

リップル (Ripple/XRP) の買い方と始め方

始め方1 取引所に登録する

リップルを購入するには、まずリップルを取り扱っている取引所を探します。国内だとbitbank・コインチェック・GMOコインなどが取り扱っているので、リップルに興味がある方は登録しておきましょう。

仮想通貨を取引する場合は取引所で口座開設し、アカウントを作成します。

口座開設したら本人確認を済ませて、仮想通貨を取引できる状態にしましょう。

始め方2 入金する

本人確認が済むと、完全にアカウント登録が完了します。 アカウント登録が完了すれば取引できるので、まずは日本円を取引所に入金しましょう。日本円の入金は取引所によって反映時間が異なるので、日本円が反映される時間を確認してください。

日本円が入金されたら、取引所でリップルを購入します。仮想通貨の取引方法は取引所形式と販売所形式があるので、なるべく取引手数料の安い取引所形式を利用しましょう。

仮想通貨を始めた場合、税金ってどうなるの?

仮想通貨で利益が出た場合、現在の日本の法律では雑所得として扱われます。雑所得は、会社員などの給与所得者の場合、年間20万円以上の利益が出ると確定申告をしなくてはいけません。

取引を頻繁に行なっている方の場合は、税理士などのプロに任せてしまった方が早くすみますが、その分の費用もかかってしまいます。

頻繁にトレードを行うのであれば、取引記録をしっかりと保存しておきましょう。ほとんどの取引所では、履歴がダウンロードできるような配慮がなされています。

▶ 『仮想通貨の税金ガイド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

仮想通貨やブロックチェーンの技術は今後世界を大きく変える可能性を秘めています。そのため、仮想通貨に今からでも投資をすることは決して遅くなく、むしろ早いくらいだったと言えるようになるかもしれません。

ただし、当然投資にはリスクがつきます。借金をしないように投資をすることもできますが、つい目先の利益を狙って余剰資金以上のものを投資してしまうのが人間です。

まずは取引所に登録し、少額かつもっとも基本になるビットコインを購入してみることで仮想通貨がどのようなものかを確かめることから始めるとよいでしょう。

▶ 『仮想通貨取引所』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。