取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • コールドウォレットで保管することで、ハッキングや不正アクセスを防げる
  • 紙で管理するペーパーウォレットと物理デバイスで管理するハードウォレットの2種類がある
  • マルチシグを使用することでより安全に仮想通貨を管理出来る

取引所コインチェックから580億円相当の仮想通貨が流出した事件があり、その時にコールドウォレットで管理されていなかった等の問題が浮上しました。
仮想通貨の管理方法を知ることで、不正アクセスやハッキング被害のリスクを軽減することが出来ます。

コールドウォレットの仕組みや作り方、またメリット・デメリット、おすすめのコールドウォレットを紹介していきます。

そもそもウォレットとは?

ウォレットと聞くと、文字通り「財布」を想像する方も多いと思います。仮想通貨の「ウォレット」も大まかに言えば、仮想通貨版の「財布」と考えてもらって相違ありません。

しかし実際の「財布」と仮想通貨の「ウォレット」との間には大きな違いが一点だけあります。それは、仮想通貨の「ウォレット」にはビットコインやイーサリアムなどの 仮想通貨が実際に保管されているわけではないという点です。

仮想通貨の取引には「秘密鍵」と呼ばれるデータが必要であり、この秘密鍵が仮想通貨の所有権を証明する唯一のデータです。

仮想通貨の「ウォレット」は仮想通貨そのものを保護するのではなく、 この秘密鍵を管理することで結果として仮想通貨を保管しているということになります。

もちろん本質的には大きな差はありませんが、「ウォレット」という存在が仮想通貨取引にとって、いかに重要なセキュリティ対策であるかがわかっていただけたのではないでしょうか。

コールドウォレットってなに? ホットウォレットとの違いも解説

仮想通貨ウォレットは大きく分けてオフライン型オンライン型に別れています。
オフライン型が一般的にコールドウォレットと呼ばれます。

コールドウォレットは、完全にインターネットとは切り離されたオフライン状態で秘密鍵を管理するウォレットですので外部環境とは無縁で、送受金時のインターネットに接続する一部の機会をのぞいてハッキングされるリスクはありません。セキュリティ面では最も優れている保管方法であるといっても過言ではないでしょう。

コールドウォレットにはペーパーウォレットとハードウェアウォレットの2種類があります。ペーパーウォレットでは秘密鍵を紙に記し、ハードウェアウォレットでは専用のデバイスを用いて秘密鍵を管理します。

具体的なコールドウォレットは以下になります。

主なコールドウォレット
ハードウェアウォレット物理的なデバイスで保管するウォレット
ペーパーウォレット紙に印刷して保管するウォレット

上の表をご覧になればわかる通りは、コールドウォレットは 仮想通貨の秘密鍵を物理的に保管する手法です。

たとえオフライン環境であったとしても、自分のスマホやパソコンの中などいつでもオンライン接続可能な危機の中に秘密鍵が保存されていれば、それはコールドウォレットとは呼ばないことに注意しましょう。

▶ 『ハードウェアウォレット』や『ペーパーウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ペーパーとハードウェアどっちがいいの?

ペーパーウォレットとハードウェアウォレットの双方に一長一短がありますが、両者の選択で悩んだ際はハードウェアウォレットを選択するのがよいでしょう。

ペーパーウォレットは送金時にデスクトップウォレットを読み込ませる必要があり、すぐに資金移動させたいときの利便性に欠けます。また一度読み込みを行なって利用し終えるとコールドウォレットとして使えなくなるのが難点です。

一方でハードウェアウォレットは専用デバイスをパソコンに接続して利用します。出入金も簡単に行えるため、安全な上に利便性が高いことが特徴です。仮想通貨を長期にわたって保管しておく予定でなければ、ハードウェアウォレットを利用しておくのが無難だといえます。

ホットウォレットとは

逆にオンライン型のウォレットはホットウォレットと呼ばれ、インターネット上に保管されています。

手軽に取り引きが行え、管理が簡単であるというメリットがある一方で、ウォレットそのものがオンライン接続されているため。ハッキングの危険性と常に隣り合わせであるというデメリットをもちます。

主なホットウォレットは以下になります。

主なホットウォレット
ウェブウォレット主にウェブ上で管理されるウォレット
デスクトップウォレットパソコンなどのソフトウェア上で管理されるウォレット
モバイルウォレットスマートフォンなどで管理されるウォレット

▼ ホットウォレットに関してはこちらで詳細に解説しています。合わせてご覧ください。


▼ ウェブウォレットはこちら

▼ モバイルウォレットはこちら

▼ デスクトップウォレットはこちら

コールドウォレットのメリットとは

ではコールドウォレットは、ホットウォレットなどと比較してどのような利点があるのでしょうか。

安全性の高さ

コールドウォレットは安全の高さから多くの仮想通貨取引所でも採用されています。大きな特徴として戦術した通り、インターネットから切り離された状態で秘密鍵が管理されており、ハッキングの脅威にさらされないというメリットがあります。

これはネム流出事件など、ハッキング被害による仮想通貨資産の盗難事件が相次いでいる中では、極めて大きなメリットであると考えられます。

大手取引所も採用しており、信頼性も高い

また、コールドウォレットは多くの取引所で採用されており、日本国内ではほぼ全ての取引所が対応しています。

bitFylerでは 総額80%の仮想通貨をコールドウォレットで管理しています。また、秘密鍵も暗号化しており、万が一に漏洩した場合でも第三者が使用することは不可能な管理方法となっています。また、Bitbankでは複数人が個別に秘密鍵を保管しており、専用の物理デバイスでインターネットから隔離された環境で仮想通貨が保管されています。

このことから、コールドウォレットの安全性は非常に高く、多くの取引所が採用してることから信頼度の高い保管方法といえます。

コールドウォレットのデメリット

安全性が高く、多くの取引所で採用されているコールドウォレットですが、物理デバイスでインターネット環境から隔離された場所で保管されるため、紛失や取引のスピードが遅くなるというデメリットがあるのも事実です。

物理的な紛失、劣化の可能性がある

アドレスと秘密鍵を紙に書き出して保管するペーパーウォレットというタイプのコールドウォレットがあります。

紙とペンだけで保管出来る最も安全な管理方法ですが、その半面紙は経年劣化や湿気や火に弱いという特徴があります。そのため、ペーパーウォレットを使用するなら、管理方法をしっかり考える必要性があります。

ペーパーウォレットは頻繁に出し入れしにくい

ペーパーウォレットは送金する際に一度デスクトップウォレットなどに書き出す必要性があり、一度送金などでインポートしたペーパーウォレットは無効となってしまうので再度発行する必要があります。

また、ホットウォレットなどのオンライン型のウォレットと比較すれば、取引のスピードは遅くなる傾向があります。そのため、頻繁に入出金をするのには不向きなウォレットです。

ペーパーウォレットは紛失時に復元不可能

ペーパーウォレットは写真など画像としてUSBやSDカードで保存することも出来ます。しかし、ペーパーウォレットには送受金の履歴などは残らないため、紛失してしまうと復元することが出来ません。

そのため、複数枚の紙に書いて保管するなど紛失時の対策をしておくことが重要と言えます。

今更聞けない・・コールドウォレットのシングルシグとマルチシグとは?

仮想通貨ウォレットは誰でもアクセス出来る公開鍵と自分しか知らない秘密鍵の管理しています。
この両方の情報によって仮想通貨の取引・管理が行われています。秘密鍵の情報は仮想通貨の管理することであり、秘密鍵を安全に管理することが最も重要と言えます。また、秘密鍵の管理方法もシングルシグとマルチシグという2種類があります。

シングルシグとは

仮想通貨を送付する技術では、公開鍵と秘密鍵の両方を使用することで仮想通貨の取引を行うことが出来ます。

また、1つの公開鍵に対して1つの秘密鍵で管理することをシングルシグと呼ばれています。

マルチシグとは

マルチシグとは取引の署名に複数の秘密鍵を必要とする技術を指します。一般的には1つの秘密鍵で署名を行うシングルシグの技術が使われていますが、マルチシグを採用することで高度なセキュリティを構築することができます。仮に秘密鍵が1つ漏洩しても、別の鍵を知らなければ仮想通貨を送金することはできないからです。

マルチシグのメリット

セキュリティが向上する

秘密鍵の情報が1つ漏洩しても、2つ以上からの署名が必要な設定をしておけば資産が盗まれる心配はありません。取引に必要な鍵を全て盗まれない限り安全といえます。

秘密鍵の紛失時のリスクヘッジ

1つの秘密鍵を紛失した場合でも資産を取り出すことが可能です。例えば「事前に作成された3つの秘密鍵のうち2つの秘密鍵での署名が必要」な2of3の設定をしていれば、1つの秘密鍵を紛失しても保有資産にアクセスできます。

会社の横領のリスクが減る

マルチシグを採用することで内部犯行のリスクを減らせます。複数人による秘密鍵での署名が必要な状態であれば、秘密鍵を知る大勢が協力して犯行に及ばない限り、会社内で横領することは難しいものとなります。

マルチシグのデメリット

設定が少々面倒

登録する公開鍵が増えるごとに設定の手間も増えるため、シングルシグに比べて設定が少々面倒です。例えば2of3のマルチシグを設定するのであれば、3つの公開鍵を集め各々の秘密鍵を設定し、別々に保存しなくてはなりません。

シングルシグよりも手数料が高い

マルチシグは複数の秘密鍵を使用するため、シングルシグに比べて手数料が高くなります。

マルチシグだからといって慢心してはいけない

マルチシグ対応の取引所だから安全であるという訳ではありません。取引所のセキュリティ体制が不十分でハッキング攻撃を受けた場合、ウォレットから秘密鍵が流出してしまう可能性はあります。そのため秘密鍵を一ヶ所の取引所に預ける行為は避けて、さまざまなウォレットに分散させることが望ましいといえるでしょう。

おすすめのコールドウォレットをご紹介

ペーパーウォレット編

bitaddress.org

bitaddress.orgとはビットコインウォレットのひとつで、デスクトップ上でウォレットを作成し、秘密鍵は自分で管理するタイプのウォレットです。
ビットコインウォレットのほとんどは英語ですが、bitaddress.orgは多くの言語に対応しており日本語も問題なく対応しています。

そのため、英語が苦手な方でも安心して利用することができます。

MyEtherWallet (マイイーサウォレット)

MyEtherWalletはブラウザから利用できるイーサリアム向けのデスクトップウォレットです。
イーサリアム、イーサリアムクラシック、全てのイーサリアムトークンに対応しているため イーサリアムなら「MyEtherWalletといっても過言ではありません。

またMyEtherWalletはウェブウォレットでもあるので、秘密鍵さえあればどの端末からでもアクセス可能で、コールドウォレットの欠点をうまく補っているおすすめのウォレットとなります。

▶ 『MyEtherWallet (マイイーサウォレット )』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ハードウォレット編

Ledger Nano S (レジャーナノS)


LedgerNanoS (レジャーナノS)

Ledger Nano Sはハードウェア型の仮想通貨ウォレットです。
他社に比べ、軽量で安価であることが特徴です。また、物理的にインタネットから遮断されているので不正アクセスを防げます。

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TREZOR (トレザー)

TREZORは複数アカウントを作成出来るハードウェア型の仮想通貨ウォレットです。
また、7種類の仮想通貨に対応しており、XEM (ネム)に対応しています。そのため、XEM (ネム)を安全に管理したい場合は良い選択と言えるでしょう。

▶ 『Toast Wallet (トーストウォレット )』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

コールドウォレットはインターネットから遮断されてる管理方法なので、安全性が極めて高い管理方法です。また、ペーパーウォレットやハードウォレットなど用途に応じて選ぶことも出来ます。

その反面、常時インターネット接続され好き時に利用できる ホットウォレットには利便性の面で劣っています。

すなわちコールドウォレットは保管に向いており、特にペーパーウォレットは長期投資などに特化してると言えるでしょう。

一口に仮想通貨取引といっても、人によって様々な投資スタイルが存在するように、ウォレットにも様々な種類があります。ウォレットについてしっかり勉強して、 自分の投資スタイルに合ったウォレットを見つけていきましょう。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。