自分が持っている仮想通貨の値段が下がると、ネガティブな気持ちになる人が多いでしょう。 これ以上の損をしたくないと焦って売ってしまうユーザーもいるようですが、それは「狼狽売り」としてよくないと考えられています。

本記事では仮想通貨が値下がりしても冷静に対処できる方法を紹介します。これを読んで、仮想通貨の下落に備えましょう。

仮想通貨が下がった時の対処法

仮想通貨の価格が下がると、多くのユーザーは気が滅入ってしまうでしょう。暴落というレベルに至れば、青ざめてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなときでも焦らずに冷静な対処が求められます。

狼狽売りをしない

狼狽売りとは仮想通貨が下落していることに不安を抱くあまり、焦って売りに走ってしまうことを意味します

価格が下落中であることだけを見て売るのはよくないとされます。狼狽売りした後に仮想通貨の値段が回復しても、売った後ではそれにあやかれず後の祭りになるからです。

仮想通貨は24時間365日常に価格変動するので、 ほかの金融商品よりも暴落の頻度が高いとされます

しかしその分、価格が大幅に上昇する頻度も高いです。価格暴落の原因のひとつとして、多くのユーザーが狼狽売りしてしまうことが考えられています。

一度の価格下落にあわててはいけません。背景や今後の展望などを充分に調べておき、冷静な判断をすることが大切です。

editTIPS
狼狽売り
相場が調整に入り下落した際に、心理的なストレスから保有している通貨を売り払ってしまうこと

ナンピンをする

仮想通貨の価格が安くなった段階で、あえて買い足しをする「ナンピン」という方法があります。

安くなった後の買い足しは、所有する仮想通貨全体の平均購入価格を引き下げることになります。

これにより価格下落に焦って狼狽売りをしなくても、利益が出るポイントを引き下げることで、 プラス収支確定までのノルマを下げられます

この方法によって最終的には儲けが出るケースも多いです。

editTIPS
ナンピン
価格が上昇している通貨が、一時的に下落したタイミングで買いのポジションを取ることを、「押し目買い」という。

損切りする

仮想通貨の下落した背景や今後の展望などを調べても、価格上昇の見込みが立たないときは「損切り」も考えられます。

買ったときよりも安くなった仮想通貨を諦めて売ることで、マイナス収支を確定させるという意味です。一度仮想通貨を売ればその後に価格が下落してもユーザーはそれ以上の損失を出すことはないので、 損切りもひとつの投資戦略になります

ただし、損切りばかりを意識していると、売った後の価格上昇にあやかれず投資失敗になることもあるので注意が必要です。

editTIPS
損切り
通貨の価格が購入した価格よりも値下がりした際に、損失を覚悟で売りを入れること。

まとめ

仮想通貨の価格が下落したからといって、あわててはいけません。

価格下落の背景や今後仮想通貨の価格が回復しそうなニュースがないか調べ、売却の是非を冷静に判断しましょう。

投資も落ち着いた行動が大切です。特に仮想通貨は値動きの激しい投資商品であるため、常に心を落ち着かせた状態で市場の動きやニュースを調べ、適切な判断を下しましょう。

まとめ
  • 仮想通貨の値段が下がるとあわてて売ってしまう「狼狽売り」をしないように注意
  • 価格が落ちた背景や通貨の将来性などを見極め、冷静に売り時を判断しよう
  • 「ナンピン」というあえての買い足しや、「損切り」という損失を抑える方法もある
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!