• 販売所と取引所の違いを理解する
  • 手数料と取り扱いコインを確認する
  • 複数の取引所を開設する

この記事のポイント

仮想通貨を活用する際に必要不可欠なのが、仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所はそれぞれに特徴を持っており、自分好みの仮想通貨取引所を見つけて運用することで、より仮想通貨の取引が簡単なものになります。

仮想通貨の取引所を選ぶ前のポイント

取引所とは

取引所は売りたい人が注文を出しており、それに対して買いたい人が存在しており、売買の価格が一致した場合、取引が成立するという場所です。掲示板に出ている取引価格と数量で売買が可能であるため、利益などを得やすいです。

販売所とは

簡単に言うと、仮想通貨を販売している場所です。確実に仮想通貨を売買でき、その場ですぐに決済することができるため、誰と売買しているかも簡単に確認することができます。

取引所と販売所の違い

まずは、取引成立までの時間が大きく違います。販売所では購入するボタンを押せば素早く購入することができて、時間はそこまでかかるわけではありません。

一方で、取引所では購入するにしろ売却するにしろ、購入側と売却側の希望額が一緒でなければいけません。そうでなければ売買は成立しないため、時間がかかってしまいます。

次に手数料の有無です。取引所では仲介がないため、販売所より手数料を抑えることができます。少額のやりとりをする際は、手数料が取られてしまうと利益があまり残らないというパターンが多いです。
そのため、手間や時間がかかっても良いがとにかく儲けたいという人は取引所を選ぶことをオススメします。

取引所は複数口座開設がおすすめ

仮想通貨の取引所は複数の口座を所持しておくことをオススメします。複数の仮想通貨の口座を所持しておくことで、仮想通貨に関するリスクを避けることができるだけでなく、メリットが生じます。

理由①リスクを下げるため(サーバーダウンや取引所の破綻)

仮想通貨取引所も決して万能ではありません。ネットを介してサービスを届けている以上、サーバーダウンを起こしたり、ハッキング被害になったりすることは十分にありえます。現に先日のコインチェック事件で被害にあった方の中でも、複数口座を所持している人はそこまで慌てた様子がありませんでした。

また、取引所も破綻する可能性があります。そうなった場合は所持している仮想通貨を別の口座に移す必要があります。この時に別の口座を持っていれば仮想通貨を移す作業にそこまで手間もかからず済みます。

理由②様々なコインの取引を行える

仮想通貨といえど、その種類はたくさんあります。有名な仮想通貨であるビットコインやその他のアルトコインやトークンなどあまり知られていないものまであります。

しかし、取引所で購入できたり、取引ができる仮想通貨は決まっており、すべてのコインを取り扱いできるわけではありません。

もし、購入したいお目当てのコインがあるならば、そのコインが対応している取引所に登録しなければいけません。逆に対応しているコインが少ない取引所に登録してしまうと、いざ購入したいコインが出てきた際に購入できなくなってしまいます。

理由③それぞれの取引所ごとのサービスを使える

それぞれの取引所にはそれぞれの取引所のサービスがあります。それぞれ便利なサービスであるため、利用している人も多いです。これらのサービスを利用することで仮想通貨の投資はより効率的になります。

取引所の選び方

それでは仮想通貨の取引所はどのようにして選べばよいのでしょうか。様々な比較材料があるため、それらを考慮して選ぶ必要があります。

手数料

仮想通貨の取引を行う際の手数料がどれくらいかかるのかという問題です。取引所によって仮想通貨を売買する手数料や送金する際の手数料は異なります。

補償サービス

取引所には補償サービスがある取引所もあります。仮想通貨は国が管理しているわけでもないため、盗難被害にあっても自己責任となっています。自分で管理して、自分の資産は自分で守らなければいけません。そこで取引所では、保険会社等と連携して盗難に遭った場合の盗難補償を行っています。補償適用の条件などもありますが、補償サービスがあるだけで安心して仮想通貨のやり取りができます。

取引量

取引が盛んではない取引所もあります。そういった取引所を選んでしまうと、取引が上手く進まなかったりするため、手間や時間が多くかかってしまいます。もし、円滑に取引を進めたいのであれば、取引量が多い仮想通貨取引所を選ぶと良いです。

ユーザー数

ユーザー数が多いということはそれほどその取引所は信頼されているという証でもあります。サービスが充実していたり、セキュリティーなど信頼される理由はさまざまですが、ユーザー数は信頼度の指標になります。

取引所ランキングTOP5【国内】

まずは国内の仮想通貨取引所のランキングを紹介します。

5位 GMOコイン(概要・特徴など)

GMOコインは2017年の5月に取引を開始した比較的若い仮想通貨販売所です。インターネットの会社であるGMOインターネット株式会社のグループ傘下の会社が運営しています。あくまで取引所ではなく販売所であるため、注意が必要となります。

メリット

まず日本円や仮想通貨の入出金手数料など、手数料が無料となっています。

また、FX取引に特化している仮想通貨取引所でもあるの、でアプリを利用することで簡単にこの取引が成立します。チャート機能やテクニカル指標なども見ることができて本格的にFXの取引をしたいという方にはうってつけの取引所となっています。

さらに、運営会社が大手ということもあり、サーバーが強く簡単にはダウンしないと言われています。サーバーがダウンして取引ができないというリスクを避けるにはもってこいの取引所です。

デメリット

価格沸騰のタイミングで買い規制が入ったりします。買いたいタイミングで仮想通貨を購入できないということが十分にあります。同じように売り規制も入ることがあるため十分に注意が必要となります。

取引銘柄一覧

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップルの5種類

こんな人におすすめ

これからFXの取引を始めてみたいと言う人

4位 Zaif (ザイフ)(概要・特徴など)

Zaif公式サイト

Zaifは日本の中でも最大規模の仮想通貨取引所の1つとなっています。規模も大きいことで有名です。

メリット

大手の取引所と言うこともあり、それを支えているセキュリティーはかなり強固なものとなっています。

また、Zaifのメリットは手数料が安いことです。ビットコインの手数料がマイナスとなっており、取引を行えば行うほど取引手数料がもらえるという仕組みになっています。このような仕組みや他の取引所ではありません。

さらに、取扱通貨高が日本で1番多い仮想通貨取引所となっており、マイナーな通貨なども取り扱っていることから、これからまだまだ伸びしろがある仮想通貨に投資ができると言うメリットがあります。また、トークンの取り扱っているため、他の取引所では購入することができないコインやトークンに投資をすることができます。

デメリット

Zaifのデメリットとして挙げられるのは、サーバーが落ちやすいと言うことです。

取引銘柄一覧

ビットコインに加えて、アルトコイン4種類、トークン9種類合計14種類。

こんな人におすすめ

Zaifを仮想通貨取引所として使うのであれば、特定のトークンや仮想通貨を購入したい人や、ビットコインのみの投資を行いたい人はZaifのメリットを享受できます。

3位 DMM Bitcoin(概要・特徴など)

DMMBitcoinはDMMグループの運営している仮想通貨取引所となっています。取引に関するサービスやコンテンツなどが充実しており、資金なども豊富にあることからこれから先さらに改良が加えられて、進化していく新しい仮想通貨取引所となる可能性を秘めてます。

メリット

使いやすいです。テクニカル指標を確認できたり、チャートを利用した注文ができたりなど、至れり尽くせりの仮想通貨取引所です。

また、取引手数料等も安いことから、多くのユーザーが登録をしています。

デメリット

そもそもDMMBitocoinは「取引所」ではなく「販売所」となっています。そのため、スプレッドとしての手数料をとられてしまいます。

また、現物取引ができる仮想通貨がビットコインとイーサリアムしかないため、それ以外はレバレッジ取引のみしか行えません。これによって外部に送金や支払いなどの機能なども限られており、機能としてはそこまで高くはありません。

取引銘柄一覧

ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの7種類です。

こんな人におすすめ

仮想通貨取引所としては人気を博しており、多くの人が現在も登録を進めています。もともとの企業が大手であるということも含めて、この取引所は改善を重ねてく可能性があります。

FXやレバレッジをかけて取引していきたい人は、おすすめです。

2位 bitbank (ビットバンク)(概要・特徴など)

bitbankは最近になって有名になってきた仮想通貨取引所となっています。セキュリティ対策などもしっかりしていること、アルトコインが取引所でやり取り出来こと、手数料が非常に安いことで有名です。

メリット

アルトコインが取引所でやりとりできる上に、チャートなども見やすくなっています。セキュリティ対策に関しては情報を細かく開示しているため、信頼性が高い取引所となっています。

デメリット

最近になって有名になり始めた仮想通貨取引所であるため、利用者が増加傾向にあります。これに伴って、サーバーダウンをおこしたり、新規登録を一時的に停止したりする可能性は十分にありえます。

また、取引量が少ないのが現状です。

取引銘柄一覧

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの6種類です。

こんな人におすすめ

仮想通貨を始めたばかりの初心者から、もう仮想通貨に慣れている上級者までどんな人にもマッチした作りになってきます。

1位 bitFlyer (ビットフライヤー)(概要・特徴など)

ビットフライヤー公式サイト

現在国内の仮想通貨取引所の中で一番の人気となっているのがbitFlyerです。ビットコインの取引量が現在日本で一位で、セキュリティの高さなども評価されています。スマホアプリなどもあり、ありとあらゆる人に使いやすい取引所となっています。

メリット

ユーザーの資金盗難などの資産が奪われてしまうリスクに対応しており、保険会社と契約して、補償サービスなどを講じています。仮想通貨としての信頼は厚く、企業の資本金も多いです。

デメリット

人気が高い仮想通貨取引所ということもあり、新規登録の申請をしてもレスポンスが遅れたたり、新規登録が停止されてしまう可能性があります。もし、登録したいのであれば早めに開始すると良いです。

また、利用者も多いことからサーバーダウンも起こることがあります。

取引銘柄一覧

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナーコイン、LISKの8種類です。

こんな人におすすめ

これから仮想通貨を始める人にとっても安心することができる取引所であるため、初心者の方にオススメできる仮想通貨取引所です。

取引所ランキングTOP5【海外】

また仮想通貨取引所海外にあるものも存在します。海外にあるものだとより取り扱っている仮想通貨の種類が多いことや、サービスの充実性などのメリットがあります。

5位 Kraken (クラーケン)(概要・特徴など)

Krakenはサンフランシスコで創業された仮想通貨取引所です。すでに日本にも2014年に進出しており取引所のサイトは日本語にも対応しています。

メリット

Krakenは、取り扱っている仮想通貨の種類が豊富であるので、国内の取引所では売買のできない通貨が多く存在することがメリットです。

また、海外の仮想通貨取引所の中では珍しく、日本円の入金にも対応しています。わざわざ国内の取引所を介して日本円を入金するという手間がはぶけるため、便利です。

さらに、Krakenは全てが取引所での売買であるため、手数料がかなり安く済みます。手数料の安さで言えば海外の取引所の中でも1位2位を争う安さです。

デメリット

Krakenのサーバーは他の取引所と比較すると比較的弱い印象を持っている人が多いです。

しかし、Krakenの公式サイトでは「サイバー攻撃に1度もあったことがない」という記載がありますが、ほんとうのところはどうなのかあまり分かっていません。

また、大手の取引所と比較すると注文が少なかったり、取引が成立しづらいという傾向があります。買いたい時に買えない、売りたいときに売れなという問題が出てきてしまう可能性があるのもデメリットです。

取引銘柄一覧

ビットコイン含む16種類となっています。

こんな人におすすめ

Krakenは初めて海外の取引所に登録する人やこれからのことを考えて、複数口座を開いておきたい人にはオススメです。

4位 Bitfinex (ビットフィネックス)(概要・特徴など)

Bitfinexは香港資本の仮想通貨取引所となっています。通貨の取引量が世界中で5本の指に入っており、ビットコインの取引量が世界トップの誇っている大きな取引所です。

メリット

まずメリットとして挙げられるのが取引量が多く流動性が高いということです。流動性が高いため仮想通貨の取引が成立しやすいです。

ハッキング被害に遭ったという経験もあることから、セキュリティーの強化に、より一層力を入れています。そのため、今後ハッキング被害に遭う可能性などは少ないと言われています。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、ある一定の条件を満たしていなければ取引を行うことができないということです。最低10,000米ドル相当の法定通貨または仮想通貨が入金されていなければなりません。それ以上入金されていない場合は取引を行うことができません。

また、ビットフェニックスは日本語に未だ未対応であるため、操作や取引に手間がかかってしまうという恐れがあります。

さらに最近になって新規登録停止されるという動きもありました。

取引銘柄一覧

主要コインを含み38種類を取り扱っています。

こんな人におすすめ

海外の大手取引所で安心して取引したい人

3位 Bittrex (ビットレックス)(概要・特徴など)

Bittrexは世界の中でも最も有名な仮想通貨取引所の1つです。

メリット

Bittrexのメリットはなんといっても豊富な通貨の種類です。日本の取引所で多くて10種類程度しか取り扱いしませんが、Bittrexは155の仮想通貨を取り扱っています。

また、現在でもその通貨の量はどんどん追加されていくので公開されたばかりの銘柄を早いうちに買っておくことも可能です。

Bittrexは今まで大きなハッキング被害は報告されていません。それほどサイバー攻撃に備えており、セキュリティーも高いものとなっています。

デメリット

アメリカの仮想通貨取引所であるため英語のみに対応しています。そのため日本語のサイトではないので操作や登録に若干時間や手間がかかってしまうのが難点です。

さらに、日本円での入金ができません。基本的に自分の持っている日本の取引所からBittrexに送金し、それから購入するという形になります。

取引銘柄一覧

主要通貨を含む150種類以上

こんな人におすすめ

草コインを買いたい人

2位 Binance (バイナンス)(概要・特徴など)

Binanceは2017年の7月ごろにできた仮想通貨取引所で、まだ開設されてそこまで経っていませんが、ビットコインの取引高が世界一になることもあるほど、人気の仮想通貨取引所となっています。

メリット

Binanceのメリットとしてはまず手数料が安いです。全銘柄0.1%と言う手数料率を誇っており、他の海外の仮想通貨取引所よりも手数料が安く済みます。また、Binanceから発行されている独自の通貨を取引に利用することで、手数料をさらに割引してもらえると言うメリットもあります。

また、Binanceが取り扱っている銘柄はなんと100種類以上です。注目度が低くこれから価値が上がりそうな仮想通貨を購入し、数十倍の利益を得るという人も中にはいます。

すでに日本語対応もされており、日本人にとっても使いやすい海外取引所の1つです。

デメリット

Binanceは海外の取引所なので日本円を直接入金することができません。まず国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、それをBinanceに入金して使用する形になります。これは出金の際も同様の形をとらなければいけません。

また、最近では登録人数が増えすぎたため、1日の登録人数が制限されている動きがあります。

取引銘柄一覧

主要銘柄を含む100種類以上。

こんな人におすすめ

これから仮想通貨の取り扱いを行う人や既に国内の取引所は登録しておいて他に購入してみたい銘柄がある人にはお勧めです。

1位 Huobi (フオビ)(概要・特徴など)

huobiは80種類以上の銘柄を所持しており、格安の手数料で取引が可能となっている香港の取引所です。SBIと連携したことなどが話題となっており、最近注目を集めている仮想通貨取引所の1つでもあります。日本語対応もしており、メリットが大きい仮想通貨取引所としてとても有名です。

メリット

huobiは中国の取引所の中でも1日の最高取扱高と世界最大級の取引量を誇っています。

また、国内の取引所では購入することのできない仮想通貨を多く取り扱っており、日本人のユーザーが最近急激に増加しています。
また、大手の企業と提携を結んでいることからその安定感や信頼性も高いものとなっています。

デメリット

huobiは日本語対応はしていますが、自動翻訳を利用している日本語のせいもあり日本語翻訳のクオリティーが少しばかり低いものとなっています。

取引銘柄一覧

ビットコインを含む76種類

こんな人におすすめ

より多くの仮想通貨を取り扱いしい人
手数料を安く済ませたい人

まとめ

今回は仮想通貨を取り扱う上で必要不可欠な取引所について紹介しました。取引所が強固でないとはセキュリティー問題などによって、自分の資産がリスクに犯されてしまうという危険性があります。しっかりとした情報を手に入れ、仮想通貨を安全に運用するよる心がけが必要です。