取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
この記事のポイント
  • ハードウェアウォレットは秘密鍵をオフライン下で管理
  • 高いセキュリティ面
  • 正規代理店からの購入が必須

仮想通貨を保管するウォレットは、その種類は性質や特徴により分類分けされていることはご存知でしょうか?ウォレットの持つ性質を理解していないと、取引所から安全のために移した通貨も安全ではなくなってしまいます。

この記事では安全なウォレットの1つであるハードウェアウォレットに関して、概要を中心に購入の際に注意すべき点まで丁寧に解説していきます。


LedgerNanoS (レジャーナノS)

まずはその前に「おすすめのハードウェアウォレットを知りたい!!」そんな方にはLedger Nano S (レジャーナノS)がおすすめです!!

初心者でも使いやすく、国内の取引所であればこれ一つで全ての仮想通貨を管理できてしまうという優れもの!!

くわしくきになる方はこちらをご覧ください!!

それではハードウェアウォレットについて見ていきましょう!!

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは自分の資産である仮想通貨を保護する「ウォレット」の1種です。

その中でも特に、自身が保有する仮想通貨を取引所から切り離した オフライン下で管理するコールドウォレットの事を指します。

インターネットから切り離した端末で管理するので、仮想通貨管理のセキュリティ面の問題を大幅に改善する形態であるので、多くのトークンホルダーが利用しています。

ハードウェアウォレットの他にも様々なウォレットが存在しますので、それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で自分のスタイルに合うウォレットを選びましょう。

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレット本体である専用デバイスにはビットコインのような仮想通貨そのものが入っている訳ではありません。本体には仮想通貨にアクセスできる秘密鍵が暗号化されたデジタルデータで保存されています。

仮想通貨にアクセスするにはパソコン上のアプリと本体の秘密鍵が必要となります。双方が揃って初めて仮想通貨のデータにアクセスすることができるという仕組みです。

ハードウェアに仮想通貨は入っていない 

前述で示した通りハードウェアウォレット内には仮想通貨は入っておらず、24から成る秘密鍵がさらに暗号化された状態で保存されています。物理的にインターネットから切り離された環境下で秘密鍵を安全に保管することがハードウェアウォレットの重要な役割です。

例えばビットコインでは公開鍵と呼ばれるビットコインアドレスと秘密鍵が一致しないと送受金できない仕様となっています。ハードウェアウォレットでは大事な鍵をオフライン下で分別して管理するため、高い安全性を保つことができるといえます。

取引所の仮想通貨は自分のものではない?

取引所に預けている仮想通貨は厳密に言えば自身のものではありません。取引所は一つのアドレスで大量の仮想通貨を保有しています。取引所に仮想通貨を保管することは、取引所の公開アドレスの一部であるということです。そのため取引所アカウントから仮想通貨が盗まれた場合は、自身の仮想通貨もなくなることを意味します。

もちろん管理画面では自身の保有枚数が表示されます。しかしそれは多くの資産を保有するアドレスの一部に過ぎません。取引所から自身のウォレットに着金して初めてあなたの資産といえる状態になります。

ハードウェアに入れていても仮想通貨は盗まれる?

ハードウェアウォレットの仕組みを理解していないと、知らぬ間に資産を盗まれてしまう可能性があります。重要なのはウォレット本体ではなく秘密鍵です。秘密鍵は自身のみ知りうるもので、他の人と同じ秘密鍵になることは決してありません。

仮にハードウェア本体を紛失してしまったとしても、秘密鍵があれば資産は安全です。逆に秘密鍵が盗まれてしまえば、別のハードウェアウォレットからでもあなたの資産を盗むことができてしまいます。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットを利用するメリットは多く、トークン保持者の多くがハードウェアウォレットを活用しています。

メリット1 倒産やハッキングのリスクを避けるセキュリティの高さ

ハードウェアウォレットを使用する大きなメリットは、セキュリティレベルが高いことです。ハードウェアウォレットに秘密鍵を置いておけば、インターネット環境とは切り離されたオフライン下で秘密鍵を管理することになります。

ハッカーはオフライン下ではハッキングすることができないので、秘密鍵が流出して不正送金を行われることがありません。ウェブウォレットなどのホットウォレットでは、PCがハッキングされた場合に秘密鍵も流出してしまうリスクが高いので、ハードウェアウォレットは安全性が高いといえます。

また、取引所の倒産やウェブウォレット提供企業のサービス停止などのリスクも回避できます。さらに、ハードウェアウォレットでは、PINコードと呼ばれる暗証コードがアクセスには必要なので、万が一紛失した際でも不正利用のリスクを軽減します。端末の破損などが起こった場合でも復元が可能なこともハードウェアウォレットの持つメリットです。

メリット2 種類が豊富なので自分にあったものを選択可能

ハードウェアウォレットと一口に言っても種類は様々あります。使用用途等に応じて自身にあったものをチョイスできるので、幅広いニーズに応えることができます。

メリット3 1つのデバイスに対応通貨が豊富

ハードウェアウォレットの種類にもよりますが、対応している通貨の種類が豊富なこともメリットの1つです。国内の取引所に取り扱いのない通貨を、ハードウェアウォレットを活用して保管することが可能となります。

メリット4 手数料調整が可能

ハードウェアウォレットの中には、トランザクションの速度などに応じて手数料を調整できるものもあります。取引所間での送金手数料の高さはユーザーを悩ませる問題でもあるので、手数料を調節できるのは嬉しいですね。

メリット5 持ち運びが簡単

ハードウェアウォレットはサイズが非常にコンパクトなので、持ち運びの利便性が非常に高いです。サイズはUSBメモリ程度です。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットは、利便性やセキュリティ面において多くのメリットを有している分、デメリットも有しています。

デメリット1 比較的高価

ハードウェアウォレットのデメリットの1つは、端末価格が高価である点です。およその相場は、1万円から2万円程度となっています。

デメリット2 使い方が複雑

ハードウェアウォレットは、PCに専用アプリをインストールして設定をする必要や通貨の利用時には取引所などに送金する必要もあるため、PC操作に慣れていない人は使い方が煩雑であると感じるようです。

パスフレーズをいちいち入力する

ハードウェアウォレットは、PINコードと呼ばれるパスコードを入力する必要があります。この点がハードウェアウォレットの高セキュリティ面を維持している部分であり、紛失した際でも正確なPINコードを入力しなければアクセスはできません。入力は面倒ですが、安全な保管のためには致し方ないでしょう。

日本語の情報が少ない

ハードウェアウォレットでは、日本語に対応していない場合が多いです。日本語の情報が少ないので、使い方などで苦労する面があります。

更新が多い

ハードウェアウォレットでは、安全なセキュリティ管理や対応通貨の増加に伴うアップデートの頻度が多く、手間となります。

デメリット3 ハードウェアが壊れてしまう可能性も

ハードウェアウォレットでは、ハードウェア自体が壊れていまいデータが破損する場合があります。そういった事態になった場合、リカバリーフレーズと呼ばれる初期設定時に表示される24個の英単語があればデータの復元は可能なので、リカバリーフレーズは紙に書き留めるなどして厳重に管理しておくべきです。

また、アクベンションキーにも対応しているウォレットもあるので、他の端末からウォレットにアクセス可能です。アクベンションキーも盗難されてしまうと不正利用に繋がるリスクがあります。

注文できない可能性あり

ハードウェアウォレットは注文できない場合があります。特に人気のハードウェアウォレットは品薄状態です。早急に入手したいからといって、中古品や信頼できないサイトからの購入はおススメしません。こういったところで購入すると、ハードウェアウォレットが予め設定されていたりする場合などがあり、逆に不正利用を誘発していまう危険性があります。

おすすめハードウェアウォレットをご紹介!

ハードウェアウォレットには種類ごとに特徴も千差万別で、どれを選択するか迷う方もいると思います。解決策の1つとして、2種類のハードウェアウォレットを紹介します。

かそ部イチオシLedger Nano S (レジャーナノS)


LedgerNanoS (レジャーナノS)

1つ目は「Ledger Nano S」です。

Ledger Nano S」は、対応通貨が豊富であり、XRPに対応している数少ないハードウェアウォレットです。

また、PINコードのシャッフル機能があるため、端末の紛失時にも不正アクセスされるリスクを他のハードウェアウォレットよりも軽減しているなど、初心者でも大変使いやすい仕様になっています。

どのウォレットを選べば良いかわからない・・」という方は、 まずは「Ledger Nano S (レジャーナノS)」を選んでみると良いでしょう。

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TREZOR (トレザー)

2つ目は「TREZOR (トレザー)」です。「TREZOR (トレザー)」はXEM (ネム)にも対応しているハードウェアウォレットです。また1つの端末で複数のアカウントを作成することが可能というメリットも有しています。

▶ 『TREZOR (トレザー )』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ハードウェアの注意点!犯罪に巻き込まれないようにするためには

ハードウェアウォレットを使用していても不正アクセスなどの被害に合うリスクはもちろんあります。

それは、購入したハードウェアウォレットに予めPINコードが設定されており、設定済みのPINコードでアクセスをしていまい端末に送金したはずの仮想通貨がなくなってしまうケースです。

ハードウェアウォレットは、秘密キーさえあれば何台でも同期が可能になるので、特性を逆手に利用する巧妙な手段が存在してしまいます。そういった被害を防ぐために以下のことにまずは気をつけましょう。

初期設定は必ず自分だけで行いましょう

初期設定が終わっている時点で、持ち主はあなた自身ではありません。当初の持ち主は秘密鍵を既にメモしている可能性が高いため、いつ資産を盗まれてもおかしくない状態だからです。ハードウェアの初期設定は必ず自分自身で行うように細心の注意を払いましょう。

万が一初期設定が完了しているハードウェアウォレットを購入した場合は 絶対にアクセスしてはいけません。

ハードウェアに詳しい正規店で購入しましょう

ハードウェアウォレットを入手する場合は必ずハードウェアの仕組みをよく理解している正規店から購入することを強く推奨します。ハードウェアウォレットの仕組みの理解が不十分な販売者であれば、中古品のような既製品を知らずに取り扱っていたりするリスクが考えられます。

中古の既製品を使ってはいけない理由は上でも述べたとおり、 元の持ち主でも利用できてしまうからです。

またAmazonのようなプラットフォームでは転売が横行していますが、絶対に購入しないようにしましょう。現状では開発元の認める正規店からの購入が最も安全な入手方法です。

不正アクセスのリスクが怖い方は、 PINコードシャッフル機能を持つ「Ledger Nano S (レジャーナノS)」がおすすめです。

詳しくは下記をご覧ください。

まとめ

ハードウェアウォレットは、正しく購入し安全に気をつけて使用すれば、現在存在するトークン保管手段の中では最も高いセキュリティを実現します。不正アクセスなどの被害に合わないためにも、ハードウェアウォレットを正しく理解して使用することがユーザーの安全なトークン管理には不可欠となります。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。