この記事のポイント
  • レバレッジをかけると大きな利益を狙える
  • 空売りをすることができる
  • 仮想通貨のレバレッジ取引は短期トレードにおすすめ

この記事では仮想通貨のレバレッジ取引について解説します。 仮想通貨のレバレッジ取引が現物取引と比較してどのようなメリットがあるか、気をつけなければいけない点は何かなどを丁寧に解説しています。

レバレッジ取引ができるようになると、仮想通貨を有利に取引できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のFX・レバレッジ・取引ツール比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【最新】仮想通貨のレバレッジ取引は証拠金2倍に変更

仮想通貨のレバレッジ倍率は、2020年内に2倍にまで規制されるという報道がなされています。

そもそも仮想通貨のレバレッジ倍率を規制する流れは、2018年の半ばごろから活発になりました。取引所によってレバレッジ倍率は大きく異なり、10倍・15倍・25倍といった取引所が乱立していたところ倍率の上限が4倍に設定されました。

この際に4倍に設定された根拠は、海外取引所の多くが4倍だという非常に曖昧なものでした。今回の改正も 多くの海外取引所がレバレッジ2倍への規制強化を行っているという理由のため、論理的な議論が必要なのではないかという意見が強くあります

仮想通貨のレバレッジ取引とは

レバレッジとは直訳すると、てこの原理

レバレッジ (Leverage) の語源はレバー (Lever) です。レバーは「テコ」という意味があり、テコを使うと小さな力で大きな力を発揮できます。そこから派生してレバレッジは、小さな資金で大きな資金を動かせることを意味するようになりました。

たとえば、レバレッジ5倍で取引を行ったとすると 1万円の証拠金 (担保として預けておく資金) で5万円分の取引ができるようになります

証拠金

レバレッジ取引を行うために必要となるのが「証拠金」です。証拠金を取引所に預けることで、すぐにレバレッジ取引を始めることだできます。必要な証拠金は取引所ごとに定められています。

レバレッジ取引では預けた証拠金を担保として取引所から一時的にお金を借りて取引するため、万が一損失が生じた場合は 証拠金で損失分の決済が行われます

レバレッジ倍率

レバレッジをかけられる倍率は取引所ごとに異なります。

レバレッジ倍率が最大10倍の取引所もあれば5倍のところもありますが、海外取引所では 50倍や100倍のレバレッジをかけられるところもあります

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引とは証拠金を入れて金額以上の額で取引することです。例えば10倍のレバレッジで取引が可能な場合、10万円分の資金を入れることで最大100万円分までのお金を動かすことが可能です。レバレッジ取引ではカラ売りができる点と、レバレッジを効かせられる点、板取引をおこなう点が特徴です。

一方仮想通貨FXとは仮想通貨でFXのように取引できる方法です。レバレッジ取引とさほど違いはなく、空売りができる点とレバレッジが効く点は共通しています。 レバレッジ取引と異なる点は、仮想通貨FXでは売りと買いの差(スプレッド)が存在する点です

レバレッジ取引と仮想通貨FXではそれぞれ特徴が異なるので、用途に合わせて使い分けるといいでしょう。取引に使用する資金が大きい場合は仮想通貨FXを活用し、少額取引の場合はレバレッジ取引をおこなうのがおすすめです。

レバレッジ取引の実例
例えば、証拠金10万円を預けて、レバレッジ10倍で100万円分のレバレッジ取引をするとします。仮想通貨の価格が100万円のときに、100万円分の売り注文をしたところ、数日後に価格が80万円になりました。このとき決済すると、差額の20万円が利益になります。仮想通貨を持っていなくても、後から買いなおすという前提で売れるということです。

▶ 『現物取引』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

レバレッジ取引と仮想通貨FXの違い

仮想通貨FXはレバレッジ取引の中の1つの取引方法です。レバレッジ取引は仮想通貨FX、先物取引、信用取引の3つの総称のことをいいます。

どの取引手法でもレバレッジをかけて、自分の保有資金より大きな金額でのトレードを行えます。その中で仮想通貨FXの最大の特徴は、実際に仮想通貨を売買せず 利益や損失など取引結果の資金の移動のみが反映される点です。

仮想通貨FX、先物取引、信用取引の詳細な違いの説明は下記のとおりです。

仮想通貨FX・先物取引・信用取引の違い
取引手法取引期限備考
仮想通貨FXなし長期保有にはレバレッジ手数料がかかる。
信用取引あり取引期限が切れても再借り入れを行える。
先物取引あり決済日を指定して取引を約束する。決済日がきたら自動的に決済が行われる。

仮想通貨レバレッジ取引のロスカットとは

強制ロスカット

レバレッジ取引では証拠金以上の取引ができる代わりにリスクも存在します。強制ロスカットと呼ばれる行為はポジションを取っている際に、決められた割合以上に損失が広がっている場合、 強制的に決済をおこない損失の広がりを防ぐ役割を果たします

レバレッジを利かせている場合うまくいけば大きな利益を出せますが、予想に反した値動きをしてしまうと強制ロスカットが入り証拠金を失ってしまうことになります。

▶ 『ロスカット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

証拠金維持率について

レバレッジ取引をおこなう場合、証拠金維持率という割合を上回ることによって強制ロスカットが発生します。証拠金維持率は以下の式で表示できます。

証拠金維持率の計算
証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

取引所にもよりますが、証拠金維持率が100%を下回ると警告が入ります。さらに50%を下回ることで、強制ロスカットや追加の証拠金を要求する追証が発生します。レバレッジ取引をおこなうなら、 ロスカットを避けるために証拠金維持率を意識する必要があります

▶ 『証拠金維持率』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のレバレッジ取引のメリット

メリット1 大きなリターンを狙える

例えば、 1BTC=100万円だとします。

このときレバレッジ取引で10万円を証拠金としてレバレッジを10倍に設定すると、100万円分の資金を取引することができるようになります。つまり1BTCまで購入できます。そしてその後の価格の変動に応じて利益と損失が発生します。

1BTC=100万円のとき
1BTC=110万円に値上がり差額の10万円が利益
1BTC=90万円に値上がり差額の10万円が損失

もし現物取引でこの利益を上げる場合、100万円を用意する必要がありますが、 レバレッジ取引では少ない金額で大きな取引ができるので非常に便利です

メリット2 価格が下落しても儲かる

レバレッジ取引では、 売りの注文から取引を始めることができます。つまり、仮想通貨の価格が下がりそうな場合でも利益を得られます。これは買いから始めることしかできない現物取引との大きな違いです。売りから注文する取引を「空売り」といいます。

▶ 『仮想通貨の空売り』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

メリット3 基本的に借金を背負うことはない

レバレッジ取引では、取引所ごとに「証拠金維持率」や「追証規定」が定められています。そのため、基本的に証拠金として預けている資金以上の損失が出ることはありません。

証拠金維持率

証拠金維持率は 実際に取引に使用している証拠金に対する現状の証拠金残高の割合のことです。つまり証拠金維持率は、

証拠金維持率 = 証拠金の残高 ÷ 取引に必要な証拠金 × 100

で算出することができます。

この証拠金維持率が高いと 早いうちに大きな損失を回避することができますし、証拠金以上の損失を生み出すことはありません。短期的なトレードでは証拠金維持率が300%であれば安全だといわれていますが、仮想通貨はボラティリティが大きく相場の変動が激しいため証拠金維持率がどのくらいあれば絶対に安全といえる数値はありません。

ちなみに過去に大規模な変動幅を記録したリーマンショックの際は、300%が安全圏といわれていました。

証拠金が不足する具体例
たとえば100万円のレバレッジ取引をするときに必要な証拠金が10%、つまり10万円分である場合、その証拠金に対して証拠金維持率が仮に80%と設定されていたら、損失が20% (=2万円) でると自動的に取引ができなくなります。

追証

追証 (おいしょう) とは、取引で生じた損失が預けている証拠金だけでは補填できなかった場合に、取引所から支払いを要求される追加の証拠金のことを表します。

この追証を期日までに追加で支払うと、 証拠金維持率が上がり取引を再開することができます。支払わなかった場合には、 取引は強制的にロスカットされてしまいます

この追証を取引所から要求されるのは以下の2つの場合です。

①証拠金維持率を下回った場合
この場合、損失は預けている証拠金の範囲内で済むため、借金を背負うことはありません。

②預けている証拠金以上の損失がでてしまった場合
このパターンは相場が急激に動き、想定よりも大きく価格が離れた場所でロスカットされたときに起こります。

そのため追証がある取引所では、その増えた損失分が借金となります。一方で追証ゼロの取引所は証拠金を上回る損失を肩代わりしてくれるので、借金することがありません。できる限りリスクを減らしたい方は、証拠金維持率が高い取引所や追証がゼロの取引所を選ぶようにしましょう。

▶ 『追証』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット

デメリット1 利益が大きくなる分損失も大きくなる

レバレッジをかけることで、少ない資金で大きな取引ができます。大きな取引をすることで 利益を大きくすることもできますが、その分損失も大きくなる可能性もあります

仮想通貨市場はボラティリティ (価格変動率) が高いため、レバレッジをかけて一攫千金を狙うこともできます。しかし、価格の変動が大きいということは、リターンが大きくなる分リスクも大きくなるということを理解しておきましょう。

注意しておくべきことは、証拠金維持率がある一定の割合以下になってしまった場合、 ロスカットや追証が発生することです。そのため、常に資金的に余裕を持っておきましょう。また、持っているポジションと反対の方向に価格が動いた場合、損失が大きく拡大する前に損切り(損失額を確定すること)をする必要があります。ですので、あらかじめ自分の中で損切りをする基準を決めておきましょう。取引所ごとにルールが異なることもあるため、利用する取引所のルールを確認しておくことも重要です。

デメリット2 手数料が高いので長期取引に向かない

レバレッジ取引には「スワップポイント」という手数料が存在します。スワップポイントは、 日にちをまたいでポジションを持っていると発生する手数料です

スキャルピングやデイトレードのように、1日の内で完了する取引であれば、この手数料は払わなくて済みます。しかし長期的に保有すると毎日手数料がかかってしまうことになるので、レバレッジ取引において長期取引は適していません。

仮想通貨のレバレッジ取引に適した仮想通貨取引所を選ぶコツ

仮想通貨のレバレッジ取引に適した仮想通貨取引所を選ぶ際には以下の4つのポイントを意識すると良いでしょう。

仮想通貨のレバレッジ取引に適した仮想通貨取引所を選ぶポイント
  • 取引環境
  • 最大レバレッジ
  • 取扱通貨ペア
  • 取引手数料

取引環境

レバレッジ取引を扱う取引所では、サーバーやセキュリティ体制など取引環境が整っているか確認しなければなりません。 取引所ではそれぞれ扱っているサーバーがありますが、取引所によっては相場の急変や大量の発注に対応できないことがあります

つまり相場の急落が発生すると取引価格が必要以上に下落し、想定外のロスカットをくらうことになります。サーバーの脆弱性によるロスカットは、取引所が責任を取ってくれません。取引所の選定の段階で環境が整った業者を選びましょう。

最大レバレッジ

取引でかけられるレバレッジは取引所ごとに異なります。 強制ロスカットを防ぐには証拠金維持率を高めることが大事です。最大レバレッジが高いことで証拠金維持率も上昇します。ロスカットされるリスク許容額をできる限り増やせるようにするため、最大レバレッジができる限り高い取引所を選ぶといいでしょう。

またBitcoinをはじめとする仮想通貨を証拠金として預けれる取引所を選ぶことで、取引の幅をさらに広げることが可能です。

取扱通貨ペア

仮想通貨投資では上昇する見込みのある通貨ペアに投資することが必要になります。より多くの機会に触れるために、 取扱通貨が豊富な取引所を利用するといいでしょう

また円建ての通貨ペア以外にもBitcoin建てやEthereum建ての通貨ペアがある事で、より自由な取引をおこなえます。下の表は主要取引所の取り扱い通貨です。

取引所別取り扱い銘柄
仮想通貨取引所BTCETHXRPLTCBCHETCMONA
Coincheck
bitFlyer
Liquid by Quoine---
bitbank-
BITPoint--
GMOコイン--
DMM Bitcoin-
TAOTAO--
Deccuret予定あり--

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の取扱通貨比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

取引手数料

取引の際には手数料がかかってきます。しかし仮想通貨FXでは取引手数料はありません。その代わりに売り買いの差であるスプレッドがかかってきます。下の表ではレバレッジ取引が可能な取引所の取り扱い通貨とスワップ手数料が示されています。

取引所別取引手数料
仮想通貨取引所BTCETHXRPLTCBCHETC
Coincheck------
bitFlyer0.04%-----
Liquid by Quoine0.1%0.1%0.1%---
GMOコイン0.04%0.04%0.04%0.04%0.04%-
DMM Bitcoin0.04%0.04%0.04%0.04%0.04%0.04%
TAOTAO0.04%0.04%0.04%0.04%0.04%0.04%

スワップ手数料とはロールオーバー手数料とも呼ばれる、ポジションを維持したまま日時処理で日付が変わることで発生する手数料です。

ポジションを持ったまま日付が変わることで、手数料が発生する仕組みになります。スワップ手数料を抑えることで、利益を増やすことにも繋がります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの取引所

bitFlyer (ビットフライヤー)

取引量と資本金ともに国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級規模の取引所!

bitFlyerは 国内取引高、資本金が日本トップクラスの仮想通貨取引所です。取り扱っているレバレッジ対応の仮想通貨はビットコインしかないものの、取引の流動性や快適さ群を抜いています。仮想通貨取引を行うならばまずはbitFlyerを選びましょう。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全暗号資産のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!
取り扱い通貨 11種類
FX/信用取引
手数料 無料 (※BitMatch取引手数料を除く)
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

DMM Bitcoinは アルトコインのレバレッジ取引ができる唯一の取引所です。スマホアプリが使いやすく、チャートを見るのはもちろん、スマホ一つで取引が完結します。証拠金維持率が80%を下回るとロスカットとなるため、追証はありません。デメリットとしては、スプレッド(売値と買値の価格差)が広く手数料が高いことが挙げられます。

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダード取引所!
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!
取り扱い通貨 12種類
FX/信用取引
手数料 Maker : -0.01% / Taker : 0.05%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 BTC (ビットコイン) : 10倍 / ETH (イーサリアム)、BCH (ビットコインキャッシュ)、LTC (ライトコイン)、XRP (リップル) : 5倍 / ※2019年7月31日 (水) のメンテナンス後に全通貨のレバレッジ倍率が4倍に変更。
スマホ対応

FX専用のスマホアプリがあり、 スマホでも分析ツールのテクニカル指標を使うことができます。そのため、FXや株をやっていた人にとっては使いやすいアプリでしょう。また、スプレッドが他の取引所と比較すると低く設定されているため、利益を出しやすくなっています。

GMOコインは毎週水曜日の15〜16時にメンテナンスを実施しているため、この時間帯は利確や損切りができなくなります。覚えておきましょう。

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coincheck (コインチェック)

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の15種類!
取り扱い通貨 15種類
FX/信用取引 -
手数料 無料
最低取引単位 -
レバレッジ倍率 -
スマホ対応

Coincheckは、使いやすさに定評のある取引所です。 スマホアプリやチャートが見やすく、初心者にも優しい作りとなっています。特にスマホアプリが優れていて、外出先でもチャートの確認や売買が簡単にできます。また、ロングポジションとショートポジションを同時に持つことができるという特徴があります。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のレバレッジ取引で儲けるポイント

自分に合った取引所を選ぶ

国内に限らず、海外でも多くの取引所で仮想通貨のレバレッジ取引を行うことができます。同じレバレッジ取引でも、それぞれの取引所によって使える機能や使いやすさなどは異なります。

サーバーの強度や最大レバレッジ倍率など、 自分の使いやすい環境が整った取引所を利用するようにしましょう

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の選び方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

短期での取引を行う

レバレッジ取引では、 スワップポイントによって1日ごとに手数料がかかってしまします。多くの取引所のスワップポイント手数料は、ポジションに対して、0.04%/日となっています。

長期的にポジションを保有すればするほど手数料がかさんでいき、さらに取引する金額が大きくなればなるほど手数料は多く取られてしまいます。

レバレッジをかけてトレードする際にはなるべく無駄な手数料を取られないように、スキャルピングデイトレードなどの短期的なトレードを中心に取引するようにしましょう。

トレードツールを使う

レバレッジ取引が可能な取引所では、トレードツールと呼ばれる高機能なトレードサポートツールを利用できるところもあります。

例えば、国内取引所のBITPointでは、「MT4 (メタトレーダー4)」と呼ばれる取引ツールを利用できます。トレードツールを利用することにより、 複数のテクニカル分析を同時に行うことができ、有利に取引することができます

トレードツールが使える取引所は決まっていますので、自分の使いたいトレードツールを採用している取引所を選ぶようにしましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引のまとめ

仮想通貨のレバレッジ取引について解説しました。レバレッジ取引では 大きく利益をあげることが出来る一方、大きく損失を出してしまう可能性もあります

仮想通貨のレバレッジ取引で着実に利益を上げるには、自分に合った取引所を探すことが大事です。また目的に合わせて、それぞれの取引所を併用することもおすすめです。資金を上手に使って、レバレッジ取引を楽しみましょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のFX・レバレッジ・取引ツール比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!