この記事のポイント
  • 仮想通貨のマイニングはあまりおすすめできない
  • ランニングコスト、初期費用、アルゴリズムの変更などのリスクがある

仮想通貨に触れていると必ず目にする言葉として『マイニング』という言葉があります。日本語にすると『採掘』となるのですが、仮想通貨を採掘するというのはどういうことなのでしょうか。

マイニングは仮想通貨を支えている重要な概念の一つと言えます。少し難しい話になりますが、今回の記事ではこの仮想通貨について解説していきます。

仮想通貨の「マイニング(採掘)」とは

マイニングとは日本語で『採掘』と言われているように、仮想通貨を掘り当てるような行為です。

なぜマイニングが必要なのかと言うと、仮想通貨の取引の整合性を保証するために必要だからです。

仮想通貨の取引は全てブロックチェーンと呼ばれる帳簿に記録されています。しかし、全ての取引を記録するためにはコンピューターでたくさん計算をする必要があります。この計算に参加している人たちをマイナー(採掘者)と呼びます。

マイニングは誰でも参加できますが、マイニングに参加するためには演算能力の高いコンピューターが必要になります。もちろんそのようなコンピューターの電気代は高くなります。それでもマイニングに参加している人たちがいるのは、マイニングに参加することによって報酬として、通貨をもらうことができるからです。

この報酬は、新しく発行される通貨です。ビットコインのマイニングに参加したら、新規に発行されたビットコインを報酬として受け取れます。

▼ 「マイニングのPC」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

マイニングしたら通貨は無限に出るのか?

マイニングをし続けることで仮想通貨が無限に発行されると思うかもしれませんが、多くの仮想通貨の場合、無限には現れません。

なぜならば、仮想通貨ごとに発行上限というものが決められているからです。例えばビットコインの発行上限は2100万枚です。2100万枚に到達すると、それ以上新しいビットコインが生まれることはありません。

よって、マイニングによって仮想通貨が無限に発掘できるわけではないという点はしっかり覚えておきましょう。

editMEMO

発行上限が定められていない仮想通貨は非常に少数派です。

つまり、仮想通貨の相場とマイニングは切っても切れない関係であるということです。

▼ 実際に仮想通貨取引を始めてみたい人はこちらをご覧ください。

マイニングの方法 -マイニングの種類とは

マイニングをする方法は、現在大きく分けて二つあります。

一つ目は、個人でGPUなどのマイニング機器を購入して、自分でマイニングをする方法です。個人でマイニングを行う場合マイニングについての知識も必要となります。

もう一つは、クラウドマイニングと言って自分でマイニング機器を購入する代わりに、マイニングをしている企業に投資をして、その投資額に応じてマイニングした仮想通貨を受け取れる手法があります。
▼ 「マイニングのGPU」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


クラウドマイニングとは

クラウドマイニングはマイニング機器への初期投資や、マイニングに関する知識がなくても問題ありません。全てクラウドマイニングを行う企業が代わりに行うので非常に楽です。個人で行う場合の手間が全くかからないのはクラウドマイニングの大きな利点です。

利益につながるかどうかですが、これは仮想通貨の市場に依存することになります。クラウドマイニングに投資することで得られるものは仮想通貨です。

仮想通貨の価格が上がっていれば投資額以上の利益を得られる可能性もありますが、逆に仮想通貨が値下がりしていた場合には元本割れの可能性が高いです。

また、クラウドマイニングを行う会社の健全性を考慮する必要があります。クラウドマイニングを行っている会社が倒産する可能性が0%ではありません。

また、クラウドマイニングを餌にしてお金を集めようすると詐欺行為もあります。クラウドマイニングをしようとする場合、投資先が本当に大丈夫なのかどうかを入念に調べるようにしましょう。

▼ 「クラウドマイニング」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

個人がマイニングで儲けることはできるのか

自分でマイニングをする場合は、現在儲けるのはかなり難しいのが現状です。というのも、ビットコインなど知名度のある仮想通貨をマイニングする場合は、ASICという高価なマイニング専用の機材を集める必要があります。

また、 機材を集めたとしても日本は電気料金が高いため、結果的に個人で行う場合はマイニングで黒字の利益を得ることは難しいと言えるでしょう。

▼ 「マイニングの電気代」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

マイニングができるアプリ

マイニングは基本手間がかかるのですが、スマートフォンのアプリの中には簡単にマイニングすることができるようになるアプリがあります。

MinerGate Mobile Miner

このアプリでは、登録してマイニングする通貨を選ぶだけで簡単にマイニングを行うことができます。ほかにも仮想通貨ごとにマイニングできるアプリはありますが、MinerGate Mobile Minerが知名度もあって使いやすいと思います。

まとめ

今回の記事では、仮想通貨のマイニングに関して解説してみました。

結果的には、日本でのマイニングは投資目的としては、あまり向いていないということになります。ただ、もし大規模なビジネスを考えているのであれば、電気料金の安い海外で大規模にマイニングを行ことが選択肢の一つとしてありますが、 基本的にマイニングは上に述べた通りランニングコストが高いということに加え、抱えないといけないリスクも非常に大きいです。

また他のリスクとしては、マイニングしようとしていた通貨がハードフォークによってマイニングアルゴリズムが変更されてしまい、従来のようにマイニングできなる問題が起こる可能性があります。

それゆえ今のところは仮想通貨投資目的の場合ならば、取引所等を活用して投資するのが無難であると言えるでしょう。

▼ 仮想通貨取引所のランキング・比較はこちらをご覧ください。

▼ 仮想通貨の「マイニング」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!