この記事のポイント
  • ビットコインは価格変動が大きい
  • 長期的には価格が上がるという期待がある
  • 基軸通貨としての価値向上が期待されている

2017年末の段階ではビットコインの価格が天井知らずとなっていて、2018年には500万円や1,000万円を超えるという予想もされました。

しかし、ビットコインは2018年1月から暴落することになり、2018年4月1日の時点では約72万円となり、最高値を付けた2017年12月中頃から比べると3分の1の価格になりました。

2018年のビットコインはどのように値動きするのかという予測していきます。

そもそもなぜ値動きするのか

image

2017年末にビットコインが暴騰し、2018年1月に暴落したことの要因は様々なことが挙げられますが、ビットコインはなぜ値動きするのでしょうか?

WEBマネーや電子マネーと混同されるケースも多いですが、WEBマネーや電子マネーというのは現実の通貨をネットワーク上で使えるように変換したものとなっていますので、価値変動の観点でも根本的に異なります。

2008年に誕生したビットコインですが誕生したばかりの頃は無価値と言っても過言ではない状態でした。当時は1BTCが0.08円程度となっていて、現在の価値とは比べ物にならないということがよく分かります。

モノの価値というのはモノに対して価値を見出している人が増えれば増えるほど高くなる傾向にあります。そしてモノの価値については、モノに対する価値を見出している人と、モノ自体の希少性が関係しています。

例えば歴史的な芸術家の絵画は描かれた枚数が少なく、その価値を見出している人が多いために価値があるということになり、同じ絵画でも無数にあるのなら絵画1つに対する価値というのは減少することになります。

ビットコインが値動きするのも同じ理由となっており、現在の価格で欲しい人が多ければ多いほど価格が上昇し、現在の価格では必要ないという人が増えれば増えるほど価格が下降するということです。

高騰の要因

image

2017年末にビットコインが高騰した理由については、日本の市場が開放されたからという話を耳にする機会が多くなっていますが、実際には少し異なっています。

ビットコインが日本円で取引できるようになったのは2013年~2014年頃となっていて、その頃は一部の投資家の中でしか取引がされていない状態でした。

しかし、2016年頃から日本国内でビットコインを使用することが出来るサービスや店舗が増えてきたということに合わせて2017年の秋ごろから日本のメディアでも仮想通貨の代表格としてビットコインが取り上げられることが多くなっています。

そして、2017年の12月に賞与をもらったタイミングでビットコインに投資をした人も多く、ビットコインの価格が高騰しました。

市場への期待

ビットコインの価格については超長期的に見ると「上がる」と予測する人が非常に多いです。あらゆる暗号通貨の基軸通貨となっているビットコインですが、2018年は下落する傾向が強いとされています。

2017年末の高騰のタイミングは、実際にビットコインというシステムに対して価値を見出した人がビットコインを購入したために価格が上がったということではありません。

そのため、簡単に言えばビットコインのバブル景気というような状態となっていますので、ビットコインというシステムが認知されて価格が高騰するためには土台作りから初めて長い時間が掛かることが予想されます。

暴落する要因

ビットコインの価格が暴落するのは、多くの人がビットコインを売りに出しているためです。

ビットコインというのは、主に投資商品の一部として取引されているケースが多いですが、売る人や金額が多ければ多いほどビットコインの価値が減少するために価格は下降することになります。

昨日までは100万円で売れたのに、今日になると100万円では売れないから99万円で売るというように売る人の数が増えて買う人の数が減ると価格はどんどん下降します。

もちろん、そこには投資商品の価格以外にも他の要素で価値が発生するようなケースもあります。

株式投資の場合は株式自体の価値だけではなく会社の価値や会社が行っている事業や社員の価値など多種多様な要素で構成されていますので、株式の価値が下がったからと言って急に売り出されるというような例は稀です。

しかし、ビットコインの場合は、ビットコインとしての投資的価値以外には他の要素が育っていない状態で、ビットコインの価格が下落すると、それに伴って暴落してしまう要因となってしまうことが挙げられます。

各国の規制強化で投資家がビットコインを売りはじめた

各国でビットコインを始めとする仮想通貨に対して規制を始めたこともビットコインを売る動きにつながっています。最近では2018年の2月に中国とイギリスでビットコインのリスクを調査するという名目でビットコインが規制されることになりました。

アジアとヨーロッパでの最大の市場が規制されてしまったために、多くの投資家はビットコインを売り出すようになったので、ビットコインの価格が暴落したということになります。

機関投資家がビットコインの価格を操作?!

2017年末から2018年初頭に掛けてビットコインの価格は乱高下することになりましたが、以前にもビットコインの価格が大きく上昇した時期がありました。

これは2017年2月に約13万円にまで高騰したという話ですが、この高騰には機関投資家によるビットコインの価格が操作されていたからという疑惑が掛けられています。

この情報の元となったのは2018年1月2日に発表された論文で、その内容は当時の世界最大手だったビットコインの取引所の1つでもあるマウントゴックスの取引内容を調査することによって発覚した事実となっています。

内容としては、偽のアカウントを作ってビットコインの価格が操作された事実が紹介されており、ビットコインの脆弱性を指摘するような内容でした。

しかし、特定の機関投資家が投資商品の価格を操作するというのは投資の世界ではありふれたこととなっていますので、それほど珍しいことではないという考え方もあります。

売りが売りを呼ぶパニック相場

2018年の上半期はビットコインが売られに売られることになり、売りが売りを呼ぶようなパニック相場となっています。

2017年末には買いが買いを呼ぶような状況になっていましたので、真逆の現象が起きているだけとなっていますが、暫くの間は価格が落ち着くまで売り相場が続くことは間違いありません。

著名人らの予想

上がると予想している著名人

こちらでは、ビットコインの価格が上がるというように予想している人を紹介します。

Fundstrat Global Advisors TomLee氏

2020年には1,000万円まで到達すると予想しました。

John McAfee氏

2020年末までに1億1,000万円まで上がると予想しています。

Bitcoin Foundation head Llew Claasen氏

2018年中に400万円まで上がると予想。

Finder.com CEO Jon Ostler氏

2018年末に320万円まで上がると予想。

Herjavec Group CEO Robert Herjavec氏

2018年末までに210万円まで上がると予想。

これらの著名人は全て有名な投資家や投資アナリストばかりとなっていますので、信憑性は高いということが挙げられます。
多くの投資家が同じことを言っていますが、仮想通貨というのは誕生してから10年にも満たない新しいシステムとなっているために認知されて流通されるまでには長い時間がかかります。
これは大きなシステムであればあるほど時間が掛かるということを歴史が証明していますので、同じようにビットコインの価格が一時的に下落したのは土台作りをしているためだからということです。

値動きを予測するには

image

ビットコインの値動きを完全に予測するというのは不可能です。予測の精度を上げるためには、多くの情報を取得して自分なりのフォーマットを作成することが大切です。

さらに情報の鮮度というのは新しければ新しいほど良いです。

そのためには、海外のニュースなどを常に確認して、有名投資家や仮想通貨に関わる事業や会合などのニュースを全て網羅して精査することが重要となっています。

ビットコインの値動きがほかの仮想通貨の値に与える影響

image

ビットコインというのは、アルトコインの基軸通貨となっています。海外の仮想通貨取引所の中には法定通貨による取引を取り扱っていないというケースもあります。そのような場所ではビットコインが法定通貨の代わりとして使用されることになりますので、ビットコインが値動きすることによって、他のアルトコインの価格と基本的には連動することが挙げられます。

このように紹介するとビットコインの価格が下がることによって他のアルトコインの価格が相対的に上昇するように見えるかもしれませんが、世の中にはビットコインとアルトコインだけではなく法定通貨もあります。

そのため、ビットコインの取引をする際には、ビットコインの価格が下がっているのか、それとも仮想通貨全体の価格が下がっているのかということを見極めなければいけません。

まとめ

2018年のビットコインの価格を予想しましたが、2018年末には現在の価格から回復するというように予想する投資家も多くなっていますので、展望が明るくなりました。

短期的に見ると価格の下降が目立つビットコインですが、今後の展望に期待ができるでしょう。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!