この記事のポイント
  • 仮想通貨の損益計算に便利なサイトをご紹介
  • それぞれの特徴を踏まえて、自分にあったサービスを選ぼう
  • アプリに頼るだけではなく、税理士に相談することも大切

仮想通貨で1年間の利益が20万円以上になった場合、確定申告が必要になります。しかし、複数の取引所で、複数の通貨を売買していたら、その計算はとてつもなく膨大なものになります。

でも、安心してください。便利なサイト・アプリがございます。ここでは、確定申告や損益計算に便利なサイト・アプリをご紹介します。

仮想通貨の損益計算・確定申告に便利なサイト・アプリ5選

[email protected]

概要

公式サイト:https://www.cryptact.com/
提供会社:株式会社クリプタクト
利用料金:無料
対応取引所(国内):bitFlyer、Coincheck、Zaif、bitbank、Quoinex、GMOコイン、BITPoint
対応取引所(海外):kraken、Binance、BITFINEX、bittrex、Changelly、Coinexchange、CRYPTOPIA、HitBTC、Poloniex

サービス内容

仮想通貨の損益計算を、自動で行うウェブサービスを提供しています。各取引所からダウンロードした取引データをもとに、自動で損益計算を行ってくれます。

国内はもとより、海外の取引所にも対応しています。提供開始されたばかりのサービスですが、無料であることや使いやすいことからユーザーを伸ばし、対応する取引所も徐々に増えています。

日本の税金制度はもとよりアメリカ税制にも対応しており、ドル建て、ユーロ建ての取り引きにも対応しています。

2018年2月8日には、bitFlyerとの業務提携が発表されました。

対象者

国内外の多くの取引所に対応しており、海外での取り引きも活発に行っている人に向いています。

G-tax

概要

公式サイト:https://crypto-city.net/
提供会社:株式会社Aerial Partnersト
利用料金:無料
対応取引所(国内):Zaif、bitFlyer、Coincheck、bitbank、Quoinex
対応取引所(海外):bittrex、Poloniex、kraken、HitBTC、BITFINEX、Binance、Changelly、Yobit、Liqui(部分的対応)

サービス内容

税理士への仮想通貨取引記録支援を行う「Guardian」で利用している計算システムを、Webアプリケーションとして提供しています。

仮想通貨の売買のみを対象とし、取引履歴に対応して所得を計算することができます。

対象者

税理士向けのサービスが基になっており、仮想通貨の売買の収支計算を行いたい人に向いています。

Keiry

概要

公式サイト:https://www.keiry.jp/
提供会社:株式会社グランドリーム
利用料金:無料(無料プランのみ提供中)
対応取引所(国内):bitFlyer、Coincheck、Zaif
対応取引所(海外):Binance、Bittrex、Changelly、Kraken、Poloniex

サービス内容

仮想通貨の取引所での売買のほか、ウォレットの履歴やマイニング、ハードフォーク、エアドロップ、ICO参加などにも幅広く対応しています。

対象者

サービスの対象が仮想通貨関連の全般となっています。売買以外にも、幅広く投資を行っている人に向いています。

クリプトリンク

概要

公式サイト:https://cryptolinc.com/
提供会社:クリプトリンク株式会社
利用料金:月額398円(税込)
対応取引所(国内):bitFlyer、Coincheck、Zaif、QUOINEX(β版)、Bitbank(β版)、BITPoint(β版)(β版は検証中)
対応取引所(海外):BTC、ETHのペアの場合は汎用ファイルで読み込み可能

サービス内容

仮想通貨に精通した税理士たちによって開発された、確定申告のための収支計算ツールです。仮想通貨に精通した税理士の紹介を受けることもできます。

対象者

税理士が開発に携わっており、日本の税制に精通したシステムとなっています。国内でのみ取引を行っている人に向いています。

Coin Tool

概要

公式サイト:https://www.cointool.jp/
提供会社:株式会社エンファクトリー
利用料金:年度額4,500円(税込)
対応取引所(国内):Coinchek、Zaif、bitFlyer、bitbank
対応取引所(海外):なし

サービス内容

仮想通貨に詳しい税理士岡友紀氏監修のもと開発された、確定申告のための損益計算ツールです。

税理士やスタッフからのメールサポートを受けることができます。

対象者

仮想通貨に精通した税理士から、直接メールでサポートを受けることができます。税理士に相談しながら確定申告を進めたい人に向いています。

結局どのサービスを使うべきなのか

税制に関する仮想通貨のツールはすべて新しいサービスで、現在も開発が進んでいる真っ最中です。今後も、会計ソフトを提供している会社の参入などが見込まれます。

現状では、対象となる取引所の多さ、料金が無料、使いやすいとの評判が多いということで「[email protected]」、次いで「G-tax」がおすすめです。

しかし、他のサービスにも税理士からサポートを受けることができたり、売買以外の取り引きにも対応していたり、それぞれ特徴があります。自分に合ったサービスを上手に利用してください。

損益計算・確定申告に便利なサイト・アプリまとめ

自分で確定申告のための収支計算を行うことは、たいへんな手間と時間がかかります。しかし、それを惜しんで正確な確定申告を行わないと、重いペナルティが課せられます。500万円以下の罰金か5年以下の懲役が課せられるほか、本来の税額に「無申告加算税」や「重加算税」がプラスされます。

ただし、仮想通貨の税制は現在も整備中です。今後も、法律を含めて改正される可能性が高くあります。便利なサイトやアプリを上手に利用することは重要ですが、少しでも不明なことがあれば税理士や税務署に確認するなどして、決して思い込みで進めることのないように注意してください。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!