仮想通貨に投資する方法は、仮想通貨を買うことだけではありません。仮想通貨やビットコインの関連銘柄に投資をすることもできます。 本記事では、仮想通貨・ビットコイン関連銘柄の意味、仮想通貨・ビットコイン関連銘柄を紹介します

仮想通貨にも興味はあるが、株式投資が好きな人は必見の内容です。ぜひ読んでみてください。

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄とは?

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄とは、仮想通貨やビットコインを取り扱っていたり、事業を行っている企業や株のことです。

株式投資が得意な人は、仮想通貨への投資だけでなく、仮想通貨関連銘柄の株式を購入しておけば、利益の両取りが可能です

実際にビットコインの価格が上昇した際に、関連銘柄の企業の株価も上昇しています。

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄一覧

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄には以下の特徴があります。ここからはこれらの特徴にあてはまる仮想通貨・ビットコイン関連銘柄を紹介します。

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄の特徴
  • 仮想通貨の取引所や販売所を運営している
  • 仮想通貨を運営している企業と出資や業務提携を行っている
  • 仮想通貨に関連する事業を行っている
  • FinTechなどのシステム開発を行っている

リミックスポイント

仮想通貨取引所のビットポイントを運営しています。将来的にブロックチェーン技術を活用した事業や証券事業への参入を目指しています。

SBIホールディングス

SBIホールディングスはSBI証券の北尾吉孝CEOが役員に就任するなどリップル社との提携を強化しました

また仮想通貨運営所「VCTRADE 」や現物取引所サービス「VCTRADE Pro」の運営を行っています。

インフォテリア

インフォテリアはブロックチェーン技術への積極的な投資を行っている企業です。またシンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と業務提携し、分散型アプリケーションの導入を促進するための活動も行っています。

メタップス

メタップスは、仮想通貨取引所の設立を目指しています。さらに、ICOを行うためのコンサルティングや上場の審査などを支援する活動を行っています。

また、ICOプラットフォーム「Metalist」については、事業計画の見直しを行いました。

フィスコ

フィスコは仮想通貨取引所Zaifとフィスコ仮想通貨取引所を運営しています。 2019年中に2つの仮想通貨取引所を1つに統合する予定です。また他社とのブロックチェーン技術での業務提携にも積極的です。

ネクス

ネクスはフィスコの子会社です。フィスコ仮想通貨取引所との業務提携で仮想通貨向けAIトレーディングシステムの開発を推めています。

また、本社がある岩手県で仮想通貨のマイニング事業なども行っています。

カイカ

カイカはフィスコグループの会社で、FinTech関連のシステム開発を行っている企業です。

また、リネットグループと共同してASEANで仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したフィナンスサービスの実証実験を行っています。

リアルワールド

リアルワールドは、bitFlyerと業務提携を行っており、運営しているポイントサイトなどのメディアサービスで貯めたポイントをbitFlyerで仮想通貨と交換できるしくみを作りました。

さらに2018年には仮想通貨アルクコインを発行しています

JIG-SAW

JIG-SAWはもともと企業のクラウドやサーバーなどの自動監視や運用・保守業務を行っている企業です。資本・業務提携先である株式会社世界が日本で初めて不動産を海外の投資家に仮想通貨で販売しました。

ロックオン

ロックオンは、テックビューロと提携し、仮想通貨決済の「Zaif Payment」を、ロックオンが運営するECオープンソース「EC-CUBE」のユーザー向け決済ツールとして提供しています。

その結果、EC-CUBE内で仮想通貨による決済手数料が無料になりました。

マーチャントバンカーズ

マーチャントバンカーズは仮想通貨のメディア展開を行っているイノベーション合同会社との資本業務提携を行っています。

また子会社のMBKブロックチェーン株式会社は、仮想通貨交換所「ANGOO Fintech」を運営するエストニア法人「Cryptofex OÜ;」と業務提携を発表しました。

アイリッジ

テックビューロとの業務提携を行い、 ネット・実店舗連携の『O2O』 (オンライン・ツー・オフライン) の技術をFinTechに導入している企業です。

また、電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を開発し、岐阜県飛騨高山市で利用可能な「さるぼぼコイン」の商用化を実現させています。

三菱UFJフィナンシャルグループ

三菱UFJフィナンシャル・グループは、大手銀行で初めてブロックチェーン技術を使った仮想通貨であるMUFGコインを発表し、早ければ2019年中に実用化します

また、仮想通貨のコンプライアンス技術やツールを提供するチェイナリシス社への出資も行いました。

みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループは、ゆうちょ銀行・地方銀行と共同で会社を設立し、デジタル通貨Jコインを発行しました

価格が1通貨あたり1円に固定されているため仮想通貨のように価値の変動がないしくみです。

カブドットコム証券

カブドットコム証券は、 ゼロビルバンクと共同で企業内で流通させる仮想通貨OOIRIコインをスタートさせました。ただ、仮想通貨取引所の開設については、まだ実現していません。

GMOインターネット

GMOインターネットは、仮想通貨取引所GMOコインを開設しています。また、北欧でマイニング事業も行っていました。ただ、ビットコインの価格低下とマイニングの競争激化により北欧からは撤退し、電力が安い別の地域への移転を予定しています。

アイル

アイルは、仮想通貨のブロックチェーン技術を開発するシイラと業務提携を行いました。共同でアイルのクラウドサービスのセキュリティ向上や仮想通貨の導入・応用などに取り組む予定です。

セレス

セレスは、2017年12月に仮想通貨交換業の登録を受けており、ビットバンク株式会社の持分法適用関連会社化や仮想通貨取引業を行う子会社の設立などを行いました。2018年12月には仮想通貨取次会社シータとの業務提携もしています。

VOYAGE GROUP

ボヤージュグループはカウンティア社と合同で仮想通貨関連事業を行うカウンティアバンク株式会社を設立しました。

仮想通貨の通帳アプリケーションCOIN CONNECTのリリースや仮想通貨のレンディングサービスCoinOnのリリースを行っています。

editTIPS
レンディングサービス
保有している仮想通貨を貸し出して利息を受け取るサービス

GMOペイメントゲートウェイ

GMOペイメントゲートウェイは、bitFlyerと提携し、日本の決済事業者として初めてビットコインによる決済を始めた企業です。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは仮想通貨交換業の登録準備中であるコイネージ株式会社を子会社化しています。登録が完了すれば、2020年4月には仮想通貨交換所サービスが開始される予定です。将来的にはブロックチェーン関連サービスも行う予定です。

LINE

LINEはシンガポールで仮想通貨取引所BITBOXを運営しています。 日本でも2020年には仮想通貨の取引所BITMAXを開設する予定です。また、BITBOXはブロックチェーンの分析を行うチェイナリシスと提携しマネーロンダリング対策を行っています。

マネックスグループ

マネックスグループは、仮想通貨取引所のコインチェック株式会社を子会社化しています。また、マネックス証券の清明祐子社長はインタビューで「マネックスの顧客に仮想通貨を売り込むなど相互に商品を紹介して顧客の選択肢を広げる戦略」だと発表しています。

さらに、2019年8月には仮想通貨の格付けデータベースLOOKBLOCKの提供を発表しています。

マネックス証券、新たな資産クラスとして仮想通貨の提供を検討 コインチェックと連携を強化

テリロジー

テリロジーは仮想通貨関連のシステム保守やセキュリティを行う会社です。株式会社カイカや株式会社フィスコと提携し、フィスコ仮想通貨取引所のセキュリティの強化を行っています。

マネーフォワード

マネーフォワードの子会社であるマネーフォワードフィナンシャルは仮想通貨関連事業への参入を発表しましたが、多くの事業を中止しました。しかし、ブロックチェーン技術の開発や研究は進めていくことを発表しています。

楽天

楽天は仮想通貨交換所楽天ウォレットの開設の準備を推めています

すでに新規口座登録は開始されていますが、安全快適にサービスを利用できるようにするため、サービスの提供は延期されています。

yahoo

2018年ヤフーの子会社Zコーポレーションはビットアルゴ取引所へ資本参加し、仮想通貨事業とブロックチェーン事業に進出しました。2019年5月にはヤフーが出資した仮想通貨交換所TAOTAOのサービスを提供しています。

まとめ

仮想通貨関連銘柄は自社の技術を活かし、ブロックチェーン技術など仮想通貨関連の事業を行っている企業と業務提携をするケースが多いです。

また、最近は知名度の低い企業だけでなく、みずほフィナンシャル・グループや楽天など身近な企業も多く参入しています。

まとめ
  • 仮想通貨関連銘柄は、仮想通貨やビットコインを取り扱っている企業や事業を行っている企業のこと
  • 多くの企業が業務提携を行っており、取引所の開設などを進めている。
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!