この記事のポイント
  • 仮想通貨は管理主体がない
  • 仮想通貨は「ブロックチェーン」と「マイニング」により成り立っている
  • 仮想通貨はまだ未発達な面があるので今後の動向が注目される

ビットコインを代表とし世界中が大注目している仮想通貨ですが、そもそも仮想通貨とは何か」「他の通貨と何が違うのか」「仮想通貨を支えるブロックチェーンという仕組みをご存知でしょうか?

世界中でキャッシュレス化が進んでいる中、仮想通貨の存在はさらに身近になっていく可能性が大きいです。仮想通貨の概要を理解しておくだけでも、特に金融業界の現状を知ることができます。

仮想通貨とは

仮想通貨とは インターネット上に存在する仮想の通貨です。データ上にのみ存在するもので実際に触れることはできません。例えるならRPGゲームにあるようなお金が特定の経済圏において現実のお金として使えるようになったようなものです。

経済のグローバル化が進む中、手数料が安くて速い新たな送金方法として世界中から注目を集めています。また今後の発展が期待できるため投資の対象としても人気が高いです。

▶ 『仮想通貨の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨と他の通貨の違い

管理者がいない(分散型)

円のような法定通貨は日本政府が発行主体となり発行されています。それに対して 仮想通貨は管理者がいません。誰かと誰かのやりとりをみんなで監視しあうシステムになっています。つまりある特定の団体に任せる中央集権型の通貨ではなく、分散型の通貨といえます。

価値が国に依存しない

円は日本政府が発行しているので、様々な法定通貨の中でも信頼が高い通貨です。そのため日本が崩壊するなどのよっぽどな危機がない限り、日本円が無価値になることはありません。しかし世の中には政府を信用できない国も存在します。そういった国では法定通貨から仮想通貨への移行が進んでいます。

送金手数料が安くなる

中央管理ではないメリットは他にも手数料が安いことや送金が速いことがあげられます。

私たちがふだん使っている法定通貨の取引には手数料がかかり、国際送金だとさらに多くの手数料がかかります。しかし 仮想通貨は中央で管理していない個人間のやりとりなので、手数料を安く抑えることができるのです。

▶ 『仮想通貨の送金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

種類が豊富にある

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、他の種類も存在します。代表的なものをあげると イーサリアム、リップル、リスク、ビットコインキャッシュなどがあります。

この他にも世の中には3000種類以上の仮想通貨がすでに存在しています。これらの通貨は様々な機能の追加・改良をしていてビットコインよりも性能が良い通貨もありますが、現在は最初に作られたビットコインが中心となっています。
また、現在日本ではリップルが非常に人気となっており今後の発展が期待されています。

▶ 『仮想通貨の銘柄』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『リップル (Ripple/XRP) の今後』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のメリット

仮想通貨の主なメリットは下の4つです。

仮想通貨のメリット
  • 個人間での直接送金が可能
  • 一年中いつでも取引が可能
  • 海外で両替する必要なく使うことができる
  • 常に機能が向上している

メリット1 個人間での直接送金が可能

通常遠く離れた人へお金を送金したいときは銀行振り込みを利用しますが、これは銀行を経由して相手にお金を送金しています。たとえばAさんからBさんにお金を送りたいときは、Aさん→銀行→Bさんというように、銀行が仲介しています。

しかし仮想通貨の場合は銀行のような第三者機関を通さず、 個人間で直接送金できます。つまりAさん→Bさんというように直接送れます。

ある程度送金手数料は必要ですが、第三者機関へ支払っていたほどの高い振り込み手数料がかかりません。さらに土日や夜中であっても、リアルタイムで相手先に届くというメリットがあります。

▶ 『仮想通貨の送金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

メリット2 一年中いつでも取引が可能

銀行振り込みするとき、振り込み時間が営業時間外であれば翌営業日まで送金処理を待たなければなりません。ゆえにいくら送金を急いでいても、相手の口座にお金が届くことはありません。

しかし仮想通貨は、 365日24時間いつでも送金処理が行われています。送金したらブロックチェーンに記録され相手のアドレスの残高が増えますが、これらの作業記録は世界中のマイナーと呼ばれる人たちによって行われています。

マイナーは365日24時間コンピューターを稼働させていますので、送金処理が止まることはありません。

メリット3 海外で両替する必要なく使うことができる

仮想通貨払いに対応しているお店であれば、たとえ海外のお店であっても支払いに使うことができます。 仮想通貨はどこの国であっても使える、万国共通の通貨だといえるでしょう

ただし両替する必要がないほど仮想通貨払いはまだ普及していません。もっと仮想通貨払いが普及すれば、お金を両替することなく使えるようになるかもしれません。

メリット4 常に機能が向上している

プログラムである仮想通貨は、 アップデートを繰り返すことで常に機能性が向上しています。送金の処理スピードはますます速くなっており、通貨として実用化レベルが上がってきています。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨のデメリットは下の3点です。

仮想通貨のデメリット
  • 価格変動率が大きい
  • カウンターパーティリスク
  • 盗難や詐欺のリスクがある

デメリット1 価格変動率が大きい

仮想通貨のデメリットのひとつは価格変動率が大きいことです。法定通貨においてもある程度の変動はありますが、仮想通貨の変動は比べ物にならないくらい激しいです。ゆえに現時点では、支払い通貨として利用するのは難しいでしょう。

しかしその価格変動率を活かして利ざやを稼ぐ、 投機的な使われ方が広がっています

▶ 『仮想通貨の高騰理由』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット2 カウンターパーティリスク

銀行が破綻した場合、預金1,000万円まで補償されるペイオフ制度があります。しかし仮想通貨取引所が破綻したときの利用者の資産は法律で保護されていないため、利用者は資産を失ってしまう可能性があります。

こういった 取引先などが破綻して経済的な損失を被るリスクカウンターパーティリスクと呼びます。

これまでにハッキング被害にあったCoincheckやZaifではユーザーへの補償が行われました。しかし今後は、必ずしも被害金額が補償されるわけではないことを覚えておきましょう。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の事件』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット3 盗難や詐欺のリスクがある

仮想通貨は現金に比べて 盗難や詐欺に合うリスクが高いとされています。取引所は高度なセキュリティ対策を施してハッキングを防いでいますが、大量の仮想通貨が保管されているためハッカーに狙われやすくなっています。

また「仮想通貨は儲かる」という儲け話をもちかけられて、現金を騙し取られてしまう事件もありました。悪意を持った人はさまざまな手口であなたの保管している資産を盗み取ろうとしています。盗まれないためには他人の話を鵜呑みにするのではなく、自ら情報を集めることが大切です。

▶ 『仮想通貨の詐欺』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨の取引が行われる仕組み

仮想通貨はトランザクションがブロックチェーン上に記録されることで価値が保存される仕組みになっています。トランザクションとは、AさんからBさんへ送金するときに必要な電子署名と呼ばれるサインをするやりとりのことです。

取引に必要なものは二つあります。アドレス」と「秘密鍵です。「アドレス」は財布のことで、「秘密鍵」は財布をあけるために必要なものです。

仮想通貨を支えるブロックチェーンという仕組み

ブロックチェーンは簡単に言うと「 皆で管理する取引記録簿」です。この記録簿に「AさんからBさんへ1BTC送った。」などの情報を書き込むことで誰がいくらの仮想通貨を持っているかを証明することになります。

ブロックチェーンはトランザクションが書き込まれたブロックがチェーンに繋がれた電子データです。このチェーンには次々と新しいブロックが世界中の人の監視のもとで繋がれていく仕組みになります。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨のマイニング(採掘)

ノードと呼ばれるブロックチェーンを管理しているコンピュータでトランザクションをチェックし、今、どこの誰がそのコインの持ち主であるかを新しいブロックに書き込むことがマイニングという作業です。 仮想通貨の仕組みを維持するためにはこの作業は必要不可欠です

具体的に「マイニング」とは、「ナンス」と呼ばれる答えを見つける作業のことです。1番最初に「ナンス」を見つけ、マイニング参加者の過半数にそのナンスが認められた場合、次のブロックを追加する権利を得ます。この次のブロックを追加した人に報酬が支払われ、この報酬がマイニング参加者のモチベーションとなっています。

▶ 『マイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨の始め方

仮想通貨取引を始めるための第一歩は、 仮想通貨取引所への登録です。日本の取引所であれば金融庁から認可されていますので、安心して取引できるでしょう。

登録するときには身分証明書の画像データを送付したり、転送不要の書留郵便を受け取ったりするなど本人確認が厳格に行われるため、少し時間がかかります

取引所への登録が完了したら、あとは日本円を入金して仮想通貨を購入するだけです。意外とかんたんに購入できますので、ぜひ試してみることをおすすめします。

仮想通貨取引所は数多く存在しそれぞれに特徴があるので、こちらの 編集部独自のランキングから利用する仮想通貨取引所を選ぶことをおすすめします

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨は既存の法定通貨や電子マネーとは異なる通貨です。ブロックチェーンという技術を用いることで改ざんの可能性を事実上不可能なものとし安全を保ちつつ、送金手数料の節約や送金時間の短縮などのメリットを多く持っています。

仮想通貨は2008年にサトシナカモトがビットコインに関する論文を公開したことをきっかけに世の中に広まりました。つまりまだ10年弱の歴史しかありません。 今後規制などの面を含めさらなる発展をしていくことが予想されます

自分が現在どのような時代に生きているのかを把握することに有効な手段になるので、最低限の知識を付けておきましょう。

▶ 『仮想通貨のはじめ方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!